dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2022年9月16日金曜日   AM8時27分投稿 

神戸市電

移動には電車とバスが子供には最重要な交通機関だった。

 物置の段ボールを整理していたら、神戸市電が廃止された時のおなごり乗車券が出てきた。懐かしかった。大正6年から昭和46年までの54年間市街地を走ってくれた便利な市電で中高大時代に神戸各拠点で遊ぶ際によく利用させてもらった。
 午前9時20分からテニスレッスンに90分出た後に一旦帰宅。今日は暑い。お昼ご飯を食べて、午後1時からはまたも平日テニス。残暑を強く感じた。帰りにジムに寄って久しぶりに奔った。サウナの後の水風呂が気持ち良い。

2022年3月10日木曜日   PM8時19分投稿 

大牟田と久留米

月の第1&第2木曜午後はストレッチの日。今日はツレアイがご近所の奥さんを乗せて行くのでdachs飼主は車がなく、テニ友Nさんに送迎いただいた。
からくり時計 彼は大牟田にいた頃があるそうで、帰りの車で「博多ラーメン発祥来福軒」や「東芝創業者が作ったからくり時計が駅前にある」話を振ったが、ポカンとされてた。帰ってwebを観なおすと8年前の秋に福岡観光をしたときの思い出だった。よく見るとあの話題は大牟田ではなく、久留米でした。ゴメンね、Nさん。

2022年3月8日火曜日   PM4時05分投稿 

お弁当箱

 娘が昨日から新しい弁当箱と保温ポットを持って出勤していった。保温ポットも1000円前後で軽くて保温性の高いかっこいいものが増えている。dachs飼主がテニスジムに持っていっているのは350mlポットであり、夏冬関係無く氷を3分の1ほど入れたスポーツドリンクを入れている。ドリンクは糖分などが多いというので1割ほど水で薄めたものを飲んでいる。
 弁当箱もプラスチック製で可愛く軽くて保温性密封性の高いものが多い。我が懐かしの義務教育時代は灰色のアルマイト製で、せいぜいお菜入れが別になって汁がこぼれないようパッキンゴムのついたもの程度が新型であった。母が毎朝作ってくれたことには感謝しているが、他の生徒からおかずの中身を見られるのがとっても恥ずかしくて、蓋で上部半分を隠しながらこそこそと食べていたのが強く印象に残っている。秋の運動会のお弁当のお菜も他所の家のそれとよく比較し、家風も考えずに見当外れな考え違いをして一喜一憂していたものだ。
 食べ終わると小使さん(当時は用務員とは言わなかった?)の運んできた大きな薬缶からお茶をその弁当箱の蓋に注いで飲んでいた。薬缶は教室中央のだるまストーブの上にあったので、火傷に注意しながら小さな蓋に少量入れるのがこわごわで隣の子と共同で入れ合いっこした。

2022年1月22日土曜日   PM5時35分投稿 

缶バッジ捨てられた

会社リタイア前後の平成時代によく歩き回った

 dachs飼主がいない間にどんどんツレアイがこれ幸いとばかり断捨離を実行し始めている。10数年続けていた駅周辺ウォークで集めた缶バッジを捨てるよとラインを受け、もう使う必要はないので捨てていいと思うが、とりあえず、写真だけは撮っておいてほしいと頼んだら一部だけ送信してくれた。
都内の感染者が1万人を超えた。昨日も我が市では45人もの感染者が増えた。いつまで続くのか、たいへん不安である。明日の東祥寺さんの坐禅会もコロナ蔓延で中止したいとの連絡があり、指示に従い、座禅会日程表に急遽中止の連絡を入れておいた。
 ひとつ、失敗があった。病院の洗濯機にパジャマのズボンを入れたのだがポケットの中にオムロン製の万歩計(HJA−307IT)を入れたままにしており、結果液晶部にも水が溜まり使い物にならなくなっている。

2021年12月17日金曜日   PM5時00分投稿 

雨と寒さで

 寒い時は動きたくない。寒風にあたるのは億劫である。子供の頃は寒い時に手や足が悴んだり、赤く霜焼けていても、鼻が赤くなっていても、庭に出て霜柱を踏んだり、公園の池の薄氷を足で壊したりして楽しんでいたことを思い出せる。家の中には火鉢があり、いこった練炭や炭の上に網を載せて餅やするめ、時には酒粕をあぶって、砂糖をまぶしながら食べたこともある。
 今日は朝から冷たい雨。エアコンをかけ読書三昧で半日を過ごし、午後はテニスを休んでジムでゆっくりサウナと温浴の繰り返しで1時間ほどぬくもってきた。寒くなると歳のせいでもあるのだが、動きが少なくなる。

2021年11月25日木曜日   PM8時18分投稿 

世界遺産と昭和レトロ

秋も終わり、もうすぐ冬が来ることを感じさせる

 彼岸花もとうに終わり、晩秋近くになると、我が家の庭に花持ちの良いネリネ(ダイヤモンドリリー)が1か月以上も咲いてくれる。我が家の庭では、この花と菊(スプレーマム)、パンジー、シクラメン、葉牡丹(?)くらいしか咲いていない。
 昨日入荷したDVD-RはTBS日曜18時の「世界遺産」とテレ東金曜「武田鉄矢の昭和は輝いていた」をたくさんダビングした。武田鉄矢の態度と話し方などはちょっと気に喰わないが、昭和の時代に流行った玩具、映像、ファッション、世相、世界情勢、などなどは大変興味深く、残しておく価値があると思う。現在世界遺産は450超、昭和は200テーマを越えてダビングしている。

2021年8月4日水曜日   PM2時59分投稿 

ネクターは桃の味

桃は独特の甘みがあり夏の味だ

 昨夜、桃5個入りケース2箱を入手した。桃はスーパーでも皆が良く触るので、このコロナ隆盛の時期ではなかなか買う気になれなかったのでまだ一度も食べてはいなかった。さっそく食べたが甘くて美味であった。桃の味といえば子供のころの不二家缶ジュース「ネクター」を思い出す。
 今日は朝から暑い。昨日新潟三条では39.1℃、今日は山梨勝沼で39.7℃の最高気温を記録したそうだが朝から陽射しも強く、1時間半のテニスプレーは早く終わって欲しいが全員の気持ちだったろうと思う。『うだるようなあつさ』とは今日のような暑さを指すのだろう。こんな炎天下でオリンピックを競う選手にほんとうに気の毒に思い、頭が下がる思い。
 東祥寺さんのHP相談についてはかなり大規模なデザインや内容変更を考えられているようなので、ビッグプロジェクトになり、今年中の完成は難しいかもしれない。

2021年5月29日土曜日   AM8時41分投稿 

旧き良き時代

昔を懐かしめる本を買いました

 図書館で『団塊なつかし雑学百科』という本を借りてきたペーパーブックスタイルだが300頁を越える分厚い冊子。読み始めたら懐かしさがこみ上げ、その頃の自分を思い出させる。昭和20年から50年にかけて世相を中心にもの・事件・流行・景気・価格などを細かく記載してある。2週間で返すのももったいないので、Amazon書店で送料込みで550円の中古本の購入手続きをした。アマゾンは中古本は安いが、この本正価は1429円+税だが、新本で購入すると4558円もするのには吃驚した。昭和22年から24年産まれの団塊者たちは700万人もおり、昔のことは「アレのアレはアレだったなぁ」くらいにしか覚えていないが、頭の中ではその風景がはっきり浮かんでおり、この本を観ると「確かに」と納得させられ、さらに空想が広がって楽しい。誕生日年表をみると、漫画家本宮ひろしさんはdachs飼主より4日後に産まれたそうだ。

2021年4月18日日曜日   PM3時23分投稿 

小学校生活も変化

 広報誌を読んでいたら、今春から公立の小中学校では全児童生徒にパソコンが行き渡り、IT教育が進んできたと書いてあった。dachs飼主が小学生の頃はコンピューターってなものは知らなかったし、つい25年ほど前のノートパソコンは30万円近くしていたのが生徒諸君にも行き渡るというのは夢のような話である。現役時代、仕事がら企業のお客様とITシステムの話を進めようとしても、まずは経理人事からで一部の社員の机上にしかコンピューターはなく、日進月歩のIT進化によって、バージョンアップやセキュリティの観点から事務機械化は何年計画という方針のもとに進んでいた。
 小学校と言えば、個人情報保護や民族やジェンダーフリーのため、名札は登下校時には外す、顔写真は発行物に載せない、絵の具の肌色表記は無くし、あだ名は禁止、名前も男女順ではなく混合順となっているらしい。衛生面からは手洗い所のネット石鹸はハンドソープに替わっている。ごみ分別により焼却炉が廃止された。そのほかには年間3学期制から2学期制に、不登校生を慮り皆勤賞を無くす、女子生徒のブルーマーはなくなり、ハーフパンツになった、防犯ブザーは必携、座高測定が無くなったなどなど・・・隔世の感がある。

2021年2月21日日曜日   PM6時49分投稿 

運転免許証

 dachs飼主のツレアイはこの街に住み始めてから運転免許証を取得した。40歳を前にしてでも、わが街では当時、バスも交通機関も発達していなかったので、無理をしてでも取りにいかねば生活に不自由をきたす。そういうdachs飼主も運転免許は大学在学中に取ったが、わが街に引っ越すまではペーパードライバーであった。なぜ取ったかというと、就職に有利に働くだろうということ、あると写真付きなので身分証明になるという2点のみで難しい交通ルールを覚え、自動車学校で当時10万円近くかかったのではないだろうか。この街に引っ越すまでは横浜、川崎、東京都内を何度か引っ越したが、車運転の必要性を全く感じなかった。
 ところが、わが街は人口が2万余人のラーバンな街(行政区分でも市ではなく町)だったので引っ越した。ラーバンとは田舎(ルーラル)と都市(アーバン)の合成語でツレアイがこの街が良いと主張された。会社まで1時間乗換2回で電車に揺られるが、小学生の息子と娘を抱える我が家では空気も綺麗だし、野菜も新鮮で良いなどと言われ、この地に決めた。しかしながら、ショッピングなどでは公共交通機関が不便で、どうしても必要なものは遠くまで買いに行かねばならない。dachs飼主は自転車にも乗れなかったが、まず自転車に乗るようになり、次には50㏄の2輪車も買った。その次には中古のコンパクトカーを買ってカー生活を始めた。最初はペーパードライバーでドキドキしたが、始めたころは駅前には駐め放題の無料駐車場があり、信号も自宅から駅まで3個しかなかった過疎状態だったので運転技術の習得にまでにはそれほど時間がかからなかった。自転車やバイクに乗っているときは大きなトラックが脇から追い越してくると、車体が揺れるほどでとっても怖かったがそれも解消できた。

10 pages