dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2019年3月18日月曜日 晴のち曇  PM9時30分投稿 

心身ともに春が近づく

 朝夕は寒さを少し感じるが、昼間は三寒四温でだいぶ暖かくなってきた。午前中はパソコン三昧でPHPとMySQLの学習研究。午後は平日テニス。休憩タイムは上着を着てないと風の冷たさをかんじるが、プレー中はもう半袖半ズボンで問題は無い。70年間毎年同じペースではあるが、今週から来週にかけてどんどん暖かくなる予定なので嬉しい。今日のテニスは絶好調で、いつも上手な人たちにもペースを乱されず、勝ち続けることができた。
 先週末、確定申告を提出して思った。我が家は年収300万円台で他に収入もないので、退職金や過去の貯蓄で細々と暮らしている。それでもテニスとジム、旅、写真、読書、とIT関係の趣味で毎日をささやかだけど不満もなく健康に活きている。今月末に大型フェリーで名古屋から仙台まで遊覧旅をしようと思っている。貯めることではなく、贅沢な消費も心身の健康に良い。先月は4000円弱のスマートウォッチを買ったが、これがとても面白いので楽しんでもいる。Aアドラー博士の個人心理学を最近読んで、Googleカレンダーに予定を記録する際に毎日「やる気SW」をオンにすることも、面白い。

2019年3月9日土曜日 晴のち曇  PM9時04分投稿 

あっと言う間!!

今日は晴だが、風も強く、関東の春一番となったそうだ。

姿勢(筋肉)を治せばスリムになり、持病も克服できるそうだ

 昨日、偶偶観たテレビ「ぴったんこかんかん」で頻尿や股関節対策を目的に姿勢改善する「締めるだけダイエット」という話をしていた。テニスボールを使って中殿筋、腸腰筋、腹斜筋、腹直筋などをほぐすストレッチ法である。来週から(退屈な)時間ができるかもしれないので、関連書籍を買ってきた。現在の体の気になる点は「頻尿・過活動膀胱」「硬い股関節」なので、少しでも改善できればとてもうれしい。
 カレンダーをみると今日は既に9日、3月も三分の一、一年の六分の一が過ぎようとしている。子供のころは「未来ははるか遠い、過去ははやく過ぎる(もう一度やり直したい)」と思ったが、過去の過ぎ方が年配になると超スピーディになっていると思うのはわたしだけだろうか。若い時は何に触れても新鮮で、いろんなことを考えるから、単位時間あたりの思考が多いのだろう。歳を取ると知ってることのほうが多いから、あまり気持ちが動かないので、単位時間あたりの思考は少ない。いわゆる「ときめき」や「いろんなことを感じ・考える」時間が減ってゆく。しかし、今年はまだ六分の五もあると考え方を変え、毎朝やる気SWをオンにする努力をしたいものだ。、と今夜もふと考えている。

2019年2月28日木曜日 雨のち曇  PM6時05分投稿 

やる気スイッチ

 朝からあめ、止みそうもない。お昼過ぎジムに2時間強出かけただけで、あとは読書にいそしんだ。岸見一郎著の「嫌われる勇気」である。その骨子は「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。これは、個人心理学とも呼ばれ、オーストリアの心理学者A.アドラーが体系つけたものだ。特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。
 たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている。
 こうしてトラウマを否定するアドラーは、人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、過去にどんなつらいことがあったとしても、これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎない。いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でもないし、お金でもないし、恵まれた環境でもない。変わること(幸せになること)に伴う「勇気」が足りないのだという理論。
 シニアにとっては、残り少ない時間なので「変われない」から「変わることへの勇気」が必要と説いている。多くの人が陥りがちな、やる気になったら始めようという先延ばしはお奨めではない。「やる気は待っていてもやってこない」 そのためには、毎朝「やる気スイッチ」を押してみると良い。(上記は本のテーマ)
 dachs飼主は暇なときは何をしようかと考えたら、可能な限り失敗しても良いから、失敗するまではやり続けようと動きだす。「気が重い」「面倒だ」と思う前に、まずは無理のない範囲で動いてみたい、と思っている。考える前に動く、できることに目を向ける、を決して凝りずに、続けてゆきたい。

2019年2月26日火曜日 晴のち曇  PM12時11分投稿 

房総1周で燃料代2000円

走行420Km、燃費2Km強を表示していた


 昨年Demioに変えてからもうすぐ5か月になる。走行距離は4500Kmを超えたので、平均月900Kmを奔ったことになる。房総旅前の先週21日に満タンにして、帰宅した時のメーターが右写真である。420Kmで平均燃費21.7Km/liter、燃料は約半分残っている。満タンで44Lしか入らないので、19Lほどを消費したのだろう。1Lが先週21日の時点で103円だったので、房総半島ほぼ一周420Kmを燃料2000円弱で廻れたことになる。我が街千葉ニュータウンから電車で東京日本橋まで往復すると時間は片道37分しかかからぬが、往復運賃は2240円もかかってしまう。電車は独りだが車なら4人までは同じ料金なので格安千葉一周であった。

二・二六事件
 1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とされ,原隊復帰の奉勅命令が出された。 29日に反乱(高橋是清蔵相、斎藤実内大臣らを殺害し、東京・永田町一帯を占拠)は終り,首謀者 19人は銃殺,3月には,統制派が事件を利用し林銑十郎ら皇道派指導格の4大将を追放,軍部の政治的発言力が強まっていった。

2019年2月4日月曜日 立春晴のち曇  PM6時59分投稿 

春一番とまがう立春

2.7liter入りなので、1升5合の麦焼酎が入っている。お湯割りなので2升半は飲んでるか?

 午後のテニスでは温度は高かったものの北風が強くて、プレーには難渋した。おまけに水筒を家に置き忘れたので、ジムにいっても運動を全くせず、お風呂だけ入って帰ってきた。水筒に氷を入れて次にスポーツドリンクH2Oを淹れようとしたときに別の動きが入り、そのまま忘れて出発してしまった。車のドアポケットに「スマホ財布」とテプラで貼ってあったが、「水筒」も印刷しておかなければならない。認知症を疑う脳活動記憶ボケが次第に多くなってきた。
 先月10日に串木野若木酒造製の2.7リットル芋焼酎パックが先週無くなっているのに気づき、同じ会社の麦焼酎を買ってきた。2千円もしないので気軽に小遣い気分で買える。つまみを取りすぎているのか、ちょっと太り気味なので、焼酎をいっとき辞めたいが、食後に口が何となく寂しくなると飲んでしまう。

2019年2月3日日曜日 曇り  PM5時20分投稿 

ドヴォルザーク

彼の曲をもう一度聞いてみよう

 早朝テニスレッスンのあとジム。お昼を食べて午後は2時から隣町でドヴォルザークを聴きに行った。新聞社から戴いた招待状で、時間が空いてたのでツレアイと出かけた。演奏は我が地元伝統の交響楽団「千葉ニュータウンフィル」。ドヴォルザークについては「スラヴ舞曲」と「9番の新世界より」以外ほとんど聞いてはいなかったが、今日は「劇的序曲フス教徒」「交響詩野ばと」「7番ニ短調」。野ばとが曲調が暗く陰気だったのでもうひとつだったがほかの二つは美しく激しい曲であった。彼が「今は無いチェコスロバキアに対する愛国心」と鉄道好きであったことが曲のながれと解説でよく見えた。

 遅れていた1月のカレンダーを作成した。初詣&厄払いご祈祷、財布テニス靴ウェア新調、ガット張替、大腸内視鏡検査程度の内容で、大坂なおみが優勝したのがトピックスか。

1月は寒かったのであまりうろうろしなかった

2019年1月26日土曜日 曇時々晴  PM12時25分投稿 

同じ本を読んでしまう

 朝からとっても寒い。少し霙らしきものが降ったようだ。
 dachs飼主は家に居て暇なときは、パソコンをしているか本を読んでいるか、予約録画したテレビを観ていることが多い。リアルタイムテレビ鑑賞はCMが多いのと時間が制約されるので殆ど観ていない。コーヒータイムに録画したテレビをCMを飛ばしで観ている。
 月刊誌は別にして書籍は年間5冊くらいしか購入していない。週刊誌や月刊誌はYahooプレミアム会員なので、特定の雑誌だけだが無料でweb読み放題ができるので、買ってない。ちなみに趣味のテニス雑誌は「スマッシュ」が読み放題対象だ。
 それ以外に読みたい本は図書館で借りている。2週間で冊数制限はないが、およそ2週間で6冊程度を借りて、就寝前や暇な時間に読んでいる。こんな生活を15年以上続けているが、たまには同じ本を2度借りてきて、後半部分になって「あ、これは以前読んだかも」と思いながら最後まで読んで新鮮な気持ちになれることもある。加齢の認知症始まりの警告かもしれない・・・。
 たまたまテニス友達からエクセルで書籍を登録し、索引など有効利用できないかと相談を受け、問題なくできるので、登録部分からエクセルマクロを使うなどしてやったらよい、とアドバイスしておいた。
 寒い中、午前中町内会の班部会があり、来年度の役員に選ばれた。これは持ち回りなので7,8年に一度廻って来るので断れない。会議の席では、会員から「高齢化により役員の仕事が大変で町内会を脱退したい」という意見にほとんどの人が同意した。コンピュータなどの有効利用により、役員の省力化・人数削減などが高齢化により、毎年のようにこのような意見要望が強く大きくなっている。
 先ほどの図書2度読みもIT利用により防げるはずなので、テニス友達と同様、dachs飼主も読書データベースの設計を来週から始めてみたい。エクセルでなく、無償のリレーショナルデータベースMySQLを使って検証してみる。多分1か月くらいかかると思う。

2019年1月21日月曜日 晴れ  PM10時02分投稿 

「あっ」と「あーあ」

 今朝からも大坂戦で3セット、夕方4時過ぎから5時間かけて錦織戦を5セット、それぞれフルセットの血沸き肉躍るテレビ観戦をした。間の1時から4時過ぎまでは平日テニスで自ら北風が強く吹くオムニコートで飛び回り、ジムでも軽く筋トレしてきた。先日もそう思ったが、WOWWOWを契約するとずっーとテレビばかり見ていると思う。契約しないほうが良いと再確信した。
 しかし、大阪錦織ともに、薄氷を踏む戦いをしている。殆どフルセットなので、観ているDachs飼主たちは戦々恐々でさいごは面白いがストレスが溜まる。ツレアイと観ていてもミスショットになりそうなときは「あっ」、なってしまった時は「あーあ」と二人とも同じような声が出てしまう。

2019年1月19日土曜日 晴時々曇  PM6時28分投稿 

テニス観戦

 午前中からNHKで大坂&錦織の全豪3回戦を観続けた。彼女も彼もリスキーなシングルスを戦い続け、観るものをハラハラさせていたが、今日の錦織だけは安心してみていられた。WOWWOWに入ればいつでもテニスが自由に観ることができるのだが、そうしたらテニスのTV長時間鑑賞でほかのことができなくなってしまう。全豪と全英はNHKが割合撮ってくれるので、これくらいがちょうどいいのではないかと思っている。
 明日は朝からテニスレッスンがあるので、明日午後に伺う東祥寺さんに奉納する写経を2時間心を込めて書いた。その後はパソコンのアプリ改善と修正のバグ取りをしているが、なかなかはかどらない。

2019年1月18日金曜日 晴れ  PM6時36分投稿 

百貨店が生き残る道は?

 朝一でツレアイから「船橋東武」に行こうと誘われた。今日は平日テニス参加を計画していたが、昨日8時間もテニスに明け暮れたので「久しぶりにまぁいいか」と10時前から付き合った。雨も降らず、気持ち良かったが車はとても混んでいた。百貨店も松戸の伊勢丹も昨年閉店し、柏のそごうも無くなり柏は高島屋だけ。船橋も西武がこのほど閉店したので、百貨店は東武のみになってしまった。千葉市も三越が閉店し、今はそごうだけになった。百貨店の時代は終わりか。今日行った東武百貨店でもビックカメラなど家電量販店やテナントのレストラン街やイベント会場ばかりが拡張され、本来の夢希望のある百貨がどんどん狭くなってきている。また百貨店の駐車場も狭くなったり無くなったりと、時の流れで盛衰が激しい。イベント会場では長崎物産展が開催されており、珍しい食品を少しづつ買ってきた。

51 pages