dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2019年9月3日火曜日 曇り  PM5時49分投稿 

江ノ島に寄って帰宅

 昨夜の夕食バイキングのことを書く。確かに飲み放題でビール、日本酒、焼酎、サワーは自動でジュースのようにでる。90分食べ放題なので、飲み放題も90分でやむを得ない。しかし、刺身・天婦羅、つまみ、普通夕食などのおかずが小さく質も悪く種類も少なかったので、がっかりした。朝のビュッフェでも同様の感じで、夕食はステーキ、朝食は焼き立てのオムレツコーナーがあるのが定番だが、それもない。同じような価格帯では「大江戸温泉物語」系列のほうが格段に良いので今後は多分行かないだろう。

ツレアイの腱板供養をしてきた

 朝10時にその「伊東園ホテル熱海館」を出発し、とりあえず江の島まで一般道で約50㎞を1時間半かけて到着。江の島神社にお参りして昼食は横浜某所で食した。その後首都高速神奈川3号狩場線「花之木」から入線し、自宅には午後4時過ぎに到着した。今回愛車の延べ走行距離数は410Kmとなった。

2019年9月2日月曜日 晴のち曇  PM6時55分投稿 

三島を観光

 今回の旅は熱海に2泊して温泉に入るだけで、昨日は神奈川県のお寺巡りで終わり、明日は多分帰るだけになるかもしれない。
 今日はどこにしようかと考えて、結局三島方面に出張ることにした。観光をメインにした旅ではこのところ半年以上、雨男と雨女を演じる二人だったが、今回のドライブ、一滴も雨に降られず良いお天気が続いている。

スカイウォークは高さ70メートル、長さ400メートルで涼しかった

 9時過ぎにサンダンスを出発し、箱根峠を越えて、三島のスカイウォークに先ず行ってきた。400米と日本最大の吊橋であり、今日は雲が多く少々風もあって橋も揺れたが富士山の山姿の美しさは体験できた。フィールドアスレチックコースも充実しており、平日の今日も若者だけでなく熟年夫婦もキャーキャー騒いで面白がっていた。
 その後は三島市内の柿田川公園で湧水池を散策。第一と第二の展望台から美しい涌き水が出る様子が眺められた。コンコンと湧き出す水も冷たかった。昼食は地元寿司を食べて、その後も三島駅近くの白滝公園の清流、涼しさを味わってきた。
 3時前になったので三島を出て、今夜の宿「伊東園ホテル熱海館」に午後4時過ぎに到着。大江戸温泉スタイルに近いホテルタイプで混んでいた。午後8時から夕食バイキングだが、お酒飲み放題が楽しみである。
 昨日からの走行距離は222キロなので今日は40キロの山道を走った。

2019年9月1日日曜日 晴のち曇  PM4時57分投稿 

熱海の前に寺参拝

 朝7時10分に家を出て、京葉原木ICから首都高湾岸線経由で、神奈川3号狩場線花乃木出入口で降り、最初の目的地弘明寺に向かう。今夜と明晩は熱海で温泉に入りツレアイの右肩腱板に少しでも効果があれば、と思っている。
 熱海は何度も来ているので、今日の午前中は坂東三十三観音の神奈川地区でお参りし残している4つのお寺に目的地を定めている。最初は横浜の14番弘明寺で参詣し、次は座間市の8番星谷寺、北に向い厚木市の6番長谷寺、南に向かい平塚市の7番光明寺まで4箇所の観音様に手をあわせてきた。弘明寺から星谷寺迄は1時間近く掛かったがあとのお寺は30分ほどで向かえた。

塩スイカ味とのことだが……

 その後は熱海に向かう途中、小田原根府川の海鮮料理店「山本」で魚介料理や天麩羅などを食べてお腹いっぱい。ちょっと寄り道をしたが午後4時にはサンダンス熱海に到着。酎ハイ「塩スイカ味」を飲みながらブログを書き終えた。これから温泉。

本日の愛車走行キロ数は185でした。

2019年8月2日金曜日 晴時々曇  PM8時49分投稿 

浅草ー銀座

 昨夜はテニススクールの暑気払い飲み会。6時半から8時半頃まで2時間ほどだったが、暑いので生ジョッキを多く開けた。つまみもお店『鶏のごん助』名物手羽元の唐揚げや焼鳥が美味かった。駅前と自宅の間を自転車で往復したが、帰宅の運転制御がとても難しかった。
 夜中に何度か水分と冷たさが欲しくて目が醒めた。1リットルのビールを飲むと1.1tLiterの水を出さないといけないということを実感した。

坂東33観音 武蔵國13番札所である

 ほぼ二日酔い状況の体に梅干しのお湯割り(酒不含)を注ぎ込み、8時前に自宅を出て、浅草の浅草寺に向かう。週初めに軽井沢に行く前に参拝してきた武蔵の国埼玉県9~11番札所に続いて、これも飛ぶのだが同じ武蔵の国13番札所の浅草寺に参拝。浅草寺の境内もゆっくり時間をかけて歩くと今まで気づかなかった碑や、彫像、美しい社などがたくさんあった。10時にもならないのに、お寺界隈は大賑わい、さすが日本国首都の観光地の面目躍如である。
 銀座線と日比谷線を乗り継いで築地に11時に到着したら、N氏とK氏は既に待っていただいてた。両氏は昨年延べ3か月にわたって新宿の某病院で寝食を共にした戦友と言えるお友達。
 最初は築地場外市場の海鮮を食べようとしたが、ゆっくりと食事と会話を楽しめる場所は慌ただしいマーケットの中では皆無で、已む無く銀座7丁目まで歩いて、「ライオンビアホール」でウィンナーと生ビールで1時間、その後中央通り4階「壱眞珈琲店」で高級珈琲を飲みながら小一時間喋った。飲み食いしている時は涼しく快適だが、野外で歩くときは気持ち悪くなるほどムッとして蒸し暑く、つらい。帰宅は午後4時半を廻っていた。

2019年8月1日木曜日 晴時々曇  PM3時22分投稿 

関東はとても暑かった

道の駅妙義と妙義山は9年前に愛子ばあさんと行ったことがある。

 一昨日夕刻に入ったばかりの軽井沢サンダンスリゾートとも9時過ぎにお別れ。今から帰っても午前中に自宅に到着するが、他に行きたいところも無い。ツレアイに意見を聴いてみると、「道の駅」でルバーブが売ってれば買い物したい、とのこと。ルバーブは、ジャム等の素材野菜で関東には先ずお眼にはかかれない野菜。軽井沢から上信越自動車道沿いの道の駅に寄って見ようと高岡市の「妙義」と甘楽町の「甘楽」に行ったが何れも目的の野菜は無い。季節が終りに近づき、ここ1週間ほど仕入れが無いそうなので諦めた。
 富岡ICから上信越自動車道、関越自動車道、外環道を経て松戸経由で(夢庵で昼食)午後2時半に帰宅。延べ走行距離は530キロとなった。関東に入ると車外温度は40℃を越えており、もう一度22℃の軽井沢に帰りたかった。6時半からの飲み会には散髪&ジムサウナを終えてからでも十分に間にあう。明日は坂東13番札所浅草寺にお詣りした後、築地で昨年新宿の病院で知り合った友人2名と飲み食いするので暑いがとっても忙しい。

2019年7月31日水曜日 晴時々曇  PM4時38分投稿 

避暑を感じた

 昨夜の雨がそうさせたのか起床して窓を開けると森の緑が鮮やかで涼しそうだった。空調の向きが悪く熟睡はできなかったが、朝ドラを見てサンダンス恒例朝食を食べて、近郊を少し散策した。101号室から今夜は102号室に変わるとのことで荷物移動をおねがいしておいた。

地元とは11℃もの温度差があり半袖半パンでは肌寒いほど

 9時半過ぎにチェックアウトして白糸の滝に向った。有料道路を通るしかないので、400円で滝駐車場に向かったが下車すると流石に涼しい。10時10分の情報では我が街では既に33℃だそうだが、この軽井沢町長倉地区で11℃も低い22℃と表示されていた。気持ち悪いくらいの肌寒さだったが避暑地の出来事をきっちり実感できた。ここでは小一時間滞在して涼しそうな写真をいっぱい撮った。その後は鬼押出園方面の有料道路で4キロほど走り浅間六里ヶ原休憩所で浅間山を一服。その後軽井沢方面に戻ったが、往復8キロ弱しか走ってないのに、有料道路料金を往復540円分捕られた。白糸の滝では片道だけの料金だったのに、ちょっと腹立たしい。
 11時半を廻ったので星野グループのハルニレテラスで昼食を取った。ここの森や川も涼しくて川沿いの散策は気持ち良い。
 午後は陽射しも強くなってきたので、軽井沢アウトレットに寄りちょっとした買い物をして、ホテルに戻った。本日の軽井沢町の最高気温は29.5℃とTVで表示している。明日はもう帰路につく。明日の夕方6時半に暑気払いの約束をしてるから……。

2019年7月30日火曜日 晴時々曇  PM7時14分投稿 

避暑旅初日

 突然決まった軽井沢2泊3日は朝9時自宅から出発で決まった。最近関東中部東海東北など自宅に近い観光地は殆ど観に行っているので、急いでいっても仕方がない。初日の今日は昨日決意した通り、坂東33観音の武蔵の国札所である9番慈光寺、10番正法寺、11番安楽寺を参拝してから軽井沢に向かおうと決意した。お寺は埼玉県ときがわ町、東松山市と吉見町なので、16号経由一般道で行っても12時半には到着するので高速不使用で行くことにした。柏・春日部・大宮近辺で渋滞したが以降はスムーズで、予定通り最初の札所「9番慈光寺」まで107キロを走って、12時37分に到着した。朱印受付は12~13時休みなので少し待った。そこから10番正法寺(岩殿観音)、11番安楽寺(吉見観音)と予定通り周り終えた。
 時刻が午後2時前になっていたので、吉見観音参詣後で見つけた武蔵野うどんのお店に入った。全品820円の腰のある饂飩だったが、嬉しいことに、天婦羅、麺、ご飯が食べ放題で、天婦羅も野菜を中心に10種類以上あり、天つゆ、カレー、ご飯もあったので、定番の天婦羅うどん以外にカレーライスや天丼なども好き放題食べられる。こんな店が近くにあれば嬉しいな、と思った。食事が終わったのは3時前になっていた。

駅弁は崎陽軒のシュウマイとここのカマメシが最高

 ここからは関越道の東松山ICから入線し、藤岡JCTで上信越道に乗り換え、碓氷軽井沢ICに向かう。軽井沢の手前の横川SAで峠の釜めし、また軽井沢ではスーパー「つるや」で夕食のビールやつまみ、明日朝のパン、サラダなどを調達した。一般道、高速とも車外気温は38℃前後を指していたが軽井沢の山中に入った途端、28℃にまで下った。午後5時半に今夜と明日の宿サンダンスリゾート軽井沢に無事に到着できた。本日走行距離258Km。午後7時に宿から外を見ると雷鳴が轟き、雨が降り始めていた。

2019年7月29日月曜日 晴時々曇  PM5時52分投稿 

明日から軽井沢

 朝テニスも暑かった。首に保冷剤を入れたタオルを首に巻き、2時間頑張った。熟女たち数人も相当お疲れの様子で、帰りにスーパーにでも寄って涼んで、自宅で冷たいシャワーを浴びると言ってた。長い梅雨で曇天が続いていたので、今日の暑さは格別である。dachs飼主もジムで6℃の水風呂3分に3分浸かって体を冷やした。スマホのニュースでは関東地方も梅雨明け宣言が先ほど出た模様だ。
 朝、ツレアイにちょっとは相談されたが、テニスとジムに行っている間に、明日明後日、軽井沢に行くことを決め、宿を予約していた。避暑地なので良いのだが、特にここに是非とも行きたいという場所は無く、信州の涼しい空気に触れに行くのが最大の目的のようである。明日から2泊3日であるが最終日の8月1日木曜日の午後6時半にはテニスの暑気払いがあるのでその時刻までに我が街に帰ってこなくてはならない。行くのは時間がかかっても良いので、東松山までは16号経由で3時間ほどかけて坂東33観音の9番慈光寺、10番正法寺、11番安楽寺を参拝してから関越道から上信越道を通って軽井沢に行くつもりである。1番から5番までは12日の金曜日に参詣済で、8月2日は都心に出て新宿の病院で知り合った友達と昼食を摂る予定なのでついでに午前中13番の浅草寺に参詣する予定。6番から8番までの3札所は別日程で参拝する予定。梅雨明けで暑い時はお寺に行って涼むのもまたよし。

2019年7月25日木曜日 晴のち曇  PM8時04分投稿 

神奈川グルメツアー

 今日は7月25日。今朝は午前8時半に松戸駅に集合し、神奈川方面に飲み食いバスツアーに参加する。
 7時半に自宅から車で新鎌ヶ谷駅に行き、新京成電鉄で15分ほどかけて松戸に到着。暑いが、空は曇天、予報では雷雨頻発とのことだが、バスで歩いたりすることは殆ど無いので楽チンだ。念の為折畳みは持ってきたが、サラリーマンをリタイヤすると折り畳みは下駄箱に5、6本遣われずに残ったままでちと寂しい気もする。外環松戸ICから首都高湾岸線に入るのだが、1年後のオリンピックを前に高速規制が昨日今日と重点的に行われており、朝から渋滞が酷い。湾岸線で東京湾トンネルを越え、大井まで1時間半(10時)、ここから大回りで東名高速線に向かう。渋谷で10時半、ここからは渋滞五輪規制が無くなるので、順調に進む筈。港北PA10時45分着でトイレ休憩。厚木で圏央道を南に入り寒川北ICで降りて(11時半)向かう先は相模ハム厚木工場、ここで工場見学をするのだがやはりメインは試食と購入。渋滞のせいで、工場見学は出来ず売店で試食と購入とトイレなどを済ませ12時10分に出発して横浜駅隣接の崎陽軒アリババに向かう。戸塚から保土ヶ谷まで横浜新道を使い午後1時には到着できるだろう。その後のアサヒビール工場見学が午後3時リミットなのでいたし方が無い。1時10分に駅地下のバイキングレストラン「阿里巴巴」に入り中華料理特に焼売が好きなのでたくさん頂いた。ビールは勿論飲みたかったがあとでアサヒビールさんに伺うので、野菜サラダ、ソフトドリンクとフルーツで喉を潤しておいた。やはり崎陽軒の焼売12個は飽きない旨さだった。午後2時に出てアサヒさんに向かうが根っからの卑しさ(食い意地の悪さ)でお腹がポンポコリンになり、ビールが喉にも口にも入らないかもしれない。ベルトの穴が2個も違った。横浜町田から更に神奈川県最西の大井松田IC(ここで午後3時)まで戻り、3時半にアサヒ神奈川工場に着いた。ここで40分間に亘って麦酒の製造工程を丁寧に説明して貰いその後、スーパードライ5%、黑ドライ5.5%、プレミアムドライ豊醸6.5%を試飲させて貰った。おつまみは提携のなだ万チーズクリームおかき。ツレアイはカルピスウォーター180mlを飲んでいたが、dachs飼主は各350mlを飲んでお腹はポンポコリンだったが更に液体を1リッター弱放りこんだ。4時半にバスは出発。乗員22人参加だったが大型バスなので後ろは空いてたから考えた。後席に移動してリクライニングを倒し大名、殿様気分になってリラックスした。次はスィーツとのこと。もう5時前なのに…..。
 大井松田ICを5時前にはいって、5時10分、厚木ICで降りて、閉店20分前の洋菓子工房エミタスに到着。生菓子のアウトレットを買ったり、シュークリームを食べたりしながら、午後6時に出発し、東名、首都高ともに大渋滞との情報が入った。午後6時40分、厚木ICから圏央道へ大きく迂回して松戸に向うことにしたそうだ。あきる野IC19時通過、鶴ヶ島JCT19時25分、此処から関越道で練馬大泉JCTから外環道で三郷に入る。途中関越道三芳PAに19時50分に寄ってトイレ休憩。三郷から松戸までは一般道で多分8時40分、悪くても9時には戻れると思う。取り敢えず、本日ブログは終了。後日、グルメツアー報告はホームページにアップ予定だが本日感想は『大渋滞で肝心要の飲食場所ではゆっくりできない ドライバーはとても運転がうまかったが添乗員はもうひとつ 崎陽軒の焼売とアサヒの豊潤はとても美味』でした。

2019年7月4日木曜日 曇り  PM5時16分投稿 

雨の中をのんびりと帰宅

 九州南部では大雨被害で気の毒だが、Dachs飼主夫婦の今回の山梨旅も期待に比すれば、ちょっとばかり不幸である。夜中から雨音が気に懸かってはいたが、朝5時半に起きるとすごい雨。庭の池にも道路にも大粒の雨が音立てて落ちている。即行で温泉大浴場設置のワイン風呂に入って温まってきた。ここは露天風呂は無いが外からの風が簾越しに涼やかに入ってくる外風呂と称する横長の温泉で湯船の中にはベンチもあり、座って湯あみができる。バイキングレストランで朝食をゆっくりといただき、9時過ぎにチェックアウト。

詰め放題に挑戦してきた なかなか難しいが220円の価値は十分あり

 今日も雨で帰るだけしかないが、前回の旅で撮り損ねた桔梗信玄餅を今日は朝早くから掴みに行こうと、桔梗信玄餅工場テーマパークに9時半に着いて「詰め放題コーナー」に30分ほど並ぶ。雨は小やみになっており、傘をさしててもそれほど辛くはない。袋には10数個入るが蓋を締めるのが超難しい。斜め前の人は手慣れたもので28個も入れたうえ、きちんと風船結びにして220円で持ち帰られた。dachs飼主は12個が関の山・・・だった。
 10時半に出ると雨がまた強く降り出してきた。中央高速勝沼ICから帰るとお昼までに自宅についてしまう。雨の高速は注意力の鈍った高齢者には危険なので、国道20号(甲州街道)をのろのろと帰ることに決めた。勝沼を出ると甲州街道はずっと片道1車線なので前に遅い車がいれば信号少なくても時間がかかる。暇なワタシニャちょうど良いかもしれない。大月、上野原を過ぎると相模湖から高尾山に着く。高尾山から八王子まできたが、いいかげん嫌になったので、八王子から16号線で柏周りでの帰宅も考えたが、中央高速に12時前に入線し、首都高・京葉を通って午後3時に無事自宅到着。満タンから走り出し走行距離は480Km、残る走行可能距離は248Km、平均燃費20.4Km、平均車速24Kmとメーターには出ていた。liter109円だったので今回の旅でガソリン代は1325円かかった計算になる。今回の旅での思いでに残ったのは、ご朱印4神社、カラーマンホール撮影、富士登山電車に乗車、昇仙峡探訪、桔梗信玄餅詰め放題などが印象深かった。後日ホームページの旅記録にアルバムとして残す。

67 pages