dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2022年12月4日日曜日   AM8時31分投稿 

人生はレコード盤

健康面でチェックをしました

 昨夜遅く青森から帰ってきた。これから旅の紀行文・写真・納経帳・駅スタンプなどの整理に加え、月初なので、投資・愛犬暦・車走行距離などの整理を行わなくてはならない。
 お昼までに愛犬暦11月号は完成し、金融の月初チェックも終わった。円安が円高基調になり、ユーロドル預金とももとに戻りつつある(先月先々月はぬか喜びだった 暗号試算も最近は漸減傾向で売り時かもしれない)
 3泊4日の旅での参加者は見事に高齢者ばかりの31名。女姉妹に片方の旦那など奇数組も若干あったが65歳を超える男女ばかり。旅行者が募集した旅のタイトルは長々と
『津軽鉄道ストーブ列車と奥入瀬渓流・弘前公園・三内丸山遺跡を巡る! 冬の青森10の名所周遊 4日間』
であったが、若い人が誰一人来てないのはどうしてだろう。
 助成金もあり安い旅(一人実質26,240円)だったので、最終日前日夕食のみフリーだったので、何組かの人たちと飲みながら寿司をつまむ場や食事やバス乗車中に話す機会があった。その中で時期も12月だったので話題は「歳とると1年は早く終わってしまうなぁ」と口々にいう。南伸ぼうさんは「人生をレコード盤」に例えている。はじめは大きく回り、渦巻くように円は小さくなってゆく。また、先日のちこちゃんテレビでも「高齢者が1年を早く感じるのは感激が少なくなるからだ」と言ってたらしい。若い人のようになんでも興味を持ったり、自分の趣味や特技などを高みにあげる努力研鑽も高齢者にとっての感動感激であり、人生を悔いなく活きるすべではないだろうか。
 これからパソコンに向かって先月の記録や旅記録の整理を始める。

2022年11月24日木曜日   PM8時09分投稿 

長生きしてね

 昨日の雨寒から一転、朝から陽射しが眩しく温かくなった。空気も澄んでおり、千葉の我が家近辺の道路からも雪を被った富士山が綺麗にみえた。
 先日、テレビでこんな放送をしていた。20代夫婦が相手に言われて嬉しい言葉は次の4つがあがっていた。
 ありがとうーお疲れ様ー愛してるーながいきしてねの4つだが、高齢者は「愛してる」なんていう気もない。「ながいきしてね」はdachs飼主はツレアイに折りあれば言ってるが、ツレアイは逆で「私が先に逝く」というのが返答の口癖。dachs飼主からすれば、ツレアイには長生きしてもらい私が生きてる間は少なくとも食事洗濯などやってほしい。ツレアイからすれば、認知症や身体不自由になった自分の面倒は見たくないと思っているらしい。両者の意見はモットモだと思う。

2022年11月23日水曜日   PM3時07分投稿 

西暦和暦換算

昭和は25たしていたが、平成令和はトンと興味がない

 75年も生きていると、昭和平成令和が西暦年号にすぐ換算できないのが悲しい、換算法を覚えておかねばなるまい。
 今日は勤労感謝で祝日だが終日の雨。テニスはお休みでよかった。1昨日も午前中雨だったので月曜当番としては雨天キャンセルで2面分1080円の返金手続きを取った。
 この頃テレビでふるさと納税のCMが多い。2000円負担で寄付できる金額を計算するために確定申告をしようと思ったが公的年金や企業年金からの源泉徴収票は1月下旬にならないと来ない。昨年のB表を参考に上限額を算定すると29000円となった。今月来月中に寄付納税処理をしてみたいと思う。
 最近新聞の折り込みだけでなくポストにリフォームや排水管清掃・外壁屋根塗装などのチラシがしつこく入ってくる。今住んでいる街区は団塊の世代が40年ほど前に購入した土地家屋なのでだいぶガタが来ているのは確かだが高齢者しか住んでないお宅では雨漏りやその他修繕部がなければ今更きれいにしても仕方がありませんというところが多い。
『むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが居ました。 今はどこにも居ます。』

2022年10月8日土曜日   PM6時01分投稿 

頻尿気味

 今日は少し寒さは和らいだが、やはり10月、長袖は必要だ。
テニ友で僕より若いが、夜中に何度も起きたり、昼間も頻尿の方がいる。dachs飼主はそんな彼を「気の毒に」となかば可哀そうに思っていた。しかし、就寝中、熟睡できないという理由もあるが、朝4~5時にかけて、決まって尿意を催すようになった。家にいると昼間も今までより多くトイレに行く回数が増えたと思う。外だとそれほどでもないのだが、洗面所、キッチンの前に立つと尿意を感じてしまうことが多い。トイレに行っても元気のない流れで、大量に出ない。高齢化は小便にも表れてきている。残尿感もちょっぴりだが気にしている。

2022年9月28日水曜日   PM5時13分投稿 

認知症モニター

 朝から平日テニスで9時から1時間半、その後11時からテニススクールでボレーレッスンを受ける。ボレーは難しい。12時半まで汗したが、なかなか習得した気分にはなれなかった。
 昨日から朝刊に載っていた新型コロナ市町村別感染者数が掲載されなくなった。克服したとは思えないのに、毎朝地方版に載っていた情報が、なくなると寂しい。マスクと手洗い、施設入店の際のスプレー噴霧は今後も欠かさず行ってゆきたい。
 またもモニター検査の案内が来た。75歳を超えると認知症のモニター検査勧誘が多い。自分一人ではできず、同行者が必要で、客観的に認知度合をモニタリングする必要もある。ただ、基幹が年と長く、認知症の進捗度合いをモニタリングするので、月に1回、半年に1回などといろいろな検査を受けることになる。幸い体の健康は今のところ、何も問題もないが、頭の健康はよくわからないので、MRI,CTを含めた総合診断をしてもらってもよいのではないかと考えている。

2022年7月29日金曜日   PM4時45分投稿 

高齢者チェック

 2017年夏から使ってきた2016年10月発売プリンター「EP-879A」のサポートが終了したとの連絡がエプソンから受けた。使用開始から既に5年以上も使ってきているのでぼちぼち買い替えようかと思う。スキャナーコピーなど全部入りで15,800円と安かったが、十分役に立ってくれた。

せぐろあしながばちは退治できた。

 昨夜、大雨の降りしきる中でスプレーによる蜂虐殺を行った。蜂に噴射するには日没後3時間程度経ってからが良いとのことで午後10時に発射した。小さい蜂の巣であったが面白いように20匹以上の蜂や蛹が落ちて来た。蜂のコロシはこの地に越してきてから2003年9月8日2004年10月23日と今回のせぐろ足長バチ、なかでも厄介だったのは2005年11月19日のスズメバチの4回となる。蜂の巣の形が違うので蜂の種類がわかる。巣は燃えるゴミに、死んだ蜂とさなぎは土に埋め戻してあげた。
 後期高齢者になると市の高齢者福祉課包括支援係から「健やかチェック」の(多分年に1回)アンケート用紙がきた。そこには手すりを使わずに階段の上り下りが出来ますか?や転倒したことがありますか? など年寄り大丈夫かアンケートだった。どれも大丈夫だと書いて役所に送り返した。

2022年6月20日月曜日   PM11時11分投稿 

体が大事

 暑い日が続いている。テニスコートでみんなのプレーを観ている時でも、コート際のベンチと、コート外の木陰で観戦しているのとでは、涼しさが全く違う。水もきちんと飲んでおかないと体に不調をきたす畏れもでてきた。ミネラル水は糖分が強いので、2割程度水道水を付加し、さらに氷を入れて冷水ポットに500mlほど入れて持参しているが、テニスが終わりジムに入るとそれでは足らないので、もう少し大きい容量のポットにしなければならないと思っている。明日からは後期高齢者なので余計に気を使う。

2022年5月17日火曜日   PM5時50分投稿 

後期高齢者医療保険者証

健康有料爺

 とうとうきちゃいました。
 まだ後期高齢者ではないが、来月なるので郵便局が受領印を呉れといわれ、代わりに貰ったのが初体験の「後期高齢者医療保険者証」。保険者証の色もblueからgreenにかわり、管轄も市から県に替わった。

襟を正して熟読すべき良い本だった


 それだけではない。dachs飼主の主治医は歯医者だというほど、医院や病院のお世話になっていないのに高くなる保険料を払わねばならない。
 昨日、図書館で楡周平著の「サリエルの命題」という東京オリンピックを前にして新型ウィルスが発生し、ワクチンや治療薬の配分をどうするかという1919年夏ごろにかかれた今と見間違うほどの予言近未来小説であった。ワクチンの供給についてコロナ禍での現在、医療従事者を除いては高齢者や持病持ちが優先順位となっているが、この小説では若者や子供に優先順位を上げている。これは国の財政が厳しい中、長生きするために高齢者が湯水のごとく医療費を使い寿命を一日も長く伸ばそうとしていることに警鐘を強くならしている。船が沈没しかけたときに救命ボートに載せるのは女、子ども、若い男性、最後に老人である。なるほどと思った。
 それに比べるとdachs飼主は国にとって健康優良爺である。

2022年5月7日土曜日   PM2時34分投稿 

来月後期高齢者になる

 今日は午後6時からとなり町で昔仲間で1年ぶりの飲み会。帰ったらヘベレケが予想されるので、はやめに記述。
 これも先月茨城横川温泉の中野屋旅館に置いてあったシート。写真では読みにくいのでいかに列記したが、思い当たることも多い。

●日帰りで行ってみたいな天国へ
●紙とペン探してる間に句を忘れ
●三時間待ってた病名加齢です
●改札を通れず良く見りゃ診察券
●2所帯を立てたが息子に嫁が来ぬ
●女子会と言って出かけるディケアー
●起きたけど寝るまで特に用が無し
●つまづいて何もない道振り返り
●目覚ましのベルは未だかと起きて待つ
●延命は不要と書いて医者通い
●おじいちゃんメイドの土産何処で買う
●年金の扶養に入れたい犬と猫
●指一本スマホと俺を使う妻
●忘れ物口で唱えて取りに行き
●遺影用笑い過ぎだと却下され
●湯加減をしょっちゅう聞くなわしゃ無事だ
●誕生日ローソク吹いて立ちくらみ
●万歩計半分以上探し物
●振り返り犬が気遣う散歩道
●なれそめを始めて聞いた通夜の晩
●お迎えはどこから来るのと孫が聞く
●歩こう会アルコール会と聞き違う
●妻の愚痴うなづいていたら俺のこと
●なぁお前履いてるパンツ俺のだが
●腰よりも口に点けたい万歩計
●老の恋惚れる惚(ボ)けるも同じ文字
●デジカメはどんな亀かと祖母が聞く
●お若いと言われ帽子を脱ぎそびれ
●この頃は話も入れ歯もかみ合わず
●深刻は情報漏れより尿の漏れ
●くり言を犬はまじめな顔で聴く
●恋かなと思っていたら不整脈
●早送りしたい女房の愚痴小言
●妖精と呼ばれた妻が妖怪だ
●複雑だ孫が喜ぶ救急車
●目薬を差すのになぜか口を開け
●ほれ込んだえくぼも今はしわのこと
●三月前教えた将棋で孫に負け
●手をつなぐ昔はデート今介護
●これ大事あれも大事とごみの部屋

2022年5月6日金曜日   PM4時15分投稿 

80歳を超えたら達観

18歳と81歳(63年差)ではこんなにも違います

 テニス帰りにY先輩がストレスで食欲がなくなり再入院した件について先輩連と昨日今日と同じような話をした。先輩は肺に影が出来ていることを毎年病院で検査を受けておられたのだが、3月の検査で「進んでいる」とDrに言われ、これがストレスになって食欲がなくなり、点滴を受けに入院されたように聞いている。80歳を超える我々仲間によれば、
『医者や病院には行かない、市の健診にも参加しないことが長生きの秘訣、死ぬときは死ぬのだ、天寿を信じて、体のことで悩まないことが一番』との結論に達した。
 写真は先月茨城横川温泉の中野屋旅館に貼ってあった標語(?)を撮ってきた。dachs飼主も朝の2時間テニスと1時間ジムとお風呂に入って帰って昼食を食べた後は昼寝をしたくなる(眼がトローンとしてくる)

27 pages