dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2021年3月25日木曜日   PM11時03分投稿 

アデュカヌマブ

 午後のテニスは曇って風が強かったが温度はそう低くはなかったので半袖半パンツでも寒くはなかった。83歳と82歳の方々とダブルスでプレーした。年齢をわきまえ、ネット際に落とした球は無理に走って獲りには行かずに、自分の防御範囲で的確にボールをコントロールされている。「30年以上コートでプレーしているのが認知症の予防になるかもしれないよ!?!」と笑って話してくれた。認知症の話題を1昨日サンデー毎日最新号で得たので忘れぬうちに記録しておく。
 主な原因症状のアルツハイマー症はアミロイドβによるものだが1906年ドイツの医師アルツハイマーさんが発表した病気。それから1世紀、研究対策が一進一退していたが、日本の製薬メーカーエーザイが1996年症状の進行を8か月~1年半食い止める薬として「アリセプト」を発表し、全世界100か国以上で承認された。しかし、これは対症療法薬であり、病気の進行に直接介入する根治薬ではなかった。アミロイドβを抗体として筋肉注射すれば新型コロナのワクチンと同様の効果としてアミロイド班に侵された神経細胞を撃退できるのではないかとの理論にまで最近進んでいるそうだ。その薬が新薬「アデュカヌマブ」という。dachs飼主が80歳くらいになるまでに治療薬が完成してほしいとおもう。

2021年3月8日月曜日   PM6時20分投稿 

眼鏡ストッパー

110円で良い買い物が出来てとても嬉しい

 朝から雨降り。午前中に買い物に出かけた。ドンキで黒酢、2階のダイソーでは「メガネストッパー」を買ってきた。病院でしりあった仲間からずり落ちない眼鏡ヘルパーが売ってると聞いて早速行ってみた。以前眼鏡販売店ですねFRAMEの耳掛け部分を重くしてずれ落ち防止を狙っためがねフレームが発売されたと聞いて早速相談に行ったが、Lenzを買わずにフレーム交換は出来ないとのこと。逆は出来るのに不便だなと思っていたがこのメガネストッパー情報を聞いて早速110円で入手して付けてみたら、思いの外の眼鏡安定感が得られ、大満足であった。眼鏡を掛け始めたのは高校1年からだったが、ずっとかけていると鼻が低いのか鼻の構造が悪いのかズレが気になり、何度も眼鏡フレームの右側を持ち上げるのが習慣となっていた。
 午後もやはり振り続け、テニスは中止となった。

2021年2月24日水曜日   PM3時29分投稿 

廊下はや周り

 週に一度は院外散策を1時間強出来るが、普段は毎日350mほどの周り廊下を30分ほど周回できるのだが今日は午後4時から45分間の散歩タイムを貰えたので、ちょっと速歩で歩いてみたのが結果の写真。一時間では8,000歩ペースだが、今日は46分なので6,668歩。一歩70cmで計算すると時速6kmのハイピッチで歩いたことになるが、燃焼カロリーは僅か143Kcalしか消費してなかったのにはガッカリ。
 テニスではまず転ばないが、狭い廊下を速足で歩くと、利き足でない右足がうかっとするとつまづきそうになるのも高齢化のなせる技であろうか。気をつけようと思って歩いて見ても、4隅の曲がり角で10数回目にはつまづきそうになる。 

2021年2月23日火曜日   PM5時22分投稿 

教養と教育が大事

 高齢の人たちと日々仲良くなってゆく。空いた時間にはマスクをしながらでも雑談ながら会話に花が咲く。車好きな人、水泳の好きな人、旅や写真の好きな人、〇〇やバツバツが得意な人、苦手な人などからこぼれ噺や興味深いストーリーが多少盛ってるだろうと思うが、面白おかしく語られる。ある方がおっしゃった。高齢になると特に教養と教育が大事だ と聞こえたように思えた。しかし、実際は「今日用がある」か「今日行く所がある」と良いが、両方とも無ければ認知症状が早まるとのこと。心せねばならぬ。

2020年12月28日月曜日   PM7時54分投稿 

湯のぼせ

 今日は週4会テニスの本年最終日。残念ながら頚椎症の為、dachs飼主は参加費徴収、組合せ進行を行い、30分ほど観戦だけして帰宅。あとはジムに行って、これもスーパー銭湯のみに入った。サウナに10分、電気風呂に首まで浸かり、電気を若干長めにかけたのが悪かったのか、湯で少しのぼせた。ひげ剃り洗顔をパスして風呂場を出て、休憩コーナーで冷やした缶珈琲を額にあてた後、飲んだ。30分ほどクッションチェアで休んだが、湯でのぼせると、なかなか快復できないことが分かった。加齢のせいかも知れないが、無理して風呂場でタオル一枚の状態で意識を失うともっと恥ずかしいことになる。

2020年11月9日月曜日   PM6時17分投稿 

明石海峡大橋と墓参り

今日は午後2時半に訪問する月照寺墓参りと住職への相談のみしか予定はない。舞子ヴィラは歴史ある地元では有名なホテルだが、ツイン2泊のsaleで18,050円がGOTOトラベル割引35%6,317円、ツアー会社割引585円が加(減?)味されて11,148円の支払で済んだ。更にGOTOでクーポン15%3,000円が貰えたので明日徳島で使用したい。

ここでは色々と勉強と驚愕を出来た

 朝9時から舞子公園アジュール舞子公園などを散策し、明石海峡大橋の中を舞子海上プロムナードに入った。ここは入場料200円と安いが、海峡大橋の説明に加え、ガラス越しに50m下に見える海の波を観ながら丸木の板を渡るのは少々怖かった。会場から見る遠景も美しい。ここはお薦めです。
 10時半過ぎに舞子公園を離れて、時間があるので明石駅に出て駅北にある県立明石公園でブラブラしてきた。菊花展が開かれており、県下の菊マニアの素晴らしい作品が並べられていた。dachs飼主の子供の頃は毎秋になると大菊人形展が開催されていたが半世紀以上開催されていない。大きな池(剛の池)の側でしばらく休んだあと、小学校時代、学校からの帰り道で遊んだ場所を逍遥したが、60年以上前の話なので、だいぶ風景が違ってみえた。池に棲むカエルや鯰とその卵、オニヤンマ、アカトンボ、池に生えてる蓮の実採りなどを思い出しながら歩いた。お昼過ぎになったので明石名物「玉子焼き」を魚の棚(地元の人はウオンタナと呼ぶ海鮮商店街)のたこ磯で昼食代わりとして食した。久しぶりに焼穴子入りの玉子焼きは美味かった。隣席の爺がうまそうに飲んでる生ビールが欲しかったが、午後はお寺に行かねばならないので身を清めておかねば、と心を入れ替えた。
 スーパーマーケットで墓花と親父お袋が好きだったビール、サイダーなどを少し買って、墓苑に墓参りした。2時半になったので、墓苑を管理している曹洞宗のお寺人丸山月照寺に伺い、ご住職にご挨拶をさせてもらった。かれの父も祖父も既に他界されたようだが、祖父にはよく可愛がって貰いお墓を世話してもらい昭和48年6月にdachs飼主がお墓を建てさせてもらった。また、父には先代亡き後、月命日に自宅まで月参りに来てもらっていたので因縁は浅からぬものがある。
 今回、現住職を伺ったのは、「墓じまい」のご相談。千葉から関西まで墓参りは大変なのでどうすれば良いか伺いに来た。自分自身の墓のこともあるので、今後も引き続きいろいろと検討してゆきたい。
 午後5時にホテルに戻った。本日もよく歩き、踏破数は2万歩を超えた。明日は、朝から高速バスで淡路島を通りこして鳴門の大塚美術館を鑑賞後、夕方までには徳島市に着きたい。

2020年11月1日日曜日   AM10時07分投稿 

肥厚爪

足の爪が厚く巻きだしてきている。色も変化

 足の爪を切るときに「やはり歳は嘘つかない」と最近特に思う。何年か前から肥厚爪になっている。爪が厚くなり盛り上がって情けなくなっている。テニスやジムでのランニングでつま先に負担がかかっているのも一因だが、若い時(つい、数年前まで)はそんなことは無かった。靴のサイズで窮屈になるのもあるのだが、加齢で爪に水分が行き渡らず、みずみずしさはかけらも無く、一部は粉を噴いている状況。爪が厚くなると、色が黄色や白に変わってきたり、巻き爪のようになってきている。老化の所為なので、そのままにするしかないだろう。
 ミニパソコン「Surface」でファイル転送(FFFTP)やブログの更新(WordPress)などができるかとイオンとMACのフリーWifiでテストしに行った。イオンでは問題なく繋がったが、MACでは、「インターネットなし、オープン」と吃驚(!)マークが出て接続不可だった。店内にネット利用者が多く、繋がらなかったのだろうか? よくわからぬ。

2020年10月21日水曜日   PM5時23分投稿 

頻尿感じる

左歩数、右距離

 朝から気持ちが良い好天。陽射しも十分あり、テニスをしていても太陽の光が背中にあたっていると気持ちが良い。テニスコートは多分何処でも東西ではなく南北方向に設置されているので午前中は北側だとサーブ時に眩しいが南側に位置すると背中の陽射しが快い。水曜日は平日テニスが朝9-11時、テニスレッスンの振替が午前11:00-12:30なので、はやめに平日テニスを切り上げてレッスンに向かい、合計2時間半近くテニスにのめり込んでいる。この午前時間だけでスマートウォッチの掲示は踏破距離10.7㎞、歩数13,110歩が記録されていた。よく走り跳んだと思う。今日はジムが休館日なのでいけないが、ジムでトレッドミルで3㎞ほど走ると17000歩くらいにはなると思う。
 加齢の所為と思うがこの頃、尿に悩まされている。夜中に尿意で眼が醒めるのか眠りが浅いのかわからぬが1回程度目覚めることがある。我慢できるので朝6時過ぎに朝刊を取ってきた後にトイレに行くがそうたいした量は出ない。その後洗面所やコーヒーを飲みに台所に行って水道をさわると尿意を感じてしまう。テニスの時は2時間プレーしていても尿意を感じたことは無いが、朝の2時間程度の間に最低2回はトイレに行きたくなってしまう。昼夜も家に居ると尿意を感じやすい。人間ドックエコー診断では、前立腺の肥大もないので、脚ふくらはぎに尿が溜まっているのだろうか? 理解できないが。。。

2020年9月25日金曜日   PM9時48分投稿 

老乱

 インフルエンザの予防接種のお知らせが今年も届いた。65歳以上高齢者への優先接種だそうだが、注射は嫌いなので一回も受けたことは無い。おまけにタダではなく、1,000円もとられて痛い目に遭うのは嫌だ。dachs飼主はアホなので、洟は出ても、風邪は引かないと信じている。

わが身に数年後に訪れる避けられない運命

 今日は終日の雨。朝からテニスレッスンとジムで午後2時近くまで頑張った。午後は読書タイム。久坂部羊著「老乱」。以前乱読した覚えはかすかにあるが、今日は4時間強かけて、じっくりと読んでみた。認知症を介護する側とされる側、両方の目線で進んでいくので、義母を送った経験もあり、身につまされる内容だった。明日は我が身の姿を見せられたようで、ことさら疑似体験の感覚が強くなるのだと思う。長く生きていれば、誰もが通る道なのだと思うが、切実であり、切なかった。死ぬまで心身共に健康でいるためにはどうしたらいいのだろうか。それにしても初期症状のいくつかは自分にあるあるなのでビクビク。いい本に出会えた。

2020年9月9日水曜日   PM7時22分投稿 

フレイル怖い

注意をせねば 普段の心掛けが大切

 埼玉のLINE友達Sさんが昨日9月8日に73歳の誕生日を迎えられた。折りも折り、今朝のTBSラジオで「フレイル」について話題に騰がっていた。フレイル(Frailty 意味は虚弱)とは、身体的機能や認知機能の低下により、要介護状態に至る可能性が示唆されているそうだ。ほぼ毎日運動や筋トレをしているわが身としてはそんな状態ではないと思いたいが、可能性チェックで気に懸かるところが多いように思う。2,3日前に風呂上がりのdachs飼主をツレアイが観て、「歳とったわねぇ シワシワじゃない」と衝撃的な言葉を吐かれた。フレイルのチェック項目としては「体重が減少」「握力弱くなった」「わけも無く疲れた感じがする」「歩くのが遅くなった」「運動習慣はない」「忘れっぽくなった アッとなどウカットする」など。加齢に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下について「サルコペニア」という言葉もあるそうだ。最近とっても気になっている。
 今日は朝テニスで走り廻った。ジムは休みだったが、1万歩は軽くオーバーできた。

26 pages