dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

心電図

 この病院では、ほぼ1週間毎に体調確認の検査がある。勿論、毎日ドクターの聴診器と問診はあるが、朝一から検尿・検温・血圧・心電図と臨時(臨検)採血が行われる。採血は心電図をとったあとに行われる。血圧・心電図の前にはベッドで5分間安静にしておくように言われる。
 脚は伸ばしてはいるが、天井の一点を見つめ、月例の坐禅の気持ちになって「無念無想の境地」を目指し、安静にする(ちなみに、月例坐禅では、25分座っている)。
 血圧は103-71で普段日常の110-75からすれば、安静にしている分、幾分は下がっている。心電図と採血はdachs飼主が一番嫌がる検査である。神経が緊張し高ぶるので悪影響が出る。心電図の際も”これから測定します”とナースに言われた途端にびくっと緊張し、足先が若干上方に向く。子供のころ昼寝をしなさいと言われ、先生や親が近くに来ると狸寝入りの時は足がびくっとして暴露れてしまうのと同じ状態で、肝が据わってない証左である。
 対策として足元とベッド足もと枠の間に掛け布団を丸めて置き、そこに足を添えて寝れば良いとナースに教えられ、今日はそうしてみた。

房室ブロックは心配に及ばず

 心電図については2ページのグラフ用紙のわきに「abnormal ECG」という文字が印刷されていた。これは心電図異常を表すメッセージで詳細欄には洞調律と1度房室ブロックと出た。洞調律とは、すべての心筋細胞が洞房結節の指示に従っている状態で、まったく問題ないそうだ。もう一つの、「房室ブロック」は心室への電気刺激の伝導が遅延すること。1度房室ブロックでは、心房からの電気刺激はすべて心室に届くが、そのどれもが房室結節を通過する際に一瞬だけ遅くなります。第1度房室ブロックは、トレーニングを積んだ運動選手、迷走神経の働きが活発な人によくみられます。この病気で症状が生じることはまれです。スポーツマンでは運動したときに交感神経活性が十分に高まって運動の効率をよくできるように、安静時には交感神経活性が低く、反対に迷走神経緊張が高まっているのが特徴です。週に3,4回も運動しているとこのようになることが多い。もっとも、害のあることではなく、運動選手の勲章のようなものであり、運動を止める必要は勿論ないとのことでこれも安心できた。
 心配なら、病院で24時間心電図をつけた状態で診断を受ければ安心ができるそうだ。心臓付近に似絆創膏を数か所貼っておけば入院する必要は無い。
 良かった 良かった

Similar Posts:

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

コメントする

管理人にのみ公開されます

使用できるXHTMLタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)