dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2022年8月9日火曜日   PM5時02分投稿 

おれおれ詐欺

 昨夜ある若者から「JRのなんちゃらかんちゃら」という内容で電話を受けた。誰やと訊くと長男の名前を言う。声が少し違うねと言うと「そうでもないよ」という。これはややこしいと思い、「湯が沸いた ちょっと切るよ」と言って電話を切った。数分して再度かかってきた。詐欺だなと思ってツレアイに電話をとるようにお願いした。ツレアイも絶対息子と違うと言い、「貴方は誰?」と訊くと「おとうさんに変わって」と返答。「息子なら親のことを決してお父さんとは言わないです」というと「うるさい、ばばぁ」と言われ切られたそうだ。
 後期高齢者になりたてのdachs飼主はおれおれ詐欺の対象にされた。セールス電話撃退の為にも、電話番号を表示しないとかからないようにする手もあるが、毎月200円程度NTTに払わないといけないので、それも勿体ない。

2022年7月15日金曜日   PM7時20分投稿 

大雨

 朝一テニスが9時から始まる。予報では10時頃から降り始めだったが、いつものように行ってみた。9時前に着くと薄く晴れ間も見えた。関西では8時台に晴れ間が一瞬見えると「はちわれ」と呼ばれ、1,2時間後に雨が降り出すという言い伝えがある。それでも30分練習後、ダブルス4試合をこなした頃10時半頃から雨が強く降りだしてきた。止みそうもないので以後中止として一目散にジムに進んだ。びしょびしよだったが、筋トレとtレッドミルをこなした後、ゆっくりとサウナ3回を含んでお風呂で体を癒してきた。
 ツレアイのスマホがNFC機能が無いので、いま流行りのマイナカード第二弾キャンペーンに自分のスマホで参加できない。2019年秋に購入したHuaweiiP30LiteなのでNFCが無いので楽天モバイルに新機種を観に行ってみた。端末は殆ど5G対応になり、NFCはもちろんセット済だった。Oppo Reno7A(競合はRedmi Note 11 Pro)を最有力にしている。しかしスタッフに「自宅から1本しか立たないのでWifiをきると殆ど繋がらない」とクレーム調で聴いてみると「楽天のアンテナは僅かに2年、ドコモは10年かけてここまできた」と木で花を括ったような冷たい返事をされた。スタッフ教育がなって無い!!! 激怒プンプン

2022年7月15日金曜日   PM2時06分投稿 

9が少ない

 1昨日の記録でブログ連続7,043日目を記録したと喜んでいたら、しっぺ返しを喰らった。今朝(7/15)友人Kさんから「昨日書かなかったの?」と注意を受けた。連続して無かったと猛省し、昨日の分を書いている。
 テニスを終えて息を切らせた状態で車に乗ってジムの駐車場に行く。しかし、疲れが十分取れていないので、駐車場に留めてから、車の中でミネラル水を飲んだり、スマホの未読チェックなどをして5分程度車の中で休息をとっている。対面には見渡す限りたくさんの車が止まっているのが見える。そんな中でふと思った。車のナンバーは0から9の組み合わせで4桁あるが、9はほかの数字と比べるとやたらに少ないと感じた。9は苦に通じるのだろうか。

2022年7月11日月曜日   PM5時02分投稿 

サーバー移設

 サーバースペックの向上、サイトの高速化、セキュリティ対策の強化を目的に昨日dachs飼主の契約しているサーバーが新環境に移設された。但し、移設によってCGI言語PERL,RUBY、Python,PHPのバージョンが変わり、よく使っていたPERLにも新環境に伴い論理手続きに変更しなければならぬ場所がある。
 数名でたまに使用する談話室も現状動かないので、関係者には以前使っていた炉端会議で代行いただくようお願いしている。今月来月はいろいろほかに考えたいことなどあるので、秋以降にゆっくり考えたい。

2022年6月28日火曜日   PM5時53分投稿 

老醜ありあり

 今日で後期高齢者になって1週間経った。誕生日にメッセージを戴いた方々の中にはお祝いの最後に『年相応に動かないと無理すると大事になるかも』的な主旨の添え書きがあった。
 確かに満75歳になるとひと昔前までは爺であり、冬は炬燵で円くなる世代であった。平日にジムやテニスに明け暮れているdachs飼主のような奴は居なかったと思う。とはいえ、老醜は迫ってきているのを身をもって感じている。
◎頭 うっかりが増えてきている
 例えば3つの記憶があったが、1つだけ忘れている、またKeyかけ忘れを異常に気にするなど反省事項多し
◎髪 知らぬ間に薄くなった
◎みだしなみ 殆ど気にしなくなった
◎顔 手も脚も含めシミやシワが増えてきた
◎足 ちょっとした段差に躓きかけることあり
◎朝 5時前後になると目が醒めてしまう
◎食 食べ放題が最近苦手 夕食はおかずとお酒だけ
◎歯 歯間にものが挟まりやすく歯磨きが毎食後欠かせなくなった
◎酒 弱くなった 顔が直ぐに赤くなる
◎尿 夜間に尿意を感じること増えてきた
◎ジム 筋力やスタミナが落ちてきた
◎爪 足の爪の形や色が老化
◎掌 結節異常か、小指が自由に曲がらぬ
などなどだ

但し、人間ドックでは問題なしとは言われている が。。。

2022年5月26日木曜日   PM5時53分投稿 

Y先輩家弔問

正月に記されたそうだ

 テニス会幹部W嬢と朝10時過ぎに13日に亡くなられたY先輩のお家にお邪魔して線香をあげさせて貰った。奥様はこれから独りぼっちなのでおさみしいと思うが、私たちの前では意外にお元気そうに振舞われていた。会からはフラワーアレンジメント、dachs飼主は先日三日月で入手したお土産をお供えしてきた。午後はテニスで参加者に口頭で報告しておいた。70歳の時に治療しなければ10年で命が尽きると言われていたが、80歳まで生きれば本望だと治療も検査も全くしなかったそうだ。先日検査で「がんのスイッチが入ったので即入院」と冷たい言われ、そこから1か月で亡くなられた。奥様より、年頭に先輩がかかれた願い札を見せて戴いた。今月4日にdachs飼主に送って貰ったLINEも同様の趣旨だったので、泣けた。

2022年5月19日木曜日   PM11時24分投稿 

大先輩逝去

 悲しいお知らせを戴いた。テニスでいろいろと有益な助言やお叱り励ましを数々戴いていましたY先輩が先週金曜日13日に闘病虚しく逝去されたとのこと。先月8日頃、肺の検査を受け、進行しているので即入院しろと言われ、二回に分け10日間ほど入院されていた。食が進まないので点滴で栄養を取られていたようです。病気のストレスによるものかお腹に水が溜まってるせいかわかりませんが食欲が無いとはおっしゃってはいたが、退院後はテニスにも参加されていた。今月2日迄テニスにも元気に出ておられていたのに、その翌日には再入院され、4日にはdachs飼主にも連絡をいただき、LINEで数回コミュニケーションさせてもらっていた。11日に当方より「その後お加減如何ですか云々」のLINEを送りましたが毎朝チェックしていても既読にならないのを心配してはいた。お生れは昭和11年10月とお聞きしているので今年86歳になられる筈だった。
 今夜友人Kさんから連絡があり奥様よりお知らせを受けたそうです。ご葬儀も既に済ませたとのこと。奥様よりはしばらくそっとしておいてほしいとの伝言も承っている。
  合掌。

2022年3月18日金曜日   PM9時04分投稿 

老化を感じる

 昨日までの20℃を越える気温から一挙に最高気温が7℃にまで急降下した。朝からエアコンを点火せざるを得ない寒さ。正午に金曜当番氏から「雨天につきテニス中止」連絡メールを受け、早昼を済ませて、ジムへ。筋トレもランニングもいつもよりかなり長くとって、体を鍛えた。最近、老化をとみに感じる。歩く際にも歩幅小さく、シャキッと進んでない。首もこころなしか前かがみになっているようだ(ツレアイからはジジくさい歩きかたになっていると言われることあり)。踵も水分が少なくなって、朝体重計に載っても足裏に水分が足りてないので、体脂肪率を測る体組成が計れないときがある。冬場は足裏も乾燥しているのでちょっとばかり水で湿さないと測れないのは老化を感じてとっても悲しい。

2022年3月5日土曜日   PM5時41分投稿 

いつまで続く一方的な戦争

 ウクライナへの侵攻がロシアプーチン大統領の指示で止めどなく見境無く続いている。91歳のゴルバチョフ元大統領も心労とのこと。対するゼレンスキー大統領も国民が多数死傷しているにも関わらず、停戦交渉に一歩も引かない姿勢で徹底抗戦を主張している。西側諸国からの支援を過度に期待しすぎており、このままでは更に無垢の民間人や平民軍隊志願者の不幸が重なってしまう。西側諸国も傍観や経済的制裁でないロシアに効果的な鉄槌をくだしてきてほしい。
 午後の強い風が春一番だったらしい。いつもは2月に訪れるのだろうが、今年は遅かったようだ。

2022年3月4日金曜日   PM6時36分投稿 

武藤さん、さようなら

 風もそれほど気になるほどでなく、しかも陽射しもそこそこあったが、午後のテニスでも体感温度は10℃を下回っていた。プレー中は長袖スポーツウェアで問題なかったが、プレー待機観戦中はジャンパーなどを羽織っていてもそこそこ寒さを感じた。明日は20℃に迫る気温だそうでまさに三寒四温の今の季節である。啓蟄だそうだ。
 プレー終了時、某奥様より千葉ニュータウン新聞のH.Mさんが先月末に他界されたという。ネットですぐ調査したところ、残念ながら事実であった。彼とは30年以上のお付き合いをさせてもらい、飲酒や地元の話で、不定期で親交を深めていたが、2年前、間質性肺炎で闘病生活にはいられていたが、dachs飼主の知らぬ間にとうとう鬼籍に入られた。ホームページや新聞記事の支援などいろいろとお手伝いをしたり、貴重な情報を戴いていた。お別れの会は今日午前9時からだったらしいが、午後3時に情報を得たので行けなかった。後日仏前にお参りしたい。

14 pages