dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2019年7月12日金曜日 曇時々晴  PM11時37分投稿 

観音巡礼に発心

 行こうと思った。起床すると微妙な雨。日曜から金曜日に今月から変更したテニスレッスンも先週1回目も行ってないが今週も予約をキャンセルとした。出発してすぐ、「雨がそれほど降ってないのでコートに来てください」と携帯メールがあったが所要の為参加できませんと道端に停車してお断りをした。今日はツレアイが朝6時過ぎから山梨に仏料理がメインでバス旅行に行っている。8時丁度に決めた。
 「そうだ、坂東観音霊場に巡礼しよう」 と決めた。
 
 持ち物は一眼レフカメラと納経帖、数珠と輪袈裟。観音霊場用の公式納経帖があるので、一番札所杉本寺で購入すればよいが、観音霊場以外で気に懸かった寺社がドライブ途中であれば手持ちの8冊目納経帖に貰おうと思っている。数珠は我が家のdachs飼主専用のもの、輪袈裟は東祥寺さんから戴いたものを持参していった。
 雨は少し降っている。8時30分に自宅を出発し近所のGSでディーゼルを満タンにした。先月より1円安くなってリッター108円になっていた。首都高湾岸小松川ICに入るまでの一般道、高速道とも雨の影響なのか大渋滞で「いざ鎌倉へ」迄の杉本寺まで僅か100Kmだったが3時間半もかかってしまった。どこにも寄り道しなかったが、時速は30キロを僅かにきってしまっていた。

これで9冊目となる納経帖である。経文や寺のうたも収録されているので、価格も少し高かった。

 杉本寺には駐車場なくて近隣のコイン駐車場に停めた。拝観料として100円を木箱に納め、石段を登っていった。一番札所とはいえ、大きな寺でもなく、dachs飼主には馴染みの無かった寺である。苔むした石段(通行は禁止)が雨に美しい。輪袈裟を首に掛けて数珠を握ってはじめて坂東観音霊場にお詣りさせて貰った。右横の社務所で朱印帖(1700)円で入手してさっそくご朱印をいただく。朱印料は33観音統一で300円とのこと。傘がいるか要らないかくらいの降り方である。
 杉本寺から3キロほど走って逗子にある二番札所岩殿寺に12時半に到着。三番札所が鎌倉なので戻らなくてはならないが車なので順番通りに廻ろうと思った。宗派は杉本寺、岩殿寺とも天台宗だが、札所によってばらばらで三番安養院は浄土宗である。岩殿寺では駐車料は無料で、拝観料を志納してから参拝し、納経印を押してもらった。次に行った安養院も駐車無料で志納料のみ。小雨降るなか、駐車場の周りには紫陽花が綺麗だった。
 岩殿寺から鎌倉に戻って、三番札所安養院に到着したのは午後1時前。安養院の観音様は千手観世音菩薩さまだった。ここから鎌倉の繁華街を安全運転で走行して、四番札所長谷寺に到着。ここは著名なお寺なので、駐車料金300円、拝観料400円と今まで巡った3寺とは格が違うし、境内も広く奥ゆきもあって、立派な仏像やお堂、百地蔵像、深く広い洞窟まで観ることができた。凌霄花(ノウゼンカズラ)の赤いトランペット形の花が印象深かった。時間が気になったのだが、午後2時前だったので「寺まんじゅう」1個210円を買ってベンチで食べ小腹を癒した。
 ここから小田原の勝福寺までは遠い。湘南の海を左に見ながら40キロをドライブ。沿線道路に次々現れるファミレスチェーン店やファーストフード店が、dachs飼主の胃袋をくすぐるが、我慢して五番札所勝福寺には午後3時に到着。大きな駐車場に停めて、丁重に参拝。ご本尊が十一面観世音菩薩で、寺名が勝福寺なので、11戸の願いをかなえてくれるお守りなどが眼を惹いた。
 ここから40㎞弱戻って今度は厚木の長谷寺。なんとか午後5時までには到着参詣してご朱印まで貰えると思い、また東北方向の厚木に向かう。午後4時半には第六番札所長谷寺に到着し、本堂まで長い坂を上って到着した。参拝はできたが、残念ながら納経所は鍵がかかっており、無念。午後5時が近いのでこれ以上の参詣は無理。
 厚木ICからすぐの海老名SAに午後5時半に寄り道し、2階foodコート「たんざん」であごだし醤油ラーメンを食べて一路自宅へ。
 次回も第6番札所から再挑戦しなければならない。。高速のICは東名厚木ICで6番長谷寺、7番光明寺、8番星谷寺で坂東観音相模の国は完了するが時間があれば埼玉県の9番慈光寺、10番正法寺、11番安楽寺、12番慈恩寺まで7観音霊場まで脚を延ばせたら良いなと考えている。
 雨の中での帰宅は午後8時半、走行距離は290㎞を指していた。終日雨の中、独りドライブは疲れる。坂東観音以外の寺社にも行くつもりだったが、時刻と天候に圧されて何処の寺社にも廻れなかった。
続きを読む »

2019年7月4日木曜日 曇り  PM5時16分投稿 

雨の中をのんびりと帰宅

 九州南部では大雨被害で気の毒だが、Dachs飼主夫婦の今回の山梨旅も期待に比すれば、ちょっとばかり不幸である。夜中から雨音が気に懸かってはいたが、朝5時半に起きるとすごい雨。庭の池にも道路にも大粒の雨が音立てて落ちている。即行で温泉大浴場設置のワイン風呂に入って温まってきた。ここは露天風呂は無いが外からの風が簾越しに涼やかに入ってくる外風呂と称する横長の温泉で湯船の中にはベンチもあり、座って湯あみができる。バイキングレストランで朝食をゆっくりといただき、9時過ぎにチェックアウト。

詰め放題に挑戦してきた なかなか難しいが220円の価値は十分あり

 今日も雨で帰るだけしかないが、前回の旅で撮り損ねた桔梗信玄餅を今日は朝早くから掴みに行こうと、桔梗信玄餅工場テーマパークに9時半に着いて「詰め放題コーナー」に30分ほど並ぶ。雨は小やみになっており、傘をさしててもそれほど辛くはない。袋には10数個入るが蓋を締めるのが超難しい。斜め前の人は手慣れたもので28個も入れたうえ、きちんと風船結びにして220円で持ち帰られた。dachs飼主は12個が関の山・・・だった。
 10時半に出ると雨がまた強く降り出してきた。中央高速勝沼ICから帰るとお昼までに自宅についてしまう。雨の高速は注意力の鈍った高齢者には危険なので、国道20号(甲州街道)をのろのろと帰ることに決めた。勝沼を出ると甲州街道はずっと片道1車線なので前に遅い車がいれば信号少なくても時間がかかる。暇なワタシニャちょうど良いかもしれない。大月、上野原を過ぎると相模湖から高尾山に着く。高尾山から八王子まできたが、いいかげん嫌になったので、八王子から16号線で柏周りでの帰宅も考えたが、中央高速に12時前に入線し、首都高・京葉を通って午後3時に無事自宅到着。満タンから走り出し走行距離は480Km、残る走行可能距離は248Km、平均燃費20.4Km、平均車速24Kmとメーターには出ていた。liter109円だったので今回の旅でガソリン代は1325円かかった計算になる。今回の旅での思いでに残ったのは、ご朱印4神社、カラーマンホール撮影、富士登山電車に乗車、昇仙峡探訪、桔梗信玄餅詰め放題などが印象深かった。後日ホームページの旅記録にアルバムとして残す。

2019年7月3日水曜日 雨  PM8時35分投稿 

昇仙峡界隈

 今朝もいつもの6時10分に起床し、近くを散策。さいわい、雨は降っていない。朝食をとって、9時半にサンダンス河口湖をチェックアウト。一時間半かけてこれから昇仙峡に向かう。山梨には過去何度も行ってるが、不思議なことに昇仙峡は二人とも外しており、若いときも行った経験がない。
 10時50分頃に入口の昇仙峡口バス停に到着した。岩肌の露出している崖岩壁が男性的で美しい。村営駐車場にはフォードの名車「アストンマーチン」が野ざらしになっていた。ここから5キロ先の県営駐車場で一服していると、おじさんが親しげに話しかけて、「今日は天気が悪いのでこの上のロープウェイに乗っても何にも見えないし、ひょっとして今日は運転されないかもしれない」続けて「ここから森の駅・影絵博物館前まで一人300円でバスを出します。そこからほぼ1時間かけて川沿いを散策すれば滝や奇岩怪石が眺めながら歩け、この駐車場に戻ってこられます。いかがですか?」と上手に薦められ、即誘いに乗ってしまった。来たことのない国内の観光地ではアドバイスに従うのが一番と考えている。

仙娥滝は昇仙峡のシンボルであると思う

 5,6分くらいの乗車だったが、そこからまずは仙娥滝、石門、閣円峰、夢の松島などを観ながらゆっくりと1時間かけて昇仙峡の瀧、川、崖、奇岩怪石を観て廻れた。印象的であった。愛車を停めている駐車場に戻ると12時を回っていたが、先ほどのおじさんに「よかったよ。連絡バスを教えてくれてありがとう」とお礼を言って「ほかにこの近くでお奨めはありますか」と訊くと、「金桜・夫婦木神社」「荒川ダム」が比較的人気が高いとのこと。言われた通り、縁結びの金櫻(かなざくら)神社と夫婦和合の夫婦木(めおとぎ)神社に参拝し、ご朱印を戴く。その後も荒川ダムに行って見学。
 13時を廻ったのでダム近くの鄙びた休憩食事処「だいこくや」に入った。この食事処は明治元年の古い創業で、天狗のお面や郷土色豊かなものがあちこちに飾ってあった。食事は夏の冷やしほうとう「こざら」とみそ味南京たっぷりのほうとう鍋、それに馬のもつ煮と珍しいものを食べてきた。どれもおいしかった。店のおばさんにこの辺で見学にいいところを教えて貰ったら、「板敷渓谷の大滝」を教えて貰いさっそく行ってみた。奥深い渓谷で鬱蒼としていたのでちと怖かった。入り口には「昨年クマが出たそうなので注意してください」、「アスレチックスタイルなので落ちないように」、「橋は同時に乗らないように」などおどろおどろしい警告が多かったので、ツレアイは途中で引き返してもらい、500mほど川沿いを鎖を伝いながら進んだ。目的の大滝は勇壮怒涛の三段滝で圧倒された。先日行ってきた河津七滝以上のスリル冒険の谷歩きだった。2時半に大滝を出て午後3時半に今夜の宿石和温泉「大江戸温泉物語新光」のチェックインできた。メーターは315Km を指していたので、本日述べ走行距離は90Kmとなった。
 曇り続きであったが雨が降らないだけでも良かったのではないだろうか。ホテルでは中国人観光客の予約が大量に入っており、夕食はいつもよりかなり早い午後5時20分からの1時間半バイキングにした。お腹はそれほどすいてはいなかったが、鳥もつ煮や釜飯などいろいろ少量づつ食べさせてもらった。お風呂は単純アルカリ泉で湯船に浸かると肌がすべすべするのを実感できる。温度も高めなのも嬉しい。今日は昇仙峡近辺しか行けなかったが、曇天ではあったがそれなりに愉しめた。明日はいよいよ帰宅の日である。

2019年7月2日火曜日 曇り  PM6時09分投稿 

富士急に乗車

 起床し、窓を開けると昨日より少しばかり明るく感じた。サラダ・ヨーグルト・ブレッド&ドリンクで朝食をとった後、朝の湖畔散歩。湖畔の道は通称「マリモ通り」と呼ばれており、調査すると阿寒湖と同じではないが「ふじまりも」という植物が生息しているという。昨日は宿の西側(左側)を歩いてきたが、今朝は東側(右側)を1時間ほど散策した。山中湖は標高980mと富士五湖中1番高い(多分富士山に一番近い湖だからだろう)。
 10時にはチェックアウトし、KABAバス乗り場「森の駅」に向かう、以前に来た時は時間差で乗れなかったので今回は半時間も前に到着した。20分強の湖上遊覧で、富士山も観えない曇天と悪条件が重なったが、富士急のとっても若い女性ガイドが懸命に体をいっぱい使って説明してくれるのが嬉しく、時を忘れた。しかし、運賃2200円は高すぎるので今回でおしまいとなりそうだ。
 その後は山中浅間神社と山中諏訪神社にお参りし、今年残り半年の家族の健康加護をお願いして、ご朱印を戴いて来た。諏訪神社は安産の神様ということをはじめて知った。12時半になったので、ツレアイの希望で山梨名物麺ほうとうを食べに行った。ツレアイは塩ほうとう、dachs飼主は穴子一本天婦羅定食をオーダーした。冬はみそ味のほうとうが温まって美味いが、夏場はあっさりと塩味も良いのではないだろうか。でもほうとうの極太麺はちと苦手である。

富士山駅で発見 金鳥居もじっくり観覧してきた

 その後、富士急登山電車の富士山駅のタイム駐車場に止め、登山電車を初体験。河口湖駅は始発駅で大月駅まで各停で1時間ほどかかるのだが、2つ先の富士山駅まで体験乗車してきた。間の一駅は富士急ハイランド駅でこの沿線、特に富士山の北側の施設は殆ど富士急が支配しているようだ。富士山駅では金鳥居や富士吉田駅のカラーマンホールを観ることができた。天気は相変わらず曇天が続く。
 その後は夕食朝食の買い出しをマックスバリューで買い揃えてきた。山中湖と富士山駅でも見ることのできなかった富士山の遠景がすーぱ駐車場でわずかに見えたのが嬉しかった。
 午後4時半には今夜の宿サンダンスリゾート河口湖に無事に到着。車のメーターパネルは昨日距離186Kmから約40Km延びて225Kmとなっていた。明日明後日の天気が心配だ。

2019年7月1日月曜日 雨のち曇  PM6時20分投稿 

山中湖へ着いた

 定刻の6時5分に起床、雨戸を開けると予想通りの雨。
 ゆっくりと朝食を戴き、連ドラ「青空」を見てから旅支度。先月はボウズだったが、毎月のように出かけているので準備する時間はそんなには掛らない。9時半に出発し、10時半に京葉原木に入線、首都高と東名経由で12時に足柄サービスエリアで30分ほど小休止。激しかった雨もここに来たら止んで明るくなってきたようだ。SAの食べ物屋はスーパーのフードコート等と代わり映えしないと思い、小山町にある道の駅「ふじおやま」にあるレストランに行ってみたが、ここも学食の内容で値段だけは高値安定だった。止む無く御殿場市に戻り、廻転寿司「徳兵衛」に入った。ここが、とてもうまかった。シマアジ、金目鯛、生シラス、穴子、鱧、大トロ、中トロなどを二人で大堪能。会計は4380円であったがPayPay支払いで2割還元だったので、実質は3500円のお支払い。最近このPayPayで大いに得をしている。
 その後、「一幣司浅間神社(いっぺいしせんげんじんじゃ)」に参詣した。昨日は神社の年一度のお祭りだったようだが、今日は宮司さんも居なくて、ご朱印は頂戴出来なかった。雲行きが怪しくなってきたので、早めに山中湖方面に向かう。森の駅「旭日丘」はカババスの始終発停留所だが、靄がかかり景色は劣悪だったので諦めた。明日朝天気が宜しければ再訪したい。今日は丁度富士山の山開きの日で5、6合目で開式され多様だが、8合目で落石危険があるとのことで、頂上までは行けないそうだ。

午後3時半に一番奥のハウスに入った

 山中湖畔でちょっと湖面を観てみたが、靄がたなびき、視界は悪い。スーパー「OGINO山中湖店」で夕食と翌日朝食の買出しをして、4時前にサンダンスリゾート山中湖に到着。この宿はメゾネット形式の1軒家タイプ。本日のドライブは184Kmであった。

 到着後、夕食には早いので、缶ビールを飲んでから、山中湖畔を1時間程々の散策してきた。苔むす小径を森林浴しながら靄の棚引く山中湖を見て歩くのも愉しい。標高が高いせいか、紫陽花もマダマダ蕾状態で、ハナミズキの白い花が満開だった。

2019年6月27日木曜日 曇のち雨  PM11時09分投稿 

炒飯とデミオ

 ツレアイはハンドベルの午前練習と午後演奏会本番で終日留守。dachs飼主は、午前中ホームページの刷新企画、午後はテニスとジムで運動のスケジュールとした。お昼はツレアイは焼きおにぎりを作って出たので、dachs飼主は久しぶりに自前で料理をすることにした。ものぐさな私は簡単な炒飯ぐらいしか作れない。冷やご飯1膳分、生卵1個、沖縄スパム少量、レタスだけで調味料はキムチチャーハンの素。なんとか食べられる料理となった。ツレアイが留守だと、外食に走ったり、カップ麺・袋麺で済ますが、たまにはフライパンを上下左右に振るのもまた楽しからずや・・・。
 先日、CarViewというクルマ情報サイトで愛車Demioと同じ型式を乗った専門家の記事をみたので、メモとして全掲しておく。

続きを読む »

2019年6月21日金曜日 曇り  PM9時06分投稿 

運転には気をつけよう

 最近、過度に高齢者ドライバーに拠る交通事故がメディアで取り上げられている。経営コンサルタントで評論家でもある大前研一氏によると、「年齢別の交通事故件数・割合を見ると、75歳以上の数字は25歳から29歳とほぼ変わらない」そうだ。日本の人口で高齢者の人数が増えているから高齢ドライバーの事故が目立つだけで、事故割合そのものは大きく増えていない。20から24歳、16から19歳という若い年代が事故件数・割合は多いし、飲酒運転・無免許運転など無謀なものも多くなっているので、高齢ドライバーだけに焦点を当てて問題視するのは少々違うのではないだろうか。高齢ドライバーの交通事故は、いずれ自動運転が普及すれば改善する問題である。
 今日は72回目の誕生日。FaceBook、Lineほかで、お祝いメッセージを何人かから戴いた。余生は無理をしない程度、安全運転でほどほどの人生を楽しみたい。

2019年6月19日水曜日 晴のち曇  PM8時19分投稿 

自転車でテニスコートに

 快晴の今朝9時からも朝テニス。ツレアイが枚年秋の健診で市基本健診外の骨密度ほか2種の健診参加のため市立病院に車で出かけた。したがって、dachs飼主は自転車でテニスコートに参戦。天気は良かったがとても蒸し暑く、水筒のミネラル水を大量に飲み、汗をいっぱいかいてきた。帰りは登り坂がキツく辛かったが、新しい自転車は7段変速機構付きだったので、幾分助かった。今夜は焼き肉だったので、発泡酒が大いに進んだ。

2019年6月14日金曜日 曇り  PM6時46分投稿 

高齢者運転事故

 高齢者の事故が連日メディアを賑わわせている。少子高齢化で平成28年の調査では65歳以上の人口は3,459万人で4人に一人が高齢者だそうだ。75歳以上の運転者に限ると、死亡事故件数は,75歳未満の運転者と比較して,免許人口10万人当たりの件数が2倍以上多く発生している。75歳以上の運転者による死亡事故について,件数自体は10年間ほぼ横ばいで推移しているが、死亡事故件数全体が減少する中,全体に対する構成比は上昇傾向にあり,平成28年は全体の13.5%を占めている。
 対策としては①70歳以上は免許更新は年1回にする②認知症検査だけでなく、運動能力の検査や視界の広さも必要③高齢者はサポカーで無ければマニュアル車に載るべき④免許取れる年齢があるなら返納しなくてはならぬ年齢もあって良い⑤半径5キロ以内しか運転不可能な車   などが考えられそうです。もうすぐ72歳になるdachs老飼主でした。

2019年5月24日金曜日 晴れ  PM8時29分投稿 

無事帰宅

 いつも設定のスマートウォッチ06:10の鳴動で快く目覚め、窓のカーテンを開けると陽は既に波の上高く輝き、今日もすばらしい天気を感じさせた。昨夜は女性専用で入れなかった海辺の露天風呂に入ってきた。波音と日差しを浴びた入浴は落ち着く。海と潮風を感じられる露天風呂は珍しく良い体験であった。

伊豆山温泉は役小角が開いた由緒ある温泉であった

宇治 朝食バイキングも期待以上の味で美味しく食べられた。ここのスタッフの顧客対応も厳しくしつけられているようで、とても丁寧で嬉しい。
 10時過ぎにホテルをチェックアウトし、近くの伊豆山の横穴式源泉「走り湯」を観てきた。ここは、四国松山道後温泉、神戸六甲山有馬温泉と並ぶ日本三大古泉のひとつなんだそうだ。源泉から高温の湯が沸きだしているところをこの目で確かめてきたが、眼鏡をかけてると曇って先が全く見えなくなるので眼鏡をかけずに見てきた。
 今日はここだけを観て、その後は速攻で帰京した。延べ走行キロは500㎞。行った観光地は少なかったが、ウォークと温泉とバイキングは十分多能できた。

23 pages