dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2021年5月1日土曜日   AM10時17分投稿 

軽トラ市掲載

本日号に軽トラ市取材記事が掲載された

 3月半ばに市観光協会イベントである軽トラ市の取材に伺い、何度かの校正編集を受け、本日1日発行の広報紙3面の「住みよさ実感」コーナーに掲載していただいた。案内図にお店の名前を入れてはいけない、カラオケ写真は野外行事でもこの時節は自粛したいなどなど、協会の理事や市関係スタッフのご協力に感謝する次第である。PDFにもまとめ、ホームページにもアップロード掲載しておいた。コロナ禍で外出が殆どないので、なかなかHPのデータも増えない。今年に入ってHPトップの新着ページは4個のみにとどまっている。
 月初めなので、外貨預金、ニュージーランドドルの外貨FX,中国株、仮想通貨をチェックした。仮想通貨XRPリップルが先月64円から177円と3倍増しており、資産が大きく増えた。ほかはあまり変動が無かった。なにやら、ここ1,2か月でビットコイン上昇から、それ以外の仮想通貨(アルトコインと呼ぶ)にも注目が集まり、仮想通貨(暗号資産とも呼ぶ)ブームが湧きだしつつある。NFTというデジタル試算も注目されているようだ。

2021年4月17日土曜日   PM4時33分投稿 

軽トラ市にて

小さな町でのコミュニケーション

 朝から曇りがちだったが、来月1日発行の広報誌に掲載する我が記事の取材地「軽トラ市」を始めて観に行った。「軽トラ市」といっても自動車を販売するのではない。農作業で活躍する軽トラックを道路のど真ん中に並べ、新鮮野菜や地元の特産品を売る「市」が我が街だけでなく、全国に広がっている。ここへは、地元の生産者15団体ほどが農産品や加工品を軽トラに積み込み、またフリーマーケットも15店舗ほど集結している。普段なかなかお目にかかれない産地ならではの生鮮商品や格安商品が多数出品されている。市が始まると人とモノであふれ、荷台をはさんで笑顔がはじける。売る人も買う人も、顔なじみが多い。「元気かい」「いつもありがとう。これサービスだから入れとくよ」など。海、山、川の幸や商工業の製品がそろい、高齢者から子供までが集まり交流する光景には、「駄菓子屋のような、懐かしい雰囲気がある」。「地元の特産品をはさんで人と人のコミュニケーションが自然に生まれる。それが最大の魅力」らしい。
 雨が降るかもしれないと朝9時半に行った為か、予想より店舗やお客様も少なかったが、100円均一の品が殆どで、数品購入して帰ってきた。来月1日発行のdachs飼主の取材記事で来月15日開催の軽トラ市がより賑わうようになれば嬉しい。

2021年4月15日木曜日   PM8時44分投稿 

取材記事写真完了

 朝から良いお天気。ゴミ集積所に歩いて行っても初夏の陽気でとっても気持ちよかった。
 4月半ばに取材した市観光協会主催のイベントの原稿と写真編集が全て終わったと市広報広聴課からご連絡を戴いた。dachs飼主の一存では決まらないので、取材した方に確認をとり、承認を得た。明日市へは広報誌5月1日号にこのまま載せて貰えるようメールする予定だ。
 午後はテニス。昨日雨だったので普段は8名前後の参加が14名も集まり、隣の1面追加して3面でゲームを愉しんだ。

2021年3月31日水曜日   PM6時38分投稿 

春野菜植え付け

 早くも今日は3月最終日、それにしても温暖化で桜花が散る(こぼれざくら)頃、最高気温も25℃近くになっている。火水曜日は朝テニスだが、月木金は午後1時開始。5月コート予約は明日から1週間だが、午後から午前に変更する予定だ。

5月には収穫時期となるはずだ

 テニスを終えてホームセンターに行って野菜の苗を買ってきた。花はシクラメンとヴィオラを門柱両端に植えつけたがシクラメンはもう終わったのでそこにゴールドマリーを植えつけた。シクラメンは多年草なので、庭の日当たりの良い場所に移植した。年末には花が咲くことを期待したい。野菜はキャベツ2種(春波とレッドファイアー)、ネギ、アイスプラントを植えつけた。5月までに収穫して、それからはトマト、キュウリ、ナスなどを植えつける予定で、何度も収穫できるねぎは別エリアに植えておいた。
 広報誌5月1日号に載せて貰うため取材した記事と写真などを市広報担当に送付しておいた。来月2週間ほどで校正して印刷準備に入る予定。

2021年3月22日月曜日   PM7時49分投稿 

ビデオレコーダー購入

 5月号広報いんざいに掲載する「住みよさ実感」のテーマが「川辺の軽トラ市」と決めて、作成にあたっては、ご担当頂いている観光協会のIさんとメール交換をしながら段取りを進めており、漸く最終段階に入ってきた。
 本文記事はほぼ最終校正段階となったが、会場への案内図作成にあたり、協会の広報担当さんに許可を取るのと、市広報課には、案内図に乗っている商店の名前を地図上に入れても良いかどうかの確認を取る必要がある。

ビデオレコーダーのDVD出力部は壊れやすいと思う

 先週日曜日からビデオレコーダーの書き込みがかなり不安定なため、テレビ設置が明日午後なので、ビデオも買い替えようといろいろ見て回り、1TB2番組録画レベルのPanasonicのディーガ「DMR-2W100」を32千円で購入してきた。

2021年3月17日水曜日   PM8時36分投稿 

広報誌軽トラ市記事取材

 今日も朝から快晴で気持ち良い。温かくなった。桜もチラホラと見かけるようになった。
 午後1時からは取材をするので午前中に準備をした。お昼を食べてから、旧市街にある中央公民館ロビーで協会理事のIさんをお待ちした。コロナ禍のもとなので、受付で体温確認ほかチェック項目をきちんと報告し、その時書いたボールペンもペン立てに挿すのではなく、トレーに置いて個別消毒をするスタッフのご努力には感心した。今回の取材は5月の広報誌に掲載予定の市の観光、イベント、自然を紹介するコーナーであり、今回は川辺で行われる「軽トラ市とフリーマーケット」について取材させて貰った。本来は今月20日開催でカメラ持参で現地訪問を予定していたが、緊急事態宣言が21日まで再々延長されたお陰で、中止となってしまった。4月も第3土曜日開催だが、記事原稿の締切を過ぎてしまうので、已む無くI理事に御願いして、雰囲気が分かる画像数枚をメール送付して頂けないかとお願いしておいた。

2021年2月11日木曜日   PM1時11分投稿 

マウスが見え辛い

 今日は3日目。少々慣れてきたので、検査の合間にパソコン作業をしている。「Bootstrap」というフロントエンドライブラリを使って、Webのレスポンシブル対応が簡単にできるそうだが、解説書が分厚くて、思想はわかるが具体的に実務にどう応用してゆくかには、暫く時間がかかりそうだ。2冊市販本を病院に持ってきているので、ゆっくりと勉強するつもりだ。ただ、ITの進歩は早く、今勉強しているのはV5だが、もうすぐリリースされるV6で大きく様変わりするようだ。先を見てもキリがないので、V5で腕を磨いてブラッシュアップしてゆくしかない。
 眼が悪くなってきたのを感じることがある。いつもはデスクトップを使っているが、今使用している「Surface Pro 3」は画面が12吋なので、マウスが見え辛い。標準マウスの大きさを2段階挙げて、色も薄緑に変えて、少しは見えやすくした。
 5月号の「広報いんざい」に街の話題を一本書く必要があるのだが、3月7日まで自宅に帰れない。テーマを決めるのが3月1日、原稿と写真送付が4月1日なので、テーマ決定をテニス友Tさんに考えてもらえないかと電話をしておいた。
 病院の一日はは検査の都合にもよるが、07:00起床から9時30分、13時30分、19時30分、そして就寝は23:00となっているが我が家のルーチン(起床06:00、朝食07:30、昼食12:00、夕食18:00就寝23:30)と比べるとペースが違うので食事時間については慣れるのにしばらくかかりそうだ。

2020年10月1日木曜日   AM11時03分投稿 

住みよさ実感コーナーに掲載された

 市の月間広報誌「広報いんざい」の本日号3ページに2か月前の8月1日に取材させて貰った「小林住みよいまちづくり会」の記事を載せて戴いた。取材の契機はテニス仲間である地区在住のK氏からのお奨めであった。取材内容は多岐にわたったが、記事文字数450文字、写真掲載3枚以内との制限から多くを掛けなかったのがちょっと残念だった。中に3ない麻雀の記事があるが、本来は「賭けない・飲まない・吸わない」が麻雀のモットーだが、市からはもともと麻雀は賭けるものではないとのお申し出があり、「賭けない」の言葉の表示は停めた。
 10月初日は半日雨、その後は「天高く馬肥ゆる秋」になって欲しいものだ。

2020年8月8日土曜日   PM7時23分投稿 

取材際済み原稿を脱稿

 今日も神奈川と千葉に熱中症警戒アラートが昨日に続き発せられたが、朝から涼風が吹いて、それほど暑くは感じなかった。
 先週土曜日に取材したNPO「小林住みよいまちづくり会」の取材原稿と写真3葉を作成した。広報紙掲載の原稿締切日は今月末。取材先には原稿内容のチェック、写真使用の許可確認を依頼しなければならないので、明日にでも素データを電子データで送信しておく。文字数450字、写真3葉程度のコラム記事なのでそれほどチェックに時間はかからないとは思うが、1時間超の取材を短くまとめるのは案外難しい。

2020年8月5日水曜日   PM3時34分投稿 

コロナと熱中症

じっとしているしかないのか

 梅雨明けと同時に気温が30度以上の真夏日が続き、雨も降ってはくれない。だけど、世の中はコロナ渦。熱中症のシーズンなのに、マスクをしなければコロナに感染する可能性がある。経済はGOTOトラベルから勢いよく始めないといけないが、夏場になってコロナの感染数は漸増から急増に向いている。重傷者は少ないというけれど、いつだれがなってもおかしくないというレベルに近付いているのではないだろうか。FaceBookでリンクされてきた辻浩邦さんのメッセージには激しく同感。
 水曜日はジム休館日なので朝tテニスのあとは自宅でシャワー。水温はそんなに冷たくは感じない季節になった。草花の季節はほとんど終わり、今は百日紅の赤やピンクの花だけが街路の樹花として咲いているのみだ。
 先週土曜日に取材したテーマの掲載許可が市役所担当課より承認が下りたので、写真と記事の作成準備に明日よりかかりたい。1時間ほどの取材で理事長より話していただいた内容をMP3より落とし込んで、400字ほどの原稿に纏めてゆきたい。締め切りは月末なので急がなけても良いのだが、できることは早めにやっておかないと熱と意欲が冷めてしまう。

2 pages