dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2020年5月6日水曜日 曇のち雨  午前11時09分投稿 

家族同様で病と戦い抜く

 電話で今月23日午前9時30分からの高齢者向免許更新が休止になったと自動車学校から連絡を受けた。先月中旬から自動車学校も休校が続き、かなりの人が講習延期になってるようだ。6月になると再度日程調整の連絡を貰える。dachs飼主の免許は7月末までだが、それ以降に講習が延びた場合は警察署に足を運んで、現有免許延長申請手続きが必要とのこと。
 テニ友のTさんから愛犬の相談を受けた。「 愛犬の体調が悪くてドライフードはもちろん、缶詰の餌も食べなくなりました。水は飲むから犬用の牛乳を少しずつなら飲むのであげてます。レントゲンをとって腫瘍みたいなのがあるのはわかっているんですが、もう13歳だから薬にしています。
でも、日に日に痩せてきて(食べないから)可哀想です。うちの犬は消化器の近くに腫瘍(おそらく悪性)があり、それによってムカムカしたりして食欲がなくなったと言われてます。病院には4月から何回も行ってますが、対処薬(吐き気止め、下痢止め、消火器の動きをよくする、炎症を抑える)しか出ていません。何とか食べてほしくて、昨日までシリング(針のない注射器)で缶詰めの汁とかスープなどをほんの少量(犬はちょっと嫌がってたような)あげていました。足腰は正常なのでほとんど食べてないのにトイレはケージから出て(胃腸な働きがうまくいってないのでちょびっとずつ)します。でも、もしかして、自分から食べないのに人間は余計なことして犬を苦しめている気がしてきました。このまま何もしないと衰弱して死ぬと思いますが、それは犬にとって苦しくないですか?あと、人間の癌だと鎮痛剤とかで痛みをとると思うんですけど、そういう処置は犬はしないもんですか?(痛いかわからない) 獣医さんにきいても犬がいやがらなければシリングであげてもいいと言われましたが、はじめはいやがるんですけど注入するとごくごくと飲みますからどう判断していいかわかりません。昨日までは何とか生きてほしくて色々考えてきましたが、今は犬が苦しくなければそのほうがいいです。今でもトイレに行きたいときはすたすたと自分で歩いていくし、なんか希望をもっていたのですが、痛くなければずっと寝ていてすっと亡くなってもそのほうが犬にとっていいと思います。でも、痛いのかわかりませんし、そういう薬があるのかもわかりません。長々となってしまいましたが、dachs飼主さんの経験からわかることあれば教えて下さい。」
辛いことだが、以下の返事しか出来なかった。
【 ご近所に15歳のシバが居ます。脳の前庭疾患の為、3月頃から暴れ出し、已む無くシリングによる注入です半月ほど与えました。1週間が山と言われてました。頭は傾いたままですが、今では公園に行って餌も食べるほど元気になり?Drもビックリしていたそうです。安楽死を頼もうと考えたこともあったそうですが、倒れながらも流動食を懸命に飲む、起き上がろうとする愛犬を見て「生きようとしてるんだ」「この子には私しか居ない」と頑張ってきたそうです。 犬により様々ですが、「痛みがあればなんとかしてあげる それによって寿命に影響がでてもそれは仕方がない」と考えて世話をしてあげるしか仕方無しと考えます。犬の顔を見てれば苦しみは分かちあえると思います。共に頑張ってください。】

2020年4月12日日曜日 曇のち雨  午後4時53分投稿 

風邪ひいたかな

 やっとこさ、先週が終わった。火曜日の7都府県緊急事態宣言を受けて、水曜日から外出や3密の禁止が始まった。まだ、1週間の半分くらいしか経ってないのに、もう心身のイライラが募りつつある。穂とは誰でも他人から伝染されるより、自分が伝染させる方が嫌だと思う。3月の暖かさからすると、今週来週の「春寒」は身に堪える。冬の寒い日に「あ、風邪ひいたかな?」という風邪ひき感を感じることが年に何回かある。たいていはおさまるのだが、ちょっと危ない時は熱めの風呂に入って十分温まった後に「コンタック」などを飲んでおけば朝が殆ど爽快に迎えられる。
 「あ、風邪ひいたかな?」というのはまだ起こって居ないが、ここから先起こらないとは限らない。雨や風や気温差に耐えて、感冒になんぞ絶対ならないよう留意をしよう。
 
友人Kさんからコロナウイルスの情報を頂きましたので参考までにお知らせします
続きを読む »

2020年4月1日水曜日 雨  午後5時00分投稿 

近くでコロナ

 朝から雨。3月中のテニスプレータイムは殆ど雨でキャンセルも無く元気に遊べたが、今日9時からは降雨中止。已む無く、レッスンのほうに振替で入って、ボールを力いっぱい叩いたりコントロールしてきた。外は雨なので湿っぽくて1時間半のレッスンでシャツが汗でべたべたになった。12時半に終了し、シャワーを浴びてお昼を食べる。その後ツレアイの買い物に1時間付き合う。
 3時前にジムに行ってみると今日から再開されるはずのスタジオプログラムが再開延期と張り紙告知されている。理由はコロナ感染者が近くで確認されたことである。残念で危険な状態であった。千葉県33例目の患者はヨーロッパからの輸送機のパイロットだったので、こちらはそれほどでもないだろうとタカを括っていたが。今度はイオンモール内で従業員の感染発覚である。イオンはイオン棟、モール棟、シネマスポーツ棟、エンジョイライフ棟の4棟から構成され、今回イオン棟2階のカワイ音楽教室の従業員が感染した。1階にはイオンスーパーがあるので、最近買い物に出かけた人は多い。我がジムはシネマスポーツ棟で3階にシネコン2階にはトイザらスなどが入り、ジムは1階である。イオン棟とはモール棟を挟んでいるので安心の度合いが若干あるが、音楽教室に来ている子供がジムに来ている可能性もあり、気に懸かるので、1週間ほど、ジムに行くのは遠慮することにする。感染者は柏市から通いで7人の子供にレッスンをしたそうだ。

2020年3月24日火曜日 晴時々曇  午後6時32分投稿 

コロナは恐れるべき?

 2月半ばから連日のようにコロナニュースが世界を駆け巡り、全員が病的な心配性に懸かりかけている。花見に電車で行くのも気になっていく気もしない。ほぼ毎日テニスには行くので、公園やマンション街路に咲く桜は観ているが、ぴんくのソメイヨシノは満開に近いが、なぜか樹勢に乏しくpinkの色が淡すぎるような気がする。「彼らもコロナに罹ってるのかな」とも思ってしまう。

感染者の半数近くが回復されている模様だ。

 新型コロナウイルスは、通常の季節性インフルエンザと比較すれば、そんなに恐くないかもしれない。だいたい1週間で抗体ができ、快方に向かう一般的なウイルス疾患のようだ。図は現在の千葉県の検査状況だが、検査数1894人に対し、陽性者は45人、入院中は28人であり、既に退院した人は17人を数える。国内本日現在に限ってみれば感染者数1128名に対し、回復者は285名とのこと。
 日本でインフルエンザに感染する人は、ここ数年、毎年1千万人を超えており、昨年冬には約3千人が亡くなっている。そのうち、昨年1月だけで1685人、実に毎日54人が亡くなっていたという。とは言え、日本はイタリアに次いで高齢者率の高い国。高齢・持病を抱える高齢者は死亡率が高いので、オーバーシュートを起こさ(れ)ないためにも、我々一人一人が「密閉・密集・密接には近寄らない」を実行しなければならない。
 午後、初めて有志によるテニスを5人1面でプレーした。少し風が冷ややかだったが、dachs飼主だけは半袖半ズボンでプレー内容も絶好調で1時間半6ゲームを楽しめた。

2020年3月18日水曜日 晴れ  午後9時35分投稿 

市内でコロナ感染者

32例目の患者だそうだ

 心配していたことが実際になった。残念至極だが、我が街でもコロナ感染者が出た。午後、埼玉で来週末「花見酒やろうか」と相談したばっかりなのに。仕事で12~15日にオランダに滞在。イタリア経由で帰国後に喉の痛みが出て、PCRで養成判定となった30代男性で県内33例目の感染者。明日以降詳細な情報が掴めるとは思うが、埼玉へは自粛しなければならないかもしれない。

2020年3月9日月曜日 曇り  午後7時06分投稿 

グータッチ

 晴れたり、曇ったりの秋の空のような女心のような曇りがち、晴れガチのなかで狐の嫁入り的な霧状の襲雨など多彩に雲行きが変わる。幸い午後1時からの2時間テニスプレー中は風も穏やかで時々晴れ間が出て、気温も20℃近くに騰がった。肝心のプレーはストロークやボレー、ロブやスマッシュは気持ちよく決まったが、ファーストサーブでホルトが多い。先週金曜日にテニスコーチからアドバイスを受けたサーブでラケットがボールにヒットする位置を今の位置より前側で打てばネットミスが少ないと言われたので、それを念頭に置いていたつもりだが、もう少し実戦で練習が必要と感じた。
 我がテニスクラブ「週4会」では4ゲーム・デュース1回単位で15分ほどで1プレーが終わる。終わると勝ち負けに関係なく笑顔で握手(ShakeHands)をすることにしている。ところが最近のコロナ渦で握手はやめてグータッチに換えるようにした。感染を防ぐ意味であり、礼儀でもある。
[tip]グータッチ
  グータッチとは祝福・あいさつのために、お互いの拳を突き合わせるしぐさ。グーでタッチするからということで、実にわかりやすいですが、グータッチも和製英語です。英語では fist bump と言う。fistは拳のこと。bumpはぶつけること。fist poundingともいう。[/tip]

2020年3月4日水曜日 曇のち雨  午後5時38分投稿 

高齢者は自宅が一番

 この頃の毎日は、春と冬が交互にやってきている。今日は朝から雨降りで冬の寒さ。連続で明日は風の寒さとなるらしい。今週を越えると、春に向けて季節が動き出すようだ。季節は春に向ってはいるが、コロナ渦の先行きは混とんとしている。海外の動きはさておき、国内の官僚・政府の連携もちぐはぐで、PCR検査体制・小中高校の一時休止・マスク問題などなど、どれをとっても社会や当事者を混乱当惑させているようだ。小中高だけでなく、保育園は対象に入ってないので、園の判断で自主登園の自粛を保護者に求めているらしい。ジムについてもNASに続き、セントラルスポーツも期間は10日までと短いが自社判断で休業を余儀なくされている。ほかのジムは、dachs飼主の知る限り、スタジオプログラムは休止しているがジムはプールやお風呂も含め営業を継続している。政府(安倍首相独裁)の通達も行政によっては、反対の動きをしている自治体も多く、総論は守っているふりをしながら、各論では地元の利便性を考えた良い行政をしている。PCR検査も現在1日1000人しかできないが、もっと検査が素早くできるようになれば、韓国のように「元気で無症状の隠れ感染者」が連日3桁ペースで増えて、持病を持つ人、高齢者に感染させていってるのかもしれない。明日からもクラスター感染を真剣に追い求める必要があると思う。
 今週金曜日に東京で逢わないかと友から便りを貰ったが、夕方にかかれば満員電車に乗らないとならない。マスクの嫌いなdachs飼主だが、時には大きなくしゃみをしがちで、その後引き続き鼻をかむことがある。それが万が一電車の中で発生したら、周りの乗客から白い眼で見られるのは必至であり、満員電車には乗りたくない。
 我がジムも参加者が日に日に減ってきている。高齢者は家に居るのがベストな選択かもしれない。

2020年2月26日水曜日 雨  午後8時27分投稿 

公演出席をキャンセル依頼

 今日は朝はいつものように暖かかったが、その後は曇りがちで、時には雨も降ったりして、気温はほとんど騰がらなかった。

この人の歌唱には「こころ」を感じる

 午前中は佐倉の整形に行って、午後4時からはジムに行ってきた。明日は都内江東区の文化ホール「ティアラ」にて、テノールで著名な秋川雅史のコンサートチケットを買っていたが、昨今の新コロナ騒ぎで、公共交通機関や劇場での濃厚接触が気になって電話でキャンセルできるかどうかを問い合わせた。窓口の女性も同様の問い合わせが多いようで、すぐにキャンセル返金処置をとって貰えた。自分が伝染されるのも難儀だが、くしゃみや咳をしても、周りの人々から「白い眼」で診られたり、人がまわりから離れているのをみるのも辛すぎる・・・。テニスをしていても寒い時は風やインフルでなくてもくしゃみをすることが多いが、くしゃみで疑われるのも癪である。
 午後のジムでも同じ県内の市川市のジムでコロナ騒ぎがあり、お風呂場でもその話で盛り上がっていた。確かに、普段よりジムで運動する人は極端に減っている。さらに、マスクや手袋をして運動をしている人は皆無。
 休業にすれば、会費を返せと言われるので、業者の方も気苦労が多い。

2019年9月26日木曜日 晴時々曇  午後9時50分投稿 

難病に苦しむ人もいる

 午後3時からは、木曜テニスに参加。ベンチが木陰にあるのだが、観戦しているととても涼しい。汗をかいて一服するとTシャツが冷たく感じるころ合いになってきた。青い空に白い秋雲が季節を感じさせる。良い季節になった。
 しかし、このテニス会も高齢化。観戦中の話題は病気や体調系の話がなぜか多くなる。骨折など一過性のトラブル以外に奥様や旦那様が難病に苦しめられている話が本日話題になった。間質性肺炎・パーキンソン病にかかっている方が身近にいる。ふたつともなかなか難しい病気のようなので、dachs飼主も体調にはより留意しながら過ごしてゆきたい。

2019年9月24日火曜日 雨のち曇  午後6時08分投稿 

朱印登録

 午前中、やり残していた坂東33観音の第5回目巡礼の作成と、寺社の納経帖の更新を済ませた。まだ、駅と道の駅のスタンプのHPは準備不足なので登録していない。
 午後はツレアイの整形外科病院への送迎。午後4時のリハビリテーション予約をすでにしていたので良かったが、一般診療は激コミ。駐車場も満杯で道路沿いにあふれる始末。多分3連休明けの初日だったので混み合ったのだろう。連休中骨折系で午後はドクターの手術タイムもあり、診察待合室は熱気むんむんだった。

25 pages