dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2020年9月30日水曜日   PM7時22分投稿 

アレルカット

何年かぶりに花粉症になった

 昨日、テニスコートで洟がタラタラでたり、何度もくしゃみが出るので、三共のアレルカットをいう点鼻薬を買ってきた。1,000円超だったが1,000円までの点鼻薬は治療薬であり、都度点鼻しなければいけない。超の薬は朝一で一回点鼻すれbな1日効果が続くとのこと。たぶんブタクサが鼻に久しぶりに意地悪をしてくれているのだろう。コロナでなければこんなくしゃみや洟水は気にせずに薬など使いたくはないのだが、周りの人を不快にさせるのはdachs飼主の望むところではない。
 今日で9月も最後、愈々明日からは10月。良いお天気だった。午前中は振替のテニスレッスン。金曜日と違うレッスンコーチだが、言われたことをできないとみんなの目の前で何度もやり直しをさせられる厳しいコーチだ。なんとかクリアできたが、ホントに技術力が騰がる気持ちにさせられる。

2020年9月15日火曜日   PM6時55分投稿 

コロナの検出が過敏すぎる

 漸減傾向と判断してGOTOトラベルキャンペーンに来月から参加させようと考えているが、注目されている東京の今日の感染者数は200人弱にもなっている。ところが、新型コロナの感染者数について米国の某専門家が「PCR検査が感度を過剰に上げて本当は感染していない」疑いをあげているそうだ。新型コロナは、ウイルスが咽頭に100万から1億個ぐらいの単位で付着していないと感染しない。ウイルスの発祥から何か月も経ち、世界に普遍的にウイルスが存在している状態なので、咽頭にウイルスが10個とか千個ぐらい付着するのはよくあることだが、この程度の数だと免疫力が落ちている人でも感染せずに終わる。PCR検査は、検査対象者の咽頭からぬぐいとった体液に含まれている遺伝子類を何回も増幅して増やし、検出しやすい状態にして染色するが、この増幅をやりすぎると少しのウィルス付着でも感染と判断され、これが結局無症状感染者の扱いとなっている。ウイルスの発祥から何か月も経ち、世界に普遍的にウイルスが存在している状態なので、咽頭にウイルスが10個とか千個ぐらい付着するのはよくあることだが、この程度の数だと免疫力が落ちている人でも感染せずに終わる。この増幅が数十回レベルで行われるので、ウイルスの遺伝子の破片だけの存在でも陽性反応が出るそうだ。

2020年9月7日月曜日   PM2時17分投稿 

喰うポン貰った

 危険極まりないと事前予想された台風10号もそこそこの被害は出たものの大事にならず、韓国経由で北上し温帯低気圧になったようだ。九州地区を始め西日本と東海では停電豪雨など2次災害も発生したのはお気の毒でした。

いろいろとまるとくなサービスが今年はあります

 先週、市のクーポン券が1人5000円づつ配られた。3000円は全店共通、2000円は飲食店のみ使える「喰うポン」だそうで、全国チェーン店を含め、市内のほぼ8割近いお店で利用できるという。お釣りは出ないなど一部制限はあるものの、来年2月いっぱいまで使えるので少しでも貰えるのはありがたい。そのほか、GOTOトラベル、イート、マイナカードポイント、などなどコロナ鬱にはなりかけたが、お得なサービスも特別給付金以降、続々・・・・。マイナンバーカードは明日、市役所で受け取って来る予定にしている。

2020年8月13日木曜日   PM7時46分投稿 

面会禁止

 午前中はツレアイの胃カメラ受検の送迎。先日逆流性食道炎の疑いがあると医師より胃カメラ受検を進められたもの。結果は26日水曜日に知らされる、とのこと。
 1昨日行った佐倉も今日の我が街も病院では最近のコロナ渦で、入院者への面会禁止になっていた。まっしぐらに突き進んでいるのは国のGOTOキャンペーンだけだ。
 ワードプレスが5.5にバージョンアップした。

2020年8月11日火曜日   PM9時33分投稿 

コロナと酷暑

 都心で37℃、群馬埼玉では40℃を超えたという。我が家の中でも、エアコンのリビングからトイレへの廊下が息が詰まりそうにムッとした。大阪では熱帯夜が30℃レベルで続くという。家の中でも今日からはタンクトップと半ズボンを着るようにした。
 ジムからは来年3月末まではジム休会時の月会費を1100円から100円に減額するとメールが来た。これほどの暑さとコロナ渦中では休会とする人も多いのかもしれぬ。我がテニススクールでもコロナ休会時は月額0円処置をとっている。dachs飼主はテニスもジムもまじめに休会せずに参加させてもらっている。

2020年8月5日水曜日   PM3時34分投稿 

コロナと熱中症

じっとしているしかないのか

 梅雨明けと同時に気温が30度以上の真夏日が続き、雨も降ってはくれない。だけど、世の中はコロナ渦。熱中症のシーズンなのに、マスクをしなければコロナに感染する可能性がある。経済はGOTOトラベルから勢いよく始めないといけないが、夏場になってコロナの感染数は漸増から急増に向いている。重傷者は少ないというけれど、いつだれがなってもおかしくないというレベルに近付いているのではないだろうか。FaceBookでリンクされてきた辻浩邦さんのメッセージには激しく同感。
 水曜日はジム休館日なので朝tテニスのあとは自宅でシャワー。水温はそんなに冷たくは感じない季節になった。草花の季節はほとんど終わり、今は百日紅の赤やピンクの花だけが街路の樹花として咲いているのみだ。
 先週土曜日に取材したテーマの掲載許可が市役所担当課より承認が下りたので、写真と記事の作成準備に明日よりかかりたい。1時間ほどの取材で理事長より話していただいた内容をMP3より落とし込んで、400字ほどの原稿に纏めてゆきたい。締め切りは月末なので急がなけても良いのだが、できることは早めにやっておかないと熱と意欲が冷めてしまう。

2020年7月12日日曜日 曇り  PM5時04分投稿 

見舞いから面会へ

 午前中は買い物と燃料補給。2から5月は殆ど走らなかったが6月箱根伊豆高原と2往復し、先週木曜日からは毎日隣の佐倉市へ病院通い。2週間おきに燃料満タンにしているが経由はリッター95円でリッター20キロ走るので3600円ほどで750キロは走ってくれる。先月末高齢者講習を受けたので、明日は病院に行かず、午前中雨でなければ久しぶりのテニス、午後は県内流山運転免許試験場に行って免許更新してくる。高齢者講習で5000円強払っているが、更新の際も2000円強の費用を払わなければ新しい免許証は戴けない。
 午後は病院へ。点滴も外れたので、明日からはシャワーOKとなるそうだ。今までは見舞いだったが明日からは面会というステップになる。世の中コロナなので、面会は家族のみで一人まで15分と定められている。また個室以外の病室へは入れず、面談コーナー(ディルーム)で会うことになる。受付では検温は必ず受けなければならない。毎回夕刊と朝刊を手土産にしていたが、今夜の夕刊明日の朝刊も休みなので明日は、病院には行かない。

2020年6月29日月曜日 晴のち曇  PM5時30分投稿 

マットレス買替

 昨日までの天候の鬱陶しさから一転、朝6時に起床し雨戸を開けると、カラッとした真っ青な晴天。空気も乾いてとっても気持ちが良い。タダ、明日午後から木曜日まではマタ雨や曇天の繰り返しで楽しい筈の伊豆高原旅が温泉三昧ノミになるかもしれないのが気に懸かる。
 今日明日で、6月も終了となる。つまり、2020年令和2年も明日で今年の半分が早くも終わってしまう。全世界の人々にとって、この期間は鬱陶しい自粛自衛家こもりの半年で、時間を持て余すことが多く、気持ち的には意外に長かった。全世界のコロナ感染者は1000万人、死者数もなんと50万人を越えたそうだ。
 コロナ禍で良かったと認識できたことは「SDGs」である。武漢封鎖やベネチアで空気や水が綺麗になった。またtシャツ1枚作るのにその原料の綿花を育てるため1トン以上の水が必要なことも勉強できた。新しい生活様式も大事だが自然保護への持続的保存意識のほうがもっと大事である。
 7月からはレジ袋が原則有料になる。タダ朝のラジオを聴いていると、年間のプラスチックゴミ(廃プラ)900万トン中でレジ袋は僅かに20万トンに過ぎず、もっと他の廃プラ(ペットボトルや各種梱包材)の抑制策を考え実行しなければならない。
 午前中は平日テニス、11時頃からは最後のアサヒジムに行ってきた。来月からはダイセンジムオンリーになる。ダイセンは平日会員なので、月~金までの4日間(祝日も可)の身になり、休館日の水曜と土日は入場できない。

17年ぶりにツレアイのマットレスを買い替えた

 夕方、ツレアイのマットレスが届いた。2003年6月に池袋のハンズで買ったmagniflex社製が20年近くなるので、右肩回復の為新規に買い替えた。12年保証もあり、コイルレスなので市では無料の粗大ごみで出すことができるので購入した。dachs飼主は布団で寝ているが、ツレアイのお古を今夜敷布団の下に敷いて寝てみることにする。

2020年6月13日土曜日 雨のち曇  PM8時24分投稿 

オオキンケイギク

おおきんけいぎくは名前は綺麗が、わるいやつである。

 オオキンケイギク。黄花コスモスに似た綺麗な花だが、所謂固有種を駆逐する特定外来生物であり、行政官庁でも駆逐するように動いている。然しながら、我が街の幹線道路の中央植え込みエリアでも5月始めから蔓延り始め、漸く最近は下火になってきている。
 梅雨入りした途端、雨が終日降り込み、肌寒い。強風は止んだが、温度が9時過ぎから全く上がらない。外食はコロナ禍(カという文字は文字入力の時、漢字の熟語がすぐ浮かばなくてとっても苦労する ので単語登録しておいた)なので、まだ食べに入ってない。しかし、今日は久しぶりに鮨が食べたいとおもったので、買い物帰りに持ち帰り鮨を100円開店スシローにオーダーに行った。お昼前から大雨だったが、外食用待合室が立ち見が大勢で、「これがコロナ禍か?」と信じがたいほど 自粛をものともしないお客様が大勢待っていた。

2020年6月11日木曜日 雨  PM7時00分投稿 

経済自粛と感染防備

 名前は忘れたが車の中でこんなことを言ってた人がいた。昨年暮れから国内の感染者数総計は18000人弱、死亡者累計は900人。国民10万人あたりの累計感染者数は14人弱となる。半年ほどの累計で10万人あたりの感染者累計は14人、累計死亡者数については僅かに0.7人に過ぎない。コロナ禍がこんなに微小(?)にも拘わらず、街の国の経済を自粛することに当初邁進していたことに疑問を感じるとコメントしていた。14人や0.7人を増やさぬために自粛すると困窮したり自死したりする人はこんな数字で収まらないと言ってた ラジオをかけた時にちょっと聞いただけだが、なるほどとおもってしまった。最初に騒ぎすぎたのではないだろうか。

3 pages