dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2022年6月11日土曜日   PM7時40分投稿 

軽井沢から帰宅

 未明まで豪雨で眠りを醒まされたときも有ったが、希少すると風もなく薄曇りではあるが時折晴れ間も見え隠れしている。
 チェックアウト前に近くの塩沢湖に行ってみた(09:12着 906km 09:35発)。ただ、塩沢湖は人造湖で管理者が居るので池の周りを散策するには入園料金が居るので柵の外側を半周ほど散歩しただけ。WEB情報をしっかり見ておけば良かった。ホテルからの帰りにスーパーつるやに寄って我が家と近所のM家に頼まれていた長野野菜ルバーブを仕入れてきた(09:45着 909km 10:05発)。
 ホテルに戻り、帰りの準備をした。サンダンスのチェックアウトは午前11時迄に済ませば良い。ここの宿は温泉は無いが広いバスタブで疲れをゆっくりと癒やせた。バルコニーや寝室も広く、大型テレビもリビングと寝室に備えられ、WiFi環境も室内に行き届いている。ので、dachs飼主による宿の評価は5点評価で4を与えられる。
 裏磐梯レイクリゾート迎賓館猫魔離宮2泊で209号室(5)、伊香保石坂旅館で403号室(2)、サンダンス軽井沢2泊で303号室(4)という評価をした。
 10時40分にチェックアウトし、一路R18からR17を通って一路帰宅路へ。

鴨南蛮田舎そば

 お昼は羽生市の「そば膳葵」で鴨南蛮蕎麦を更科と田舎そばで堪能できた。鴨肉が分厚かった。もちろん味は申し分無し。
 その後は雨ばかりだったこともあり、自宅まで休みなく奔った(16:20着 1085km)。本日走行距離183km。6日間の延べ走行距離は1000kmを超えた。はじめての距離と期間の長旅を経験したが、流石に疲れた。

2022年6月9日木曜日   PM6時23分投稿 

長野県軽井沢へ

 朝から雨。このセリフは旅のはじめから3日続いている。嫌になりますが、仕方なし。今日は少しばかり伊香保石段街を巡って午後は軽井沢に早めに行くことにした。初日3日目は移動が大半だったが今日の4日目は比較的時間に余裕が持てる。朝一で地元のテニスコート予約抽選結果が判明するのでそのパソコン処置&関係者に向けてメール処理を30分ほどかけて行った。
 午後3時から翌朝9時までは温泉にはいつでも入れるので5時過ぎに朝風呂に浸かってきた。7時半に、2階ダイニングで和膳を食べた。ここの宿の食事は少しばかり口に合わない。
 9時半にチェックアウトして、伊香保神社から河鹿橋まで参詣、散策してきた。雨が降ってるので傘をさしての散歩となった。伊香保神社で賽銭を出そうとしたら財布がない。旅のはじめから一銭も財布から出していなかったので多分財布は持って来てなかったのだろうか。車に戻って確認してもどこにも財布は入っていなかった。家で確認したら「あったぁ!」と喜びたい。昨日もスマートウォッチの表示が消え、帰ったら修理会社エンジニアと連絡を取らねばならぬ。宿の食事と合わせ、昨日今日は悪いことが重なっている。
 河鹿橋は紅色の欄干で美しく、今は緑だが秋には周りに群生する楓が紅に染まって美しくなると思う。温泉客が夕方散策する時間帯には今ライトアップがされている。
 1時間後に車に戻り、上州物産館(11:15着 656km 11:45発)で群馬の土産を渋川限定クーポン4,000円分を使い果たした。購入後、少しばかり空が明るくなってきた。

荻野屋の峠釜めしはうまい

 お昼前になったので、軽井沢に向かう途中、横川の荻野屋(12:45着 699km 13:15発)に寄って名物峠の釜飯を食べた。これと崎陽軒の焼売関連弁当はいつ食べても冷えても美味しい。釜飯はほんのりと温かいのが提供された。出発前にまだ200km程は走れるが隣のスタンドで満タン給油してもらった。
 軽井沢まであと25km程。途中晴れ間は少しあったものの、軽井沢はどんよりと曇り、いつ雨が落ちてきてもおかしくはない。先ずはスーパーで今夜と明日朝の飲食物の調達に軽井沢のスーパー「ツルヤ」(13:50着 720km 14:30発)に行った。調達後は早めに宿「サンダンス軽井沢」(14:40着 724km)に入れた。通常のサンダンスには洗濯乾燥機が揃っていると過信し今朝までの肌着しか持って来なかった。到着後設備を調べたところ、残念でした。dachs飼主の靴下とトランクスをしまむら軽井沢店まで往復した。それでも本日の走行距離は79kmと少なかった。さきほど福島長野4日目旅をアップしておいた。

2022年6月7日火曜日   PM8時23分投稿 

會津料理は絶品

 またも雨。午前3時頃の豪雨警戒で目覚め、朝の天気予報ではこの地域は土砂災害警戒情報レベル3。相馬地域では同4が出ているようで、今日も安心はできない。昨日300kmと走ったが今日は雨で散歩も出来ない。会津若松市内へお昼ご飯でも食べに行こうかということになった。朝風呂を浴びた後、9時半に宿を出た。先ずは道の駅「裏磐梯」に寄って屋上から桧原湖を展望してきた。(09:50着 310km 10:15発)

渋川問屋の室内

 少しばかり昼にははやいが会津若松市に向う。雨が止んだようなので、会津若松駅(11:00着 346km 13:30発)から七日町通りまで歩きはじめた。昨日は運転オンリーだったので殆ど歩いてないので脚が軽く動く。2kmの行程なので20分ほど歩いて、七日町通りの渋川問屋に着いた。乾物や魚を売っていた豪商の伝統的なお店らしい。ここで鶴定食と亀定食をオーダーした。会津の郷土料理を一挙ではなく、前菜(先付)からスタートし、徐々に料理が運ばれてくるので写真で全部は撮せないが、少しづつ味わい、次の料理が楽しみになるのはなんとはなしに心が弾む。食前酒のにごり酒から始まり、人参の松前漬、ニシンの山椒漬け、ニシン昆布巻、棒タラ煮付、祝膳こづゆ、ニシンと季節野菜の天麩羅、そば粒粥、舞茸混ぜご飯、デザート・フルーツが鶴定食、これに会津牛ステーキと紅鮭の手鞠寿司が亀定食では付加される。会津牛は以前食べた米沢牛に負けず柔らかくて旨かった。会津料理はすべて美味い。店を出ようとしたら雨が降ってきた。傘も無しに30分も歩けば風をひいてしまうのは必至なので店の人にタクシーを呼んでもらい駅前まで無事到着できた。
 これからホテルに戻るのもつまらないので、猪苗代湖畔に停めて(13:30着 366km 14:15発)野口英世記念館、地ビール館、ガラス館等を観て廻った。
 宿に着いたのは午後3時(389km)で今日の走行距離は90km弱となった。ということで今日のメインは昼ご飯だけ。早速宿に帰って福島長野2日目旅をアップしておいた。
 明日は朝9時に出て伊香保温泉に向う長い距離を奔る予定。

2022年6月6日月曜日   PM8時02分投稿 

福島まで6時間

 朝からそこそこの雨が降り続いている。東海から東北は終日雨のようだ。先月の千葉ドライブは晴れだったがそれ以外最近の我らの旅は雨と友達になっている。(ちなみに今日、関東地方は梅雨入りの発表がされた)
 朝一で軽油35ritterを入れてきた。午前7時までの給油はサービス価格ritter120円だったので4310円で済んだ。

雨の中、300kmも奔ってやっと到着

 いろいろと準備をして午前9時半に激しい雨のなか自宅を出た。柏から常磐道に乗って、友部SAで休憩(11:30 85km)。いわきJCTから磐越道で磐梯熱海で降りて道の駅「いなわしろ」で遅い昼食(13:30 280km)。ここでは福島県名物「ソースかつ丼」と猪苗代名産「いなそば」を食べた。
 ここから今夜と明日の宿「裏磐梯レイクリゾート迎賓館猫魔離宮」までは20km強で宿へは午後3時半には着いた。本日の走行は301kmとなった。surface7も持参してきていたので写真9枚付きで、早速福島長野初日旅をアップしておいた。
 明日は晴れてほしい。然しながら、先程の予報では警報級の大雨が降り続くらしい。

2022年5月25日水曜日   PM8時18分投稿 

道の駅巡り

 今朝のホテル千倉の朝食も特徴があって良かった。遊食は部屋食の多い宿でも朝食はだいたい食堂でビュッフェ形式。此処はビュッフェではなくお膳で部屋食のようなサービスを受けた。
 今日も良いお天気。朝は5時半に起床し、宿の目の前の瀬戸浜海岸を30分ほど散歩してきた。釣りをしているひとも居る。夏は海水浴場で賑わうという。
 昨日で33観音は結願できたので今日は特に目的もない。昨夜宿で貰った千葉旅クーポン4000円分を消化しなければならない。道の駅を巡りながら帰ろうと思った。

酢豚が旨かった

 9時過ぎにチェックアウトし、白浜野島崎、南房パラダイス、富浦、富山、鋸南と周り、最後に保田小学校でお土産や野菜等を買い込んだ。お昼は中華料理「3年B組」で酢豚定食を食べてきた。酢がよく聞いて豚もボリューミーで美味かった。
 保田から高速に乗ると2200円もかかるというので、時間もあったので下の道で帰ってきた。帰宅は4時半、延べ走行距離は420kmになった。
 wordpressがV6にアップしていた。

2022年5月24日火曜日   PM7時07分投稿 

千倉近辺

今日も朝9時に勝浦宿をチェックアウトし、先ずは鴨川のホテル「三日月」に寄った。これには訳がある。先々週13日にご不幸のあったY先輩の多分最後のご旅行が三日月だったので金曜日にお悔やみに行くときにこのホテルのお土産を思い出の品としてお供えしようと愚考して購入してきた。三日月は前東京都知事の公費濫用で味噌をつけたので、1昨年の中国観光客集団感染以降、ホテル借り上げで宿泊治療を行っていた。ただその後は感染隔離ホテルとしてのみ有名になり、客足が途絶えてきたという。その結果経営者が変わることになった。その結果、三日月ブランドのお菓子も袋も販売できなくなり、お目当てのお土産は三日月オリジナルのものはお店から消えていた。一番小さな袋だけはあったので、それに入る程度の小さなゼリーだけ買ってきた。
 その後は道の駅4店(鴨川オーシャンパーク、和田浦、ローズマリー公園、新鮮千倉王国)に寄ってスタンプを押印してきた。千倉王国では海鮮食堂「はなぼう」で海鮮丼とトロいくら丼を食べた。量が多く持て余すほどだった。

肉も魚も野菜も果物もデザートもすべて美味しかったです

 午後は33観音那古寺で御朱印と結願印を頂戴してきた。道の駅三芳村でソフトクリームを食べてから今夜の宿「ホテル千倉」308号室にチェックイン。古いホテルのようだったが、清潔で食事も美味しかった。刺し身の舟盛りも二人で食べる分には多すぎて手作り見栄え良く丁寧なおかずもだいぶ残してしまった。お風呂でも部屋でも波の音が聞こえ、部屋には生花もあって気がきいている。

2022年5月9日月曜日   PM3時38分投稿 

余市とだいやめとジョッキ缶

坂東33観音は4年越しになったが今月中に巡拝が完了する

 4月のGoogleタイムラインから纏めが届いた。茨城県栃木県に巡拝したことがわかる。45スポット(地域)を訪れて車電車での移動距離は868Km44時間だった。2022年の移動距離は1794Km、278都市,1291スポットを訪問したことになるとのこと。
 午前中、小雨が時折降るなか、9時から2時間テニス、その後ジムで少し運動をしてきた。一昨日のアルコールも今朝やっと抜けて、爽快。1昨日飲んだウィスキー余市はほんとうに美味かったが、700ml瓶で2万円は酒代としてはちょっとあとずさりをしてしまう。だいやめは芋焼酎だがそんなに芋くさくなく軽口で飲みやすかった。アサヒのスーパードライジョッキ缶350mlも始めて飲んだが、缶のままではやはり飲みやすく生ビールを飲んでいる感じになった。

2022年5月8日日曜日   PM6時45分投稿 

図書館の指定管理制度

旨いお酒を飲みすぎた

 昨夜は午後6時から11時前まで隣町の旧テニスメンバーご自宅で寄合酒餐を愉しんだ。お酒も普段は飲んでない肉食系純米酒、ウィスキー余市、焼酎だいやめや、紅白ワインなどを飲めた。特に余市は普段飲んでいるだるまと比べると雲泥の差で喉に行くまでの馥郁たる香りは流石銘酒と感銘を受けた。男女各4人合計8人だけの宴会だったが、高齢者ばかりなので、高級メロンや手の込んだ料理がどんどん出て来て、喉と舌、お腹も堪能した。話題は各自の近況、健康状態、老後の墓、コロナ、グルメなどで盛り上がった。
 今日の午前中は酔い覚ましでコミュニティルームに元田原町立図書館長をお招きし、1時間半ほど図書館の指定管理制度について講演を聴講してきた。指定管理者制度により、企業やNPOなどの民間組織に図書館の管理運営を任せることができるのだが、20年を経ても導入を見送っている自治体が多い。指定管理者による運営で閉館日が減ったり、開館時間が増えたりといったサービスの向上がみられる一方、数年単位の契約になるため、専門的な人材育成や長期的な計画による図書館運営が懸念されている。後援者も疑問を呈していた。

2022年4月27日水曜日   PM8時39分投稿 

栃木から茨木へ

 朝方迄降っていた雨がおさまったようだ。6時に温泉に入ると硫黄の匂いが凄かった。源泉かけ流しではあるが、少量ずつしか源泉からは出ていなかった。6時半に長風呂して7時30分からは朝食。8時50分にチェックアウトし、数分で中禅寺に到着。一人500円の参拝料を収め、本堂1階で観音様、2階で天井絵の説明を受けた。2階からみた男体山の勇姿は雄大だった。9時30分に出発し、10時13分に道の駅「ニッコー」(220km)で昨日貰った栃木限定優待クーポンでテニス中間に御土産を購入してきた。その後は益子の西明寺(278km)に12時10分に到着。参拝後は昼食のために12時40分益子焼のcafe&restaurant「壺々炉」(281km)でパスタのランチを食べた。美味かったし、お買い得な益子焼があったが栃木couponが使えなかったので、そこから少しばかり掛かったが道の駅「ましこ」(287km)に13時45分に着いて欲しかったマグカップをcoupon券で入手出来た。

ツツジが美しい

 14時5分に出発し、本日最後の巡拝地「正福寺」(313km)に15時10分に到着。ここは笠間であり、最初間違えて笠間稲荷の有料駐車場に停めかけて間違いに気付き笠間観音に行き着けた。ここは今、ツツジと大輪の石楠花が美しく、それだけを鑑賞するために拝観する家族連れやカップルが目立った。今日は最終目的地大子町の日輪寺に行くと旅館到着が遅くなるので旅館に直行することにした。15時10分に出発し、常陸太田市の横川温泉「中野屋旅館」(377km)には16時50分に到着出来た。6時に柔らかい温泉にゆっくり入浴し午後7時からは量も質も多くて高い夕食を食べた。美味しかったのに惜しい。食べきれなかった。

2022年4月26日火曜日   PM7時13分投稿 

栃木市から日光へ

 朝から薄曇り。予報では午後から雨らしい。旅行持参物の準備を終え、9時に自宅を出発し、16号から庄内バイパスを右折して4号を北進した。10時45分、道の駅「五霞」(52km走破)で一服。11時に再出発。ナビで到着時刻を調べると高速回避で満願寺到着は12時半。これでは、昼ごはんが遅くなるので先に栃木市倭町の「蔵のまち」の駐車場に12時15分到着(100km走破)。埼玉川越や千葉佐原の蔵のような街並みを想像していたが、大したことは無かってガッカリした。

なすび食堂でランチした

 昼食をなすび食堂でとって約1時間滞在後13時30分に出発。30分ばかり走って満願寺に到着(116km走破)。傘をさすほどではないが雨が少しばかり降ってきた。参拝後、御朱印を戴いて14時50分道の駅「西方」(135km)でトイレ休憩。お寺のtoiletは汚いし臭いので女は嫌がる。
 中禅寺に行っても午後4時を過ぎるので杉並木の日光街道を走り、いろは坂を上って午後4時半に今夜の宿「山水」(194km走破)に入った。中禅寺湖畔の小さな宿だった。5時に温泉(硫黄泉)、6時から食事。日光なので湯葉料理が3種と天麩羅、鍋、虹鱒塩焼、公魚唐揚げ等でお腹いっぱいになった。

52 pages