dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2019年10月5日土曜日 晴のち曇  PM10時50分投稿 

毎月約千㌔

愛車は絶好調です

 今日、愛車の走行キロ数が12000Kmを注した。昨年10月1日の納車なので、1年と5日でこの距離を奔ったことになる。高齢者の癖に走りすぎとは思うのだが、ツレアイとの関東近辺ドライブ旅も月1.5回は行ってるので、毎月約千㌔は走ってきた勘定となる。おかげさまで、事故も傷もなく、liter20㌔ペースで快調に走ってくれているので、ありがたい。前車のCX-5より車の長さも幅も短くなっているので、過去曲がりにくかった場所でも小回りが良くきく。

写真は裏磐梯・会津と三島が中心になった

 ジムも休みなので、今日は午後、遅れていた先月の愛犬カレンダーを作成しておいた。先月初めは神奈川の寺参拝と熱海三島の旅、下旬には裏磐梯・会津若松と宇都宮に行ってきた。今週後半は、箱根方面にドライブを、と考え中・・・。

2019年10月1日火曜日 晴時々曇  PM4時30分投稿 

群馬バスツアー参加

 7時7分発で新鎌ヶ谷駅から新京成電鉄で松戸駅に出て駅前の千葉銀行前で日帰りバスを待つ。
 バスは午前8時出発。今回このバスツアー@8,800円を選んだのは朝昼夕と食事が付くことで珍しいので参加した。勿論、朝はサンドイッチ&コーヒーセット、夕はうなぎ弁当で車内飲食となる。
 朝食は卵ハム野菜サンド3切れとパック飲料の200cccoffee。

好天で季節も良かった

 11時半に高崎ICを降りて、正午前に4種五十万本のコスモスが群生する鼻高展望花の丘に到着。ここは以前参拝した少林山達磨寺の裏手にあたる花の丘になっている。コスモス、朝顔、千日紅、ルドベキア、サルビアなどなど複数種の花が広く咲き乱れていた。花散策を30分ほど愉しんだ後で、昼食場所の沼田市に向う。
 場所は観光バスツアーで殆どが入場する原田農園。13時半から1時間ここで上州牛すき焼き御膳を食す。そんなに旨くもなかったが定食定番コースなので文句は言えない。しかし、1階階段脇で試飲したりんごジュースは濃くて本当に美味しかった。買いたかったが2本セットで二千円プラス税だったので、諦めた。リタイア老人には贅沢すぎる。
 漬物屋「加作」生ドラ「笛木」、酒蔵「誉国光」に寄った。酒屋ではフルーツ風味が強いゆず酒を買ってきた。この酒屋は國酒のメーカーであり、歴代総理大臣のサインが掛軸に掲げられていた。
 只今15時半、その後は、シャインマスカット狩りで本日予定は終了する。高価なフルーツなので、一房狩ったら、それだけを持ち帰れるシステムで10分程で全行程が終了する運びになっていた。白い袋の掛かったのは狩れないが、結構大きな房のマスカットを狩ることができた。車内で一粒食べたら、甘くて美味かった。流石、シャインマスカット。あとは沼田ICから松戸に向かって走るのみ。今日のメインイベントは最後のマスカット狩りでした。今から車中で睡ろう。

2019年9月22日日曜日   PM11時35分投稿 

裏磐梯の紀行録

 久しぶりに、午前中は日曜朝レッスンに参加。永らく会話もしていないレッスン生と終了後にいろいろと四方山話をしてきた。その後ジムへ行き、定例トレーニングとお風呂。
 午後は木~土の2泊3日の軌跡を写真記事ともにまとめて、裏磐梯秋の旅としてホームページにいったんアップしておいた(作業は実質5時間強もかかった)。
 ご朱印の整理のほか、新しく溜めだした道の駅スタンプも別途ホームページに記録しておきたい(後日作業する予定)。

2019年9月20日金曜日 晴のち曇  PM5時30分投稿 

七日町をぶらり

10時の気温です 吃驚仰天

 朝起きて窓を開けたら寒い。ここ裏磐梯(北塩原村)の標高は800米、ホテルを出発したのが10時前だが摂氏11℃の肌寒さ。6時に露天風呂のドアーを開けたら冷気が肌を刺した。よその朝の露天風呂は大抵身体を温められないヌルサだが、ここのは4箇所ばかり高温の源泉が適量流れており、その辺りに陣取るととても体がホクホクとしてくる。
 10時に出発し、ゴールドラインを経由して会津若松市に向かう。磐梯町で道の駅磐梯キラリの里でスタンプを押す。令和元年からみちの駅スタンプを整理してゆきたい。会津若松市では長命寺を参詣。ここには戊辰の役で戦死された東軍145名の会津藩士の墓があった。おまいりしていると住職から声をかけられ、玄関から本堂に入れてもらい、御本尊にお線香をあげさせてもらえた。
 参拝後、お寺に車を置かせてもらい、七日町通りをぶらり散策。明治大正昭和を思わせる蔵の街、旧家、商店の町並みは懐かしく感じた。先ずは「季味」で昼食。会津料理は馬刺し、山椒入り鰊煮付け、こづゆのセット。質も量も良くて満足できた。
 七日町駅は無人駅だが、有人の駅カフェや土産物屋が駅の中で営業していた。切符の販売はスイカやパスモは使用できず、乗車証明証の発行のみ。
 帰途は昨日のリオンドールの隣りにあるヨークベニマルで夜朝メシと飲料を仕入れ、午後4時には宿に戻ってきた。

2019年9月19日木曜日 晴のち曇  PM7時17分投稿 

裏磐梯に来た

8時間後に到着できた

 朝9時に燃料満タンにして出発。今日と明日の宿は福島県猪苗代湖の北、裏磐梯レイクリゾートに泊まり土曜日に帰ってくる。
 16号で岩槻まで出て、坂東三十三観音13番札所慈恩寺に参拝。立派なお寺だ。この時点で11時を過ぎた。理由は千葉県台風災害の余波であろうか、16号の大渋滞。岩槻までの平均時速は10数キロの計算となる。この後、栃木大谷寺に参詣の予定だったが時間が押していたので、先ずは近くの山田うどんで腹拵えをした。満腹したので、岩槻ICまで戻らず一般堂で久喜まで走り久喜ICから東北道で白河ICまで進んだ。白河から猪苗代湖に行って湖面を鑑賞。車を降りると17℃と半袖半ズボンで居るととても寒い。猪苗代リオンドールで飲食物を購入し、ホテル到着は4時半過ぎ。前回泊まったのは迎賓館猫魔離宮のスーペリアルツィンだったが、今週は満杯で已む無く、別館五色の森の和室となった。部屋以外は大浴場など共用なのでそれほど不便はない。大浴場はホントにデカかった。露天風呂は桧原湖の湖面が美しかった。
 明日はどこに行くかはまだ決めていない。

2019年9月3日火曜日 曇り  PM5時49分投稿 

江ノ島に寄って帰宅

 昨夜の夕食バイキングのことを書く。確かに飲み放題でビール、日本酒、焼酎、サワーは自動でジュースのようにでる。90分食べ放題なので、飲み放題も90分でやむを得ない。しかし、刺身・天婦羅、つまみ、普通夕食などのおかずが小さく質も悪く種類も少なかったので、がっかりした。朝のビュッフェでも同様の感じで、夕食はステーキ、朝食は焼き立てのオムレツコーナーがあるのが定番だが、それもない。同じような価格帯では「大江戸温泉物語」系列のほうが格段に良いので今後は多分行かないだろう。

ツレアイの腱板供養をしてきた

 朝10時にその「伊東園ホテル熱海館」を出発し、とりあえず江の島まで一般道で約50㎞を1時間半かけて到着。江の島神社にお参りして昼食は横浜某所で食した。その後首都高速神奈川3号狩場線「花之木」から入線し、自宅には午後4時過ぎに到着した。今回愛車の延べ走行距離数は410Kmとなった。

2019年9月2日月曜日 晴のち曇  PM6時55分投稿 

三島を観光

 今回の旅は熱海に2泊して温泉に入るだけで、昨日は神奈川県のお寺巡りで終わり、明日は多分帰るだけになるかもしれない。
 今日はどこにしようかと考えて、結局三島方面に出張ることにした。観光をメインにした旅ではこのところ半年以上、雨男と雨女を演じる二人だったが、今回のドライブ、一滴も雨に降られず良いお天気が続いている。

スカイウォークは高さ70メートル、長さ400メートルで涼しかった

 9時過ぎにサンダンスを出発し、箱根峠を越えて、三島のスカイウォークに先ず行ってきた。400米と日本最大の吊橋であり、今日は雲が多く少々風もあって橋も揺れたが富士山の山姿の美しさは体験できた。フィールドアスレチックコースも充実しており、平日の今日も若者だけでなく熟年夫婦もキャーキャー騒いで面白がっていた。
 その後は三島市内の柿田川公園で湧水池を散策。第一と第二の展望台から美しい涌き水が出る様子が眺められた。コンコンと湧き出す水も冷たかった。昼食は地元寿司を食べて、その後も三島駅近くの白滝公園の清流、涼しさを味わってきた。
 3時前になったので三島を出て、今夜の宿「伊東園ホテル熱海館」に午後4時過ぎに到着。大江戸温泉スタイルに近いホテルタイプで混んでいた。午後8時から夕食バイキングだが、お酒飲み放題が楽しみである。
 昨日からの走行距離は222キロなので今日は40キロの山道を走った。

2019年8月7日水曜日 晴のち曇  PM9時36分投稿 

ツレアイの右肩

 今朝もそこそこに暑い。朝テニスを2時間行こうと張り切っていたが、ツレアイが病院に同行してほしいとのことで、キャンセルして佐倉の整形外科クリニックに同行する。昨年暮れに洗濯ものを竿に掛けようとしたときに右肩に違和感があり、1月に隣町の病院にリハビリも含めほぼ半年通った(その際には過多断裂の疑いがある)が一向に良くならない 。セカンドオピニオンとして、先月から10回あまり整体にも通ったがこれも効果なし。もう一度最初からきちんと見直したら ということで、近隣で著名な整形外科医が勤務する佐倉の病院に朝10時に初診、レントゲンでは骨折は一切していない、午後2時からMRIを撮れと勧められた。

佐倉城址公園を1時間ほど散策したが木陰が大半だったので、意外と涼しかった。

 時間があったので佐倉城址公園で開催されていた暮らしの博物館で朝顔展を鑑賞後、お昼ご飯を近くの寿司屋でとる。午後2時にMRI撮影、ドクターの患者手術のため4時にdachs飼主も同席して結果を訊いた。診断は「右肩腱板断裂」「右肩関節拘縮」であり、4時半からリハビリを受けた。ドクターによると「リハビリは症状が軽くなる可能性はあるが腱の断裂は繋がることは無い」「今は症状が5段階で最少の1+の状況だが死ぬまでに悪化する可能性は高い」「手術すれば腱板は繋がるし、1週間の入院と2週間のギプス、3~5か月前後のリハビリで完治する」と宣告を受けた。少しリハビリはするが、涼しくなるころには手術がベストだと思う。

2019年8月4日日曜日 晴れ  PM5時29分投稿 

旅後始末終了

 滞っていた先週の軽井沢と坂東33観音の札所9-11番13番浅草寺の整理ができたので、全て本日中にアップし終えた。暑いので外には出たくないが、机に向ってキーボードとディスプレーを睨んだり叩いたりするのも心身ともに大変に疲れる。

首と腰に装着して、明日からテニスをする。 結果は如何?

 暑いと言えば、テニスの熱中症対策に二つの避暑グッズを”初もの”好きのdachs飼主が買っておいたものを明日から使おうと思っている。一つは首に巻いて使うミニファン(USB充電式首掛け扇風機NeckTwinFan)、もう一つは腰に挿してシャツの中に風を入れるミニファン(エアーベルトファン)であり、いずれもテニスプレー中の2時間前後しかバッテリーが持たないおもちゃ仕様である。メーカーは同じ北九州のヒロ・コーポレーションなので、使い方や注意事項なども同じ。値段も1980円でそれぞれ購入した。エアーベルトファンは首に風を送るだけなので、首の両側の静脈動脈を冷やす保冷材の入ったタオルでさらに体の中からも冷やす。このくらいにしないとテニスに身が入らない。

2019年8月2日金曜日 晴時々曇  PM8時49分投稿 

浅草ー銀座

 昨夜はテニススクールの暑気払い飲み会。6時半から8時半頃まで2時間ほどだったが、暑いので生ジョッキを多く開けた。つまみもお店『鶏のごん助』名物手羽元の唐揚げや焼鳥が美味かった。駅前と自宅の間を自転車で往復したが、帰宅の運転制御がとても難しかった。
 夜中に何度か水分と冷たさが欲しくて目が醒めた。1リットルのビールを飲むと1.1tLiterの水を出さないといけないということを実感した。

坂東33観音 武蔵國13番札所である

 ほぼ二日酔い状況の体に梅干しのお湯割り(酒不含)を注ぎ込み、8時前に自宅を出て、浅草の浅草寺に向かう。週初めに軽井沢に行く前に参拝してきた武蔵の国埼玉県9~11番札所に続いて、これも飛ぶのだが同じ武蔵の国13番札所の浅草寺に参拝。浅草寺の境内もゆっくり時間をかけて歩くと今まで気づかなかった碑や、彫像、美しい社などがたくさんあった。10時にもならないのに、お寺界隈は大賑わい、さすが日本国首都の観光地の面目躍如である。
 銀座線と日比谷線を乗り継いで築地に11時に到着したら、N氏とK氏は既に待っていただいてた。両氏は昨年延べ3か月にわたって新宿の某病院で寝食を共にした戦友と言えるお友達。
 最初は築地場外市場の海鮮を食べようとしたが、ゆっくりと食事と会話を楽しめる場所は慌ただしいマーケットの中では皆無で、已む無く銀座7丁目まで歩いて、「ライオンビアホール」でウィンナーと生ビールで1時間、その後中央通り4階「壱眞珈琲店」で高級珈琲を飲みながら小一時間喋った。飲み食いしている時は涼しく快適だが、野外で歩くときは気持ち悪くなるほどムッとして蒸し暑く、つらい。帰宅は午後4時半を廻っていた。

5 pages