dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2023年2月4日土曜日   PM10時08分投稿 

旅行支援は難儀になった

 全国旅行支援が来月でいったん終了となる。2月は眼手術の関係で旅行も難しいので、3月を中心に以下4か所の旅を先日から申し込んでいる。
◎2/28~1泊2日 スパリゾートハワイアンズ岩城
◎3/08~3泊4日 沖縄
◎3/14日帰り  埼玉川越・神奈川相模湖
◎3/26~2泊3日 北海道

 今までは旅行支援については宿泊先や旅行業者にすべてお願いし、身分証明と摂取証明さえ旅先で見せれば割引や紙クーポンを貰えた。しかし、今度の旅行支援は費用も削減された上に、旅費割引やクーポンの発行は参加者自身が「STAYNAVI」をwebでアクセスし、発行しなければならない場合が多い。クーポンも原則電子クーポンで発行されるので、スマホなどがないと高齢者やIT弱者には荷が重くなっているようだ。そのため、旅行業者や旅館運営者にかなり負担がかかっているようだ。

2023年1月23日月曜日   PM7時21分投稿 

沖縄予約

 今週前半は寒いとの予報通り、朝から雨が降り続き肌寒い。昼から少し明るくなったので、月曜当番として午後1時テニスに出かけた。寒いなか参加者は8人と意外に多く参加してもらえた。だけどdachs飼主のコンディションは超不調で残念だった。
 眼手術経過も落ち着くと思う3月8日から3泊4日の沖縄ツアーに申し込んでおいた。先月行ったばかりだが、もう一度行ってみたくなった。

2022年12月12日月曜日   PM8時57分投稿 

沖縄行程検討中

 沖縄ドライブの5日間の旅程をほぼ決定した。4日目の18日だけが決まってないが、那覇から北谷に行く行程なので3日間で行きそびれた観光地の予備日として設定しておいた。沖縄ヒルトン旅として全5日間のルートマップとスケジュールを日別に展開した。
 午後はテニスとジム。1月月曜日に予約した8面16時間のコート使用料を支払ってきた。週4会メンバーに1月のコートスケジュールも朝イチでメール配布もした。
 明日は雨予報なのでテニスは微妙、明後日はジムの休館日。沖縄旅行はもうすぐ。

2022年12月11日日曜日   PM5時45分投稿 

クーポンどう使う

 昨日書いた写経をお寺さんに納めるとともに、令和4年最後の坐禅を坐禅堂にてさせていただいた。今月は年末のせいか、前月世話役が「12月は前半後半それぞれ35分で坐禅を行う」と言ったせいかわからぬが、たった6名しか参禅者が居なくてちょっと寂しかった。坐禅堂は静かで外の強風も聞こえず、窓越しに枯れ木が大揺れになびいているだけなので、坐禅をすると心が落ち着いた。

沖縄でも2万円ももらえるが上手に使いたい

 沖縄では県クーポンが2人で2万円出るが、先日の青森旅では1.8万円出た。青森でも毎日クーポン券を貰うのだが、翌日中に6千円使わねば期限切れになってしまう。某日行ったお店ではクーポンが残っていれば現金で買い取りますとレジで言われたので残りのクーポンを全額キャッシュで貰えた。本当はいけないことなのだろうが、お店側でもクーポンを使ってもらうと県からプラスアルファのメリットがあるのかもしれない。

2022年12月10日土曜日   PM8時21分投稿 

沖縄旅程を検討中

 朝晩は冷えるが、昼間は風もなくて陽射しが暖かい。気持ちが良いので、明日のお寺さんでの坐禅会前に写経をした。静かなのでチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト作品35を流しながら1時間半ほどを写経の時間とした。午後は木曜から5日間のドライブ旅程を組んでみた。旅は旅程を組むことから始まるというが、今回はドライブなので時間の感覚がもう一つ掴めない。沖縄は車社会なので渋滞が激しいと聞いている。とりあえず、観光地は「瀬長島」「識名園」「美ら海水族館」「勝連城跡」「アメリカンビレッジ」「海中道路」等などをピックアップしている。

2022年12月9日金曜日   AM10時08分投稿 

青森旅のエラー

靴底が剥がれた

 青森旅HPにはひとことも書かなかったが、失敗談がある。一つは最初のホテル十和田荘スーツケース鍵事件である。初日に十和田荘にチェックインしようとしたらケースの錠が開かない。聞いてみると、ツレアイがスーツケースの鍵とベルトの鍵を間違えて持ってきたということが分かった。飛行機旅では手荷物を預けるとき、ケースの鍵と、止めるケースベルトの鍵を間違えて持って来たと言う(ツレアイ)。1時間ほどの飛行機なのでベルトはつけてないのでうっかりしたようだ。鍵が開かないと困るので、いろいろ試してみたが無理。やむを得ず鍵を壊す強力ペンチがあるかフロントに相談したところ、JAFスタッフのように、事務室からツールを持ってきて簡単に開錠してくれた。(かみさまほとけさまのように思えた)
 もうひとつはdachs飼主の防寒ブーツの靴底剥がれの件でこのほうが痛かった。初日山内丸山遺跡で右側の靴底が剥がれ、2日目には左側も剥がれた。山内丸山遺跡では遠くまで歩けず、女性スタッフに相談してみると、とても優しい方で本部事務室まで行ってくれて、強力な両面テープを張って貰えた。(しかし夕方歩いているとまたも剥がれてしまった)この靴は十勝川温泉4泊5日の旅で購入以来、湯の川温泉3泊4日の旅で履いただけ。しかし10年以上たっていたので、靴底と上部を接着するニカワの力が弱くなっていたのだろう。2日目の黒石こみせとおりで写真の「ICE-SPIKE」を買ったが氷で滑ることもなさそうだったので結局使わずに済ませた。ICE-SPIKEを履くとタイルなどを傷つけるので、外でしか履けないこともつけなかった理由だ。防寒ブーツは次回雪氷の旅をする際に購入することにする。

2022年12月8日木曜日   PM7時53分投稿 

沖縄旅プラン検討開始

 今日も暖かくて良いお天気。ゴゴ1時からの木曜テニスも快適だった。青森旅も記録を終えたが、沖縄旅が1週間後に迫っている。青森ツアーと違い、5日間と1日増えるだけでなく、旅行はフリープランなので、泊まるホテルと日程は決まっているが、レンタカーで旅するところ、食べるところを決めなくてはならない。ガイドブックを図書館で朝一で借りてきて、旅行プランを考え始めている。10年以上前に義母と行ったことがあるが、それ以来なので1か考えなくてはならない。

2022年12月2日金曜日   PM5時39分投稿 

ストーブ列車

 ワールド・カップSpain戦があったので午前4時にテレビ観戦。6時前に逆転勝利でき、温泉に気持ちよく点かれた。朝食を食べてテレビでサッカーニュースをrandomに見た。

五所川原から金木まで20分ストーブ列車に乗車した

 9時30分にホテルをチェックアウトし、10時25分に五所川原の立佞武多(たちねぶた)の館に到着。高さ20m強の立佞武多4体が4階から下まで観られたのは壮観だった。これから11時56分発ストーブ列車に乗り込む。五所川原駅から金木駅までの20分弱の乗車となる。ストーブでストーブ酒(津軽のお酒)とスルメを買って車窓を愉しむのも良い。よく揺れる昔懐かしい列車であった。ストーブ列車は毎年12月1日運行開始なので2日めの乗車となった。
 12時20分に出発し、13時道の駅もりたで自由昼食。カツカレーと鴨南蛮蕎麦を注文。出発は14時。次の鶴の舞橋には14時15分に到着。鶴の舞橋は秋田県だと思ってたが青森県弘前市に近い北津軽郡鶴田町だった。以前来たことあったので、3時前には向かい側駐車場に到着出来た。午後3時に出発し、今夜の宿ホテル青森に到着できたのは午後4時。部屋は広くて快適に過ごせそうだ。しかし今日は夕食はないのでホテル近くの居酒屋「磯磯亭」で魚介を肴に飲む予定にしている。

6人で飲み喰った 2時間喋った


 折角出かけたのに満席。同じツアー客4人と店の前で会ったので、6人で少し歩いて「秀寿司」で飲食と会話を楽しんできた。31人が四日間一緒になっても、こんなチャンスでもないとなかなか親しくできる機会がない。

2022年12月1日木曜日   PM10時05分投稿 

雪の青森

乙女の像はおばちゃんだった

 昨日は、未明3時半に起床し眠いので午後9時に布団に入った。お陰で4時前に目が覚め、6時に十和田湖に散策に出た。ホテルから十和田湖遊覧船乗り場(冬季につき休航中)まで約5分、そこから約20分かけて湖畔を歩いた。緑色の2体の乙女の像(高村光太郎作)がみえた。近くで見ると乙女ではなくおばちゃんの像だったのにはガッカリした。そこから5分で立派な十和田神社が鎮座し、厳粛に参拝してきた(財布持ってきてなかったので無賃参拝)。気温は氷点下3℃で風に小雪が舞い散り寒かった。ホテルに戻って朝風呂で芯から温まって、その後の朝食で元気も出てきた。

津軽ねぷた村で津軽三味線を聴いた

 10時前にホテルをチェックアウトして弘前方面に向う。弘前に近づくにつれてぼたん雪が降りはじめ、11時半に弘前公園前駐車場には着いたが、弘前城までは徒歩。城壁工事最中で近くまでは行けなかったが、紅色の下乗橋を渡ったところで、城の見学と写真撮影をした。12時20分には駐車場近くの津軽ねぷた村に入って、津軽三味線を聴いたり、ねぷたの見学をして昼食。
 午後1時半に弘前を出て、午後2時から40分程、黒石こみせ通りに行って雪の中をshopping散策。外は雪降りで寒い。
 16時前に、海辺の浅虫温泉さくら観光ホテルに到着。7階で近く(800m先)に湯の島が見える。雪が風で舞い上がってくるのが眼下に眺められる。温泉に浸って、美味しい夕食を堪能し、その後午後8時半から女性の津軽三味線演奏があり、これも熱演でいい思い出ができた。今日は雪降りの一日だったが寒くて雪の青森を実感できた。

2022年11月30日水曜日   PM7時14分投稿 

青森初日

 午前4時30分に車で新鎌ヶ谷駅に向かい、1日最大400円の駐車券4枚を買って、5時17分発の羽田空港行きに乗った。定刻6時32分に羽田空港1,2ターミナルに到着し北ウィング18番カウンターで受付(集合6:50)を済ませた。搭乗機はJAL153,7時40分発で機体はB737-800、167人乗り。離陸は8時10分。着陸は午前9時丁度。
 9時30分にバスは空港から出発。今回ツアー客は自由な高齢者31人。東北特有の鈍(鉛)色の曇天でまだ雪は降っていないが、10時頃から雨が降り始めてきた。10時45分に最初の観光地「三内丸山遺跡」に入り、1時間ほどの見学をした。広大な遺跡エリア、さんないミュージアム、縄文時遊館などなどをゆっくり見て回ることなどは出来ず足早に駆け抜けた。次に行くのは津軽伝承館。12時に着いて、自由昼食。黒石焼きそば、煮干しラーメンなどを料亭風なレストラン「もみじ」で食べてきた。1時15分に出発し奥入瀬渓流に向かう。1時間半ほどかけて時分に奥入瀬渓流に向かっているが、雪混じりになってきた。14時30分には奥入瀬渓流石ケ戸地区で15時15分まで渓流を散策した。雪は殆ど止んでいたが気温は1℃まで下がっていた。十和田湖の水門は閉まっているのか、思いのほか水量は少なかった。ホテルに着くまでに咲結に奥入瀬の瀧が10個前後あってバスも各20秒程度止めてくれて、車窓から眺めることができた。16時過ぎには今夜の宿「ホテル十和田荘」に到着し、早速自慢の温泉に浸かった。温泉臭さのない単純泉だったが湧湯量が多くて露天風呂も気持ちよく、じっくりと心地よく入れた。ここの湯は不思議なことにdachs飼主好き温泉のベスト10に入る。夕食もせんべい汁、きりたんぽ、ホタテ、刺し身などでお腹いっぱいになった。

13 pages