dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2020年7月2日木曜日 晴のち曇  午後7時11分投稿 

 昨日はタイトル「最悪のミニ旅」としたが、今朝起床すると風は少しあるようだが絶好のお天気。6時に起床し温泉に浸かる。昨日までのマイナスを少しでも挽回しようとさっさと身支度を整え、9時前に宿をチェックアウト。

大室山、シャボテン公園からも綺麗に観えた

 まずは伊豆シャボテン動物公園に行ったが、9時開園とガイドブックに描いてあったが到着した9時5分にゲートではコロナ禍なのか、9時半に変わっていた。2年前のガイドブックをそのまま信じるのは良くないと納得いった。25分も待つのは勿体ないので坂を300mほど降りて大室山のリフトに乗って580米の頂上に向う。流石に高いので、風も涼しく気持ち良い。頂上を一周し、富士山や熱海初島、伊豆大島などが臨めた。登って良かった。降りてからはリフトの駐車場に停めて、100mほど徒歩で登り、シャボテン公園ゲートを潜った。ここの駐車場料金500円とリフト圏割引300円等で大室山に先に行ったほうがお得と解った。園ではしゃぼてんだけでなく触れ合える動物なども多く、入場料は2000円程したが老人でも充分に愉しめた。
 その後は愈々帰途。伊豆からは天城高原ICから伊豆スカイラインで熱海峠IC、十国峠を経て、熱海ターンパイク経由で小田原早川ICまで山道を走り抜けた。あ民のターンパイク入口では150円と安かったが小田原早川の出口では更に730円取られた。聴いて見ると再処の150円は坂道料金のみだったそうだ。おかげで7キロほどは長ーい下りがだらだらと続き、慣れないエンジンブレーキをエンジン回転数をあげながら多用した。小心者のdahs飼主なので、後続車が居ると更に気を使う。
 早川で午後2時になってしまったので、沿線のすき家でオニオンサーモン丼を書き込んで小田原厚木道路早川ICに入った。あとは東名首都高京葉原木IC経由で5時前に無事自宅に生還できた。
 前2日間でテディベアミュージアムしか行けなかったが、今日半日だけで大室山、動物公園に行けたのは良かった。愛でたしめでたし。

2020年6月27日土曜日   午後8時27分投稿 

高齢者講習

 午前中は網戸の張替えをした。予定ではツレアイの手術が来月10日に迫っているので、明後日30日と1日に2泊3日で伊豆高原に行こうと決め、予約を入れた。3月から3ヶ月以上旅は自粛ムードだったので、今年度行けなかった宿泊ポイントは翌月に持ち越すようになったが手術前なので温泉療養とした。
 午後は、免許更新で必須となった高齢者研修に出席した。3月に受講予定だったが、コロナ禍で中止になり、再度日程調整で今日6月27日土曜日にして貰った。希望者多数の中で満員混雑と思って参加したが、意外や意外、ナント受講者はdachs飼主を含めて僅かに3名様のみ。いつもの免許講習、交通事故の悲惨を教官からレクチュアを受けた後、峰竜太さんの高齢者向け交通安全ビデオを見たあと、視力検査、その後は実車による10分前後の運転。2時間強で全てが終わり、明日から免許試験場か警察で免許更新が可能となった。今日の受講料5100円、免許更新が2100円と結構費用がかかる。75歳以上になると講習時間も3時間になり、認知症検査が含まれる。75歳以上になると、交通違反になると1ヶ月以内に認知症検査を受けないと免許取り消しになるそうで、オオゴトになる。

2020年6月17日水曜日 晴のち曇  午後5時14分投稿 

強羅から大涌谷へ

強羅公園のシンボル噴水 英国式

 予報通り、今日も良いお天気。温泉にゆっくりと浸かって、モーニングコーヒーを飲んだ後、10時前まで強羅近ペンを散歩した。いつも泊まっている宿は強羅駅から徒歩2,3分の場所。湯本から強羅までの登山鉄道は未開通だが、連絡バスで強羅からロープウェィで大涌谷から芦ノ湖方面に向かう人も多い。午前中は徒歩5分の強羅公園に行ってきた。ここは噴水、ヒマラヤ杉と英国式庭園くらいで見るべき物は少なく、春薔薇苑も初夏になり、終わりの時期に差し掛かってきていた。
 しかし、標高550米の当地は我が家の気温と10度前後は違い、涼しい風が頬に心地よい。ツレアイに誘われ、クラフトハウスに入って、電動ロクロを使い焼酎グラス、スープボウルを1時間近くかけて作成してきた。焼成して後日発送してくれるとのこと。
 1時前になったので、徒歩で餃子センターまで歩き、箱根餃子、スタミナ餃子定食を食べてきた。前に来たことがあったが、それから火事で焼け立て直した模様。相変わらず混んでいて、外ベンチで20分ほど待たされた。
 一旦ホテルに戻り一服後、今度は大涌谷へ。ここは過去何回か観光予定だったが火山活動が収まらず行けなかった場所。今日は営業中で、黒玉子も入手できた。
 本日の観光は強羅公園と大涌谷のみ。明日は紫陽花で有名な塔ノ沢の阿弥陀寺に寄って、そのまま帰る予定だ。

2020年6月14日日曜日 曇り  午後10時24分投稿 

ジム本契約

アサヒには2006年から15年間、通い続けた。

 今日もあめ。毎日鬱陶しい。今週火水木は晴れ間の予報が出ているので、箱根強羅のいつも泊まっている温泉にゆっくり浸かりに行こうと午前中に予約した。本当は県外移動はまだ自粛規制がかかっているが、もう大丈夫だろうと考えた。
 午前中、軽くジム&風呂で汗を流し、本契約期限が迫っている(6/16)ので、契約を交わしてきた。今所属しているアサヒジムは今月中だが、6/18からダイセンジムが開場する。期限内に契約すると月会費1000円引き終身、バス&フェイスタオルやトートバッグ付属で6月会費無料になった。もちろん入会金も無料、スーパー銭湯付きでデイタイム会員7000円で契約してきた。来月からはダイセン会員のみになり、写真のアサヒファミリー会員カードは返還する。
 午後、先週日曜日に購入したスチームオーブンレンジが到着し、セッティングした。今日は空焼きだけで、チンなどは明日以降にする。
 夕方、都内での感染者数47人のニュースが流れた。明後日からの県外脱出箱根がちょっと気になるが、「自粛から自衛」の根性でなんとか決行してくる。

2020年2月29日土曜日 曇のち雨  午後7時56分投稿 

テニスができない

今月は能登旅がメインとなった。来月はテニスも旅もできなくなりそう

 今月のカレンダーを作った。メインは新宿の通院が終わって、浦和と早稲田で飲み会が行えたこと。残念ながら、来週のテニス飲み会は新型コロナの影響で中止となってしまった。その他の記録としては、スマートバンドのベルト交換、ツレアイのスマホ移行、町内会役員作業が年度末なので漸増傾向にあったこと。来月以降はどうなるかわからないが、新型病原菌の見通しが全く立たないが、来月15日までは公共施設使用停止令が出ているので、テニスもできない、体がなまってしまう ことが心配の種だ。今日もテニス仲間Tさんから
「印西市の殆どの施設が2月29日から3月15日まで閉鎖されることになりました。松山下公園も例外なく閉鎖されますが、先ほどNさんから連絡があって、白井市はまだ閉鎖宣言をしていないようです。
 そこで、クレージーな皆さんに白井運動公園でのテニスプレーの是非についてお伺いします。現在、空きの状況が5日(木)、6日(金)、9日(月)、11日(水)、12日(木)だそうです。
 全て9:00から可能の様ですが、5、6日は予約が出来ずに、直接事務所まで行かなければならないそうです。うんぬん」
 もちろん、取れれば行くと答えた。

2020年2月10日月曜日 晴時々曇  午後6時20分投稿 

富山石川グルメ紀行2日目

 朝5時に起床し、朝温泉に浸かる。大浴場は泉温が高いのでアツ気持ち良い。温泉は志賀の郷温泉というらしいが、透明の湯で湯量が豊富なようだが、特筆すべき湯では無い。7時頃に日本海から上がってきた陽の出も美しい。朝は2階でビュッフェだったが、質も種類も粗末でがっかりだった。
 9時丁度にバスが定刻に出発した。最初の目的地「輪島」の朝市までは約1時間掛かる。朝は晴れていたが輪島に近づくに連れ、雪が濃くなってくる。
 10時前に朝市会場に到着した際は街路に雪はそこそこあったが雪はやんで風もないショッピング日和。11時10分に出発して、ツアー恒例で、寄らねばならぬ「しおやす漆器工房」というお店で便所絡みで、すこし観て歩く。説明員より漆塗りとより高級な輪島塗の違いについて詳しく教えてもらった。説明に感銘して、スプーン2個2500円だけ買ってきた。
 白米千枚田(しらよねせんまいだ)を少し見学。房総の大山千枚田より圧倒的に広い。海岸に近いが何故か以前行ったペルーのマチュピチュ遺跡を思い出させた。ここは夕方再度訪れて、紫色に縁取られたillumination千枚田を鑑賞する予定になっている。その後レストラン「はまなか」で昼食。昼食はこの店では能登丼と呼んでいる「香箱蟹載せ丼定食」。香箱蟹とは越前ガニ雌で通称セイコ蟹と呼ばれているもの。dachs飼主にはそれほどでもなかった。今日は朝も昼も食事はアンラッキーだったようでした。
 昼食後は島というよりも大きな岩のような見附島に行った。冬の能登は「弁当忘れても傘忘れるな」と言われているようで、晴れてたと思うと、雨あられが強風とともに急に降り出す。見附島を終わって、次の珠洲岬に着いても、何度か急な悪天候に襲われた。珠洲岬は聖域岬と呼ばれている、海岸の絶景ポイントやイタリア青の洞門を思わすほこらがあり、いつもとは違う環境風景を愉しめた。もの凄い風や大粒の霰にも吃驚した。見附島から聖域岬まではボランティアの現地の方がバスに同乗して説明してくれた。

あぜのきらめきというイルミネーションを観てきた


 また、雨雪嵐の雰囲気。5時10分に到着したが、日没は5時30分、点灯は5時50分からだそうで、バス内や道の駅で待機していた。昼間の千枚田は既に観ているので、ホテルに帰っても良いよという人も多かった。15分おきに色が変わるが、海沿いで寒風吹き暴ぶ中だったので15分くらいしか居れなかったが感動した。
 帰着早々、午後7時45分からホテルでの会席料理。メインは能登牛と八目の煮付。八目(はちめ)とは、石川で捕れるメバルとのこと。ご飯も甘みの強い地元産「百万ごく」も美味しかったが、夕食全体的な量としては若干物足りなかった。退院直後だったので、お酒がオーダーできなかったこともある。13日まではアルコールは解禁ではない。
 その後10時過ぎに露天風呂に長時間入って疲れを癒やした。
 

2020年2月9日日曜日 晴れ  午後8時20分投稿 

富山石川グルメ紀行初日

 早朝5時に起きて旅支度。外にでてみると風も若干あって寒い。準備を整え6時に自宅を出て、6時半には新鎌ヶ谷の駐車場に3日間駐車券1200円をSUICAで支払い、新鎌ヶ谷、船橋経由で東京駅に7時半に到着。八重洲北口側の日本橋口で旅行会社の添乗員安倍嬢に受付けて貰った。
 本日、令和2年2月9日からの阪急交通社で行くツアー名は『【北陸新幹線開業5周年記念企画】グルメでめぐる 二度目の北陸 能登半島水平線の旅 3日間』という長ったらしい名前。
 集合は2月9日(日)朝8時に東京駅日本橋口付近(最寄りの改札口八重洲北口)
北陸新幹線はくたか555号08:44に乗って約3時間弱で富山駅には11:25に着く。10時前に軽井沢に着く頃には雪が見えはじめ、上田に着く10時10分頃には雪がちらつき始めた。11時には糸魚川、ここから日本海側を右に見ながら北陸に向かう。あと20分で富山駅だ。11時40分に富山駅前で待機していたバスに参加客45人が搭乗。右列前から5番目だが、バスツアーなので毎日席順は変わる。
 12時半に高岡市の雨晴海岸(あまはらしかいがん)に到着。雨晴海岸では富山湾越しに3000m級の立山連峰を眺めることができた。氷見線の赤い電車も撮れた。勿論、近くの道の駅「雨晴海岸」に入ってスタンプを押してきた。
 13時30分頃氷見市の民宿(與市郎よいちろう)で昼食。氷見牛のしゃぶしゃぶ会席を食べた。
 午後2時に出発し1時間ほどかけて石川県に入る。やはり雪国らしく、峠やトンネルを越えると寒さやどんよりした暗さが足もとから冷えさせる。

朱印を頂戴してきた。

 羽咋市の気多大社(けたたいしゃ縁結びの神様として信仰を集める)に参詣。コスモアイル羽咋(NASAも認めた世界に誇る宇宙科学館のガイドツアー)でガイドさんの説明を聞き、宇宙へ挑戦してきた旧ソ連やアメリカの努力の一端を見せてもらった。なかなかに面白い科学館であり、もう少し大々的に広告告知すべきだと思った。5時半から漁師さん直営の「能登風土」に寄って能登牡蠣での夕食。ここは七尾鉄道の笠師保駅の約半分を占める牡蠣料理屋でこんなお店は珍しい。焼き牡蠣食べ放題だったが、汁は飛ぶし、パンパンと爆ぜる音が怖かったが面白かった。牡蠣20個くらいは食べたかなぁ。
 その後、宿は午後7時に到着「ロイヤルホテル能登」。初日のバス移動距離は約120Km。温泉大浴場は広かったが、露天風呂は」周りの気温が低すぎて、湯音も41度くらいでちょいとばかりぬるかった。明日もこのホテルの同じ部屋。ホテル自身は立派なダイワ系の能登ロイヤルホテルでランクは高い。昼食は氷見牛しゃぶしゃぶ、夕食は焼き牡蠣で堪能できた。

2020年2月5日水曜日 晴れ  午後10時42分投稿 

2月の新年会

本日も2万歩あるけました

 早朝から新宿への通院指定日。あとは13日木曜日の最終通院が残っているが、もう少しである。9時に行って検査診察を受けたが5項目の検診で終了したのは9時48分。11時頃終了を推定していたので、午後1時にKさんと新宿で落ち合い、午後4時に埼玉武蔵浦和に行く予定を立てていた。10時前におわったので、申し訳なかったが、府中在住のKさんに無理を言って10時45分に新宿に来て貰い予定のお話合いをし、お昼ご飯を食べた後、ヨドバシカメラでカメラやパソコンスマホをウィンドーショッピングした後、映画を観ようと思い新宿の映画「武蔵野館」に行ってみたら、残念ながら次回開演時刻が午後2時半だったので、早いが武蔵浦和駅に行くしかなかった。勘違いで新宿駅南口から武蔵野線で武蔵浦和駅に行こうとしたが今日は武蔵野線が不通だったので、埼京線で30分かけて武蔵浦和に着いた。ちょっとした勘違いであった。駅に到着したのは午後2時前。京浜東北線浦和駅まで歩いて、以前2年前の夏訪れた調神社に参拝してきた。
 午後4時に仲間3人と集合し、駅近の「丹波黒どり農場」で大隅の芋焼酎「紅薩摩邑」を飲んだりしながら旧交を温めた。この仲間とは令和2年はじめての会合なので「新年会」となった。本日の踏破距離15Km強。

2020年1月23日木曜日 曇時々雨  午後9時33分投稿 

今日まで6000余日

いま、暇なので熟読している

 途中まで病院で仲の良かった人が先日中途で退院をされ、その後LINEで時折メッセージを交わすようになった。その彼が所用のついでに病院まで2冊の本をdachs飼主のためにありがたいことに話題になった四国八十八か所巡礼とお寺に関する書籍を2冊持参いただけた。彼に触発され今秋頃、香川から愛媛高地徳島への88番-01番への巡礼(逆うち)を考えていますと反したことがあり、それを覚えておいていただいたので、何年か前に巡礼をされたので書籍をいただけた。ありがたい話である。ブログを書いているので折があったら見てくださいと声を掛けさせていただいた。2003年春から2020年1月まで何日くらい書いたのかをみてみると昨日で6140件も綴っていた。3、5年目くらいでもうやめようかと思ったことが何度かあったが10年続けてみると、パソコンが使えなくなるまで書こう 書くぞ! と義務と決めて書き続けている。ただ、昔国語の先生から言われた、文章を書くときは「起承転結」を意識して書かないとひとは読んでくれないよ との教えは全く守れていない。短くても、書けば気持ちよく一日が終わった気になる。

2019年12月10日火曜日 曇り  午後7時08分投稿 

廊下散歩

 明後日退院し、その翌日金曜日には午前中溜まっていたテニスレッスン、午後には平日金曜テニスで午前午後併せて3時間半テニスで走り回らねばならない。

1時間半で8000歩近く歩いた

 思いたって、午後5時から病院の廊下を1時間強マイペースで歩いた。急ぎ歩きだとジムと違い汗を流せないので仕方がない。30日近く殆ど歩いてなかった(毎日1300歩ペース)ので相当脚も弱っていた筈である。それでも1時間半程で8000歩近くになり、これまでの6倍を歩いたことになった。
 先ほど体重を測ったら63.5Kgまで落ちていた。普段の体重は67Kg台なので、1ヶ月で4kgほど減ったことになる。こんな体で金曜日テニスは心もとないので明日も散歩をして少しでも身体を戻したい。帰ったらやることが多いが、病気や怪我をしたら元も子もない。

7 pages