dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

サ高住の効率的利用

 今日はある男性と友達になった。dachs飼主が関西言葉を喋るので、気になって声をかけてくれたのだ。dachs飼主は2年ほど関西支社に途中務めたことはあるが、入社以来本社勤めで50年間東京に住まいしているが、関西弁は全く抜ける気配がない。現役の時は東京の言葉やアクセントに気をつけたが、今は関西弁たっぷりで話すことに恥ずかしさは全くない。
 彼は紀州和歌山で育つ前に鹿児島に住んでいたという。時々旅に出ていたと興味ある話題に花を咲かした。鹿児島では小学校低学年まで居たが、当時の友達や近所の人はほとんど覚えてないが、家の裏に小川があったことを特に印象深く覚えておられ、退院したら、その小川を観に行きたいためにだけ、鹿児島に行ってくると言っていた。

高齢者の地方長期滞在にベストではないだろうか

 その彼よりこんな話があった。一念発起して、歩いて徳島から始めたが、12番の焼山寺という経路に「遍路ころがし」という場所がある。そこで、注意していたが転んでしまったので、いったん断念。その後数年して「やはり行こう」とじっくり考えた。徳島市に入居金一時金の類が全くない「サ高住」がある。そこで長期滞在ができるかと聞いてみると、60歳以上ならだれでもできるとのこと。1DK40平米しかないが、家賃共益管理費サービス料すべて込々で9万円ぽっきり。彼はここで、半年近く泊まって、八十八か所を含め、四国内観光名所をいろいろと観て廻ったそうだ。おまけに徳島市から長期滞在者には月4万円も費用負担してくれるというので、即決めたそうだ。今日現在2戸空いているらしい。

Similar Posts:

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

コメントする

管理人にのみ公開されます

使用できるXHTMLタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)