dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2020年2月10日月曜日 晴時々曇  午後6時20分投稿 

富山石川グルメ紀行2日目

 朝5時に起床し、朝温泉に浸かる。大浴場は泉温が高いのでアツ気持ち良い。温泉は志賀の郷温泉というらしいが、透明の湯で湯量が豊富なようだが、特筆すべき湯では無い。7時頃に日本海から上がってきた陽の出も美しい。朝は2階でビュッフェだったが、質も種類も粗末でがっかりだった。
 9時丁度にバスが定刻に出発した。最初の目的地「輪島」の朝市までは約1時間掛かる。朝は晴れていたが輪島に近づくに連れ、雪が濃くなってくる。
 10時前に朝市会場に到着した際は街路に雪はそこそこあったが雪はやんで風もないショッピング日和。11時10分に出発して、ツアー恒例で、寄らねばならぬ「しおやす漆器工房」というお店で便所絡みで、すこし観て歩く。説明員より漆塗りとより高級な輪島塗の違いについて詳しく教えてもらった。説明に感銘して、スプーン2個2500円だけ買ってきた。
 白米千枚田(しらよねせんまいだ)を少し見学。房総の大山千枚田より圧倒的に広い。海岸に近いが何故か以前行ったペルーのマチュピチュ遺跡を思い出させた。ここは夕方再度訪れて、紫色に縁取られたillumination千枚田を鑑賞する予定になっている。その後レストラン「はまなか」で昼食。昼食はこの店では能登丼と呼んでいる「香箱蟹載せ丼定食」。香箱蟹とは越前ガニ雌で通称セイコ蟹と呼ばれているもの。dachs飼主にはそれほどでもなかった。今日は朝も昼も食事はアンラッキーだったようでした。
 昼食後は島というよりも大きな岩のような見附島に行った。冬の能登は「弁当忘れても傘忘れるな」と言われているようで、晴れてたと思うと、雨あられが強風とともに急に降り出す。見附島を終わって、次の珠洲岬に着いても、何度か急な悪天候に襲われた。珠洲岬は聖域岬と呼ばれている、海岸の絶景ポイントやイタリア青の洞門を思わすほこらがあり、いつもとは違う環境風景を愉しめた。もの凄い風や大粒の霰にも吃驚した。見附島から聖域岬まではボランティアの現地の方がバスに同乗して説明してくれた。

あぜのきらめきというイルミネーションを観てきた


 また、雨雪嵐の雰囲気。5時10分に到着したが、日没は5時30分、点灯は5時50分からだそうで、バス内や道の駅で待機していた。昼間の千枚田は既に観ているので、ホテルに帰っても良いよという人も多かった。15分おきに色が変わるが、海沿いで寒風吹き暴ぶ中だったので15分くらいしか居れなかったが感動した。
 帰着早々、午後7時45分からホテルでの会席料理。メインは能登牛と八目の煮付。八目(はちめ)とは、石川で捕れるメバルとのこと。ご飯も甘みの強い地元産「百万ごく」も美味しかったが、夕食全体的な量としては若干物足りなかった。退院直後だったので、お酒がオーダーできなかったこともある。13日まではアルコールは解禁ではない。
 その後10時過ぎに露天風呂に長時間入って疲れを癒やした。
 

2019年12月3日火曜日 晴時々曇  午後6時03分投稿 

サ高住の効率的利用

 今日はある男性と友達になった。dachs飼主が関西言葉を喋るので、気になって声をかけてくれたのだ。dachs飼主は2年ほど関西支社に途中務めたことはあるが、入社以来本社勤めで50年間東京に住まいしているが、関西弁は全く抜ける気配がない。現役の時は東京の言葉やアクセントに気をつけたが、今は関西弁たっぷりで話すことに恥ずかしさは全くない。
 彼は紀州和歌山で育つ前に鹿児島に住んでいたという。時々旅に出ていたと興味ある話題に花を咲かした。鹿児島では小学校低学年まで居たが、当時の友達や近所の人はほとんど覚えてないが、家の裏に小川があったことを特に印象深く覚えておられ、退院したら、その小川を観に行きたいためにだけ、鹿児島に行ってくると言っていた。

高齢者の地方長期滞在にベストではないだろうか

 その彼よりこんな話があった。一念発起して、歩いて徳島から始めたが、12番の焼山寺という経路に「遍路ころがし」という場所がある。そこで、注意していたが転んでしまったので、いったん断念。その後数年して「やはり行こう」とじっくり考えた。徳島市に入居金一時金の類が全くない「サ高住」がある。そこで長期滞在ができるかと聞いてみると、60歳以上ならだれでもできるとのこと。1DK40平米しかないが、家賃共益管理費サービス料すべて込々で9万円ぽっきり。彼はここで、半年近く泊まって、八十八か所を含め、四国内観光名所をいろいろと観て廻ったそうだ。おまけに徳島市から長期滞在者には月4万円も費用負担してくれるというので、即決めたそうだ。今日現在2戸空いているらしい。

2019年9月29日日曜日 曇り  午後9時45分投稿 

曼珠沙華

 明日で9月が終わる。朝9時になる前に、買い物に出たのだが、町の片道4車線の幹線道路Route464は大渋滞。東側にあるホームセンター「ジョイフル本田」に向かう車だろう、凄い混みようだ。10月から消費税が2%上がるので、買い溜めしたい客ばかりなのだろう。食品スーパーは軽減税率の8%のままなので、普通の土日状況と変わらない。ホームセンターで生活必需品のトイレットペーパー、洗剤、ティッシュなどをケースごと買って帰る人も多い。ミネラルウォーターが8%のままなのに、水道代が10%に上がるのは納得できない。新聞だけが8%のままなのも理解に苦しむ。

いつもはお彼岸前には咲いているのだが・・・

 午後は、お寺に坐禅に行ったが、午後はもっと混んでいたので、南側のゴルフ場の森の抜け道を通ってお寺に向った。1か月に一度なので、寺の周りの花木や虫の声にも季節の移ろいを感じる。彼岸花が今年は咲くのが遅めだが、か細く咲いていた。

2019年9月26日木曜日 晴時々曇  午後9時50分投稿 

難病に苦しむ人もいる

 午後3時からは、木曜テニスに参加。ベンチが木陰にあるのだが、観戦しているととても涼しい。汗をかいて一服するとTシャツが冷たく感じるころ合いになってきた。青い空に白い秋雲が季節を感じさせる。良い季節になった。
 しかし、このテニス会も高齢化。観戦中の話題は病気や体調系の話がなぜか多くなる。骨折など一過性のトラブル以外に奥様や旦那様が難病に苦しめられている話が本日話題になった。間質性肺炎・パーキンソン病にかかっている方が身近にいる。ふたつともなかなか難しい病気のようなので、dachs飼主も体調にはより留意しながら過ごしてゆきたい。

2019年8月14日水曜日 曇り  午後8時17分投稿 

マラウィ勉強

 本日水曜日の朝テニスは。9時からの30分間はストレッチを兼ねての練習タイム。9時半から2面を使ってのダブルスのゲーム形式。今日は9人参加で1名のみが休憩となる。最初の休憩はdachs飼主。ところが9時45分頃に第1ゲームが2面とも終了するのとほぼ同時に大雨に遭った。四国の沖合にある台風10号の所為で関東地方の空も影響を受け突然の豪雨。みるみるうちにコートに水たまりができてコートは使えない、15分待ったが
雨が降り続いているため4人が諦めて帰った。残りの5人は諦めきれず10分ほど待つと、晴れ間が出てきて、コートの水たまりも徐々に消えてきた。ブラシで水を掃いて、10時10分過ぎから5名でプレーを再開。ドラマはその先にもあった。11時に終了して駐車場に戻ったとたん、またも篠つくような暴雨。ドラマチックなテニスであった。今年は梅雨明けが遅かったこともあるのか、夕立にはであえなかった。今日は午後佐倉の整形外科にツレアイのリハビリに付き合ったが、その際も夕立ちまがいの凄い雨に何度も出遭った。

アフリカの小さな国だが歴史も住民も興味深いお国柄である。

 dachs飼主が親しくしていただいている軽佻浮薄老人のブログで「マラウィを知っている日本人は2%」との記事を読み、午後ツレアイの病院終了町まで栗田和明さんの「マラウィを知るための45章」を半分ほど読んでみたがなかなか興味深く、マラウィを知りきっかけになった。最近、国の名前や首都だけでなく、その国の位置が全くわからないことが多い。暇なので少し勉強してみるか。

2019年5月8日水曜日 晴れ  午後9時03分投稿 

おおつるぼ

別名ワイルドヒヤシンスや ツリガネズイセンとも呼ばれている

 風はあったが、なんとか夏の季節が始まったようだ。朝一は冷え込んだが8時過ぎから暖かくなってきた。朝9時からのテニス&ジムから帰ったのは正午過ぎ。昼食後には庭の野菜に水遣りをしっかりと行った。片隅には毎年この時期に咲く大蔓穂 (オオツルボ)が青く輝いて花開いてた。夏野菜の苗はまだまだ小さいので風が強いと倒れないか心配なのでしばらくは毎朝毎晩チェックしている。
 10連休が明けて2日目、もう大丈夫と思い、午後5時過ぎに銀行のATMに行ってきた。町内会の会計を預かっているので、遅滞なく役員さんが立て替えた品物やサービスの代金を通帳から個別払い出しをしなくてはならない。町のATMも殆ど万千単位だが、銀行ATMでは、円単位までキチンと引き出しができる。おまけに午後6時までは手数料がかならないので、6件の立て替えを円単位で引き出してきた。日付別に現金出納帳に記録し費目毎に収支状況を詳細に記録しておかねばならない。

2019年4月23日火曜日 晴のち曇  午後8時48分投稿 

森林の自然

 先週、霧降高原の温泉で山岳ガイドさんから1時間のモーニングウォークに参加してきた。彼から教えて貰ったことを忘れないうちに書きとめておく。

春に先駆けて マンサクの花が咲いていた

◎写真はマンサクの花で、これは春になると真っ先に咲くからマンサクと名付けられたとのこと。
◎森は自然にできるが、林は人工的に育成されたもの
 (どちらかわからぬ場合は森林と言っておけばよい)
◎ブナの木が増えだすと、その森は老塾期に入り、成長は止まり衰えだすらしい
◎もみの木の葉(松のように尖っている)は強い殺菌効果がある。良い香りがする
◎木に苔が生えだすとその樹木も死に近づいている。
◎木に生えている苔は触ると意外に乾燥していて気持ち良い。
◎日陰に生えている樹木は高くなり、日向に立つ樹木は低い。
 そのほかにいろいろと樹木や花や山岳自然の生態について教えて貰ったが、再度しっかり聴きにゆきたい。

2019年4月21日日曜日 曇り  午後6時30分投稿 

くまがいそう

 朝から暖かい。今日は日曜日朝一テニスレッスンの日だ。久しぶりにラケットを握った気がする。しっかりグリップを握って、足腰を溜めてヒットすると気持ち良く球が飛んで行く。帰りにジムでジョギングとサウナ入浴。いつもは6分程度のサウナを頑張って8分頑張った。5分過ぎから頭から顔から汗がにじみ出してくる。サウナに長く入っていると体にはいいのだろうか悪いのだろうかと疑問に思った。
 ジムから帰りに平日テニスの練習球(ダンロップSt.Johns30球)を買ってきた。ヒマラヤで年1度くらい2割引きセールにあたっていたので1箱7800円を3箱買って4680円の割引があり、18720円で買えた。

珍しく 熊谷草が花開いてた

 午後は月例の東祥寺さんの坐禅会。25分を2回の坐禅で気を引き締めてきた。坐禅会は年に2、3度は所用で欠席することがあるが2005年11月から14年弱通い詰めている。月に一回くらいはひたすらすわる(只管打座)のが精神衛生上良いと思う。お寺の片隅に熊谷草(くまがいそう)が咲いていたので撮ってきた。

2019年4月10日水曜日 雨  午後8時08分投稿 

木瓜と椿

弧の寒さでは、ぼけとつばきももうすぐ終わる

 今日は終日雨で昼間の温度は5℃前後ということで寒かった。時間があったのでジムでは3時間以上運動してきた。ツレアイがまだ寝ているので、2本になったラケットのグリップテープを巻いたり、振動止めをつけたりしていた。今日の冷たい雨で散り際の桜もだいぶ花びらを落としたようだ。庭の椿やボケの赤い花ももう落ちかけている。明日からは暖かくなって春らしくなってくるだろうと思う。
 午後は「会計学の初歩」本を借りてきて、夕方焼酎を飲みながら勉強をしていたら眠くなって先ほどまで寝ていた。

2019年4月3日水曜日 晴のち曇  午後9時42分投稿 

帰りはグリーン車で

我々の乗るバスも一晩で積もってしまった。

 昨日早く寝たせいか5時前に目が覚め、地下1階の大浴場へ。外は大雪のようだ。雪国の天気は変わりやすいので、良くなることを期待したい。昨日の宿のお風呂と同じようにヒノキらしい板片が浮んだり沈んだりしている。昨日往復してきた山寺2000段の後遺症か若干膝に疲れを感じる。ゆっくりと浸かったあと、ホテルが用意してくれている湯上がりフリーアイスキャンディーを食べてきた。
 7時に朝食に行く。咲くやと同様、当地名産の朝ラー(ラーメン)や天ぷら饅頭も食べた。支度をして9時にバスはホテルを出発。早くも今日は4月の3日、旅の最終日である。
 本日最初の訪問地五色沼は雪とぬかるみで断念し、代わりに磐梯ビジターセンターに9時半に到着し裏磐梯の自然Videoを見てから10時15分にセンターを離れる。雪は降ったり止んだりの繰り返しで、温度は未だ氷点下で冷え込む。バスの中が一番暖かだ。10時40分に猪苗代湖(17846)畔に着いたが寒い。12時10分出発の予定だが地ビール館、硝子館を廻っても時を稼がないので30分前の11時40分にはバスに戻ってきた。あとは福島駅近くの花見山公園に寄って新幹線で上野に向うだけ。
 バスは予定より早めに出発し、磐梯猪苗代ICを12時15分に入り、雪深い會津地域を離れ、高速で郡山を抜けて中通り-浜通りに向う。高速のトンネルを越える毎に雪が薄くなってゆき、郡山地区に入ると雪のかけらも無くなっていた。福島も東西に亘りとっても広く感じた。福島西土湯ICを12時50分に出て、福島市街に入る。1310−1445

福島の桃源郷と言わしめた花見山公園

 13時10分に花見山公園に到着。出発は14時45分というので、散策60分コースを選んで頂上を目指した。福島市が誇る花見をするにはココ、福島の桃源郷と言われるほどの著名観光地である。やはり素晴しい。梅から始まり桜は時節がら全てではなかったが早咲きの桜を中心に存分に楽しめた。今日は朝から雪でチョットばかり詰まらなかったが、ここの花見て機嫌を直した。14時40分に駐車場を出て福島駅までは20分足らず。3時50分発やまびこ50号に乗った。9号車グリーン車で疲れを癒した。上野には定刻17時15分に到着。

2 pages