dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

退陣後の対人交渉力

 リタイヤ後の人付き合いについて書いてみる。具体的には書けないが、仲間うちでちょっと腹立たしいことがあった。しかし、我慢をした。
 サラリーマン生活では、生活がかかっており、あまり自分の言いたいことは相手の気持ちを逆なでしないよう、可能な限りオブラートをかぶせて、それとなく前向きな方向で反対ではなく説得を続けてきた。dachs飼主は昔「つらくても人に言えず八方美人で小綺麗に人間関係をまとめようとしたが、それによるストレスも抱えて生きづらかった」。しかし、リタイヤすると、村八分クラスに遭わない限り、自分のやりたいことに進み、嫌なことはできるだけ断るようにしてきた。「知人10人中、9人に嫌われても、残り一人が理解してれば良い。最悪、全員に、嫌われても、最大の理解者は自分がいる。」「10人の知人のうち、半分は自分に関心がなく、残り半分に好意的に見る人、嫌ってる人がいる。」ともいわれる。嫌ならイヤだ、駄目ならだめだとハッキリ相手に伝える、それはどうしても必要な時はある。そんな相手には、「無理してつきあうことないと思う」。でも、「そんなふうにできるわけない」って思うならきっとそれも正解だろう。「そうだよなあ、そうできたらなあ」と考えるだけでもこんな高齢者でも社会勉強にはなる。
 ハッキリと相手に伝えバシッと切ると、孤立するまではいかないが、多少周りも含め、気まずくなることは発生しがちだ。それを防ぐには自覚するしないはあるとしても、言い方(交渉力)だろう。やりこめる時は相手の退路を少し残してあげるのも人生訓でしょう。はっきり言えるのは凄い交渉能力です。はっきり言おうがはっきり言えなかろうが相手に配慮をして正確に伝えられるかが重要でしょう。言わない判断も重要だと感じる。経験やコミュニケーションスキルによって、言うべきとき、言わざるときを適切に判断できれば、特別に損はしていないし、ストレスも我慢できないほど溜まったりはしない。今日のできごとでいろいろ考えさせられた。

Similar Posts:

コメント/トラックバック (2件)

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

  1. 私の現役時代は営業だったので人との係りがすべて、と言っていいでしょう。退陣してからの人間関係は薄く広くを心がけました。金銭的な利害関係がないし、お互い年を取ってくると人の意見を素直に聞く柔軟性はなくなってくるので、あまり真剣に人間関係、友人関係を考えないようにしています。去る人は去れですよ・・・。

  2.  喧嘩は人より口も体力も劣るので、言いたいことはそれなりに言いますが、(駐車場で片側一方通行を不法に入り占拠するような輩とは)喧嘩になりそうなら逃げるし、無理をしないようにはしています。目立つ行動は英雄にはなりたくないので極力避けています。
     でも仲間は可能な限り大事にしたいです。(昨日はその仲間に切れそうになった・・・。)

コメントする

管理人にのみ公開されます

使用できるXHTMLタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)