dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

雨の土曜日

 朝から終日あめ。
 民主党が迷走している。消費税10%化に向け、マニフェストだけでなく、党内各部門で温め育ててきた「子供」「高齢者」「低所得者」「高齢者治療」などなどに対する政策や法律を自民党公明党に、いいようにあしらわれ、惨めに撤回させられている。1千年、自民党に愛想を尽かして民主党政権を選んだ人や、党内にまだ居るマニフェストを守るグループに対して野田内閣はどう対応してゆくのだろうか? 民主党の原子力発電、地方行政に対する考え方の右往左往は、今年末と来年にかけての政治不信をどのくらいヒートアップさせるのだろうか?

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 雨の中、ふらふらと歩きまわるのも一興。

    ま、ともかく、野田民主党は正味自民党であることが、はっきりしたと思います。
    原子力は、使用済み燃料の廃棄物処分方法が確立しない限り、中止するべきものです。
    原子力の火は夢のようなエネルギーですが、一旦荒れ狂うと消す手段が無い魔物です。

  2.  昨日、WOWWOWの無料放送で真山仁氏の「マグマ」を見ました。原子力発電の危険性や地熱発電をはじめとする自然エネルギーの重要性が大震災以降、国民の頭にかなり残ってきています。dachs飼主のような老年や国会議員には「知ったことではない」話でしょうが、子々孫々の行く末まで配慮するのが政治の根本でしょうね。

  3. 現在の放射性物質の話も、50過ぎの人間にはどうでもいい話です。
    30年後に発がん性リスクが倍になろうが、80まで生きれば御の字です。
    ところが、今10代の若者には、大問題です。
    今の政治家は、小選挙区制故か、近視眼的な先を見ない者ばかりで頼りないです。