dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2020年6月18日木曜日 雨  午後6時38分投稿 

塔ノ沢紫陽花寺から小田原魚市場

 帰途の朝、雨が降っている。千葉では夕刻から雨予報だが、箱根山中では早くも雨。起き抜けの温泉では時雨を観ながら雨寒の涼風が網戸から入ってきて、いつもより長めに湯槽に浸かってきた。

これが轉法輪です。見たことがあるようなないような

 10時前に宿をチェックアウト。雨がやんでいたが空は鬱陶しい。まずは昨日建てた予定通り、塔ノ沢の阿弥陀寺の紫陽花を鑑賞に行ってきた。これが難渋した。本線から1車線ぎりぎりのとても細い山道を対向車を気にしながら急こう配、くねくねとした坂を登った。幸い対向車に出逢わず駐車場に留めたが、1キロ以上の急坂に感じた。境内には、現住職が1本1本植えたという6000株をこえるあじさいがあり、「あじさい寺」とも呼ばれているそうだ。紫陽花が真っ盛りの季節に来たようで、いろんな種類の紫陽花が沢山咲いていた。賽銭箱の上には珍しい「轉法輪(てんぽうりん)」と呼ばれる輪がかかっておりよくわからないが「戦車が回転して敵を破砕するように、仏の説かれた教えが、一切の衆生の間を回転して、迷いを破砕できるようになる」らしい。あとで良く調べる必要がある。境内を見回してもどなたも居られず、お話を伺うことができなかった。
 あとから女性二人が来た。下から歩くと男坂でも女坂でも30分はかかるので、タクシーを呼んだが、嫌がられ、雨天の日はすべて断っているのをむりやり載せて貰ったそうだ。dachs飼主は勇気があった。
 お昼前になったので、小田原の蒲鉾屋「鈴廣」さんで季節の蒲鉾と揚げ天ぷらを買い、小田原魚市場に海鮮を食べに行った。小田原早川漁港魚市場の2階の「魚市場食堂」が人気と聞いて、行ったら激コミだった。それでも15分ほど待ってふたりで丼物を注文して食べた。美味しかったが、小田原市のコロナ対策で当食堂のQRコードをサーチしておけば、万一コロナに罹った人が発見されれば、ラインで連絡を貰えるそうだ。我が街より小田原市のほうが進んでいる。
 小田原から厚木経由で雨の降る中、自宅に戻った。3日間のドライブは300㎞強となった。
 明日から県外移動が解禁されるそうだが、その前に行っておいて良かった。

2020年2月11日火曜日 晴れ  午後4時58分投稿 

富山石川グルメ紀行最終日

 3日目の今日ははや最終日。
 午前9時にバスは出発。本日の行程は、最初に能登金剛巌門、次に道の駅「万葉」、昼食、高岡大仏、新高岡駅、東京駅の予定になっている。
 9時15分に能登金剛に到着。激しい波と巌との美が海のない市民にとっては貴重な風景だった。今回観光で美しいポイントベスト3には入るだろう。能登金剛では能登の土産とテニ友へのおやつ土産を買っておいた。いよいよこれで能登石川県とお別れし越中富山県に戻る。
 道の駅「万葉の里 高岡」でショッピング。道の駅は今回のツアー、雨晴、千枚田、すずなりに加え、万葉の里でも4個目の道の駅スタンプを押してきた。
 風もなく陽射しも柔らかで、今日は最高の北陸日和。正午現在我が街との気温差はなく摂氏7℃で上天気。
 お昼は新湊漁港キトキト市場。dachs飼主は海王丼、ツレアイは白えび丼にした。少しだけ分けあえたが、新鮮だったので両方とも美味しかった。

富山の紅ずわいガニをひとり一杯をいただいた ウマカッタ

 食後直ぐ、「かに小屋」でいつもは食べる機会の少ない大きな紅ズワイ蟹(高志の紅カニ)1尾を悪戦苦闘しながらもたいへんに美味しく頂戴できた。そとにでると初日に雨晴海岸からは霞んでほとんど見えなかった立山連峰が遠くに臨めた。
 次は高岡大仏。行ってみたが青銅の大仏様で、残念なことにご朱印を戴くべき寺務所は「今、不在にしております」との無情な通知。今回旅の朱印帳は気多大社だけとなった。
 新高岡駅より16時23分発はくたか570号で3時間弱かけ、午後7時12分に帰着。ここから総武線で船橋経由で新鎌ヶ谷で降りて、マイカーで自宅に帰れたのは午後9時前になってしまった。

2020年2月9日日曜日 晴れ  午後8時20分投稿 

富山石川グルメ紀行初日

 早朝5時に起きて旅支度。外にでてみると風も若干あって寒い。準備を整え6時に自宅を出て、6時半には新鎌ヶ谷の駐車場に3日間駐車券1200円をSUICAで支払い、新鎌ヶ谷、船橋経由で東京駅に7時半に到着。八重洲北口側の日本橋口で旅行会社の添乗員安倍嬢に受付けて貰った。
 本日、令和2年2月9日からの阪急交通社で行くツアー名は『【北陸新幹線開業5周年記念企画】グルメでめぐる 二度目の北陸 能登半島水平線の旅 3日間』という長ったらしい名前。
 集合は2月9日(日)朝8時に東京駅日本橋口付近(最寄りの改札口八重洲北口)
北陸新幹線はくたか555号08:44に乗って約3時間弱で富山駅には11:25に着く。10時前に軽井沢に着く頃には雪が見えはじめ、上田に着く10時10分頃には雪がちらつき始めた。11時には糸魚川、ここから日本海側を右に見ながら北陸に向かう。あと20分で富山駅だ。11時40分に富山駅前で待機していたバスに参加客45人が搭乗。右列前から5番目だが、バスツアーなので毎日席順は変わる。
 12時半に高岡市の雨晴海岸(あまはらしかいがん)に到着。雨晴海岸では富山湾越しに3000m級の立山連峰を眺めることができた。氷見線の赤い電車も撮れた。勿論、近くの道の駅「雨晴海岸」に入ってスタンプを押してきた。
 13時30分頃氷見市の民宿(與市郎よいちろう)で昼食。氷見牛のしゃぶしゃぶ会席を食べた。
 午後2時に出発し1時間ほどかけて石川県に入る。やはり雪国らしく、峠やトンネルを越えると寒さやどんよりした暗さが足もとから冷えさせる。

朱印を頂戴してきた。

 羽咋市の気多大社(けたたいしゃ縁結びの神様として信仰を集める)に参詣。コスモアイル羽咋(NASAも認めた世界に誇る宇宙科学館のガイドツアー)でガイドさんの説明を聞き、宇宙へ挑戦してきた旧ソ連やアメリカの努力の一端を見せてもらった。なかなかに面白い科学館であり、もう少し大々的に広告告知すべきだと思った。5時半から漁師さん直営の「能登風土」に寄って能登牡蠣での夕食。ここは七尾鉄道の笠師保駅の約半分を占める牡蠣料理屋でこんなお店は珍しい。焼き牡蠣食べ放題だったが、汁は飛ぶし、パンパンと爆ぜる音が怖かったが面白かった。牡蠣20個くらいは食べたかなぁ。
 その後、宿は午後7時に到着「ロイヤルホテル能登」。初日のバス移動距離は約120Km。温泉大浴場は広かったが、露天風呂は」周りの気温が低すぎて、湯音も41度くらいでちょいとばかりぬるかった。明日もこのホテルの同じ部屋。ホテル自身は立派なダイワ系の能登ロイヤルホテルでランクは高い。昼食は氷見牛しゃぶしゃぶ、夕食は焼き牡蠣で堪能できた。

2020年2月5日水曜日 晴れ  午後10時42分投稿 

2月の新年会

本日も2万歩あるけました

 早朝から新宿への通院指定日。あとは13日木曜日の最終通院が残っているが、もう少しである。9時に行って検査診察を受けたが5項目の検診で終了したのは9時48分。11時頃終了を推定していたので、午後1時にKさんと新宿で落ち合い、午後4時に埼玉武蔵浦和に行く予定を立てていた。10時前におわったので、申し訳なかったが、府中在住のKさんに無理を言って10時45分に新宿に来て貰い予定のお話合いをし、お昼ご飯を食べた後、ヨドバシカメラでカメラやパソコンスマホをウィンドーショッピングした後、映画を観ようと思い新宿の映画「武蔵野館」に行ってみたら、残念ながら次回開演時刻が午後2時半だったので、早いが武蔵浦和駅に行くしかなかった。勘違いで新宿駅南口から武蔵野線で武蔵浦和駅に行こうとしたが今日は武蔵野線が不通だったので、埼京線で30分かけて武蔵浦和に着いた。ちょっとした勘違いであった。駅に到着したのは午後2時前。京浜東北線浦和駅まで歩いて、以前2年前の夏訪れた調神社に参拝してきた。
 午後4時に仲間3人と集合し、駅近の「丹波黒どり農場」で大隅の芋焼酎「紅薩摩邑」を飲んだりしながら旧交を温めた。この仲間とは令和2年はじめての会合なので「新年会」となった。本日の踏破距離15Km強。

2020年1月27日月曜日 曇のち雨  午後6時55分投稿 

令和2年初テニス

 今朝も寒い。昨日午後帰ってから3週間に溜まった事務系の作業を午前中までかかってほとんどやり終えた。リタイヤしていても、やはり対外的にやらなければいけないことがつきあい上も含めて結構あることを思い知った。エアコンをつけっぱなしにしていたが、やはり足元から冷える。自由にはできないが、エアコン完備のオフイスや病院の方が作業は楽である。

9000歩を超えた。が、寒かった

 午後1時からは平日テニス2時間。令和二年初めてのテニスであった。足の運び、腕の振りなど心なしか思ったようにゆかなかった。時々、鋭いショットを放って周りから褒められると「何とかやれてるなぁ」と一瞬思うが、長続きはしない。やはり1か月のブランクは大きい。それでも今日はコート上で走り廻った所為で9500歩ほど歩けた。
 明日は通院日。明日も寒いらしい。最後の納経帖が満杯になったので、明治神宮に参詣して、神宮さんの朱印帖を入手して来ようと思う。これで10冊目の朱印帖となる。坂東33観音と併せると11冊になるが、観音様参りもまだ半分以上残っている。これから寒くなるが雪道でなければ、車で気の向くまま、お寺参りもしたいと思っている。まず手始めは暖かいわが県千葉県からスタートとなる。令和2年、今年からは観音様以外に大きな神社仏閣があれば明治神宮朱印帖に書いてもらうことになる。

2020年1月23日木曜日 曇時々雨  午後9時33分投稿 

今日まで6000余日

いま、暇なので熟読している

 途中まで病院で仲の良かった人が先日中途で退院をされ、その後LINEで時折メッセージを交わすようになった。その彼が所用のついでに病院まで2冊の本をdachs飼主のためにありがたいことに話題になった四国八十八か所巡礼とお寺に関する書籍を2冊持参いただけた。彼に触発され今秋頃、香川から愛媛高地徳島への88番-01番への巡礼(逆うち)を考えていますと反したことがあり、それを覚えておいていただいたので、何年か前に巡礼をされたので書籍をいただけた。ありがたい話である。ブログを書いているので折があったら見てくださいと声を掛けさせていただいた。2003年春から2020年1月まで何日くらい書いたのかをみてみると昨日で6140件も綴っていた。3、5年目くらいでもうやめようかと思ったことが何度かあったが10年続けてみると、パソコンが使えなくなるまで書こう 書くぞ! と義務と決めて書き続けている。ただ、昔国語の先生から言われた、文章を書くときは「起承転結」を意識して書かないとひとは読んでくれないよ との教えは全く守れていない。短くても、書けば気持ちよく一日が終わった気になる。

2020年1月5日日曜日 晴れ  午後4時45分投稿 

初詣修了

 今朝はひときわ寒い。年賀はがきをポストに入れに行ったときも北側の道路にはまだ溶けきらぬ霜や氷が路面に張り付いていた。
 愛車のナビ地図更新2回目を実施した。いまの車はパソコンとネットワークがあれば、デジタル更新くらいならユーザー自身が行う(行わされる)ようになった。
 10時過ぎに昨年お祓いご祈祷で貰ってきた厄払い御札を返しに茨城県稲敷市の大杉神社に行ってきた。神社までは利根川沿いを30キロ30分少々で行けたのだが神社の駐車場に停めるのに30分以上も掛かってしまった。神社は満員電車のような凄い人人人。御札を納め、昨年大過なく過ごせたことの御礼と今年もよろしくと初詣をしてきた。今年の初詣は元旦には地元の大山阿夫利神社、4日池袋の護国寺、本日茨城の大杉神社と3寺社をお参りできた。大晦日あけ未明に東祥寺さんも含めると2寺2神社に詣でたことになる。
 明日から3週間は都内の病院に籠もる。

2020年1月4日土曜日 曇り  午後8時35分投稿 

ピアノ演奏と初詣、焼肉

このピアニストのプロフィールは謎に包まれている


 午前中に自宅を出発。最初に向ったのは豊島区の護国寺。9冊目の朱印帳が満杯になったので、初詣を兼ねて護国寺で朱印帳を購入しようと池袋から歩いて行った。然しながら、朱印帳の販売は行っていないとのこと。あれだけ大きいお寺さんだったが無いとは予想できなかった。

東京芸術劇場のメインコンサート会場もデカかった

 ツレアイとは行ってなかった燦燦亭で焼肉昼懐石を食べてきた。量も質も頃合いで美味しかった。
 午後2時からは東京芸術劇場で開演された野尻多佳子のピアノリサイタルを聴きに行った。ベートーベン「合唱つき」「熱情」「ヴァルトシュタイン」とブラームスの3番その他がメイン。アンコールでシューマンの小品3曲を聞いてきた。流石に技巧かった。

2020年1月1日水曜日 晴れ  午後7時45分投稿 

賀状納め

 昨夜は坐禅写経会でお世話になっている東祥寺に伺った。22:30からお寺でご祈祷を受け、その後は23:30から鐘を撞くために参拝をされるお客様向けに豚汁や甘酒の接待をさせて貰った。毎月お世話になっているので、年に一度、2時間くらいのサービス接待は当然やるべきだと思い、毎年参加している。風も無く思ったほど寒くなかったので良かった。参拝客が一瞬途絶えた1時半頃に278打目の鐘を撞かせて貰い、午後2時半頃に帰宅できた。冷めた身体を湯船で温め、一息付けたが、年越し蕎麦、歳明け饂飩も食いそびれてしまった。
 今朝も良いお天気。睡眠時間が少なかったので、初日の出は残念ながら拝めなかった。

正式に終活宣言をしてみた

 元旦の朝の恒例家内行事を終えて、少しテレビを観ながらうとうとしていた。正午前に地元の大山阿夫利神社(我が家から2キロ強)までツレアイと散歩がてら、歩いて初詣に行った。階段の下から50メートルほどの行列待ち。本堂へたどり着けたのは20分後で、地元で知った人が多かった。
 帰宅してから眠かったが年賀状に眼を通した。1昨年から賀状を貰った人にしか年賀状を出さなかったが、いまだにdachs飼主ごときに賀状を戴ける人がありがたいことに多い。令和二年、今年は賀状ご遠慮申し上げる返信を作った。賀状が無いので、明日お店に買いに行くが文面は画像の通り。
『 令和元年に6回目の年男を迎えました。そろそろ終活を意識する年齢と相成りました。。筆不精も一因ですが、元号が改まったのを機に、年始のご挨拶を控えさせていただきたく思念しております。
 私の近況は下記URLで毎日綴ることを日課にしておりますので、たまにご覧いただければ幸いです。
 https://dachsjp.com/WP/
 体調に特段の支障があるわけではございませんので、今後はメールや電話にて親しくお付き合いさせて頂ければ幸いです。
 長年に渡りあたたかい賀状を賜りありがとうございます。
勝手ではございますが 今後も変わらぬおつきあいのほどお願い申し上げます。電話:メール:』

2019年12月31日火曜日 晴れ  午後6時37分投稿 

除夜の鐘接待

昨日の寒さから一転、朝から陽射しに恵まれ、大掃除日和。先日買ってきてたウタマロクリーナーでガラス戸、戸棚、白物家電、愛車の車内拭きなど掃除をした後、車を出して、洗車した。3,4日前の雨降りで足回りや裾に残っている汚れが気にかかり、久しぶりに手洗い洗車をした。歳末休みで、シャワー洗車300円は大行列が予想されたので家でやるしかない。水を掛けて洗車迄はそれ程手間では無いが、乾拭きが難しい。
 年末なので吃驚したことがもう一つある。昨日、雨の降る寒いなか三井住友銀行のATMに行ってみたところ、ATMはそこそこスムーズにはけてはいるが、両替機に10人以上の行列が出来ていた。高齢者が多かったので、多分孫へのお年玉に遣う千円万円札の新札両替だったのだろう。

今年は寒いが、頑張りたい。

 昼間は予報通り温かく、木更津や横浜では大晦日に最高気温20℃を超えたとのこと。ところが、夕方から冷たい風が吹きはじめて来た。今夜は恒例の東祥寺さんの歳晩大鐘楼会。坐禅会写経会でお世話いただいている除夜の鐘つきである。年に一回のその行事に、坐禅写経会のdachs飼主は除夜の鐘を撞く参拝客に豚汁や甘酒を接待する役をやらさせて貰っている。10時半過ぎからありがたいご祈祷を受け、11時~01時頃まで2時間ほど、接待をするのだが、寒いことこの上ない。帰ってから年越しそばか年明け饂飩をいただく予定だ。

9 pages