dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2021年1月1日金曜日   PM3時47分投稿 

トシヲカンガエテ

 昨晩の東祥寺さんの除夜の鐘は例年の五分の一以下の参加者であった。昨年までは近郊にチラシを入れ、接待も甘酒と豚汁を振舞ったが、今回はコロナ禍でいずれも行わなかった。接待は温かい3種の缶飲み物(甘酒・コーンポタージュ・お汁粉)だけで、鐘楼の鐘撞きの際にも消毒スプレーボトルを常置して撞いた後に掌に吹きかけて戴いた。例年は1時半を廻るまで接待のお手伝いをしていたが、今回は0時15分頃に解散した。

願う コロナ終息

 元旦の今朝は気持ち良いお陽様が顕われて、雑煮やおせちを気持ち良く戴いた。昨夜(今朝未明)は2時前に寝たので眠気は去らず、焼酎と煮しめでまた11時過ぎまで寝転んでしまった。コロナも終息し今年は「きっと いい年に」して欲しい。12月の車走行は800Km、1年間の延べ走行は7,800Km。2019年は11,200走ったが去年はコロナ自粛で3割以上走行距離が減った。
 満73歳も半年を経過した。今日もツレアイから「トシをかんがえて」と言われた。餅をのどに詰まらせる、無理をして筋トレやテニスに励む、車を制限速度オーバーする、無茶な走りをするなど今まで何回か言われていたが、2年後は後期高齢者なので畏まっている。

2020年12月31日木曜日   AM11時27分投稿 

御影帖作成

珈琲カップ美濃焼を買ってきた。毎日4杯は戴いている

 年末に10年以上愛用していた珈琲カップが食洗器から出す際に落として割れてしまった。昨日、いつも買っている成田の陶器販売店に電話を掛けたが出ない。webで検索したらもう閉店していたようで、已む無く近所のジョイフル本田で美濃焼の珈琲椀を買ってきた。茶碗、丼、お皿とのお揃いで蛸唐草文様の有田焼が欲しかったが、これから探しに行くのも大儀なので買ってきてしまった。
 気に懸かっていた四国遍路で収集してきた御影(各札所霊場のご本尊様の真影)を2,3日前から整理していたがやっと88枚揃ったので御影帖として県別(発心ー修行ー菩提ー涅槃)に整理してアップし終えた。
 今夜は10時過ぎから東祥寺さんの『歳晩大鐘楼会』での接待役に恒例により出かける。
 これが済むと、愈々来年2021年が始まる。いつも同じようだが、今年は特に加齢を感じた。
 年頭、6日から9日まで3泊4日で福島県の裏磐梯レイクリゾート迎賓館猫魔離宮で骨休めすることに決めた。雪が怖いので車は避けて新幹線で行く。付近の観光地はほとんど廻ってきているので、完璧な温泉リゾートとなる。左手の痺れがはやく治癒してほしい。

2020年12月17日木曜日   PM5時32分投稿 

来週関西で法要

47年通った墓とも今回でお別れとなる

 先月上旬地元明石市の曹洞宗の菩提寺「月照寺」に「墓じまい」について相談させて貰った。その後、電話や手紙で連絡を取り合った結果、来週23日水曜日午前10時に先祖代々の墓を永代墓に移す「魂(お性根)抜き」法要を行っていただくことに決まった。我が家も関西から出て半世紀を越え、先祖の霊位を守っていく親族はdachs飼主一人になり、関西には誰も居ない。それでも今まで、年に一度は墓参りをしてきたが今回のコロナ禍で随分墓参りも遠のいていた。家族も関西に引っ越す予定は全くないので、昭和48年にdachs飼主が建てた先祖代々の霊位を永代墓に祖父母と父母の4名を遷させて貰うことに決めた。dachs飼主家族の墓については墓は新規に作らないことにしている。

2020年12月10日木曜日   PM3時31分投稿 

四国遍路の納経帖アップ

お礼参りした高野山の納経

 左腕の痛みと昨日までの千葉2泊3日でなかなか進まなかった納経帖11冊目が漸く出来た。四国遍路した寺々と高野山を加え、11冊で納経して貰った寺社の数は422寺社になり、まだ訪れていない都道府県は秋田、富山、岐阜、中国地方(岡山、鳥取、島根、広島、山口)と佐賀、長崎、宮崎の11県となった。
 厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」が投函された。平成16年8月以降、雇用保険の各種給付額が低く算定されていたので追加給付の手続きを進めたいとのこと。dachs飼主の該当期間は2004年の3か月と2010年の8か月がそれにあたる可能性があるとのこと。5枚ほど、状況と申告用紙が送付されてきたが、官庁故、「お詫び申し上げます」の言葉は1行だけで、事務的な文言や表が縷々羅列されていた。10年以上前の失業保険なので、被保険者番号さえも探さないと見つからなかったが、なんとか記録から探り当て、厚労省の管轄部課に投函しておいた。

2020年11月21日土曜日   PM8時22分投稿 

13泊14日の遍路完遂

苅萱堂で行われた

 今日が最終日、6時半に朝の勤行が苅萱堂で約30分行われ、所願成就を期して善通寺宿坊と同様、焼香をさせてもらった。読経後に食堂では朝の膳が並べられ一同で有り難くいただいた。
 高野山は寒い と言うより冷え込む。昨日までの気温とエライ違いだ。昨日荷造りしたスーツケース2個とその他ダンボール1個を宿坊事務所にお願いして午前8時にはバスは出た。そこから中の橋駐車場で降りて、ガイドさんに墓場、奥の院、金剛峯寺、堂上伽藍、金堂、御影堂、霊宝館を案内して貰った。過去2回高野山を訪れたがガイドさん無しの手引書引き引きだったが、今回はすばらしきガイドさんが色々と丁寧に教えていただいた。弘法大師について色々教えてもらってとてみ参考になったが、いつまで覚えておられることやら不安です。。。
 昼食会場「一の橋観光センター」でお土産もクーポン残り8,000円全額を無理やり使って買った。欲しかった御影帳も紀州地酒も無かった。13時50分、かつらぎ西ICからりんくうタウンに向かう。その前に昨日寄った「かつらぎドライブイン」も13時40分にトイレ休憩となった。クーポン券を使えたが、事前にトイレ休憩をする案内が無かったので、已む無く御影帳、干し柿などをキャッシュで購入せざるを得なかった。りんくうタウンに着いたのは2時30分。成田空港行は6時15分なので、「りんくうプレミアムアウトレット」を周遊。欲しいもの多かったが、旅行帰りなため、本日買った荷物の多さで購入を諦めた。
 11日間断酒していたが、関空のファミマで、とうとうサントリープレモル神泡とスルメを食した。やはり美味い。
 18:15発のjetstarGK205便に乗った。何年かぶりに乗ったLCCなので、機内手荷物は7kg以下と制限されており、超過すると料金が追徴されるようだ。二人で分けて測ってもらったので問題は無かった。成田空港着は予定の19:45よりはやい7:36に着いたがLCCの宿命第3ターミナルに着くので第1ターミナルまで約600m、その後地下の京成電鉄ホームに降りるまで30分弱もかかった。本日の歩数計は22,000歩超。旅行中はよく歩いた。
 なんとか曲がりながらも予定通り、かつ怪我もなく終了できそうだ。

2020年11月20日金曜日   PM9時41分投稿 

結願してー高野山へ

 暖かいが午前中は予報に依ると雨。午後も普段より随分温かいが雨の確率が高かった。今回ツアーで、初めての雨降り巡礼最後の10ヶ寺遍路になりそうだ。過去は何度か雨が降ったが殆どバスの中で、お参りのときは2回ほどポツポツしただけの幸運な巡拝だったのだが。。。。午後遅く和歌山県高野山へのバス移動時には晴れ間も見えてくるかも。
 7時に出発したが、大型バス駐車場からは急な坂道が続くので
7時15分にマイクロバスに乗り換えて、10番切幡寺に7時20分に到着。7時40分に出発しちょっとばかりクーポン券処理で土産物屋「金山商会」に寄り、8時にもとの大型バスに乗り換えて出発。8時10分9番法輪寺に到着し8時40分に出発。空は幸運にも明るくなってきた。お大師さんのご利益か。8番熊谷寺へは8時45分。一挙に晴れて、大師堂に登ると勤行時に汗をかくほどだった。昨日今日はマイクロバス、ジャンボタクシー、ロープウェイなどに何箇所かで乗ったので急な坂道や長い石段は少なく楽だった。9時15分に出発し7番十楽寺へは9時半に入り参詣。ここは眼にご利益があるという。9時50分に出発し6番安楽寺へはすぐに着いた。身代わりで有名な言い伝えの松「さかまつ」があった。10時20分に出発し5番地蔵寺へは10時半に到着。樹齢800年の大銀杏が素晴らしかった。10時55分にバスが出て直ぐに4番大日寺に着いた。11時25分に出発し3番金泉寺には11時半に到着。12時に出てすぐ2番極楽寺に向かう。バスは12時半に出て10分ほどで1番霊山寺に到着。
 令和2年11月20日午後1時当山大師堂において仏前勤行を行い、無事四国八十八ヶ所おへんろが結願した。10日間かかった長い遍路行の1回目逆打ちだったけど完了して良かった。結願してバスに戻ったら雨が降り出した。バスに乗車中は何度か降られたけれど今回も満願まで、殆ど巡拝中には雨には降られなかった。
 昼食は仕出し屋「ふくなが」でお弁当とお茶を調達して車中で食べた。バスは13時15分に出発。鳴門IC経由で明石海峡大橋を通って神戸大阪を経て高野山に向かう。2時半に、高速淡路ハイウェイオアシスでトイレ休憩中に淡路土産を4000円ほど購入してきた。あとまだ1万円ほど残ってるのでこれは高野山で使う予定。5時前にかつらぎICで高野山に入ってきた。

精進料理を堪能してきました

 午後6時ころ高野山宿坊「密厳院」に到着。6時前からとうとう雨が降り出しバスを降りて玄関に行き着くまでにだいぶ濡れた。部屋は般若の部屋。夕食は7時。本格的な精進料理で、修行僧の皆さんが丁寧に接待をしてくれた。明朝の苅萱堂での勤行は6時で半時間ほどのおつとめのあと、6時半から朝食となる。今日午前中までの四国はとても温かくて、夜もエアコンは不必要だったが、ここ高野山は冷える。掛け布団には毛布がプラスされており、ヒーターもオンにしておかないと夜は寒い。 お風呂は温泉だった。ここの宿坊も善通寺と同じく部屋に鍵は付いていない。トイレも洗面も共同となっていた。明日は飛行機で帰るので、土産物を含め、荷物を整理し、3個口にして明朝、宅配で送る。

2020年11月19日木曜日   PM8時57分投稿 

徳島最後の宿

 昨日までたいして雨天には悩まされてはいなかったが、今日明日明後日は天気が怪しい。朝食は6時、出発は6時50分。本日1日で9ヶ寺、明日10ヶ寺で四国遍路は満願となる。今回巡礼時のブログは旅程の時間を書くのが精一杯で、帰宅後ユックリと思い出しながらHP作成をする。
 夜明けまで降っていた雨が7時前後からバスに乗って直ぐお陽さんが出てきた。我らの巡礼はついている。
 小松島市に移動して19番立江寺には7時10分に到着。7時半にバスは出て、18番恩山寺に7時45分到着。ここはお大師さんの母上玉依御前ゆかりのお寺で剃髪の場などがあった。8時15分に出発。次の17番井戸寺からは愈々徳島市内に入る。9時15分井戸寺到着し参詣。ここでツレアイのお札(病気平癒祈)を戴く。9時40分マイクロバスに分乗して16番観音寺に9時50分、参詣後15番阿波国分寺へは10時15分に到着。ここは曹洞宗のお寺だが、本堂は年内一杯修復中とのことで仮本堂で勤行してきた。10時40分に出発し、次は5分程で14番常楽寺。11時10分出発し次の13番大日寺には15分ほど。12時前に出発し、12時半に到着のお昼は「田中食堂」。田舎の古びた食堂で田舎チラシ寿司と饂飩(食べ放題)を食した。dachs飼主は頑張って2杯食べたが、高野山修行僧の某坊はナント15杯、平均して10杯も平らげたそうだ。10代後半の胃袋は柔軟だ。1時にバスは出て12番焼山寺に1時20分に着いた。此処では御本尊の石像を撮ってきた。2時10分にマイクロバスに乗って、2時50分、道の駅神山でバスを乗り換えて11番藤井寺に3時半に着いた。本日最後のお寺を出たのは午後4時、あと半時間ほどで阿波市の宿につく。今夜の宿は八幡旅館の207号室。心配していた雨には殆ど降られずに無事お参りを済ませられた。食事は午後7時からなのでユックリと風呂に入れる。

四国最後の楽しい宴でした

 7時からの夕食は分厚い舟盛刺し身、美味しそうな阿波牛のステーキ、天婦羅、鍋などご飯が殆ど口をつけただけで満腹の最後の四国豪華ディナーだった。普段の我が家では4日分の質と2日分の量であった。その後、ツアー主催会社のビンゴ大会があり、dachs飼主は輪袈裟留め、ツレアイは遍路手帳が中った。9マスに1から88までの好きな数字を書いて、主催者の札所番号コールで半数の18名に賞品があたる仕組みであった。賞品も触らずに包み紙に入れられたものを指して決めるシステム、結構面白かった。明日は、朝食6時20分、バス出発7時10分で午前中に札所10番から1番まで周り、午後は明石海峡大橋を渡って高野山に向かう。

2020年11月18日水曜日   PM9時26分投稿 

徳島に入った

 今朝も風もなく良いお天気。予報では24℃くらいになるとのことで、今日も長袖Tシャツで過ごせそうだ。日の出は6時36分、オーシャンビューの部屋からは室戸岬の赤いお陽さんが臨めた。今日は午前中に3ヶ寺を廻れば、あとは徳島県に入り23ヶ寺を今日明日明後日でお参りするとはやくも満願達成結願となる。
 6時45分に朝食、7時半に出発して26番金剛頂寺(西寺)には7時55分に到着。ここも長い急な石段修行。最初の61段の踏石に蓮の花模様が描かれていた。大師堂の前には癌封じの椿もあった。奄美で見た赤い蘇鉄の実も懐かしかった。8時25分バスは出て25番津照寺(津寺)には8時45分に到着。ここの石段は125段ある。
 9時20分に出発し24番最御崎寺(東寺)に9時半に到着。10時15分に出発し、愈々阿波徳島県23ヶ寺へ向かう。今まで65ヶ寺を廻ってきたが、弘法大師の石像が数えてはいないが、150像以上あったと思われる。多分像の数では弘法大師が日本最大の石像数を誇るのでは無いだろうか?
 11時40分に阿波最初の23番札所薬王寺の境内下の「医王の湯」に着き、昼食を戴いた。昼から分厚い刺し身に大満足だがちょっと体重も気に懸かるかな。12時20分女厄坂、男厄坂を登り参拝した。大きな古い楠が鎮座して日和佐の街並みを睥睨していた。12時45分に出発。22番札所平等寺には13時10分に到着。13時40分に出発し、21番太龍寺に続くロープウェイ乗り場に13時50分に到着。2時20分発のロープウェイに乗る。ここも長い階段か坂で上り降りする難所だった。立派な寺構えで荘厳で西の高野(山)と言われているのがよくわかる。
 帰りは3時20分発のロープウェイに乗って3時40分にバス。今日の最後、20番鶴林寺には4時20分に着いた。標高が高い場所で寒そうに感じたので、トレーナーを着て石段を登った。息があがり、汗をかきそうだった。

良いサービスだったが私には無駄無理だった

 5時にバスは出て、6時前に宿に到着。サンオーシャン511号室。食事は6時45分なので、お風呂は食後となる。食事は今回ツアーで初めて阿波牛の焼肉ステーキが出た。また、午後7時迄はロビーにて「ハッピー泡」と称して生ビールの無料サービスをしていた。dachsは勿論飲まず、隣のコーヒーサービスのお世話になった。しかしながら、部屋はビジネスホテル風のツインで狭いことこの上なし。また、食事のウェイトレスも外国人で接客対応のイロハが全くできてなかった。コインランドリーで3日分の洗濯。明日は、朝食6時。

2020年11月17日火曜日   PM8時16分投稿 

土佐の海は眺望良好

 今日も暖かい。6時20分に朝食、7時10分に宿のマイクロバスに乗って36番霊場青龍寺に参拝。大きなバスでは行けない細道なので宿の好意に甘えざるを得ない。5分ほどの道程。朝のお寺は清涼で気持ちよし。モンゴルの元横綱朝青龍はこのお寺から命名したとのこと。
 7時50分に改めてバスに乗り込み35番清瀧寺へ。34番35番ともに瀧水が流れていた。8時15分10人乗りほどのジャンボタクシーに乗り換えて約10分一方通行の狭い急坂道を登り、お参りをした。戒壇巡りも左手で壁を触り、右手で体調悪い身体部所をさすりながら巡った。9時5分に出発し、34番種間寺には9時30分に到着。お参りし、9時50分出発。33番雪渓寺には10時過ぎに到着。大きな本堂に圧倒された。10時半に出発し、32番禅師峯寺に向かう。坂本竜馬の誕生日と暗殺された日は同じ昨日11月16日、その竜馬で有名な桂浜を通右に観ながら通過し、一路東へ。到着は10時45分。長い階段を登って参詣した。上はこじんまりした本堂と大師堂だったが駐車場の十一面観音立像は立派で、太平洋は穏やかで絶景だった。

かつお船で叩きを喰ったり土産物買ったり

 11時半に食堂「かつお船」に到着、昼食になった。カツオのたたきが美味かったので、たたき冷凍便日曜日昼届けを含め鰹節、竜馬の酒、他土産物などで2万円も使ってしまった。クーポンはまだ2万円以上余っている。
 12時15分に出発し31番竹林寺には12時半に着いた。紅葉が、美しい。参拝後、1時に出て30番善楽寺に1時30分に到着し、お参り後1時50分に出発、今日はあと3か寺を残すのみだ。お遍路を世界文化遺産に登録しようという動きもかなりあるようだ。土佐の人は男(イゴッソウ)も女(ハチキン)も酒呑みが多いと聞く。盃や湯呑の底や底部に穴が開いているものに酒を注ぐと、呑み終わるまで酒器を置けないのが強くなる道理である。
 29番土佐国分寺へは2時5分に到着。2時半に出て、本日最後の28番大日寺へは午後3時。ここも長く急な階段が辛い。3時半に出発し本日10ヶ寺目、最後の霊場27番神峯寺に4時15分に到着。ここも狭い道でジャンボタクシーに分乗して神峯寺境内まで移動した。4時半を過ぎると遍路するお寺ではろうそくや線香をつけないという習慣があるとのこと。ここから本堂までもキツイ石段が続く。ツアー申し込み時に金剛杖は必要だと言われて購入したが、長い石段や勾配のキツイ坂道では杖を突くと楽になる気がする。神峯寺の不動明王と太平洋の夕焼け遠景が印象に残った。5時15分にバスに乗り、今夜は室戸岬の宿「ホテル明星(あけのほし)」に6時に到着。部屋番号は317。早めにお風呂に入って、7時過ぎから夕食。今日は竜馬の酒を昼間買ったが、巡礼中は断酒なので今夜も鰹のたたき、刺し身、鍋などをご飯とおすましで食べた。土曜日からは飲める。室戸は温泉がないかわり、海洋深層水と土佐備長炭のお風呂に入った。海洋深層水は塩分が多いので、皮膚が傷ついてる人にはしみるという。今日は14,500歩踏破した。明日は、6時45分食事、出発は7時半。

2020年11月16日月曜日   PM8時02分投稿 

温かい高知へ

 7時15分に出発し、最初の目的の寺は42番佛木寺。今日は高速道路などを使い、バスの長旅になり、6ヶ寺を巡る予定。7時35分に佛木寺に到着。参拝後、8時に出発し、すぐ近くの41番龍光寺に移動した。8時40分に出発し、愛媛県最後の霊場40番観自在寺に向かうが、長い時間バスに乗るので、道の駅でトイレ休憩。
 ところで、方言かどうかわからぬが、爪の根本の皮膚が向けてくることを「さかむけ(ささくれ)」というが、仏前勤行経文、線香を点けるチャッカマンライター、納札等をポケットから毎日出し入れするときに爪がポケットに擦れて痛い。乾燥や寒さからくるらしいが、ポケットの出し入れだけで1日100回前後に上るので致し方ないのかもしれない。
 9時40分に観自在寺に到着。参拝後、10時15分に出発、この40番霊場にて愛媛のお寺さんは終了し高知県に向う、あと半分だ、頑張るぞ!!!
 朝は気持ち良い爽風が気持ちよかった。が、とにかく今は温かいというより暑い。高知に入って国道56号線の温度計は24℃と表示されており、沖縄那覇並みだ。39番延光寺には11時着。本堂と大師堂が近いときはお参りを両方済ませてから、勤行を2回向きを変えて行うので普通40分かかるのが30分で終了できる。11時半に出発し、宿毛から四万十市方面高速道路を使い約20分、お昼前に昼食会場「いちもん家」に到着。美味しい唐揚げが印象的だった。12時半に出発し、38番金剛福寺に向う。途中土佐清水市近辺から小雨が降り始めたが、お寺に到着したら止んだ。1時半に足摺岬にある金剛福寺に到着。その後15分ばかり特別タイムを貰い足摺岬を見てきた。290度観覧ができる。銚子の犬吠埼より絶景だった。2時20分に本日最後の霊場37番に向かい、途中トイレ休憩後、岩本寺には4時20分に到着。今日は海沿いを走っているが、昨日から愛媛高知と車窓から見える景色は両側が深い山、遠くには遥かに富士山のようになだらかだけど多くの山並みが見える。特に高知県の森林面積比率は84%と、全国トップだそうだ。
 岩本寺を参拝後、午後5時に出発し、今夜の宿土佐市「三陽荘」に午後6時に着いた。今日は6箇所のお寺しか遍路しなかったが、移動距離は宇和島ー宿毛ー土佐清水ー足摺ー四万十ー土佐と長かった。

次々と温かい料理でおもてなしがある

 午後7時からが食事なので先にお風呂をいただく。土佐龍温泉という名の黒みがちの温泉。湯音もdachs飼主にとって丁度気持ちが良く暖まれた。今日は高知でも24℃とこの時期としては最高気温だったそうだ。雨にも2,3度会ったが何れも車中で、参詣の際にはあがっていた。弘法大師さんが守ってくれたのかもしれない。この連泊するツアー会社の旅は初めてだが感心したことがある。宿は古風で目立たない旅館やビジネスホテルのような宿だが、食事が立派でしかも美味い。dachs飼主もそうだが、宿の設備よりめしに金をかけたい方なので嬉しい。

11 pages