HomePageに飛ぶ愛犬Pageに飛ぶ旅行Pageに飛ぶ散歩Pageに飛ぶdachs飼主Pageに飛ぶ趣味Pageに飛ぶ顧客対応Pageに飛ぶ予備Pageに飛ぶ

2015 年 12 月 のアーカイブ

延べ4,656投稿

2015 年 12 月 31 日 木曜日

車内専用のサイクロン掃除機

 今日も午前中は大掃除。午後は少し時間が空いたのでカーショップに行ってハンディークリーナーを買ってきた。毎週テニスに数回行くので、トランク内にテニスシューズの置きスペースがある。しかし、テニスシューズはいつも行くオムニコートで2時間も駆け回るといつの間にか靴に多くの砂が入ってしまう。どこからいつ入るのか不思議だがオムニの砂を毎回持ち帰ってトランクに入れるとその一部がトランクに落ちてしまう。買ったクリーナーはセンターピラーにある車内電源でとりコード長も5mあるので、運転席はもちろん、トランク内にも十分に届き、サイクロン式の強力なパワーで綺麗に砂やごみが獲れた。

12月は伊豆と袖ケ浦に電飾を観に行ってきた

 午後の空いた時間をl利用して、愛犬暦12月版を印刷して綺麗にしたトイレに貼っておいた。これで愛犬暦2015年版は本日大晦日にて無事完成。ページ追加は210を超えた。当ブログも2003年4月から13年連続延べ4656投稿となっている。
 午後10時前に東祥寺さんに向かう。恒例の大晦日「歳晩大鐘楼会」、いわゆるかねつきであり、突いていただける参拝来場者にふるまう「豚汁」や「甘酒」のサービスサポートを翌1時過ぎまでお手伝いする。今夜はちょい雨降りの心配あるも、例年より暖かそうなのでジャンパーは薄手のもので良さそうだ。
 年越しそばは帰ってからお風呂に入り、ツレアイは就寝中なので焼酎か発泡酒を飲みながら、ゆっくりと即席カップ麺で戴く。
 今年は愛子婆さんが亡くなる不幸もあったが全体的に実りある1年だった。

『 来年 平成28年もスタートから良い歳にしたい 』ものだ。 1月は足利フラワーパーク・2月は長崎ランタン祭りのイルミネーションを観に行く予定になっている。

花壇造りと障子張り

2015 年 12 月 30 日 水曜日

プリムラはサクラソウを意味する

 今日も新聞を取りに出たときは氷点下だった。しかし正月3が日にかけては晴天続きで徐々に暖かくなる絶好のお正月になりそうだという。
 昨日やり残した、花壇のサクラソウ植込みと前に愛子婆さんが棲んでいた和室の障子の障子紙張り替えを午前中に完了した。午後は雨戸とガラス戸の大掃除だyったが、良いお天気で風もなく、例年ならオーバーを着てやる水仕事だが、今日はセーター一枚で気持ち良く掃除ができ、ちょっと頑張るとすぐに汗が出てくるほどだった。先ほど人仕事終わったのでジムも今日から休みなので、家のお風呂に入ってきた。

花壇植え替え準備

2015 年 12 月 29 日 火曜日

25リットルを4袋と40リットルを1袋合計140Kgを車に載せると流石に重い

 今日も晴れていたが寒い。今まで暖か過ぎた反動かもしれない。
門柱前のミニ花壇に植える花苗と障子紙を買ってきた。今日は今まで植えていたシクラメン、ケイトウ、コスモス、トウガラシが元気がなくなってきたので、抜いて、唐辛子は庭に植えなおした。今日買ってきた花はサクラソウ科のプリムラ・マラコイデスとプリムラジュリアンを10数本ほどだが、桜の花が咲くころまで咲き続けるという。プリムラを植える前に土壌の栄養価を高めないといけないので堆肥を含んだ土に一部入れ替える必要があるので、今日は抜いただけで明日、表面の土を入れ替えてプリムラを植えつける。
 障子は古い紙を破って水洗いし乾燥させるまでが今日の作業。明日、買ってきた障子紙を貼る。障子紙の貼り方も。糊タイプ、アイロンタイプに加え、両面テープ張りも出てきているのには、ちょっと驚いた。

年末洗車完了

2015 年 12 月 28 日 月曜日

 今朝は早朝から冷える。9時からの月曜テニスは快晴だが少々気になる風が吹いて体感的には冷えた。テニス肘だが年末テニス最終日でもあるし、参加メンバーも7名で2面には足りなかったのでdachs飼主もボランティア参加した。しかし、サーブの時やリターンを強く叩くのは肘を悪化させる。なんとかかんとか2時間をこらえきれた。月曜当番なので2015年の収支と参加状況をエクセルで最終集計してみた。月曜日の結果は参加延人数326人で収支は2850円の黒字となった。
 午後は車庫の掃除。ついでに、20年間使用していた柱に付けていた追突防止用の保護マットを付け替えた。車庫4隅の保護マットはあたることはなかったが、ドアがスライドドアで無いので、危険個所にマットを付けておくと安心だ。後部席の荷物を取りだすときにドアーが大きく開いてもマットなので、万一の場合にもドアに傷がつかない。
 ついでに車も初めて洗った。1か月点検の際にディーラーが洗ってくれて以降、1か月以上洗ってはいなかった。新車は洗車機にかけると細かい傷がつきやすいと言われたので、正月に向け初洗いを体験した。前の車Mark-Xは洗車後にタオルで拭くときフロントガラスはもちろん、屋根も全面手が届いたが、今の車は車高も車幅も大きいので、フロントガラスの上部中央と屋根の中央部分は手が届かない。やむなく台座に乗って拭ききった。洗車はシャワー水かけ・洗いはそう手間がかからないが、拭くのはタオルもすぐ濡れるし、時間がとてもかかる。

パラグアイは天国

2015 年 12 月 27 日 日曜日

 日曜は朝8時からのテニス。気温は平年並みだが、年内半袖短パンルールで行っても風が無かったので動いていると汗がジワリじわじわと出てくる。パラグアイから帰国中のテニス仲間が先週今週とレッスンに来ていたので、ほかの仲間2人も誘って近所のスタバで2時間弱、彼の土産話を聴きに行った。
 パラグアイに日本人90人が移民してから80年が経つ。今や彼らの子孫曽孫含め日系の人の人数は7000人を超していると言ってた。たくさんの日本人が居るので、今や日系の方が味噌や醤油を生産して日本人の食卓に郷愁を産んでいる。現地土着の人々は、温暖な気候で食物を植えたり、馬羊牛などを飼えば、自給自足ができるので、あくせくしないで、働くことも生活できる範囲でしかしていないのできわめてのんびりしているそうだ。保険や生活保護などないに等しいらしいが、「何とかなる」のは羨ましく思った。
 ただ、成田からパラグアイは米国・伯剌西爾の2か国をトランジットして実飛行時間26時間、待ち合わせ時間10時間で合計36時間もかかる。パラグアイなど南米へのツアーは往復だけで5日間もかかるので、2週間以上を観ておかないと行っても価値が無いというようなことだ。

佐原を歩いてきた

2015 年 12 月 26 日 土曜日

 はやいもので、もう1週間もしないうちに2016年を迎える。朝ドラも今日の放送で前半を終了し次回は1月4日からとなる。いまて天気予報で126時間4分すると今年が終わってしまうそうだ。
 午前中に正月から春先にかけ咲く花を買いにホームセンターに行ったが売れ筋のハボタン、パンジー、ヴィオラは高値で安定していた。別の花店に後日伺うことにして、午後はあったかかったので少し近郊をドライブ。『北総の小江戸』と呼ばれている江戸情緒溢れる佐原に向かう。「江戸情緒あふれる水郷の町を歩く」に決めて車を1時間ばかり走らせた。佐原市役所に車を留めさせて貰い、結果的に約12Km弱を歩いてきた。20分ほど歩いて旧い町並みに午後2時に到着。まずは遅い昼食をガイドブックに記載してあるとおり創業天明2年の蕎麦屋「小堀屋本店」で黒切りそばを戴く。日高昆布を練りこんでありそばは真っ黒だが、もともと更科そばに昆布を混ぜてあるようで味は上質と感じた。隣の本屋さん「正文堂書店」の前には赤い郵便ポスト。そばを食べていよいよ旧い町並みをゆっくりと散策。まずは水郷の町らしく、小野川には観光船も走っていた。当地は伊能忠敬の町であり、さまざまな場所にゆかりのものや像が配置してある。三菱銀行の洋館も今は支店統合でこの場所は佐原の情報センター的な役割を果たしており、館内でDachs飼主は、お茶を振舞われた。町並みを外れると八坂神社、浄土宗法界寺、天台宗荘厳寺、諏訪神社、その先でまたも伊能忠敬像に出会った後、佐原駅に到着。暗くなってきたので先ほど自宅に到着。

タイル接着

2015 年 12 月 25 日 金曜日

タイルが剥がれてきたのでメンテした

 玄関アプローチに貼ってあるタイルが4,5片剥がれており気になっていた。築30年も経つと、そこかしこが痛んでくる。一戸建ては月々の管理料は要らないが、10年ペースで外壁や屋根の塗装、庭の手入れは必須である。
 ホームセンターでタイル用ボンドと目地材とイル目地削りを買ってきた。ボンドと目地材は合計600円強であったが。目地削り用ナイフは1000円もした。剥がれたタイルの接着には、砂利の入っていないモルタルか漆喰かコーキング剤を使うが、今回はコーキング剤として外装用タイル接着剤セメダインを使って接着部分の削り・水洗い・ボンド付け、目地材埋め込み、乾燥までを行った。素人DIYだが、工務店に頼むと綺麗に仕上がるだろうが、工賃出張費だけでも多分最低1万円はかかるだろう。

Xマスは24日

2015 年 12 月 24 日 木曜日

 昨夜夜更けから雨が降りだしたが雪にはならなかった。暖冬のクリスマスイブである。気持ちが良いので朝早くからラミウリと2時間強ばかり、近所をぶらぶらと歩いてきた。我が街も30年前は野っぱらと空き地ばかりで、ウサギやイナゴが昼間から飛び交うようなど田舎であったが、このところ、大型物流センター、大手計算センターもでき、お店も幾何級数的に増え続け、便利になった。都心までの公営交通運賃が高いことを除けば、東洋経済の『住みよさランキング2015』で4年連続で我が街がとトップに君臨している。物価も安く、高齢者も住みやすい街になっている。

やはりチーズケーキはこれ!

 今夜はイブなので、七面鳥は手に入らなかったのでローストチキンをツレアイと自宅で作って食べた。日本では25日がクリスマス、24日はイブと呼ばれているが、海外では24日の夜から25日かけてクリスマスを楽しむことが一般的だ。海外ではキリスト誕生を祝う行事の一つであるが、日本では単純にクリスマスという日を楽しむだけのイベントになっている。ケーキも食べないようで、ましてKFCを食べようとも思わないそうだ。今夜娘が「ルタオのチーズけーくドゥーブルフロマージュ」を家族で食べた。ルタオの好きだった愛子婆さんはもういない。

ゆず風呂

2015 年 12 月 23 日 水曜日

 昨日の暖かさから一変、今日は一日中寒かった。久しぶりに冬を感じた。
 今年はエルニーニョの影響で暖冬と言われている。ニュースに拠ると、世界の平均気温も去年今年と2年連続で高くなっているとのこと。平均気温とは地上1mの高さで測った1時間おきの気温の平均だそうだ。その平均気温が1891年から今までで去年と今年が過去最高ということだ。しかし、戦前までは地面の舗装はほとんど行われておらず、当然、現在のコンクリートジャングルの熱放射現象が平均気温を上げているのだろう。平均気温は田舎で家の周りは土や池のところで測ったほうが実際の比較に近いと思う。
 今日はジムに行ってサウナや水風呂に入ったが、帰ってくると、ご近所さんにゆずをたくさん貰ったので、ツレアイはゆずジャムを造っていた。そのうち生ゆず5個ほどをとって、今夜ゆず風呂にした。本当は昨日の冬至にゆず風呂に入るべしであったが、一日遅れた。

虚人の星と広岡浅子

2015 年 12 月 22 日 火曜日

星新一と松平首相の一人称小説

 日曜日に図書館予約していた本が2冊手元に届いた。島田雅彦著『虚人の星』と長尾剛著『広岡浅子気高き生涯』である。月曜と火曜日をかけて、2冊読み切った。虚人の星は知人より紹介された先ごろ発売されたばかりの新刊。日本と世界の外交などについて首相とスパイの二人が一人称形式で話が展開していく。最後は少し物足りなさを感じたが、「池上彰」のそーだったのかを彷彿とさせた。日中韓問題は米国・ロシア・アジア諸国と上手に協調外交しなければならない。
 もう一冊は「アサが来た」主人公のモデルとなった歴史記述。広岡浅子を主人公にした古川智映子著「小説土佐堀川」も既に図書館に予約している。
 いつごろか毎朝朝ドラを楽しみに観てしまっている。半年はすぐに終わってしまう。