HomePageに飛ぶ愛犬Pageに飛ぶ旅行Pageに飛ぶ散歩Pageに飛ぶdachs飼主Pageに飛ぶ趣味Pageに飛ぶ顧客対応Pageに飛ぶ予備Pageに飛ぶ

2015 年 2 月 のアーカイブ

松山高松旅アップ

2015 年 2 月 28 日 土曜日

腹に響く良い振動が快かった

 暖かい一日だった。午前中は昨日までの北四国旅で撮った写真約500枚を1日目39枚、2日目66枚、3日目93枚、最終日36枚の合計234枚に整理半減させた。急ぎ表紙初日道後2日目松山3日目小豆島まで概要を作った。最終日は未着手だが明日午後には作成する予定だ。写真は初日のホテルでのイベント「松山水軍太鼓」の風景。1年前に図書館で予約した「村上水軍の娘」がやっと準備できたそうなので明日受け取りに入ってくる。
 午後は、久しぶりにジムでランニングとサウナ。4日走らないと、疲労度が相当違う。

小豆島グッバイ

2015 年 2 月 27 日 金曜日

 昨日終日降った雨から一転、今朝は抜けるように良いお天気になっていた。ただ風が強い所為か、体感温度は寒い。朝風呂は、強い風を頬に感じながら露天風呂に入って、晴れた海と沖行く連絡船を眺めることができた。内風呂でさらに暖まってから7時から朝食。ロビーで小豆島のお土産を買った後、チェックアウト。昨日は午後3時間弱で島を65Kmドライブしたそうだ。ガソリンを満タンにしなかったのでキロあたり13円のガソリン代を払った。9時発の定期送迎バスで土庄港へ行き、9時25分の高松港行フェリーで1時間弱揺られた。10時53分発の高松空港行きリムジンバスで空港に到着。空港ではうどん県名物讃岐饂飩「生醤油うどん2玉」に掻揚をオプションで付けて貰い昼食とした。飛行機で成田、そこからJRで最寄り駅の「木下」で降りて駅前駐車場に停めおいたマイカーに乗り換え。駅前だがローカル駅なので、駐車料金は1日最大200円。4日間停めても僅か税込800円。帰りに愛犬を引き連れて無事帰還できた。今回旅は天候も悪く期待した景色は見れず残念だったが、温泉(道後・小豆島)とグルメは結構いけた。

小豆島ドライブ

2015 年 2 月 26 日 木曜日

オイルフォンデュの牛肉・タコ、カニ、椎茸などが新鮮で美味かった

 朝から雨。予報では高松や小豆島も終日雨らしい。傘を差しながらスーツケースなどを引きづりながら肩にはリュックサックを背負ってホテルの近くの大街道バス停に向かった。08:04発坊ちゃんエクスプレス(高速リムジンバス)に乗車し、松山から高松駅まで高速道路をひた走る。予定到着時刻は10:28でちょっとせからしいが10:40発のフェリーに乗ろうと思っていた。とこが、雨の所為か15分ほど遅れてフェリーの出発時間には間に合わなかった。この後は11時35分まで小豆島行は来ない。やむなくフェリーターミナルへの途次、讃岐饂飩の店で「生醤油うどん」を食べてちょっと早い昼食とした。
 11時35分の土庄港行きのフェリーに1時間揺られ雨降る小豆島にやっと到着できた。今夜宿泊予定の「ホテルグリーンプラザ小豆島」に電話を入れ、土庄港観光センタ-まで迎えに来てもらった。ホテルに荷物を預け、レンタカーで雨降る中、島内のミニミニ観光に出かけた。車種はホンダのフィット。最初の目的地エンジェルロード。引き潮時には島への砂浜の道があらわれて、徒歩で島まで行けるようになっていた。今日は干潮が11時17分、午後2時まではエンジェルロードが見える13時40分とのこと、ぎりぎりで間に合った。雨で中山の千枚田はパスして、次に行ったのは寒霞渓。秋はモミジの渓谷がとても美しく見えるとのことで楽しみにしていたが、ロープウェイ入口、標高は300メートル近いところで深い霧か靄がかかって、職員に頂上の様子を聞いてもらうとかなり視界が悪いとのこと。せっかく小豆島までロープウェイから寒霞渓を見たかったのに誠に残念だった。あとはマルキン醤油記念館、二十四の瞳映画村を見てホテルに戻って来たのは午後5時。
 小豆島温泉にゆっくり浸かった。ジャグジー風呂も珍しかったが、露天風呂から見える遠くの島々や眼下に広がる海を見ながら小雨の中を頭に手拭いを乗せて露天風呂に浸かるのもまた愉しからずや。
 午後7時から夕食。四国最後の夕食は鯛の刺身、素麺、ふぐちり、鰈の煮つけ、に加え魚介牛肉野菜のオイルフォンヂュほかいろいろ豪華な食事で満腹した。明日はただ帰るだけの予定になっている。

松山観光

2015 年 2 月 25 日 水曜日

日帰り銭湯だが文化財で多分松山一著名だろう

 今日も良いお天気。起床後早めに朝食を取って、ホテルの湯駕籠にタオルを入れて、湯足袋を履いて旅館から直ぐ近くの道後温泉本館に行ってきた。泉質は同じ道後なのだが、やはり著名な日帰り銭湯なので魅力がある。今回は「神の湯」と「霊の湯」への入浴と、皇室専用の浴殿「又新殿」の見学もできた。
 お風呂上がりには紅白梅が散り際の道後公園を歩いた。展望台からは遠く石鎚山らしき山々も見渡せた。
 ホテルに戻ってわが手荷物を持って、市電で勝山町交差点近くの今夜宿泊の「東横イン松山一番町」に正午過ぎに入り、荷物を預け、松山城に向かった。午後になって曇りがちとなり、残念ながら、松山城に上がっても遠くは望めなかった。加藤公で有名な松山城は工事中の城郭や門も多かったが、それなりに勇壮で立派だった。早生の河津さくらだったがきれいに桜も咲いていた。
 遅くなったが2時前に松山市駅そばの手打ちうどん店「やまとなでしこ」でじゃこ天うどんを食べた。朝のホテルバイキングが質が高かったので食べ過ぎてしまいお昼は遅くても良かった。
 夕方になり、四国八十八か所第51番札所「石手寺」と同50番札所の「繁多寺」にお詣りして御朱印をいただいてきた。
 夕食は大街道通り沿いの鯛そうめんで著名な居酒屋「五志喜(ごしき)」。鯛のあら煮、じゃこカツ、新鮮刺身、鯛めしその他当地特産の料理をビールや麦焼酎お湯割りとともにおいしく堪能できた。とくに宇和島料理のこんにゃくを麺にアレンジした「ふくめん」が珍しかった。
 朝の時点では今日の予定は無目的だったが、結果的に観光もグルメも堪能できた。本日万歩計は25000歩をオーバーした。

道後温泉に到着

2015 年 2 月 24 日 火曜日

 昨日の春一番と比べると、今朝は結構冷え込んだ。成田空港出発は12時半を過ぎた便なので、今日はゆっくりしている。10時に自宅を出発、ペットホテルにラミウリを預けて最寄りのJR木下駅11:07発に乗って、成田空港には、離陸40分前に到着。checkin後、駅弁「石垣牛焼き肉弁当」を購入し、飛行機の中で所謂空弁昼食にした。LCCのジェットスターに乗ったのでもちろんお茶が出ないので我が家から水筒を持ってきて飲んだ。ちなみにLCCではお茶は飲めるが、お酒は持ち込んで飲めず、購入しなければならない。
 2時15分に松山空港に到着し、空港リムジンバスにて道後温泉まで向かった。距離的には10数キロしかないのだが交通信号がやたら多く1時間近くかかった。温泉街を歩いたり、湯神社に詣でたり、ぶらぶらと温泉近辺を散策した。午後4時に今夜の宿「ホテル椿館本館」にチェックイン。途中ローソンで買ってきた道後地ビール「マドンナビールアルトタイプ」を早速飲んだ。コクがあって美味い。
 2階の大浴場で温泉に浸かる。道後の名前は有名だが、残念ながらdachs飼主には泉質の特徴として目新しい記憶に残るものではなかった。
 お風呂から上がって、午後7時15分から7階「亀の間」で夕食。天麩羅はなかったが、鍋2種、刺身などなどお腹がいっぱいになった。山海の珍しい小料理などが散りばめられて舌も満足できた。
 午後9時から約30分、ロビーで松山水軍太鼓の大迫力の演奏を聴けた。8名ほどの打ち手が大小の太鼓を力強く打ってお腹にまでズーンと響く感銘と刺激を受けた。今夜は気持ちよく眠れそうだ。香り華やぐ恵比寿ビール赤も寝る前に飲むとまた旨い。つまみは江崎グリコのチーザ。
 

鹿児島特産品

2015 年 2 月 23 日 月曜日

 今日は暖かかった。神奈川と千葉には南風が吹春一番が吹いたのだが残念ながら東京には吹かなかったので関東の春一番はお預けになった。西日本は昨日春一番を観測したそうだ。朝方までと夕方はにわか豪雨が襲ったがそれ以外は陽射しも出て温度も18℃前後を記録する3月下旬の暖かさ。1時から時間のテニスタイムだけは、汗がにじむほどで気持ち良かった。最近サーブが安定してきたように思う。
 坐禅写経の仲間A氏が鹿児島に行かれている。そのA氏から今朝宅配便が送られてきた。芋焼酎・お漬物・調味料・などなど美味しそうな県特産品がいっぱい詰まっていた。もう一人の仲間に半分おすそ分けをして、A氏のご厚意をともに味わいたい。焼酎は芋の『田苑』。もちろん、読み方は「でんえん」です。

坐禅写経半日研修

2015 年 2 月 22 日 日曜日

1回25分を4回座った

 朝8時から1時間半テニスレッスンを受け、その足でスポーツジムでランニング&サウナ。午前中の体の鍛錬後は昼食で一時帰宅。食後は1時からの半日研修に東祥寺さんで坐禅と写経に伺う。25分間の坐禅を4回、これに1時間半の写経を入れて約5時間弱を座る・毛筆書道で心の修養をさせて貰った。研修では堂内清掃体験をしたり、ご住職の法話もお聞きでき有意義だった。普段は15分を2回座るのだが、来月からは20分座らせてほしいとご住職にお願いしておいた。また、警策も毎回売って貰えるようにした。

お墓のはなし

2015 年 2 月 21 日 土曜日

 昨夜は「へそまがり老人会」の月例飲み会で約3時間お酒を酌み交わした。老人の集まりなので、最初に話すのは体調や医療の話で、その後は「墓や霊園」の話題。田舎の墓から自分の家の墓を関東に作るかが、1時間以上酒の話題になった。墓は子孫に来て貰えないと意味が無い。つまみは焼き鳥・ごぼうの唐揚げ、レバーにんにく炒めだけで最後まで愉しく飲まさせてもらった。翌日の今朝もすっきりと起きることができ、朝からちょっとお腹は緩かったが用便後はとても快調だった。
 今日はジムで走ったくらいで、それ以外は終日家に居た。明日は午後1時~6時まで坐禅写経の会で半日研修があるので、参禅予定。

へそ曲がり老人倶楽部

2015 年 2 月 20 日 金曜日

 昨日は雨水。雨水とは、雪が雨水に変わる候を指し、雪が溶け始めるころとなる。もうすぐ、春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始めるだろう。午後のテニスは晴れたり曇ったりにわか雨だったりと2時間の間に天候がクルクルと変わりコンディションはもう一つであった。
 今夜は月例の「へそまがり老人クラブ」の飲み会。へそまがり老人会は構成員は現在3名で活動は月例の「焼き鳥屋で飲む」ことのみ。会員規則も入会金も会費も存在しない。ただ、安い酒好きの飲んべぇが近所でたまたま飲もうと決めているだけだ。午後5時半開始なのでぼちぼち準備をしよう。飲み代は割り勘なので今日は4000円ほど持って行くことにする。
 WPをV4.1.1に更新した。

みかんの白いすじ

2015 年 2 月 19 日 木曜日

 近所のスーパー『ヤオコー』で熊本県産の陽当たりみかん3Lを一箱買ってきた。30個ほどしか入っていない小箱だったが、大きな蜜柑で甘かった。先日ある番組でやっていた蜜柑の皮の内側にある白いスジが栄養価が高いというのでなるべく取り除かず、みかんの袋と一緒に食べてみた。白いスジ(アルベド)にはビタミンP(効能は、毛細血管の強化や血流の改善、抗アレルギー作用、コレステロール値の改善などなど)が豊富なほか、食物繊維も豊富なため、腸内環境を整えるという働きも期待できるそうだ。
 昨日一昨日と違い今日は陽射しもあってあったかかった。ラケットの振動止めが外れやすくなっていたので一段下にセットしてプレーしたら、しっかり役目を果たしてくれた。ついでにグリップも張り替えた。