dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年10月1日日曜日 曇り PM9時44分投稿 

秋のバーベキュー

 お酒と焼肉とおしゃべりなどで楽しいバーべキューパーティでした。

 朝からいいお天気。8時から昨日に続き朝のテニスレッスンを受けてジム通い。すっきりした後で、隣町のBBQ会場かふぇ「あんぶらーて」に行った。dachs飼主は参加しなかったが7名のお友達が隣町白井市で午前中に行われた梨マラソンで完走してきた(そのうち1名が10Kmマラソンで優勝)。それを祝って11人でバーベキューパーティを開催。午後1時から5時までたっぷり食べ飲んだ。珍しい安納芋の焼酎も飲ませて貰い、おまけに帰るとき一瓶戴いてきた。

2017年6月23日金曜日 晴のち曇 PM7時50分投稿 

6月酷暑

 今日は、暑かった。今日に限って午前の時間帯が全く取れず、午後1時からのテニスとなったが一番温度が高くなる時間帯。風がだいぶあったので、日除けパラソルも使えない。参加メンバーも9人だったので、2時間全く休めない人も3,4人は発生した。スポーツドリンクを一杯飲んだ。機能に続き、今日も相当にヘバッタ。
 印西市が東洋経済が全国住みよさランキング全国住みよさランキングで一位になったことは3日ほど前のブログで書いたが、印西市の状況がまとめて載っているウェブNAVER記事を発見した。細かく、10ページほどに纏めて書かれている。印西市の現況を知るには手っ取り早い。
 https://matome.naver.jp/odai/2142853994982809601?&page=1

2017年6月20日火曜日 晴のち曇 PM1時37分投稿 

Googleマップ

 昨日はLINEのトラブルで右往左往したので、HPの詳細更新が滞ったままになっている。LINEのトラブルの原因は、スマホのアプリになんらかのごみが入り込んだために着信通知が滞っていたものと思われる。LINEをむやみやたらに終了(異常)したり、スマホ電源オフで、ごみが溜まったようだ。端末やアプリの設定を再度設定しても変わらなかったので、LINEアプリのキャッシュを削除したら、問題なく着信通知が表示鳴動されるようになった。

中継地や到着時刻出立時刻など細かい情報がアプリに大量に残っていた

 今朝からは、長野で戴いてきたご朱印(岩松院と善光寺山門)をdachs飼主のご朱印帖に貼り付けておいた。また、群馬長野甲府の3日間の歩数とドライブルートを草津蓼科山梨ドライブに付加しておいた。今回初めてスマホを持って旅に出て、帰宅後Googleマップのタイムラインをアクセスすると日にちごとにルートの詳細が表示できることを発見した。マップやGPSはあまり気にしていなかったが、旅の記録を付加するのに、とっても利用効果が高い。ついでに活動量計で日々の歩数やカロリーが出るので歩数もアップしておいた。東洋経済が毎年発表している住みよさランキングで今年も我が町が6年連続日本一となった。鉄道料金も全国ベスト3の高さと思うが、印西市を知ってもらうだけでもありがたいことだ。

2017年5月26日金曜日 曇り PM9時38分投稿 

記者会見に参加

 午後3時から我が町の市長定例記者会見に記者として参加した。読売毎日産経朝日及びその傍系や地元紙誌やケーブルTV局も来ていて賑やかであった。主催者側は市長・副市長・総務部長・広報広聴課長などが参列して始まった。定例議会が始まる前にこの先2か月ほどの予定を中心に施政方針を説明してくれた。もちろん、過去数か月分の実績や問題提起や改善目標なども話していた。会見の趣旨は7項目ほどあったが、dachs飼主はそのうち、3点ほど選んで記事執筆目標にした。
 会見終了後、広報担当の女性にお願いし、取材対象の担当部署を聞いて、月曜日火曜日に伺うことを約束するとともに、私が取材に伺うことを広報より一報いただけるようお願いしておいた。
 来週は前半取材、後半は記事造りに励む予定だ。ケースによって、話の中身も、誰に話を聞くかも、すべて違うが、要はなるべく丹念に関係者の話を聞いたり、必要な資料を遠慮なく要求して、読者の立場からありのままの事実を伝えることを常に意識して、取材、執筆するのがベター、ベストだと思う。とはいっても、あまり肩に力を入れることなく、平常心で臨むのが自然で良いのかも・・・。dachs飼主は新しい経験に、そこそこ悩んでいます

2017年5月11日木曜日 曇り PM7時46分投稿 

さつきが咲き始めた

つつじと皐月は似ているが皐月のほうが遅咲きです

 午前中に予約していた本が届いたとメール連絡を受けたので、いつもは自転車だが、本日は公園の緑道を散策しながら図書館に向った。公園ではつつじが終わりかけ、今は時期通り、さつきが真っ盛りである。近所の公園では、花や緑が真っ盛りで、まさに薫風香うベストシーズンだ。今が一年で一番花や緑が美しい季節と思う。蛙も泣き始めた。
 今日は昨日と打って変わって真夏日に迫る高温になり、公園を歩いていても半袖でも汗が湧いてくる。調整池では蛙も泣き始めた。

つつじ、皐月、石楠花の違い
 つつじは開花時期が3~5月(春咲き花)なのに対し、皐月(さつきつつじ)は開花時期が5~7月(初夏咲き花)、シャクナゲは4~6月が開花時期。
 つつじは葉や幹に照りがなく、毛が密集している。小枝や葉に粘り気がある。さつきは、葉の表面に照りがあり、花は肉厚で小枝が多い。石楠花は、葉の表面に照りがあり、裏には薄毛が密集している。
 簡単に言うと、葉や花が大きくて春に咲くのがつつじ、つつじが咲き終わって遅咲きで小枝が多いのが皐月です。石楠花は、花が大きく枝頂部に球状に纏まって咲く。つつじは全部の花が一斉に咲くが、皐月は1週間くらいかけて徐々に咲いて行くらしい。

2017年4月22日土曜日 曇のち雨 PM5時18分投稿 

家も高齢化

 1985年3月31日にこの地に引っ越してから既に32年と22日(11710日)になる。この数字は思い出の日時をエクセルで記録しているのでその日から今日までの期間がエクセルで表示される。ちなみに、dachs飼主の誕生日から69年10か月と1日、日数にして25508日が経過している。

勤務地まで1時間で通えるのでURと西武建設で決めた

 30年前に購入した時は土地は254平米あったが、金融公庫の優遇住宅ローン5.5%を借りるためには制限ぎりぎり建坪を109平米にせざるを得なかった。後に少し建て増したが、高齢者世帯にはまずまずの広さである。
 30年以上も経って、この住宅地も高齢化したり、老人ホームに転居したりして、その後新しい住人に変わることが増えてきた。お隣さんも現在、住居を壊している最中である。壊した後は新しい方が住む新居ができるとのこと。築30年も経ると、やはり、一戸建ては住み替えたくなるのが人情。壊したり建てるのにも当然余分なお金がかかるが、やはり自分の家として建てて暮らしたくなる。

2017年4月10日月曜日 曇り PM7時36分投稿 

鳴子温泉郷

 昨日からうってかわったように、好天気。予定では朝8時前に出発し、松島仙台方面に向かい旧友に逢う予定であったが、少々省略をしたものの、昨日実行したので、今日は明日の予定である「鳴子温泉郷」探訪ドライブを愉しんできた。朝風呂と朝食を済ませた後、9時に宿を出て、まず最初に向ったのは鳴子峡。ここに限らず、こちら方面の観光地は11月中旬から翌年4月中旬までは越冬期で観光施設も休業中が多い。鳴子峡も同じで、駐車場も紐で閉鎖されており、遊歩道も閉門されていたので外から見える部分のみを写真撮影できたのみとなった。
 次に向ったのは鳴子温泉駅近くを散策した。まず向かったのは温泉神社。鳴子温泉の”ゆのかみ”さんであろう。ここから鳴子温泉駅まではこけしを売るお店が並んでいる。こけしのマンホールもたくさんあった。駅前には例のごとく「足湯」があったが、珍しい「手湯」もあった。寒い土地なので、湯温は思いのほか高かった。
そこから「潟沼」に向った。それほど期待はしていなかったが、天気も良いのも幸いし、素晴らしい青系の湖面を眺めることができた。酸性湖で魚が住めないのも湖面を綺麗にしている因かもしれぬ。

感動的に美しい酸性湖だった

 その後は山頂鳴海公園にある「日本こけし館」で様々な東北地方のこけしやその製作実演を興味深く見てきた。隣には皇太明神社があり、参拝した。ここにもご神殿にこけしがまつられていた。
 お昼を廻っていたが、昼食は後にして、山形県最上郡の堺田駅前にある珍しい「堺田分水嶺」を見学。川がこの地で日本海側と太平洋側に100Kmを超える長い旅に向かうスタート地点で分水嶺と呼ばれている。平地に分水嶺があるのはとても珍しいらしい。近くに芭蕉が「蚤虱馬の尿するまくらもと」を詠んで2泊したといわれる「封人の家」を見学。dachs飼主が山形県に来たのは初めてである。
 その後遅い昼食を「あ・ら・伊達な道の駅」でランチをお腹いっぱい食べた。
 満腹後は、鬼首温泉の名物「間欠泉」を観に行く。途中、鳴子ダムがあったが、4月下旬までは閉門されていたので、道路上からのみ撮った。ここは緑系の湖面であった。
 残念ながら、間欠泉に着ついたときは閉門中・・・。ここは午後3時に営業終了するとのこと(4月下旬からは4時までらしい)
 しょうがないので、旅館に戻り、近くの日帰り入浴場「しんとろの湯」に行ってきた。ここのお湯は素晴らしく、肌に絡みつくような温泉で、触ると「ウナギの肌」のようにぬめぬめしている。10年以上前に何度か行った南あわじ温泉の湯質によく似ていた。いい湯でした。本日は100キロ走った
 明日は午後からまた雨の予報。どこに行こうか?

2017年4月2日日曜日 晴のち曇 PM4時23分投稿 

ウリエル追悼暦

 朝は晴れていたが午後からははっきりしない曇天となった。しかし、漸く今日から暖かくなってくれそうだ。桜も今週中には満開になってくれると思う。

やすらかに

当月はウリエル追悼ページになった

 2日遅れたが、3月の愛犬暦を作成した。これがウリエルの最後の暦となるので、毎月書いている日々の記録をオールカットしてウリエルの写真一本に絞った。誕生から1か月、3か月、1歳、5歳と10歳の写真を並べながら、可愛い愛娘の13年半を写真で追った。
 昭和60年(1985年)3月31日にこの街千葉ニュータウンに引っ越してきた。学校を卒業して今世間をにぎわしている東芝の電算機事業部に入ったのが22歳の時なのでそれ以来関東地区(横浜磯子・川崎百合丘・足立区西新井・江東区砂町・千葉印西)に住んでいるが関西弁はどうしても抜けない。我が街千葉ニュータウンにきてからでもはや32年にもなる。それでも関東地区、特に東京は銀座新橋の飲み屋街以外は家と会社の往復のみで何処にナニがあるかいまだにわからない。オモテサンドー・キチジョウジ・ニコタマという言葉はよく聞くが左の耳から右の耳へ通り抜けてしまう。
 こちらに越して55歳でリタイヤしてからは、15年マイカーで関東近辺を中心に土地勘は掴みかけているが、東京は見どころ食べどころが多くて殆どわからない。

2017年3月9日木曜日 晴時々曇 AM10時57分投稿 

初島記録整理完了

きっかけは丼ぶり合戦で海鮮丼を食べたかった

 午前中、週初めに行ってきた熱海初島のアルバムを整理して、熱海初島遊覧としてホームページアップできた。運悪く、初日だけ晴で初島は気持ち良い旅であった。初島に行こうと思ったきっかけは、新聞広告に「初島丼合戦」というのが3月12日まで開催されているというので、行く気になれたので、所期の目的は果たせた。良い天気で遊覧船も気持ちよく、富士山も見えたし、島の様子も一周してよくわかった。
 しかし、あとの2,3日目は天候が悪かったので、消化不良のドライブに終始したのが残念でした。電車で熱海に行ってたら、もっと悲惨な温泉旅であったかもしれない。

桃始笑
 3月10日~3月14日は啓蟄節次候で桃始笑(ももはじめてさく)。桃のつぼみがほころび、花が咲き始める頃となりました。桃の花は、梅と桜の間をぬうようにして咲き出します。春に先がけて咲く梅、闌(たけなわ)の春に開く桃、過ぎゆく春とともに散る桜。どれも同じくバラ科に属する木の花ですが、それぞれに異なった味わいを持っています。

2017年2月7日火曜日 晴のち曇 PM6時07分投稿 

のど自慢

 今日も風が異常に強い。絶対起こって欲しくはないが、大災害が今春起こりそうな悪い予感が頭を過ぎった。明後日は関東にも雪の予報が出ている・・・。犬の散歩もこう風がすさまじいといけないので、庭で小用・大用だけさせた。犬は大小を一緒にすることが無い良いマナーの持ち主だ。先日飲み会で、猫、犬や外国人は大小を同時にしないが、日本人は平気で大をするときに小もしようと思うらしい・・・。ホントカナ

NHKが印西市で開催され、仲間が予選に出場

 1昨日の日曜日、「NHKのど自慢」が生中継で放映された。今回は市制施行20周年記念事業の一環として市が後援して開催された。会場はいつもテニスをしている印西市松山下公園総合体育館。
 dachs飼主のテニス仲間のY奥様も応募されたということで昨日の月曜テニスの時にお話を伺った。12月中旬までに観覧者と出場者の募集が行われた。状況をお聞きしてみると1000組の応募があり、うち250組が予選出場と決まり、Y奥様も出場が決まって本選前日の2月4日正午前から予選が開かれた。予選の選抜基準は書類審査と歌唱審査だが、歌の審査は僅か最大1分間で、それでも発表されたのは午後8時近くになった。残念ながらY奥様はこの時点で予選落ち・・・。
 この話にはまだ続きがあって、午後8時からリハーサルがありその終了時間が午前2時頃になるという。遠くから来ている人は帰れなくなるということで2名の辞退者が出たらしい。期待していたがY奥様は補欠にも漏れたそうだ。予選出場者が貰えたのは、出場した時の写真だけ。ほぼ終日の長い待ち時間の食事や茶菓はNHK「ふれあい隊」と称する業者がグッズ含めて販売していたらしい。それ以降はY奥様も立ち会っていなかったが、午前2時に終了した本選出場者は、翌本番の日には午前7時半に集合し、リハーサルを行ったという。主催のNHKも事前準備事後の後片付けも含めご苦労様だが、出場者や予選メンバーの方々も大変な苦労をしているのだなと感じた。日曜日ビデオまで撮って観たが、出場者は市内の人だけでなく、市外の人も多く入っており、市の関係者も割合多かったのが少し気にはなった。

25 pages