dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年10月13日金曜日 雨 PM8時40分投稿 

団参研修最終日

緑の木々も眼にやさしい

 6時30分過ぎに朝風呂に入った。昨夜10時半までは女風呂で入れなかった若草風呂だ。湯の色は若草色で美人の湯と謂われて居るそうだが、高齢者にはほぼ関係ない。8時から朝食タイム。和食オンリーであったが、米は上田市産のこしひかり「ホタル」。焼き海苔も山本の上級レベルなど海老もサラダも鍋も付いた豪華版。スマホは充電中でカメラは持参し忘れたので豪華な朝ごはんは残念ながら撮れなかった。
 定刻9時半に雨降る中を出発。10時に上田城に行ったが強雨のためボランティアガイドさんによる城址散策を中止にして真田丸特別展を見てきた。昨年テレビを観た補足資料として参考になった。
 10時50分にバスは出発。坂城町の「新田醸造」というお味噌屋さん(信州味噌蔵)で1年超醸造の味噌汁を飲ませてもらったが美味しかったので味噌調味のお土産数点を買って帰った。
 雨なので、次の目的地も道の駅「上田道と川の駅」。ここでも欲しい松茸や林檎、地元野菜、信州味噌など色々と買う気をそそる品々が有った。

鯉や鮎を食べ冷や酒を飲んだ

 12時に道の駅を出て、昼食は鯉のアライ。お店は「鯉西」。鯉のアライをはじめ、鯉こく、唐揚げ、稚鮎天麩羅などなど川魚料理と地酒オリジナル冷の「鯉西」が雨で鬱陶しかった心地を一新させた。旨かった。ほかの仲間は今夜お寺到着後帰りの運転がありあまりお酒を飲まれなかったが最後にdachs飼主だけが気持ちよく酔えた。

 13時半にお店を出ると雨は小康状態になった。次は最終見学地小諸懐古園。前にも行ったことがある園だが1時間ほど散策してきた。紅葉しかけと石垣と青葉の緑がとても感動的だった。御朱印は昨日の3寺に加えて懐古神社と鹿嶋神社の2神社を戴いた。ただ、鹿島神社は日付も入ってなく、御朱印料も並の300円ではなく500円を賽銭箱に喜捨するシステムだった。

夕食に食べた

 午後3時、懐古園を出発して小諸ICから上信越道に入る。また雨が沢山降り出してきた。横川SAで家族用に軽井沢チーズケーキ名物と今夕用の峠の釜めしを調達してきた。ケーキの保冷剤は4時間が限度なので、今からは一路帰宅へバスは奔る(筈)。藤岡JCTで上信越道に入り17時10分三芳PAでトイレ休憩。17時30分大泉JCTで外環道に入り常磐道柏ICから千葉ニュータウン中央駅前で19:50降ろして貰い、ツレアイの車で無事帰宅。昨日初日の写真は228枚、今日の写真は149枚、別所温泉写真は合計377枚となったが、そのうち何枚がアップできるか?

2017年10月12日木曜日  PM8時36分投稿 

檀参研修初日

 5時10分に駅南口ロータリーに到着。幹事より電話あり、先程お寺を10分遅れで出発したとのこと。5時25分にバスに乗り込み、西白井駅でご婦人二人を乗せて5時50分にバスは出発。運転手・添乗員・バスガイドのほか、坐禅仲間10名、檀家さんとお寺から参加者含め6名の合計19名。

宴会にもカラオケにも使える

 持参してきたものは着替え、スマホ・カメラ・各充電器と納経帳と財布くらいの軽装で参上。ビールやコーヒー、お茶などはバスがサロン化しているので常備されている。
 三郷南6時45分通過。外環道で多少渋滞があったものの7時20分に大泉JCT関越道に合流出来た。三好SA7時30分着。ここで体の水分を全て排出しておき、SA発車後まず缶ビールを飲んだ。これからはバスガイドさんがビールサーバーより注いでくれるビールジョッキから始まる。おつまみは仲間持ち寄りで皆でいただく。
 関越道を鶴ケ島JCTで圏央道に乗り換え、さらに八王子JCTで8時30分に中央道に入った。この周辺にdachs飼主が以前から行ってみたいと思っている高尾山があるそうだ。その後、10時30分に岡谷JCTで長野道に入り、塩尻辺りで小雨がぽつぽつと落ちてきた。松本ICには10時45分に到着。松本城を11時から1時間半散策。過去何度もこの城には来ているが、天守には一度も登ってはいない。幹事より今は割合空いているとのことで、思い切って登ってみた。そうはいっても階段が狭く急角度のため想像以上の渋滞であった。城内の松本市博物館を観てもまだまだ時間に余裕があったので、ナワテ通り商店街まで脚を伸ばした。帰りに韃靼蕎麦茶を自分用に買ってきた。

松本の蕎麦名店 50年前にもここに来た

 13時前に信州手打ち蕎麦の銘店「こばやし」でそば会席で昼食になった。この店はdachs飼主が学生時代に信州旅をした際に寄ったお店でやはり美味かった。会席で虹鱒、おやき、そばの実、アミタケ、そば水羊羹等とビールが出され、最後に名物のざる蕎麦が出た。昔感動したのと多分同じ味だった。来て良かった。

しっかりとしたつくりであった

 1時間ほどで食事を終わって上田市に向かう。全体的に盆地の街で、塩田平と呼ばれている。今夜の宿は別所温泉『旅館花屋』。旅館花屋でトイレだけ貸して貰い、目的の「北向観音」、曹洞宗「安楽寺」、天台宗「常楽寺」を回遊参拝しながら散策した。あいにく小雨のけぶる中、傘を差しながらであったが1時間ほど歩いた。

18名の皆さんと夕食を兼ねた宴会は盛り上がった

 温泉で体の汚れをとって、午後6時半から宴会。期待していた松茸が出ずに至極残念無念だったが、宴会料理自体は遜色の無いレベルの高い料理であった。ビールと燗酒で2時間強盛り上がり、今部屋に帰還してきた。これから露天風呂に入って寝る。露天風呂にはいってきた。大浴場(大理石風呂)の温泉は無味無臭で温泉らしさがほとんど無くガッカリしたが露天のほうは硫黄の匂いが仄かにして温泉の雰囲気が感じられた。明朝は男女の温泉が入れ替わるのでもう一つの大浴場(若草風呂)に浸かろう、と思っている。

2017年10月7日土曜日 曇り PM5時50分投稿 

あるべき古希の生き方

正しい老人の在り方を再確認する機会となった

 本日朝一で、漫画家弘兼憲史の「古希に乾杯! ヨレヨレ人生も、また楽し」2017年7月発行を読んでみた。軽い読み物だったが、古希で心に響く文言もあったので、内容を箇条書きしてみる。

「人生七十古来稀なり」が変化
「四十五十は洟垂れ小僧、六十七十働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ」 渋沢栄一
PPK自宅で突然死(在宅死)が理想
現在日本人の80%が病院死。=>2030年にはいずれ死ぬ老人で満杯で、ベッドは高齢者の棺
高齢者イメージの変貌
「汚い」「お金がかかる」「役に立たない」=>小綺麗でお金に困ってない役に立つ老人となる
核家族もいい
互いに離れて(自立し)、時々思いあうのが家族の理想形か
禅の神髄は「本来無一物」
自己責任で生きて、自己責任で死んでいく
人生を楽しく生きるには「好かれる(老)人になること」
不平不満を言わない 現状を受け入れて動じない 
他人のせいにしない
社会のお荷物にならぬよう自立すること
好かれる条件
空気を読める老人(謙虚に生きる)
逆らわず、いつもニコニコ、従わず
稼いだお金は使いきる 子孫のために美田は買わず(子孫の骨肉の争いの元)
(元も現も)肩書への執着を棄てる
人と接することで適度なストレスを感じる 社会との接点を持つ
永遠の愛や変わらぬ友情は錯覚 適度な距離を保って一緒に行動交流する仲間を持つ
ファッション(身だしなみ)で人目を気にする
異性の友達を作る
夫婦は同じ方向を見ていない  お互いに人生を愉しもう
家族が犠牲にならぬよう、介護用の蓄えを用意しておく
尊厳死(リビング・ウィル)宣言を書き残す 延命治療を望まない

2017年9月25日月曜日 曇時々晴 PM3時49分投稿 

左膝肘軽傷

 雲も顕われては居るが秋空と爽風が朝から気持ち良い。朝テニス。昨日コーチからレッスンで言われた「ボレー」をより上手くになるために、今日は、できるだけネット近くに奔ってボールをとらえようと頑張った。しかし、その第一試合で、間にあうと思った相手側のボレーを追いかけようと全力で走ったが、残念ながら間に合わず、しかも転んでしまった。間にあうと過信してその体力脚力もないのに、奔って、左肘と左膝を擦りむいてしまった。カットバンをそれぞれ2枚貼って応急処置をして試合続行。年寄りが若い人と同じように後先考えず走ってずっこけるのは軽度認知障害(MCI)の範疇に入るのだろう。恥ずかしい・・・。

2017年9月24日日曜日 晴時々曇 PM12時55分投稿 

高齢者講習

1時間で写経を書き上げた 字が乱れている

 だいぶ、涼しくなってきた。朝テニスレッスンも爽やかで気持ちが良い。コーチからはストロークは問題ないし、サーブも安定してきた、あとはボレーの確率を上げるように努力してほしいと激励を受けた。
 昨夜、高齢者講習を受けた人から「受けるには別途招集所で4650円も払わねばならない」「視力については動体視力・夜間視力・視野角も検査される」とのこと。高齢になると視力や視野角が一般人と比べ格段に落ちてくるらしい。動体視力は普段テニスでボールを追いかけているのでそれほど問題は無いと思う(以前、ボレー対応で千手観音と言われたことがある)が、視野角や夜間視力はとても気になる。視野角は眼鏡をかけてやるのだろうか。
 午後3時からは坐禅会に参加する。時間が押してたが、慌てて写経1枚書き終えた。お寺さんに納めてくる。

2017年9月21日木曜日 晴のち曇 PM7時03分投稿 

祝敬老の日

市役所から敬老された

 朝から良いお天気。陽射しはキツイが、時折りふく風は涼しく気持ちが良い。しばらくぶりに庭を見ると、芝が芝を植えた地区からはみ出て、あちこちに増え始めている。雑草刈りとともに、午前中3時間ほどかけて汗をかいた。おかげで、少しは庭もスッキリした。
 小冊子が市役所から届いた。表紙の文は写真の通り。付いていた添付資料はA4版裏表100頁に及ぶ高齢者福祉サービスの大冊子。古希になると、市からは、完璧に老人扱いされている。たぶん、今週月曜日が敬老の日だからであろう。
 午後はテニスとジムで少しきつめに動いた。古希を迎え、若干コンキの点で「軽きに流れる」傾向に思える。歳に負けるな。

2017年9月17日日曜日 雨 PM8時50分投稿 

華麗に加齢を生きる

 今日は台風18号が九州と四国に上陸し、その余波で終日関東にも雨が降り止まなかった。日曜の朝はテニスレッスンから始まる。昨日も同じコーチで受けたので、メンバーは違えども殆ど同じレッスンなので昨日の練習成果が試される。最後にメンバー同士でゲームを親睦を兼ねて行うのだが、ある場面でコーチより「それはテニスではなく、バドミントンか羽子板だ!」と喝を入れられた(皆で笑った)
 昨日、コメントでもお二人と話したが今日のTBS「ゲンキの時間」でも高齢者が若さを保つのには「好きなことを見つけて体を使うことになれる」のとともに「人や社会と進んで積極的に付き合うことで心も若くあること」が重要と言っていた。もう一つ心が豊かになれることは、「知ってる人・知らない人にかかわらず、人に喜んでいただける」ことをすることである。無理をせず、一歩一歩、加齢に向けて対策を考えながらその実践をはかり、華麗に活きよう・・・。
 九州四国に上陸後、台風18号は午後10時すぎに我が郷土明石市にも再上陸したとニュースで言ってた。

2017年9月16日土曜日 雨 PM7時48分投稿 

大器晩成

 台風来る前のぐずついたお天気。半袖では家の中に居てもチト肌寒い。午前中、振替テニスレッスンに行った。土曜日午前中というのに、いつもは満員で予約が取りにくい時間帯だったが、本日生徒は3人だけ。いつも馴れたコーチに1時間半しっかりと動かされた。テニスでメンバーに古希なので体が弱いと言うと、「そんなことは無い!」とコーチに一蹴され、前後左右上下に奔りまわされ続けた。古希の話題で、『大器晩成』という言葉をおもいだした。若いころにおみくじや近所のおばちゃんから「あんたは大器晩成型だ」とよく言われた。つまり、「今(青壮年期)は目立たないが、熟年以降に幸せになる 地道にそれに向かい頑張りなさい」と納得せざるを得なかった。
 受験勉強で悲惨な思いをし、大学に入ったものの、学生時代から友達極めて少なく、社会に出ても、友達の少なさ、孤独であることを周囲に蔑まれ、人間関係でも散々苦労した。今も友人は少なく、定義しだいではゼロですが、近所のジムやテニスコートで体を動かし、同年輩のおじさんたちと時々呑み会を開き、過去を思えば、本当に幸せだと思う。たぶん、「大器晩成」がこの頃そうなのだろうと感じられるようになった。
 過去があまりにもひどかったがゆえに多くを望まず、足るを知ったためかと思う。人生やり直しは効かないので、現実を受け入れて、とりあえずやれることをやっていくしかない。今は、まだ元気で動けるということを有難く思って、一日一日を生きなきゃ。自分も楽しみ、人にも自分のやさしさを届けられれば、それが人生の喜びと信じたい。

 夕方から雨が降ってきた。明日は九州、月曜日には高速で本州縦断するかもしれない。

2017年8月30日水曜日 曇り PM8時16分投稿 

もの忘れ改善薬

 最近は夕刊にも綴じ込みチラシが入る。昨日の夕刊にもネスレから新発売の「BOOST」。このヤクルトのような63ml飲料はキャンペーン中で6本1500円もする。何に良いかというと50代60代でもの忘れが気になる方のために製造されたという。(残念ながら70台が入っていないのは見棄てられたのか?)
 このように、最近は高齢者層を狙った記憶力向上またはもの忘れ防止の薬剤がでてきており、盛んに広告をしている。「キオグッド」「ワスノン」など安易な命名もホントに効くのかな?と素朴な疑問も湧く。もの忘れ改善薬と呼ばれているらしいが、今まで聞いたことのない効能の薬だ。漢方薬「オンジ」エキスが主成分らしい。
 テレビでも同様で、テレビ朝日が主流と思うが、ゴールデンタイムに「クイズ番組」が多くなってきている。dachs飼主も食後はアルコールを飲みながら、よくクイズ番組を見ている。小中学生向けの知識でも地図記号などは結構忘れているものが多い。なぞなぞ的なものも、頭の体操に良いと思う。
 人に聞いた話だが、嗅覚が衰えると、認知障害リスクが高いという研究もあるそうだ。認知症の手前は軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)というレベルもあるそうだ。

2017年8月28日月曜日 晴のち曇 PM5時40分投稿 

デジタル遺産

 8月も今日を含め、あと4日になった。2017年も3分の2が終わろうとしている(のに、テニス三昧で記念すべき古希も済んでしまいそう)。
 朝テニスも多分、明後日水曜日を境にして、秋晴れの爽やかな空の下で愉しめると思うが、今日も暑かった。温度はそれほどでもないかと思うが、陽差しで熱を感じてしまう。プレー中はずっとサングラスを外せない。サーブの時はこれが無いとギラギラの眩しさで方向が決まらないのでいたしかたない。

 友人からデジタル遺産の話があった。デジタルデータについては、金融関係(財産だけでなく支払いを継続するものも含んで)諸情報、dachs飼主の親戚づきあい、死んでからも連絡してほしい友達情報、自身の過去履歴関係などについて、WORDで終活(エンド)ノート、データベースで各種資料を作成し、年に一度程度見直している。ツレアイより先に死ぬという前提で記録しているので、先にツレアイに死なれると意味がないし、細かいことはツレアイである大蔵大臣にまかせっきりなので財産、特に保険関係は全くわからない。先に死なれると、自炊のできないdachs飼主は1年くらいしか生きて自活できないので、お金が無くても多分困らないだろう。しかし、ツレアイに先に逝かれても、その逆でも、残された片方は相談する人も限られているので、頭がパニックになると思う。

19 pages