dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年5月21日日曜日 小満晴れ PM7時49分投稿 

関西義母墓参など

 朝5時半に起床。障子ごしから明るい光が入ってくる。今日も暑くなりそうだ。庭の野菜に水を撒いた後、旅支度を始める。今回は義母の三回忌なのでそれほど荷物は嵩張らない。往きはJAL、復りは新幹線にした。

8月末まで無料らしい

 7時丁度にペットホテルにラミエルを連れてゆき、その脚で北総鉄道新鎌ケ谷駅に向かった。スーツケースやお供え物の入ったバッグを持って駅までゆくのは辛いので、車にならざるを得ない。最寄りの千葉ニュータウン中央駅前の駐車場は1日最大600円とローカル駅前駐車場としては標準だが、4駅先の新鎌ヶ谷駅前駐車場は同350円と安い。因みに、北部のJR木下(キオロシ)駅では一日最大200円ともっと安くなる。
 保安検査場でスマホの携帯充電池(モバイルバッテリー)が2個までなら機内に持ち込めることを知った。但し預入荷物でなく持込手荷物に入れないと駄目とのこと。
 空港町待合室では、季節がら扇子をつかう人が目立ってきた。広々とした空港窓からミルと外は炎天下、相当温度も上がっているようだ。
 羽田発10時30分発のJAL113便に搭乗した。WiFiに驚いた。聞いてはいたが近頃飛行機はLCCにしか乗ってなかったので青天の霹靂。入ったら機内モードにするのは変わらない。離陸後5分してからWiFi設定をオンにしネットワーク名をJALの場合は「gogoinflight」をセレクトすれば、(初めての搭乗の場合はアカウント登録が必要)メールのみならずラインも可能となる。ビデオプログラムもスマホで観賞できる。但しイヤフォン配布がされないのでdachs飼主は見るだけになる。この文章も上空からアップ(ダウン)出来るかテスしてみた。LINEもメールも問題なくできた。WiFiが切断されるのは離陸5分前となっていた。
 伊丹(大阪)空港レストラン蓬莱で海鮮揚そばと名物551の豚まんを食べた。1,000円前後では最高の昼食だった。
 モノレールと私鉄2本を乗り継いで午後2時、川西市にある義兄のお宅に伺って、愛子婆さんにお線香を上げさせて貰った。今月4日に愛子さん三回忌法要のお誘いを受けたが、ホテル確保が全く出来ず、断念した。今日は少し遅れたが、お参りに行ってきた。義兄の車を借りて、猪名川霊園まで行って、墓参りもして来た。
 4時半すぎに義兄宅をお暇して神戸三ノ宮のホテルソプラに向かった。

2016年9月17日土曜日 曇のち雨 PM6時15分投稿 

ロールガット

 久しぶりに朝から良いお天気。どこかに出かけようと思ったが、ツレアイから義母愛子さんの遺品から納経帖が出てきたとのこと。こちらに関西から遷ってきてからのものが多かったが、急ぎプリンターでスキャンして、納経帖6冊目をアップしておいた。早くも6冊がたまり、行った寺社はダブるのもでてきているが、6冊計で186か所となる。あと14か所で200を超えられるので、楽しみであるが、最近ドライブ旅が多いにもかかわらず、マンホール撮影がなかなか捗っていないのは残念である。
 
 夕方、張りあがったテニスラケットを受け取りに行ってきた。前回バボラ製アディクション135ロールガットを買ってお店にキープして貰っていたのを使用した。ロールガットは200mを10回ほどに分けて使うので3年以上はガットを買わなくて済むし、価格も2万円以下の安い時を狙って買えばよい。張り工賃も1回810円で安い。57ポンドと張りを強めにした。明朝のテニスレッスンで早速コーチに教えを乞おう。

2015年11月11日水曜日  PM8時17分投稿 

喪中はがき

 今年6月末に義母愛子婆さんが亡くなったので、新年のあいさつを欠礼する喪中はがきを出さなければいけない。時期としては今月中旬から遅くとも今月中に出さなければいけない。dachs飼主は父母ともに15年以上前に亡くしており、ハガキの書き方など覚えてなかった。
年賀はがき作成ソフトでは豊富な文例があるので、作成はそれほど困らなかった。プリント文字色は黒だが普通の黒ではなく、薄墨色で印刷するのも、なるほどと思った。
 ほぼ1日かけてdachs飼主系とツレアイ系で2種類の文面(裏面)を作成し、作成を完了した。来週早々にもポストに入れておく。

2015年8月4日火曜日 晴のち曇 PM6時03分投稿 

ハエとカ取り

7月は愛子婆さんの告別式がトップ記事

 今日で都心の最高気温35℃超が連続5日の都心歴代猛暑一位となった。2010年も暑かったが、今年はもっと熱くなるのではないかと思う。
 少し遅れたが愛犬暦に7月を加えた。なにやかやと愛子婆さん告別系が7月の思い出となる。

リボン型の粘着紙

 子供の頃の夏の風物は蚊帳と蚊取線香、ハエ採り紙を先ず一番に思い出す。蚊帳は知らないが、蚊取線香とハエ採り紙は岡山産である。蚊取線香は大日本女中菊株式会社から出されているが今の金鳥である。少し高かったがポトポトと蚊が面白いほど落ちた。蚊帳を張って寝る前に金鳥蚊取りを5分程焚くと蚊帳の中は一匹も居なくなるのであとは蚊帳の裾を注意しながら上げて自分が入ればあとは朝までグッスリ眠れるというわけである。これより安い蚊取線香で西郷隆盛の絵が入っている「南州香」も我が家では良く使った。これは人畜無害の「南州香」がキャッチコピーで線香独特の強い匂いが少ないので年寄り子供には好評だった。ハエ採り紙はカモイの「リボンハイトリ紙」を使っていた。粘着質の物質をリボン状の紙につけて、天井に吊るしておくとこれも面白いようにハエがくっつく。いわゆるゴキブリホイホイの蝿版である。ハエ採り紙は後日カモイからもっと安いアース製薬に取ってかわられるが、アースも岡山県か兵庫県に大きな工場があった。黄色い紙に大きく赤字で「アース」と書いたハエ採り紙はたいへんインパクトがあった。飲食店では薬が使えないや強い匂いはご法度なので、無味無臭のハエ採り紙は最適。しかし、あまり死んだ蝿がべたべたついている紙を店先に吊るしておくのは美観を損ねるので毎日のように新しいリボンに替えていた筈。カモイもアースも大儲けをしたと思う。

2015年7月20日月曜日 晴のち曇 PM4時36分投稿 

骨上げ 裁縫箱

 今週末25日は関西の義兄の家で愛子婆さんの四七日法要が行われるので前日に飛行機で現地入りする。ところが、遺骨がはいっている箱が重くて大きいので手荷物として乱暴には出来ないのでいろいろ考えて郵パックで送ることにした。遺骨は郵パック以外のサガワや黒猫など宅配業者では配送はして貰えないことを初めて知った。関西方面では咽喉仏や腰骨など僅かな量の遺骨しか骨上げはしませんが、関東では遺骨は原則すべて持って帰らないとならない。已む無く大きな骨壺(9寸)と分骨用として関西小さな骨壺(3寸)を用意して貰ったのだが、こちらに置いておくわけにはいかないので関西に持ってゆく。関西では、ちなみにお墓には小さな骨壺だけを納めることになる。大きなほうはお寺と相談することにする。話は関連するが今回の斎場お骨上げの際、係員がすべての遺骨を壺に納めるために、槌で頭部や腰骨を叩いたり折ったりシャベルで骨粉1gたりとも余さず救う姿に、関西人のDachs飼主として、とても衝撃を受けた。
 ツレアイが愛子母さんの荷物を整理している。その中に愛子さん専用の裁縫箱が見えた。dachs飼主が子供の頃、裁縫箱にはマッチのような待ち針、掴む時にこわごわの針山や三角形の蝋石のような青いチョコ(と言ったかな?)などが入っていた。木綿のカタン糸と巻き込み用の(糸)コマはミシン全盛の今でも、まだ売ってるのだろうか。カタン糸の車は図画工作の時間にタンク(戦車)やロボットの部品として使っていた記憶がある。
 裁縫箱には毛糸も入っている。毛糸編みも冬は母がよく精を出して家族のセーターや手袋、マフラー(当時は首巻きと言ってた)を造ってくれた。毛糸のマフラーは今の化繊製より暖かかった気がする。メーカーではスキー毛糸やクローバー毛糸というのがあったように思う。その毛糸を上手にほぐして、編み目の付いた毛糸を、熱い湯の中をくぐらせて、再度編みなおしの出来る直の毛糸にしてゆきます。まっすぐになった毛糸をこぶしに巻いて球体に造っていくのは、(途中で転がしてもう一度やり直したり)たいへん面白かった。
 小学校高学年の時は近所の姉ちゃんたちにリリアンという一本編みを教えて貰い、長い間かかって首巻を完成させたこともある。この糸は伸縮性のあるソフトでカラフルな糸だった(筈)。

2015年7月15日水曜日 曇のち雨 PM2時57分投稿 

喪中に飲み会で浅草へ

花も少なくなってきたので替えの時期だ

 今朝も昨日以上に暑い。梅雨とは言え、真夏の日差しが照り付けている中で午前中2時間テニスで体を痛めつけた。今年はじめて、冷却材をタオルにくるんだものを首に巻いてプレーしたが、半時間もせぬうちに生温くなってくるので用意していた3セットは、全て使い切った。ほんとうに陽射しがキツイ。
 家の中でも同じである。3日前、たまらず、日曜日からリビングのエアコンに電気を投入した。それから今日までお昼間から点けっぱなし。温度は高めに設定し、扇風機を上部に向けて点けている。家族の避暑もあるが、愛犬2匹の健康維持のためでもある。愛犬散歩は5時半から40分ほど近所を廻っているが6時を過ぎると地面が徐々に熱を持ち、7時になると土が焼けてくるので散歩は朝早くで、夕方は犬を抱っこして、公園で愛犬仲間と四阿(あずまや)で愛犬談義。夕方の散歩はまず無理な日々が続いている。
 愛子婆さんの告別式以降、はや10日経つ。愛子婆さんのお骨を囲んで6個の花瓶と盛り花で飾ったが、この暑さで洋花は殆ど元気をなくし、今は菊のみが頑張っている。告別式の生花は、愛子婆さんのお棺に入れたが、喪主の生花だけは蕾に近い菊となっており、これが自宅のお骨のまわりにささげられている。ご近所から花束やお供えなども戴き、毎朝花瓶の水をかえたりはしているが、花はぼちぼち替えないといけない時期にきている。
 今夕は、喪中の飲み会に浅草まで出かける。久しぶりの再会なので、明日都内の病院で採血検査がありγ-GPTが気にはなるが、少し飲み過ぎになりそうだ。今日もこれからでかけ、押上スカイツリーから浅草雷門まで健康ウォークをする。4時半から神谷ばーで電気ブラン、5時から雷門前で全員集合になっているが、集合前の電気ブランは明日の採血に備えパスとする。

2015年7月7日火曜日 小暑雨 PM9時34分投稿 

役所で各種届出

花いっぱいの愛子婆さん

 2,3日肌寒い日が続いたが、今日も雨と曇りの梅雨空にもかかわらず、温度は昨日までより4,5℃あがって、長袖シャツを着ていると蒸し暑かった。
 今日は葬儀屋に費用をすべて払い終り、役所に行って愛子婆さんの死亡届出後の主要手続きをしてきた。印鑑登録証・介護保険者証の返却、後期高齢者医療保険からの葬祭費支援手続きを行ってきた。住民基本台帳はdachs飼主も含めて家族全員申請していないので返却の必要もない。残りは厚生年金・国民年金関係だが、これは我が市には無く、隣の船橋市にある返金事務所に今週中にでも行かなければならない。年金は偶数月の15日に定期的に支払われる。愛子婆さんは6月15日に年金を受け取っているが、これは4月と5月分なので、6月分を再申請をしに行く。
 午後は10日ぶりにジムに行って、軽く運動をしてからサウナに入り汗を流してきた。
愛子婆さんが我が家に帰ってきて4日目。花もたくさん戴いて、馥郁とした香りが愛子の部屋に満ちている。

2015年7月4日土曜日 雨 PM8時46分投稿 

安らかに眠って下さい

安らかに眠ってください

 今日もあめ。家族4人揃って10時に印西斎場に向かった。告別式は11時30分から始まるが葬儀社スタッフや僧侶との事前打ち合わせもあり、1時間前に到着した。親族代表の方も遠路からにもかかわらず早めに到着して貰えた。今回は故人の意思により、グループホームでお世話になったスタッフの人たち数名以外、申し訳ないが告別の日程場所などはお知らせしなかった。いわゆる家族葬形式で行った。今日が丁度初7日にあたるので、僧侶に事前にお願いして初七日法要もしていただく。
 火葬、骨あげも滞りなく午後2時前には終了した。明日からは年金や保険関係へ死亡連絡などをしてゆく。死去して1週間、なんとか無事に礼式一切を終了できた。25日に関西在住の故人長男宅で四七日法要が行うので、それまでに手続き全般を終えたい。明日からはdachs飼主も普通の生活に戻る予定だ。

2015年7月3日金曜日 雨 PM5時58分投稿 

スペッシャルオリンピック

代表に決まったので市長を表敬訪問した記事

 今日も終日あめ。明日は告別式なので準備状況を見てきた。祭壇もそれなりに飾られ、愛子婆さんも喜んでいることだろう。親戚代表は武蔵野市に嫁いでいる親戚の方にお運びいただくがそれ以外は家族葬として、ごく近しい世話になった人のみ式にはお出で戴くことになっている。
 前日に引き続き、「ふれあい毎日新聞」7月号に市内在住の女性が今月ロスアンゼルスで開催されるスペッシャルオリンピックに女子テニスの日本代表として参加が決まった件を取材したdachs飼主の記事が載ったのでホームページに載せた。
 以下は記事の内容
*****************
 印西市在住の堀口明奈さん(31)がスペシャルオリンピックス夏季世界大会、テニス部門への出場が決まった。女子アスリート枠2名の内の一人だ。
 今年は7月25日から8月2日、ロサンゼルスで開催される。派遣される日本選手団は118名(アスリート77名、パートナー6名、役員・コーチ35 名)。
 スペシャルオリンピックス(略称SO)とは、知的発達障がい者のスポーツの祭典で、本年はSO発祥の地アメリカで177カ国の国と地域から1万名余の選手団が参加する。パラリンピックとは違いルールも健常者と変わらない。
 堀口さんは中学校で軟式テニスを覚え、19歳から硬式テニスを始めた。以後、SOのプログラムに参加し、06年(熊本)・10年(大阪)の国内大会で選手団に参加。11年ギリシャ・アテネSO夏季世界大会では初参加にもかかわらず、シングルスで米国、ダブルスでは豪州ペアを撃破し、女子テニス部門金メダルをダブル受賞した。
 さらに14 年第6回SO日本夏季ナショナルゲーム福岡大会でも成績優秀だったことから世界大会選手団に連続で選ばれた。現在は我孫子市の社会福祉法人で仕事をしながら月6回の練習に励む。
 去る5月21日、堀口さんは印西市役所を訪問し、代表選手に選ばれたことを板倉正直市長に報告。「金メダルを獲ってきたい」と連覇への決意を述べた。市長も「ぜひ頑張って連覇してきて」と彼女を激励した。ロサンゼルス大会での堀口明奈さんの健闘と活躍を祈りたい。

2015年7月1日水曜日 雨のち曇 PM5時57分投稿 

7月になった

メインはやはり愛子婆さんの逝去

 終日、雨が降っていた。愛子婆さんの葬儀は7月4日に済ませた後、関西の長男一家と電話でその後のことについて相談した。関西では3月またがりは良としないので、7月25日が四七日(28日目)にあたるので、この日に忌明け法要をすることにした。お骨は24日に関西に二人で持参し、関西の親しい親族一同も多数参加して営むことになる。納骨などは年が明けてからのほうが良いらしい。
 4日の葬儀は関西から代表者だけが来て、dachs飼主家族と老人ホームスタッフの方々のみお呼びしている所謂家族葬で1日ですべてをすますことにしている。費用も100万円以下で抑えられた。また、香典も個人の意思で硬く辞退することにしている。
 ここ4,5日バタバタして28日に返却して以降、本を借りていないことに気づき、何冊か借りようと図書館に行った。借りる6冊を選んで、窓口に持って行ったら、前回借りた本にしおりの忘れ物がありましたと、丁寧に返してくれた。借りた人を検索し、その人が来た際に返してくれる、さすが、図書館と感心した。
 6月の暦を作った。愛犬は映ってないが愛犬暦にアップしておいた。

25 pages