dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年11月5日月曜日 曇時々晴 PM12時46分投稿 

詐欺脅迫メール

佐川とアマゾンを使った詐欺だと思います。何もしないのが一番

 先月末、群馬ドライブ中にショートメール(写真上段)が入ってきた。いかがわしいので放っておいたが、自宅に戻ってからも佐川さんから何も音沙汰がない。下のほうに「ハイパーリンクが危険な場合があります云々」のページがあったが、佐川らしきHPが現われた。ちょっと危ないので放置していた。
 その後、今日テニス中に写真下段のメッセージがAmazonから「未納料金あるので、法的手続き云々」の受信があった。多分、佐川のショートメール(androidスマホではメッセージ)に関連した詐欺メッセージだと思う。むやみにリンクを押さぬよう注意したい。

  明日から4日ほど家を空けることになる。その関連でもあり我がサイトも壊されてはいけないのでサイト保存をした。サイトのデータやフォルダーをローカルのHDDに保存したのだがディスク容量は3.57GB,フォルダー数3,881、ファイルの数はなんと画像テキスト込みで73,662個にもなっていた。16年以上サイト運営してきたのだが、改めてその数の大きさに驚いた。

保存にも一日がかりであった。

2018年10月31日水曜日 曇のち晴 PM9時07分投稿 

榛名神社と達磨寺

 草津リゾート3泊4日の最終日、いよいよ本日は帰ることになる。2日目の国道292号の通行止めショックで、行きたかった新潟県域や地獄谷野猿公苑、戸隠神社に行けなかったのは辛かったが昨日は訪ったことのない野反湖やチャツボミゴケ公園も感動的だった。夕食に飲み屋の2階で湯畑を眺めながら生搾りグレープフルーツハイなどを飲めたのも良かった。

双龍門など素晴らしいお社や建造物の美しさがあった

 今日は初日に行けなかった榛名神社、少林寺達磨寺、蒟蒻パークに寄りながら、午後5時過ぎには自宅に帰れた。高崎市の榛名神社に行ったことはなかったが今日のベスト訪問地であった。岩と紅葉と荘厳なお社と自然が大感動であった。榛名山には何度も来ているがこの神社詣ではなぜもっとはやく参拝できなかったのか?と吃驚であった。写真も沢山撮ってきた。

納めた達磨が社の裏まで

 次の安中市の少林寺達磨寺は名前だけに達磨のお寺さんであった。禅宗でも珍しい黄檗宗のお寺で、ご朱印も戴く前に「写経を強制された」。演説も長く、しかし相手はお寺さんなので反抗やイサカイはしなかったが、少し気持ち的には嫌な気持ちになった。
 最後の蒟蒻パークでは工場見学と蒟蒻料理を振舞われた。蒟蒻芋は5年に一度しか花が咲かないということも初めて学んだ。
 今朝の距離計は470㎞、帰宅時のそれは720㎞だったので、今回踏破距離は720㎞、本日走行は250㎞となった。富岡ICに入る前に念のため軽油20ℓを補給したが、だいたいこの車で満タンにすると、燃費19㎞/liter、700㎞は走れることが分かった。

2018年10月6日土曜日 晴のち曇 PM7時20分投稿 

新勝寺へ安全祈願

 一昨日は午前11時半に新宿駅西口交番前に集合で準備していたが、経路に京成電車の通過ルートがあり、これの早朝停電事故の余波で40分以上も遅れ他メンバーに少々迷惑をかけてしまった。ところが昨夜も京成電車の塩害による電気事故で娘から半蔵門線で押上まで来たがそこから先は京成路線なので動く見通しが無い、Helpコールがあって、6時半頃に自宅を出発しスカイツリーのある押上駅まで向かったが幹線道路は渋滞の連続。普段なら30キロなので、往きも帰りも1時間で行けるのだが往復とも各1時間45分もかかり、帰ってきたのは午後10時を少し過ぎていた。以前横浜まで通勤していたのだが、京浜急行ー都営浅草線ー京成電鉄ー北総鉄道と1回も乗り換えないが4路線を使うので、どこかでトラブルが起こると途中で降ろされてしまう。昨夜は渋滞以外に台風余波で豪雨もあり、大変な目に遭った。

今年からは竹クラスを受けることにした

 それもあって、今月から新車に乗り始めたので、成田山新勝寺に行って、交通安全のお守りを受けに行った。お守りは以前までは1000円のものを毎年買っていたが、今年は2000円のものにした。さらに3000円のもあったが、松竹梅なら竹が良いと判断して、竹クラスにした。昨年の梅クラスのお守りは納札堂に浄財を含めてお納めしてきた。

2018年9月17日月曜日 曇り PM5時55分投稿 

速達と飛脚便の遅さ

 朝がた、東京の病院に入院中のKさんから土曜日朝に送った新潟旅の企画書が届いてないとの情報アリ。Kさんと来月中旬に新潟旅なので情報交換のために1日も早く診て貰わねばならない。15日土曜日朝に市郵便局本局に持参し、速達封書を送った。3連休なので380円もかけて速達便にしたのに、月曜日現在届いてない。また当件に関連して、7日に佐渡旅のパンフを府中の企画会社から佐川の飛脚便で送って貰ったのに、到着したのは12日。今後は信用できないので、郵便速達と佐川のメール便は利用しないことにする。プンプン・・・。
 ちょっと機嫌を悪くしつつ、朝コートに行ってテニスボールを追ったが、こちらのほうはいつもより快調だった。ちょっと怒りの気持ちを持ちながらボールを叩けばベターショットが多く決まることもある。

2018年7月28日土曜日 雨 PM7時51分投稿 

猛暑日のコート返金

ボヤーとした頭でも般若心経は写せる

 昨晩は暑気払い飲み放題付き4000円で、調子に乗って飲み過ぎて、お昼過ぎまでぼんやりとしていた。ツレアイも、dachs飼主をほっといて、ティアラ江東にマーラー#4を聴きに行ってしまった。仕方がないので、眼が覚めるよう、2時間ほど写経タイムとした。
 お昼過ぎ、電話がかかってきた。今週月曜日に市営テニスコートを2面予約していた。普段なら8名前後の参加は見込めるのだが、女性参加が0で5名しか集まらない。したがって、2面予約していたのだが1面しか使えなかった。昨日、8月分予約コートの支払いに事務所に行った際、「月曜は最高気温が35℃を超えた猛暑日。メディアも行政からも原則運動禁止と言われている。参加者が少なく1面しか使えなかったので返金して欲しい」と言うと、管理職が不在なので、近日中にご連絡いたしますと言われて帰ってきた。かかってきた電話では「コートのキャンセルは高温によるものが規程ではないので、返金できない。ただ、貴重なご意見なので上にもしっかりと伝えました」とのこと。やっぱり役所だなぁと思った。

2018年7月8日日曜日 晴のち曇 PM8時25分投稿 

明日退院

 明日で検査入院も終わりを迎える。4月2日の事前通院から7月26日の最終検査通院まで延べ60泊63日、日帰り通院14日に及ぶ約4か月弱、合計77日間もの長きに亘った。採血検査も40回ほどあり、その他の検査や病院と入院者とのごたごた、それ以上に外に出られないこと、検査以外は暇なことが、辛かった。その代わり、看護師さんたちがみなさん良い人が多く、優しくされたので幾分癒されることもあり。しかし、もうこんな長い入院生活は懲り懲りだ というのが本音である。しかし、西日本で豪雨被害に遭われた方々のことを思うとそんな勝手なことは言っては居られない。退院後5日間ほど日帰り検査通院があるが、明日の退院も含め「立つ鳥跡を濁さぬよう」気を付けたい。おかげさまで、頻繁に生科学系血液検査される数値結果はすべて標準範囲内に収まっており、体そのものはいたって元気に退院が出来そうである。明日も昼から美味しいものをたらふく食べられそう。
 長期間に溜まった資料や明日の退院に向けやらねばならぬことが多く残っているので、今から準備にかかる。

2018年7月1日日曜日 晴のち曇 PM9時32分投稿 

我が家のエアコン不調

 今日から7月、はや梅雨も明けた所為で下界はとっても暑いそうで、我が家のエアコンもち調子が悪いと連絡を受けた。冷房サインは出ているのに吹き出し口が閉じている。自動清掃機能が不調なのかもしれなと、まずフィルターを外し、前面・上面カバーをすべて取り外し、埃を綺麗に取り除いたそうだが、それでも回復しなかったようだ。
 我が家のエアコンは2008年の義母の状況に伴い、バリアフリーとともにサンルーム増築をしたが、その時に買い増したもので、もうすぐ10年になる。家電量販は「ケイズ」「ヤマダ」「ノジマ」さらにその時店があった「コジマ」を廻ったが、価格は似たり寄ったりであった。決め手は10年延長無料保証を実施しているケイズであり、そこで買った。おかげで、10年ぎりちょんで本日修理を申し込み、混んでるだろうが、明後日には修理に来てくれるという。店の保証があれば、メーカー修理に来ても無料で保証を受けられるのでお得だ(と信じている)。
 昨日の院内トラブルで疑問が起こった。傷害事件が起こったときに、殴った殴られたで、殴られたと訴えられると、裁判などでの立証責任は被告にあり、「私は殴っていない」ことを証明しないといけないという。従前から時々男側が不利になると言われている痴漢したしないもオトコに不利なのだろうなぁ。
 肉体的のも精神的にも我慢に我慢を重ねた検査入院も、あと1週間まてば、9日火曜日の午前中には晴れて新宿で11時過ぎにビールと鰻か肉かとんかつが食える。昨日から指折り数えている。 ナサケナシ

2018年6月28日木曜日 晴のち曇 PM8時42分投稿 

体重3Kg減

ポーランド戦が正念場だ ガンバレ

 朝方少しお湿りが有ったようだが、それからは下界は30℃を越すような暑さになったらしい。院内では連日日本チームのロシアワールドカップの話題で盛り上がっている。残念ながら本日の予選最終ポーランド戦は就寝11:30のDachs飼主たちには前半45分も観ること能わず、ラジオで聞くっきゃない。ワールドカップを観ていると他国の国事情が少しづつだが垣間見える。僅かな人口で頑張っている国もある一方で、大国がふがいない試合でランクを落としたりと、スポーツ界では人口比や貧富の差では測れないものがある。今朝の某コラムで1955年に世界人口は25億人しか居なかったのが半世紀後の70年後の2025年には80億人に迫る勢いという。単純計算でも1年間に7800万人も人口が増えている。医学の進歩もあろうが、食糧事情も気になる。
 午後少しの時間だが、看護師のリーダーとベッドの傍で体調不良について話をした。3日間苦しんでいるのに、医師からは原因も対処方法もアナウンスが無いのはどういことだとクレームまがいに主張した。医師には専門医師と総合医師がおり、ある症状が起こっても、その原因は総合医師を介して、製薬会社にデータを届け、その結果が出ないと軽々に話が出来ないという。検査入院なので、対応策や症状などある程度説明をして貰わないと、我々も検査への協力のしようがない・・・と個々の事情を話しながら説明しておいた。後日、なんらかの返事をして貰えると期待している。
 今日も一日、CSSとHTML技術の勉強をしていた。
 10時前に臨時の体重測定があった。65.7Kg。dachs飼主のベスト体重は68.5Kg前後なので、3Kg弱減ったことになる。ま、こんなものだろう。

人間関係に悩んだ時に可與言而不與之言、失人、不可與言而與之言、失言、知者不失人、亦不失言、
 『与(とも)に言うべくしてこれを言わざれば、人を失う』
 伝えたいことは、伝えたい時に必ず言う。そんな習慣ができていれば、大切な人はずっとそばにいてくれる。伝えるべきことに気が付かなかったり、そんなことが積み重なると大切な人はいつかいなくなってしまう。伝え合うべきことを美味く伝えあうことが、幸せにつながる。

2018年5月31日木曜日 曇のち雨 PM10時09分投稿 

テニス観戦でスカット

 今日で(dachs飼主にとって)退屈な5月も終わり、明日から、6月、次の日曜日から18日まで半月ほどは自宅で寝られる。入院も今日で大きな検診作業も終わって、あとは退院の3日後を待つばかりとなった。病院の食事もあと7食目の朝食を食べれば退院できる・・・嬉しい。
 入院中に設計デザインした地元ミニコミ月刊紙のホームページもだいたい出来上がってきたので、編集人に午後メールをして進捗状況を報告しておいた。同時に更新作成した掲示板システム「炉端会議」も友人3名にテストして貰ってまずまずの結果を残しているので、それもリリースしたい。
 昨晩はテレビが珍しく空いていたので、テニス好きの仲間3人と全仏テニスを観ることができた。錦織圭対苦手な仏ペールの対戦だった。久しぶりに3人で興奮したが2セット目の途中で午後11時20分を過ぎたので寝ざるを得なかった。スマホも回収されるので、3時間の熱戦の結果を観たのは翌7時過ぎのyahooニュースだったが、勝ってほっとした。しかし、熱戦の内容を文字で追う限り、巻けのリズムになるとメンタルが極端にダウンするのがとっても心配である。それでも大坂なおみも勝ったそうで、めでたい。日大アメフト悪質タックル、議員の嘘八百、首相のはぐらかし、議員のセクハラなどなど鬱陶しい著名人や高級取りの汚点が新聞やニュースに出ているのを見るよりは大谷や錦織の活躍のほうがどれだけ心躍ることであろう。

人間関係に悩んだ時に君子有勇而無義爲亂、小人有勇而無義爲盗、
 『君子、勇ありて義なければ乱を為す』
 誰も勇気がある人に憧れ、自分の臆病さを責める。でも勇気があっても正義に反する行動をしては駄目。勇気は正義があればこそであり、なまじっかな勇気を持つと犯罪を起こしがちになる。

2018年5月27日日曜日 晴のち曇 PM11時08分投稿 

大相撲

 Dachs飼主が病院で検査してもらっているのは認知症の治療用貼付薬剤である。ニュースで知ったのだが、現在米国の製薬会社「ファイザー」「メルク」「イーライリリー」「ジョンソン・エンド・ジョンソン」などが認知症の臨床試験打ち切りを発表しているそうだ。各社とも巨額の費用が掛かる一方、治療につながる十分な成果が得られず、継続は困難と判断。高齢化社会にどこの国も入っていく中で増え続けるアルツハイマー病の決定的な治療薬剤が開発臨床発売されないのはたいへん残念なことである。
 栃ノ心、13勝2敗で今場所を終えたが、残念ながら14勝1敗の鶴竜に及ばなかった。今まで、大相撲は新聞レベルでしか観たことはなかったが、午後5時過ぎになると、此処4,5日は入院者の2,3割が集まってくる。なので、テレビ観戦を始めたがなかなか面白い。横綱「つるりゅう」というような初めて相撲を見る人もおり、良く知った人が懸賞金・行事などなど相撲界の裏側を事細かに解説hしてくれる人もおり、Dachs飼主もにわか大相撲ファンになった。ジョージア国の栃ノ心に比べ、モンゴル相撲の粗さや底意地の悪さ(悪だくみ)は勘違いかもしれないが素人目には強く印象に残った。

人間関係に悩んだ時に有朋自遠方来、不亦樂乎、
 『朋あり遠方より来る、亦楽しからずや』
 一人で頑張っている時に辛いと思った時も、仲間が一緒だとたいしたことは無いように思える。それは仲間と一緒に進む楽しさがあるからで、それは良い結果に近づいて行くのがわかります。どんなに遠い道のりでも、仲間と楽しく歩けるなら、あっという間に過ぎてゆくでしょう。

4 pages