dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年5月7日月曜日 雨 PM6時15分投稿 

控えめの食事

府中市のマンホール

 朝9時から2時間平日テニスを8名でワイワイガヤガヤと楽しんだ。午前中から降るかと思っていたが、何とか昼過ぎまで天気は持ったので助かった。これで平日テニスは来月上旬までできなくなったので、皆に挨拶をして「今度来るときは花園饅頭を持ってこいよ」と催促された。
 午後はツレアイに同行してお米、アクエリアス、など重量級の買い物に行ってきた。午後からは雨が降り出し、荷物の積み込み出しに大変だったが、なんとか済ませた。
 昨日やり残しだった日野市多摩市府中市のマンホールを関東地区マンホールに納めておいた。
 明日は検診があるので、昨日からアルコールは控え、カフェインも良くないので珈琲、日本茶、コーラ類も呑まず、お水と麦茶、そば茶で昨日から我慢している。ここで引っかかると2期の入院3週間は無くなるやもしれない。明日は血糖値上昇を予防するため朝食抜きで行き、帰りはお昼と兼食で秋葉原辺りで脂と肉を喰って帰りたい。明後日からはツレアイと2泊3日蓼科ドライブに行ってくる予定。

2018年4月29日日曜日 晴時々曇 AM7時44分投稿 

お酒お茶摂取の大変更

 昨日、退院前は大ショックであった。退院後から次期入院前1週間はアルコール摂取可能期間、また入院前72時間前まではカフェイン摂取可能期間とされ、今回は昨日から5月9日まではお酒、昨日から5月11日まではコーヒーお茶を飲んでも良いとのことが事前に貰った説明書に書いてあったが、昨日退院前に、最終日7/25まで3か月半お酒もお茶類も呑飲んじゃダメとのお達しが出た。大ショックであった。昨日午後3時からと来月2日に既に飲み会の場所や時間も設定されてあったのだ。昨日は少しだけならいいだろうと邪推して少しアルコールを口にしてきた。

わけあって3週間伸び放題だった髭も昨夜剃りあげた

 退院時刻が予定の正午過ぎより早くおわったので、新宿で昼食、武蔵浦和に午後3時の段取りで直接行こうと考えていたが、いったん自宅に戻り重いスーツケースを置いてから軽食を食べ、再度皆の待つ武蔵浦和に向かった。3週間も新宿病棟に入っていたので、我が街の駅前や自宅の庭は初夏爛漫で鼻や目に美しかった。つつじが満開で皐月も咲きだしている。小宴会を終え、自宅には午後7時半頃に到着。背中に貼付位置を示す印がくっきりと多数ポイント付けされているのでジムにも行けない。大浴場でスッキリできないため、お風呂のバスタブでゆっくりと浸かり、入院中伸び放題だった髭も剃ってすっきりとした。今朝は良く眠れたのでとっても気持ち良い。やはり自宅が一番私には良い。

2018年4月28日土曜日 晴れ AM8時00分投稿 

やっと退院

 いよいよ、正午ごろに退院できる。朝採血一本と各種診断と1期退院後の説明会が行われた。やっと終わった。
 退院直後にやりたいことは暖かくて美味い食事とお風呂に浸かりたいと前に書いた。昼食はビフテキかとんかつ定食を食べたい。お風呂については、友人から新宿で「2時間900円のサウナ」が営業中なので行ってみたらと声をかけられたが、「重い旅行バッグをごろごろ引きながら移動」と「背中に添付薬の痕がマジックで濃く何か所も書いてあるので暴力団と間違われる」理由でサウナはパスした。
 新宿発14:25発の埼京線川越行きで武蔵浦和の居酒屋「一幻」で午後3時に飲み会をすることになっている。夜は多分書けないので、今ブログは書いておく。

2018年4月26日木曜日 曇り PM10時27分投稿 

血液検査結果

すべて基準値内で良かったが・・・

 昨日6本採取されて、本日は3本、採血はいよいよあと1日1本ペースになり、明後日午後には帰ることが出来る。本日午前中に採血したもので、退院前の検査がされたようで、さきほど、血液検診結果が各人に渡された。それがこれである。ご覧のように、すべて標準値の範囲内に収まっていた。20日間、酒・カフェイン・肉・油などの大食いや飲みすぎをせず、仙人のような生活をしたおかげだと思う。
 今日は東祥寺さんから平成30年の後半6月以降の坐禅写経の計画がメールで知らされたので坐禅写経のページを更新しておいた。お寺の人たちにはページの加除修正が出来ないので、Dachs飼主が替わってお手伝いしている。
 また、病院参加者36名のうち、30名弱の人から名前住所電話番号趣味などをお訊きできたので、ID、PWが必要なセキュリティ保護をした上で我がサーバーにアップし、友人名簿に協力いただけた人にだけ公開した。ほかにGoogleやYahoo検索にも引っかからぬような処理もしておいた。

生き方に迷った時克己復禮爲仁、
 『己を克めて礼に復るを仁と為す』
 礼は思いやりの気持ちを実践する形式です。礼を省略することは、思いやりをも省略してしまうこと。煩わしさや面倒さから逃げようとする気持ちに打ち勝って、礼を守ることは同時に思いやりをも守ります。

2018年4月24日火曜日 雨 PM8時15分投稿 

紫外線は怖くない?

 夕方、友人からクローズの掲示板で書き込む文章が右端まで行っても自動改行されず、困っている、どうしたら良いかと相談を受けた。自動で改行されないなら手動ででもやるしかないのだが、調査してみるとGoogleChrome系はきちんと自動改行してくれるが、MicroSoftEdge系はしないようだ。ブラウザーによって操作が違うのは困ったことだ。そこまで配慮したシステムメンテナンスはなかなか難しい。
 今日は午後から花曇りから雨もようだが、1昨日記述した日射病対策に関連し、紫外線について少し考えた。テニスプレー中、dachs飼主は帽子はかぶるが、タイツや紫外線避けの防備はしたことが無い。帽子やサングラスはサーブをしたり、相手から打ち上げてくるロブを的確にとらえる際には、眩しさを防ぐのに必要だが、紫外線影響云々は配慮することがない。子供の頃は今のように紫外線について騒ぐことは無かった。怖かったのは原爆実験での降灰が雨で混じるので、夕立ちや雨の際は急いで帽子や蓮池の蓮の葉っぱをかぶったり、傘を取りに帰った。今も紫外線避けは半世紀以上せずに、表を歩き回っているが、シミや黒ずみが同年代の人より目立つと思ったことは無い。dachs飼主は瀬戸内海沿いの街で育ち、すぐ近くに海があり、お昼は漁民がたくさん漁船の近くにいた。われわれ子供には大人の話をエログロ含め面白おかしく話してくれた。漁師の人たちは顔は真っ黒だったが、それ以外に、眼が銀色で不気味だった。たぶん陽射しだけでなく、潮風で眼をやられたのだと思う。

生き方に迷った時人能弘道、非道弘人也、
 『人能く道を弘む』
 私たちは初めからみちがあることに馴れきっているのかもしれないが、道は自分で切り開くものである。道があるからそこを進むのでなく、道を切り開いてこそ人である。

2018年4月21日土曜日 晴れ PM9時06分投稿 

献血は気持ち良い

 あと1週間、来週午後には新宿牛込柳町から放免される。お昼は新宿で量も質も値段もハイな肉料理とプレミアムビールを飲んだ後、JR新宿駅4番線から14:25発の埼京線川越行きに乗って武蔵浦和に14:55に到着する手はずを整えた。新宿で友人と待ち合わせをする予定。
 最初は知らない通しの病院仲間とも、自分のベッド近くの人たちから次第に打ち解けてきた。明日からは毎日1~3~6本と次第に採血の量も回数も頻繁になってくる。向かいの古河さんは秦野の鶴巻温泉在の方だが、10か月前まで4か月に1回、400ml献血を本厚木の献血センターで献血してきたという。献血は17歳以上という制限はあるものの、上限は決めてないようだ。しかし、地区によっては条例で、65歳以上の方は、60歳から65歳の間に献血経験が無いと受け付けては貰えないそうだ。今回病院での採決送料は360mlだが、古賀さんに聞くと1回400ml献血しても体調に異変や不調は無く、かえってすっきりするそうで、進んでいくようにしていたとのこと。詳しい血液診断結果も送って貰えるので体の異変はタイムリーに把握できる。センターの自販機は全て無料だし、粗品(お米2Kgなど)も帰りに貰えるので家族も喜んでいるそうだ。今まで、dachs飼主は知らなかったので一度も経験は無いが、若いときに経験しておけばよかったとちょっと残念に思った。

生き方に迷った時君子務本、本立而道生、
 『本たちて道生ず』
 何かを伝えようと焦って喋れば喋るほど混乱し訳が分からなくなってしまうことがある。なんでも物事は中心、根本、コアをつかむことが大切である。難しいかもしれないが、それがつかめたなら、進むべき道がはっきりと見えてくる。

2018年4月14日土曜日 曇のち雨 PM2時17分投稿 

XIT-STK100

 日曜日に入院して、本日は早くも土曜日。2日目の採血6回、3日目くらいには、いろいろきつい環境を恨んだこともあるが、なんとか1週間生き延びてこられた。それでも、昨夕はトイレで何度もモドス老人がいて、自らの意思でリタイアされた。また、今朝はDachs飼主の知っている人だが、数日食べられず、ロクに便も出ず体調も良くないようで、今朝リタイアされた。無理をせずにリタイアされたほうが良い。

スマホにもパソコンにも使えるテレビチューナーを通販で買ってきた

 昨日、通販で購入したパソコンにもスマホにも使えるモバイルTVチューナーXitStick「XIT-STK100」がお昼頃にさっそく届いた。ワンセグなので、場所によってTV写りは左右されるが、ノートパソコンに接続した状態ではまずまず満足できる携帯テレビになる。しばらく、暇つぶし時に活用したい。

自分を磨く三人行、必有我師焉、擇其善者而從之、其不善者改之
 『三人行えば必ず我が師あり』
 人との付き合いの中で、相手の良さに気づいて感心することがある。感心したままで終わらせず、その人をお手本にしてしよう。相手の欠点を見つけたときも、自分はそうなっていないか、再確認が必要だ。人生の先生はいつも、身近にいるのだ。

2018年4月13日金曜日 晴のち曇 PM10時20分投稿 

心臓の動き

 今朝から体のこと、気になっている心電図の7勉強をしてみた(なんせ時間が有り余ってるので・・・)。ここは心電図検査に重きを置いていないようだが、以前の病院ではかなり厳しくチェックされ、少しでも基準から外れていると再チェックを受けることが何度かの入院検査で体験している。心電図チェックで陥る人も何人かしていいる。文京区の病院では補欠で待機入院していたが、幸運(?)にも先番の方が心電図でアウトになったので、Dachs飼主が入院内定になった経験がある。そういう私も心電図でプリンターが動き出す前や印刷音のジーという音が気になって、緊張し、足指がぴくぴくと動き心電図に影響を与えそうでビクビクものであった。いまの病院はチェック基準はそう厳しくないようだ。

正常な心電図波形は,おもに4つの波からできている.まず「P波」という小さな波から始まり,それに続くP波よりも尖って大きな波の「QRS波」,そしてなだらかな波の「T波」が続き,最後に小さい「U波」がみられ,これが繰り返されていく。

 それでは、勉強、勉強。(メイン資料はナースのコミュニティより抜粋)
 正常な心電図波形は,主に4つの波からできている。右図のごとく、まず「P波」という小さな波から始まり,それに続くP波よりも尖って大きな波の「QRS波」,そしてなだらかな波の「T波」が続き,最後に小さい「U波」がみられ,これが繰り返されていく。この4つの波が,1回の心臓の収縮と拡張を表し,1心拍となります.また,P波の始まりから次の始まりまでを結んだ線を「基線」といい,基線より上向きに現れる波を陽性波,下向きに現れる波を陰性波という。

  • P波は小さな波で心房の興奮度を示す
    • P波の幅は0.12秒(3mm)以内が正常
    • P波の高さは0.25 mV以下が正常
  • QRS波は尖って大きな波で心室の興奮度を示す
    • 最初の下向き波をQ波,大きな山をR波,下向きの波をS波
    • 3波を併せQRS波と呼ぶ
    • QRS波の幅は0.06~0.10秒(2.5mm)以内が正常
    • R波25mmまでの高さ,S波は25mmまでの深さが正常
  • T波はなだらかな波で心室が興奮から醒めていく過程を示す
    • T波の幅の基準は0.10~0.25秒
    • T波の高さの基準は1.0mV以下で,かつR波の1/10以上
  • PQ時間(間隔)はP波の始まりからQ波までの時間を示す
    • PQ時間の正常範囲は0.12~0.20秒
  • QT時間(間隔)はQ波の始まりからT波の終わりまでの時間を示す
    • QT時間は心拍数によって変化してしまうので,心拍数(RR時間)で修正した値で評価
    • 修正QT時間(QTC)=実測のQT時間/√RR時間
    • QT時間の基準は0.30~0.45秒
  • PR時間(間隔)はR波の頂点と次のR波の頂点までの長さのことを示す
    • PR間隔から心拍数を計算することができる
  • ST部分はQRS波の終わりからT波が始まるまでを示す。
    • 基線と一致するのが正常

 以上纏めると、心電図をよく観て計算調整しないとよくわからない。検索すると、ミネソタコードと呼ばれる簡単に判断できる基準解説値があるようで、それを今度心電図をチラ見して調べてみよう、と思う。
以上、全くもって纏まってはいない

自分を磨く學而時習之、不亦説乎
 『学んで時にこれを習う、またよろこばしからずや』
 何かを学んだときはそれっきりにしてはいけない。学んだことを実践すれば、新しい課題もみえ、そこから新たな学習も始まり、自分がどんどん成長するのが分かってくる。それが人生の喜びともなる

2018年4月12日木曜日 曇時々晴 PM3時02分投稿 

無題

本日は後日、別途記入する

自分を磨く好仁不好學、其蔽也愚、好知不好學、其蔽也蕩、好信不好學、其蔽也賊、好直不好學、其蔽也絞、好勇不好學、其蔽也乱、好剛不好學、其蔽也狂、
 『仁を好みて学を好まざれば、その蔽や愚』
 優しさも正しい判断をしなければ間違った結果を産む。そのためによく学ばねばならない。知識、誠実さ、実直さ、勇気、強い意志も同じように、正しいことを判断する能力を持つことで、その効果が発揮できる。

2018年4月8日日曜日 晴時々曇 PM9時02分投稿 

入院初日

午前中はツレアイへの引き継ぎ事項や荷造り確認した後は時間があったので本日午前5時からEテレで放映された「こころの時代~宗教・人生~アメリカで生きる宗教」を観た。浄土真宗本願寺派の僧侶「ケネス田中」さんの話であった。印象深かったのは『キリスト教は神を信ずるで救われる』と説くことから始まるが、『仏教は現実を努力で解消する』人間肯定の宗教である。禅や瞑想も使いながら心を清純無心にした上、じっくり考えることで解決をはかってゆく前向きなものだとのこと。何となくわかる気がした。また、日本人は米国人に比べ誠実だが、自主性や主体性に欠け、周りの人に遠慮しすぎる。もっと外国人と同じように大胆に決断し、目的達成に自信をもって努力してゆくべくだ。
この番組は毎週録画して観ている。
午後1時半に到着し、4時過ぎまで検査。42人もの検査は時間が掛かる。友達にあった。2016年12月にご一緒した津島さんと押田さんには逢えたが、福島さん、吉川さんは一次で落選した模様だ。折り紙上手な去年3月に一緒に落選した相馬さんには偶然にも逢うことができたが、本日血糖値と血圧で待機者に格下げされた、とのことで残念なり。
夕食は午後7時予定なのだが昨夜の夕食以来絶食中なので、4時半ころにカロリーメート4本400キロカロリーが支給された。7時に食べ、8時に10分シャワーをして、午後11時就寝となる。
 本日の検査(血圧・採血・検温・体重・肥満度)ではクリアーできたので、明日の採血・心電図さえ問題なければ第1期20泊21日が本日からスタートする。採血・貼り薬添付のくりかえしで単純なのでいつまで新鮮な気持ちでいられるか、自信が無い。本日、暇つぶしに自宅から持ってきた本「心が冴えわたる論語」から毎日一文づつ書き綴って、心の平静を保ちたい。

自分を磨く有教無類
 『教えありて類なし』
 自分で学んだり、人に教えて貰ったり、また、教えてあげたりすることで、皆が一緒に良い方向へ成長できるのです。

20 pages