dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年11月15日木曜日 晴のち曇 PM6時08分投稿 

畜尿障害

おしっこチェックシート

 千葉県市民公開講座が駅前のホテルで開催されたので、行ってみた。テーマは「おしっこの悩み解決します」。第1部は午後2時から「女性の排尿トラブル」、第2部は午後3時から「おとこの排尿トラブル」。代表的な尿トラブルは「畜尿障害」と「排尿障害」に分別されるが、優先度が高い治療は、排尿障害の解消である。男性で代表的な排尿障害は「前立腺肥大症」であるが、dachs飼主は腹部エコーでも前立腺の肥大は無いようだが、おしっこの勢いが弱くなったぐらいが排尿障害と言える。むしろ今回講座では詳細な解説は無かったが、私に関する限りでは畜尿に問題があるようだ。膀胱の弾力性が弱まっているようで、十分膀胱に溜まらないうちに尿意を感じてしまっている。洗面所・台所など水場に行った時やトイレの近くに来ると尿意を感じて、少しだけでも出そうとしている自分がこのところ多いと感じている。
 根本的な治療は医者に行かねばならないが、まずは「尿意を感じても可能な限り我慢する」「夜はカフェインやアルコールは少なくし、水分はあまりとらない」ことを心がけようと思う。第2部からだけ参加したが、第1部からも聞いておけばよかった、と残念だった。資料は排尿に関するチェックシートである。男性では70歳を超えると前立腺がとても気になる。

2018年11月3日土曜日 曇時々晴 PM5時07分投稿 

ゆっくり走ってやせる

毎日少しづつ走るのは体に良いと書いてあった

 図書館で借りてきた学研の「ゆっくり走ればやせる」を昨日から読んでいる。気軽に読める本だがdachs飼主が着目したポイントは次の通り。
◎30歳以上の体脂肪適正範囲 17~23%
◎BMIでの適正範囲 適正体重は身長*身長*22
 自分の体重との差が10%未満が適正
◎カロリー消費量 体重70㎏の場合、1㎞を走ると70キロカロリー消費する
 体重1Kgの熱量は7000キロカロリーなので、それだけ痩せようとすれば
 100㎞を走りきる必要がある。
◎走る際の適正心拍数は120
◎着地は踵から

 今スポーツジムでの仕上げはトレッドミルで、3㎞を24分ペースのゆっくりとしたランニングスピードで走っている。㎞8分ペース(時速換算で7.5㎞)だと心拍数は120くらいで話しながら走れるペースだ。14回ほど走れば7000キロカロリーで体重を1Kg落とせる勘定になる。アルコールとつまみとおやつを節制しなければ元の木阿弥。お腹が空いている時に走るほうが体重減には効果的とも書いてあった。

2018年11月2日金曜日 晴のち曇 PM7時37分投稿 

今日からダイエット

先月は旅をいっぱいした。忙しかったけれど、楽しかった

 今朝体重を測ったら、70Kgを若干超えていた。これではイケナイ!と夜の今一番好きなチュウハイ「アサヒもぎたて24時間」もビールも飲まなかった。朝テニスも天気が良くいつもより多めに動いた。2週間ほどでモトの67Kg台に戻したいと思っているが成果はでるだろうか。とりあえず、しばらくアルコールは辞めたい。
 週初めに行ってきた群馬3泊4日ドライブを本日ヤットコサホームページアップできた。また、先月10月の愛犬暦もアップしておいた。重労働だった。来週火曜日からも3泊4日で関西に出かけるので、家でゆっくりとパソコンを使えない。また、関西に行くとアルコールの誘いがあるのを拒否できるだろうか?

2018年11月1日木曜日 晴のち曇 PM5時52分投稿 

食べすぎて飲みすぎて

 昨日までの3泊4日で撮り貯めた写真600枚を整理するのに半日かかった。明日からぼちぼち旅の記録をアップしてゆきたい。
 昼ごはんを食べたあと、久しぶりに平日テニスとスポーツジムに行って汗を流してきた。4日間も身体を動かさず飲み食いばかりの怠惰な生活をしていると体重ばかりが増えて今朝測ると69.4㎏までまた増えていた。2時間8名の参加があり、フルに2時間コートを奔り廻れた。ジムでのランニングも含め、今日は18000歩超の歩数をスマホには記録明示していた。
 夕食ではまたアサヒのチューハイを飲んでしまったので、それほど体重に動きはないだろうが、運動をすれば脂肪が燃え、筋肉が徐々についてゆくと信じている。
 ブログのバージョンが4.9.8にアップした。

2018年10月27日土曜日 晴のち曇 PM5時22分投稿 

バリウム余波

 昨日の大腸気分を書いておく。
 1昨日の胃がん検診でバリウムを飲んだ後、すぐ紅色の小粒な錠剤2錠を飲み、夕方もう2錠飲んだ。しかし、お腹がグルグルするも、1昨日は出なかった。
 昨日の朝は食事前に白いものが混じったのが1回出た。その後7時半に朝食を済ませて1時間くらいのうちにさらに5回も少しづつ下痢気味に出た。9時前にテニスコートに行く予定で少し気がかりであったが、自宅を出てからは便意はもうなかった。
 

観光地をプロットしておいた クリックで拡大

 午後のジム2時間を除き、パソコンにかじりついて、明日から3泊4日の行き先を地図にプロットした。延べ4日間、どこに行こうといろいろ悩んだが、ちょっと多めに観光地の場所と往復時間をメモにまとめておいた。

2018年10月25日木曜日 晴れ PM5時13分投稿 

大腸胃肺癌検診

本埜保健センターで読みながら順番を待った

 昨日より今朝のほうが暖かい。今日は市の癌検診指定日なので、昨日一昨日と2度採便したものを大腸がん用に、今朝は絶食して胃がん検診、また肺癌検診もしてきたが、大勢の老男女と主婦で、検診センターは混んでおり、朝9時半に行って、終了したのは11時にもなった。混雑するだろうと思い、9時の図書館開館に合わせて、軽そうな本を2,3冊借りてから市の保健センターに行った。今日借りた本は小説2冊とダイエット本。先週の新潟旅で飲み食いし、来週も4日間で飲み食いするのでちょっとダイエットしないと老人と謂えどもカッコ悪い。飲み食いだけではなく、いつもやっているテニスとジムを週半分もしないとやはり脂肪が皮膚や内臓に遠慮なく沁み込んでくる。
 午後はテニスで少し運動をしたが、ジムはあいにく休館日。運動もできないし、胃がん検診を終わった後、バリウム退治の下剤を飲んで、軽量化に励んでいる が、まだ出ていない。

2018年10月23日火曜日 霜降曇のち雨 PM6時59分投稿 

5キロラン

 朝から曇りがちでお昼頃には小雨が降り、肌寒かった。ストーブを物置から出すのもボチボチだなぁと思った。午前中は重量物(お米や飲料)購入でスーパーマーケットや酒屋に同行。午後はジムで5キロ弱走ってきた。久しぶりに長い距離を走ると脚が疲れる。
 ジムでパーキングしたとき、バックやエンジンスタート時のフロント・サイド・リアカメラがモニターされない症状が起こった。広い屋上パーキングまで車を持って行って、エンジンを切ったり、いろいろ検査したが症状は同じ。ジム終了後にディーラーのメンテ部門でチェックをして貰おうと思ったが、ジム終了後にエンジンをかけると復帰しており、いつもの正しい状況になっていた。不思議だ。再発するようなら次回はメンテ部門で調整してもらう。
 土曜日のブログで、誤嚥性肺炎にかからぬようにしないといけないと綴ったが、サンデー毎日に関連記事が出ていた。30秒間に唾液を何度飲み込めるかでのど年齢が判るという。70代では最低5回、60代では6回、50代では7回以上できないと弱った喉と言われるらしい。高齢化してくると喉ぼとけがだんだん下がってくるので、誤嚥する可能性が高くなるので、注意しておかねばならない。
 明後日は市の癌検診があるので、大腸がんの採便をした。今日明日明後日で2回採って明後日持ってゆく。一般検診は脳ドックで主要な検査はやり終えたので、今年は受けない。

2018年10月5日金曜日 雨時々曇 PM2時51分投稿 

脳ドック結果受領

2万円弱払って安心できた

 先月19日に受診してきた脳ドックの詳細データが送られてきた。19日帰る際にも口頭では「大丈夫だよ 若いです」云々と褒められて帰ってきたが、詳細なデータや図表、説明書など14ページにまとめられていた。MRI(脳実質及び脳室系)、MRA(脳主幹動脈)、頸動脈エコー、ABI(動脈硬化)とも異常は認められなかったのでまずは一安心。
 朝から小雨が降っており、朝テニスはお休み。昨日新宿で新潟村上佐渡妙高の打ち合わせをした結果をHP上に展開し、同行者に確認をして貰う。あと10日強で新潟ドライブに出るので、旅案内企画担当を仰せつかっているdachs飼主としては、少しでも思い出に残る旅の実現に向け、細かく手を入れている。

2018年9月23日日曜日 秋分曇り PM8時50分投稿 

体組成

 万歩計を先月末亡くしてしまったので、今月から録れていないが、2012年10月から体重体組成計の記録はコツコツと毎日記録し続けている。体組成計的には20歳も若いと表示されるが、2012年取り始めの時も48~50歳なので6年経ってもそう変わってはいない。(このシステムは壊れているのかも・・・)(後半表を参照)

 ジムとテニスのペースも6年前とほとんどか変わってはいないので体組成はそれほど変わってはいない。体脂肪は20%前後だが、体脂肪計測は「脂肪は電気抵抗が非常に大きいが、筋肉や血管などは電解質が多くて電気が通り易いという性質を利用して、脂肪率を推測しているそうだ。電気抵抗の差だけで数値化しているのでそのまま信じるのは如何なものかとは思っている。内臓脂肪については食べるものの組成で増減するようで、黒酢が減少に効き目あるとも聴く。とは言え、毎日同じ時間に測るのならその数字は本物だと信じよう。

2018年9月19日水曜日 晴のち曇 PM7時47分投稿 

脳ドック受診

結果が二人とも心配することもなく終わって安心の美味しいランチでした

 朝10時に間に合うように市内の総合病院に出かけた。二人揃っての脳ドックである。10時から12時半頃までの14項目の健診を受け最後の30分はドック後の昼食を戴いた。最後の頸動脈エコー検査の詳細結果は後日郵送されるが、それ以外はドック担当医師より15分ほど説明を受けた。「脳は委縮して無くあなたの歳にしては若い脳なので認知症の疑いなどは全くない 血管の固さも若いので大丈夫だ・・・」などと予想通りの結果なのでとにかく安心した。2週間後に詳細なレポートが届くという。頭部MRIとMRAのチェックを受けたのだが、いずれも所見は良好とのこと。MRIが、脳の断面を詳細に写し出し、脳梗塞や動脈瘤、脳腫瘍等を検出するのに対し、MRAは血管の状態を詳しく見るために用いられ、脳動脈瘤や脳動脈閉塞等を検出できる。いずれも一安心。
 医師よりこんな話が聞けた。「頸動脈エコーは初めてだったのですが、Dachs飼主は5年前に前立腺エコーをやって貰った。その時は正常だったが、最近は夜間頻尿の我慢を朝方している」と話すと「そんなの簡単ですよ 泌尿器科に行って(男性ホルモン増殖を減らす)薬を処方してもらえば、治ります 前立腺がんはPSA検査を受ければよいが、受けなくても前立腺がんで亡くなることは無い」とも言われた。

23 pages