dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年9月27日水曜日 曇り PM7時35分投稿 

律する心

 今日のテニスは「ボレー」を意識して練習した。皆に宣言して、dachs飼主が前衛いなるべく、ネット際バック側を狙ってもらえるように協力を要請した。高い位置でボールをリターンする時にハイボレーとスパイクの判断を間違えてしまい、スパイクでネットにぶつけたり、コース外に出てしまうことが多い。だいたいハイボレーかネット際にポトンと落とすを選択しておくと間違いが少ない。
 教育テレビで「こころ」という仏教関連の1時間ドラマを日曜朝6時からやっている。半分以上はとっても難しい内容だが、時には「なるほど」と思うことがある。自分を律する大乗仏教の教えを最近勉強したので披露する。

自分を律する4つの心(大乗仏教の教え)
①「流れる心」
 心に起きた、さまざまな衝動を、そのまま、そっとして置くということ
 そうすれば、自然にその衝動がおさまっていく
 感情とか、欲望と言うものは、自然に流れる
②勝らぬ心
 自分のほうが相手よりも偉いのだという価値観を転じること
 人間というものは、生きていること自体が価値であり、財産、地位、名誉などとは無関係
③求めぬ心
 他人に期待するのではなく、自ら動きなさいということ
 他人に対して求める前に自分が自分の責任を果たしたのかを考える
④無心
 「流れる心」「勝らぬ心」「求めぬ心」を日々、反復実践し、自らの血肉化する過程
 において、次第に「無心」になって行く
 無心であればこそ、瞬発的に物事に対応できる

2017年9月25日月曜日 曇時々晴 PM3時49分投稿 

左膝肘軽傷

 雲も顕われては居るが秋空と爽風が朝から気持ち良い。朝テニス。昨日コーチからレッスンで言われた「ボレー」をより上手くになるために、今日は、できるだけネット近くに奔ってボールをとらえようと頑張った。しかし、その第一試合で、間にあうと思った相手側のボレーを追いかけようと全力で走ったが、残念ながら間に合わず、しかも転んでしまった。間にあうと過信してその体力脚力もないのに、奔って、左肘と左膝を擦りむいてしまった。カットバンをそれぞれ2枚貼って応急処置をして試合続行。年寄りが若い人と同じように後先考えず走ってずっこけるのは軽度認知障害(MCI)の範疇に入るのだろう。恥ずかしい・・・。

2017年9月5日火曜日 曇り PM6時45分投稿 

体重増加

 今日は曇天で雨は降らなかったが、テニスもジムもお休みの日。昨日午後から読み続けている高橋和巳の「悲の器」を夕刻までかかって読み終えた。新潮文庫の小さな文字で500頁を超える大作で時間がかかった。文字の量だけでなく、内容が深くて自分の人生に比してとても考えさせられる小説であった。学生時代に読んだが再読してよかった。ほかの人にもぜひ進めたい。

徐々に体重が増えてきている

 しばらく休んでいたジムでのランニングを再開した。ベスト体重が67Kg台なのだが、ここ1か月ほどは68Kgか、ひどい時には69Kgまでに騰がっている。先月の測定結果が出た。このほか、活動量分析などを含めてA46頁のレポートが毎月出ている。毎朝の体重測定で体重の増減が良くわかる。食べるほうも、朝食も野菜サラダとヨーグルトだけにした。ルイボス茶・マテ茶や痩せるサプリメントなども考えたが、一時的なダイエットでは効果もその場しのぎになるので、トータルな健康を目指してみる。

2017年8月18日金曜日 曇り PM4時26分投稿 

東北地震の避難状況

 朝、少し曇りがちであったが、テニスには絶好と思い、いつもより小さめの冷水ポットで出かけた。ところが、9時半過ぎから強烈な日差しが戻って、8人2面だと4ゲーム終了毎に5分ほどの休憩を取らぬとバテテしまう。今夕はこのチームの選抜3名で暑気払いに行く予定。もう二人行く予定だったが、Nさんは奥様と北海道旅行、Mさんは体調不良で欠席となった。しかし、Mさんは久しぶりに朝テニスに参加されていたが、みていて辛そうだった。高齢者は無理飲茶をしてはいけないので、曜日当番の人がいろいろと慮っ(忖度し)て、休憩など最適な決定をしなければならない。dachs飼主も、月曜当番なので、休みの決定は躊躇なく行わなければならないと思った。

垣谷さんの本は読みやすく、面白い

 毎日ブログを書いているが、この頃は書いた前後に、親しくさせて戴いている方おふたりのブログを読んでいる。ブログの中で気になった人や事実については、ネットだけでなく図書館で本を借りたりして、いろいろと勉強させて貰ったり、なるほどなぁと感慨にふけることが多い。大震災関連については吉田所長のドキュメンタリーや昨夜は垣谷美雨作「避難所」を読んで勉強になった。垣谷さんの本は以前「七十歳死亡法案、可決」も読んだが、読みやすい作家であった。避難所を舞台に、「絆・親切・家族・夫婦・我慢・辛抱」等の言葉の内実が女性たちの視点で、描かれていた。
 今から飲みに行こう。

2017年8月17日木曜日 晴のち曇 AM8時31分投稿 

野菜収穫終焉

梅雨明け後の大量雨で、野菜が穫れない

 もうお盆の終わりで、5月の節句に植えたミニ野菜園やグリーンカーテンもいよいよ収穫が終わりに近づいてきている。長雨続きでトマト系は実が割れたり筋が入っているものが多く虫の餌になってしまった。トマト系は雨や水に弱い。胡瓜もあと10本も取れば終了、ズッキーニは初体験のためか、4,5本しか収穫できなかったが、食べると買ってくるよりもうまくて満足した。ゴーヤも今年は20本ほどしか獲れなかった。写真は多分最後の「ホワイトゴーヤ」になるだろう。

 今日も朝から鬱陶しい。昨日東京の最低気温は21℃、最高気温は23℃だったらしい。ところが、本日の木曜テニスは午後3時からで、わずかだが青い空が姿を顕わし、太陽も少し顔を出してくれた。

今朝のラジオで小指の爪と尿漏れ・腰痛の話題が出ていた。5時からのTBS生島宏の『おはよう定食|一直線』を毎朝聴いている。ここではdachs飼主の好きな女優檀れいの「今日の1ページ」を楽しみにしている。檀れいの顔と声はいつの頃やらか、好きになっている。
 しかし、今朝は生島ヒロシさんの語る健康番組の項目で「足の小指の爪が極端に小さい人は腰痛や尿漏れになる確率が高い」そうだ。ちょっと気になってウェブ検索をしてみたら、同じようなことが書いてあった。テニスでは横への急速移動が多いので、気をつけなければと思った。

小指の爪が極端に小さいと
 個人差は当然あるが、小指の爪が薬指の爪の半分以下だと腰痛、尿漏れの危険性が高いとのこと。足の小指が小さくなる理由は、足の外側に荷重がかかるせい。外側荷重だと腹筋や背筋が使いにくくなり、ももを閉じる筋肉や骨盤の下部の筋肉が弱ってしまう。これが原因で腰痛、尿漏れの原因となる。

2017年7月24日月曜日 曇り PM7時45分投稿 

ちょび漏れ

 いま、いろんな方には離せない恥ずかしい悩みがある。以前、ブログ友南風さんが似たようなことをおっしゃっていたと思うが、尾籠な話で恐縮だが「ちょび漏れ」である。女性がよくなると言われる「尿失禁」でもない。もちろん、いつ発生するかわからない恐怖ではなく、排尿後のそれである。
 以前は、そんなことはなかったが、このところ、僅かばかりであるが漏れてしまう。対策として、立ってするのではなく坐ってするようにしている。これで漏れは激減した。ちなみにウェブでも検索してみた。

ちょび漏れ
 「ちょび漏れ」のメカニズムは「トイレに行った直後」が圧倒的。尿道括約筋がきちんと機能しても、男性の尿路は女性と比べて長いので、尿路にオシッコが残りやすい。それが排尿後に漏れてくる。そのため、専門家は尿失禁とは呼ばず『排尿後の尿滴下』と呼ぶ。対策としては、オシッコの後に陰茎部の裏側の根本付近に指を当てて、肛門を閉めるように力をこめるのが良いとのこと。

2017年7月14日金曜日 晴のち曇 PM9時24分投稿 

朝採れ野菜

プチトマトは近所に指し上げるほどたくさん熟る

 今日もとても暑かった。朝テニスは2面取っていたが6人しか集まらなかったので一面は練習帳だけ使い、残り一面で2人休憩でゲームプレーした。あまりに暑いので、この夏まだ使用していなかった『首もと氷ベルト』を2本持って行った。今日のような陽射しでは1本30分ほどで冷気は全く無くなってしまう。この首ベルトとミネラルドリンクと帽子で暑さ対策をしている。午前なのでまだ良いが、午後ならさらに蒸すので、スポーツドリンクが冷却果汁ペットボトルに変わる。
 家の庭にミニ野菜畑を作り、今春に植えたきゅうり、ズッキーニ、トマト、はぐら瓜、ゴーヤーが毎日少しづつだが、写真のようなペースで採り入れて、朝夕の食卓材料にしている。

2017年7月6日木曜日 晴時々曇 PM8時27分投稿 

深刻な老い

体のコンディションを考えてみた。血液・尿・便検査や体重、胃肺レントゲンなど、市の健康検査ではおかげさまで10年以上全く異常は出ていない。数年毎に行ってる、1泊泊まりの人間ドックでも「全く問題なし コンディションは最高」評価を貰っている。しかしながら、気に懸かることもある。頭に関してはふたつある。一つは天頂部がだんだん(ハゲシク?)薄くなってきたこと。洗面台で歯を磨き顔を洗うために下を向きふと上を見上げると前の鏡に我が頭の一部が薄くなっているのがハッキリとわかる。二つ目は白髪。あまりにも進化が激しいので、ツレアイの勧めもあって半年ほど前から白髪染めの使用は辞めてしまった。
眼は眼鏡を架ければ不自由はない。口は昨年早々に左側上の3本が入れ歯になった。そのせいで、食事中は左の歯を使わず、噛むときはどうしても右側で噛んでしまう。
肥満や痩せすぎはテニスやジムで体調の制御をしているので、ベストコンディションである。骨や筋肉の不具合も今のところ、問題らしきところは気づいていない。毎日の便も快腸の部類に入ると思う。しかし、小のほうが夜明けまで我慢しないと持たない。ぎりぎり我慢して起床してから行くことにしているが、尿意で朝4時ころ目覚めてしまう。尿意を我慢するために、TBSラジオで6時半頃まで聴いて壇れいの声をきいてから起床してトイレに行く。トイレにいっても若い時のように噴出する勢いはなく、ちょろちょろ・・・。多分、締まりが悪いのでおわるまでに随分かかる。
暗くなるのでもうやめた  とにかく 老いるショック である

2017年6月27日火曜日 曇り PM9時12分投稿 

ストレスの発散

数年前に植えた百合が、毎年このころに咲きだしている

 リタイヤするまで、会社では、対人関係、特に上司との間で結構ストレスを感じ、ひどい時には自宅にまで持って帰り、ツレアイに悲しい顔やツライ顔を見せていたような記憶が何度もある。愚痴を言っても仕方がないので、当時からのストレス発散方法はお酒・テニス・ペットでしょうか。自分が好きなことをやって、それに集中・安住を見つけるのが一番いいと思う。また、美しいものを観たり聴いたりすると心が癒され、嫌なことは少し忘れ、新しい考え方に結びつくことがある。。
 しかし、古希を迎えた今、対人関係についてはしがらみのない人付き合いをしており、嫌な人に対しては付き合いをしなければしそれで済むので、ストレスにもならない。しがらみのない仲間には、しがらみのある人物は入り憎く、自然と気持ちの良い仲間意識が産まれてくる。

2017年6月22日木曜日 曇り PM6時29分投稿 

よく動いてきた

床屋で偶然貰った

 今日は午後1時からのテニスだが、1面しか予約していないのに10人も参加者がきた。
 木曜日は集まりが悪いので、いつも1面だが、昨日雨でテニスが流れたので、その余波で普段来ていない大勢のメンバーが参集。空きコートは全く無い。10人1面だと連続して2回ほど休まざるを得ない(3試合に1回しか参加できない)
 これではストレスがかかるので、2時間延長して5時までプレーしてきた。昨日古希を迎え「中庸」を唱え、「無理をしない」「我を通さず仲間とは仲良く」をモットーとすることを念じてきたのに、後者はOKだが、体力で無理をしてしまった。いつもジムで運動をするのだが、今日はヘトヘトでお風呂にだけ入って、今冷たいビール(でなく金麦)を飲みながら書いている。
 昨日、理容ひかりに髪を切りに行った。ここは、リタイア後月に一度通っている1,100円床屋だが、「ただいまの待ち人数」がネットで観られるのと、会員カードを登録しているので、切り方スタイルを毎回いう必要がないので重宝している。昨日、行くと「おめでとうございます」と汗拭きを貰った。誕生日にプレゼント小品を貰えるのは知らなかったのだが、ちょっとばかり嬉しい。来年も誕生日に行こう。

17 pages