dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年7月13日金曜日 曇り PM10時18分投稿 

たくさん歩いた

蒸し暑い中、約3万歩を踏破。お昼は湿気の高い猛暑であった。

 朝一で新宿の病院に通院後、10時半に牛込柳町から大江戸線青山一丁目駅に向かう。ここから外苑通りに向け出発。残り少ない都心への通院もあと4日間のみになった。せっかくの都心訪問なので、今まで行ったことのない神社仏閣に行ってみようとここ最近は寺社散歩にはまっている。
 今日は都心、それも港区の神社散策を試みる。本日の最終予定は「梅窓院」~「長谷寺」~「乃木神社」~「氷川神社」の行程に短縮された。朝の病院では1時間弱で済むのだが、あいにく本日の滞在時間は2時間を少し超え、予定が若干狂った。当初予定は、これに浅草線西馬込駅から池上本門寺参拝が組み込まれる予定であったが、朝の時点で計画変更を余儀なくされた。
 青山一丁目駅に着いたのが11:30。右側に外苑前の美しい銀杏並木を観ることができた。今回の参拝散策でも東京には緑のオアシスが多いと感じた。程なく外苑前駅に着き、青山通りの左側に竹林の廊下参道が開ける。しっかりとした孟宗の竹群である。著名な寺院ではあるが、近代建築に変わって、お寺そのものがなくなってしまったような印象を受けた。裏手に祖師堂もあったが近代ビルで門前で引き返してしまった。正式名称は「長青山寛樹寺」とのこと。朱印を待つ間、お茶の接待を受け、鈴のなる待ち札を貰って待っていた。地図を見ると次の西麻布の長谷寺まではだいぶ距離がある。長谷寺の読み方は真言宗奈良や浄土宗鎌倉の「はせでら」ではなく、曹洞宗の「ちょうこくじ」である。dachs飼主が毎月坐禅と写経でお世話になっている地元の東祥寺さんも曹洞宗であり、ご縁が深いお寺でもある。本堂左手の観音堂には高さ10mの木造「十一面観音菩薩」がおられ、圧倒された。別名麻布大観音と呼ばれている。長谷寺は「曹洞宗大本山永平寺別院」と称しているが、「補陀山長谷寺」が正式名称である。お詣りが終わったのが午後1時少し前。お腹が空いてきた。六本木通りを駅に向かう坂沿いには美味しそうな安そうなランチ食堂が多い。同じような定食は何処でも食べられるのでふと脚が止まった生牡蠣レストラン「ostrea」。所謂オイスターバーである。品川で夜何回か会社の若いOLを誘ってきたことを思い出し、入ってみた。初めてだったので生牡蠣3種+サラダ・ドリンク・スープ・各バーにデザート付きで1400円だった。牡蠣は「丸えもん」「モンサン・リック」「仙鳳趾」でレモンをかけて、順序もこの順で食べると良いとスタッフがガイドしてくれた。とっても美味しかった。もう一度来て、牡蠣5枚入り2000円を食べたいと思った。
 食後、近くに出雲大社東京分祠があったので、ビル2階の本堂をお詣りだけしてきた。出雲大社はいづもたいしゃではなく、いずもおおやしろと読むのが正式だそうな。社務所告知「お手洗いはお貸ししていません」には笑った。
 食事を終え、落ち着いてきたので、外苑東通りを乃木坂方面に向かう。まずは「旧乃木邸」から入って、乃木神社へ。銅像や写真を見ると、乃木将軍の風貌は俳優の仲代達也に良く似ていた。
 その後、東京ミッドタウンまであともどりして、氷川神社に向かう。赤坂六本木も坂も多いが、鬱蒼とした緑も多く、趣がある。ここで、時計を見るとまだ3時過ぎ。歩数は2万歩を超えていたが、隣の千代田区に著名な山王神社「日枝」さんがあるのでもうちょっと足を延ばしてみた。政治の中心地にほど近い場所にある大きな神社である。交差点から坂上にある本殿近くまで巨大なエスカレーターが設置してあった。本殿も荘厳であった。4時前になったので、永田町から半蔵門線で押し上げ経由で帰宅。ジムのお風呂にはいい手汗を流し自宅でビール。万歩計を観ると3万歩に近かった。15キロほどてくてくと歩いたことになる。

2018年7月8日日曜日 晴のち曇 PM8時25分投稿 

明日退院

 明日で検査入院も終わりを迎える。4月2日の事前通院から7月26日の最終検査通院まで延べ60泊63日、日帰り通院14日に及ぶ約4か月弱、合計77日間もの長きに亘った。採血検査も40回ほどあり、その他の検査や病院と入院者とのごたごた、それ以上に外に出られないこと、検査以外は暇なことが、辛かった。その代わり、看護師さんたちがみなさん良い人が多く、優しくされたので幾分癒されることもあり。しかし、もうこんな長い入院生活は懲り懲りだ というのが本音である。しかし、西日本で豪雨被害に遭われた方々のことを思うとそんな勝手なことは言っては居られない。退院後5日間ほど日帰り検査通院があるが、明日の退院も含め「立つ鳥跡を濁さぬよう」気を付けたい。おかげさまで、頻繁に生科学系血液検査される数値結果はすべて標準範囲内に収まっており、体そのものはいたって元気に退院が出来そうである。明日も昼から美味しいものをたらふく食べられそう。
 長期間に溜まった資料や明日の退院に向けやらねばならぬことが多く残っているので、今から準備にかかる。

2018年6月27日水曜日 晴のち曇 PM8時54分投稿 

IT学習始めよう

 昨日の武蔵浦和サミット会議で北海道ドライブ旅がほぼ決まったようだ。青森から北海道に入る青函連絡船ルートで北海道の大地に入り5日間を楽しむ。残念ながら都合でdachs飼主は参加しないが、我が愛する仲間3名が素敵な温泉観光男旅を楽しんでくれることを祈っている。
 今朝、ラインで7月27日の夜、昔のテニマラ友(テニスとランニングで付き合いのある仲間)から久しぶりに宴会をやろうとのお誘い。10年来の夫婦一緒のあけっぴろげでええカッコのできない飲み会だがそれだけに気のおけない仲間。久しぶりとは言ったが、今年の3月4日にも飲み会を開催していた。

自筆で書くと文字の練習にもなると思ったが早く書くのでいつもの癖字・・・

 今日お昼から普通食に戻した。夕食も含め、特に問題も無く快調である。気分が良いので、10時頃からITの学習を始めている。HTMLCSS系の学習だが、今回は3000円もする分厚いマニュアルを2冊とも持ってきていないので、Webを観ながら学習した。パソコンで実戦練習するのだが、メモはパソコンにキーボードで書くよりルーズリーフなどに紙に書いたほうが手早いし覚えも良いので、要点を書きだしている。大学時代を思い出す。今日はまず手始めにCSS Grid Layout を極める!(基礎編)を20時過ぎまで学習した。途中、廊下散策を1万歩7Km歩いて軽い汗を流せた。今夜はよく眠れるかもしれない。

人間関係に悩んだ時に不逆詐、不億不信、抑亦先覺者是賢乎、
 『詐(いつわ)りを逆(むか)えず、信ぜられざるを億(おもんばか)らず、抑(そもそも)先ず覚る者は是れ賢(けん)か』
 「人は疑ってかかれ」というが、疑ってかかると相手の良さが見えてこない。また自分のことを信じてないと勘ぐってしまうと相手との関係は崩れやすくなる。疑うことも無く、真っ白な気持ちで向き合い、相手を知ろうとしてみよう。するとあいての気持ちや思いが見えて、こちらもてきせつな態度で相手にせっすることが出来る。それも人の持つ知性の輝きである。

2018年6月21日木曜日 夏至曇り PM7時38分投稿 

老化で1万歩

 やっと、3日目の朝を無事迎えることができた。午前中、次期入院3週間2回の事前検査が始まっている。昨日、該当試験の受験者より「明日うかがうがいいか」と連絡を受け、「もちろんです、たのしみにしています」と答えたが、昨夕念のためリーダー格の看護師に尋ねたら「NGです」と即答をされた。目的をもっての検査入院なのでやむを得ない。彼にはお断りを入れておいた。

2時間150m廊下を往復徘徊した

 今日はDachs飼主の71回目の誕生日。FacebookやLINEの知り合いや親しい友達・同僚からお祝いメッセージを戴いた。11年前の還暦の時と比べると強気ではいるものの、やはり気力も体力もやはり落ちていることをしみじみ感じている。病院では外に出られないので、2時間ばかり散歩タイムを利用してしっかりと歩いてみた。変わり映えしない廊下を老化をかんじつつ、1万歩をなんとか歩いてみた。71歳記念としてはこれで良いとする。老化を感じてはいるがそれでも腹は減る。2週間いつも通りの食事をした後、3日間、量の少ない低カロリー食を食べていると、いやしい話だがとても朝昼夕の食事が待ち遠しい。1週間くらいしないとこのペースにお腹はあわせられない。
 
人間関係に悩んだ時に居上不寛、為禮不敬、臨喪不哀、吾何以觀之哉
 『上(かみ)に居て寛ならず、礼を為して敬せず、喪に臨みて哀しまず』
 役割や立場、場にふさわしい態度や行動というものがある。人の上に立つ立場なのに寛大さをもって人に接しない。礼儀を行うのに敬意をもって人と接しない。そうぎに参列するのに哀しまない。これらはみな。基本となる「思いやりの心」が欠けていて、その時々にふさわしい態度が出来ていない例です。思いやりの心を探し出して大切にしよう。

2018年6月19日火曜日 晴のち曇 PM3時51分投稿 

三回目の入院開始

 入院荷物の確認を十分に済ませ、午前10時43分発電車で新宿の病院に向かった。パソコンとタブレットパソコン、スマホを2台持参で行くことにした。17インチと11インチのPC及び関連資料などを持ってゆくのは老体にはチョットばかりキツイ。昨夜10時から水以外は絶食なので腹が減っている。検査終了後の午後7時までは食事ができない。食事を採ると血糖値が上がるかららしい。昨夜は寿司、昨夕はチキン煮だったので前回のようなALT値上昇の虞が無いと思っている。
 入院し、着替えてすぐ、採尿・体重測定・検温・血圧・採血・診察問診を受けた。このあとは夕食までやることは無い。午後4時頃、小腹対策としてカロリーメイトプレーン味2本を支給された。
 夕食前、看護師さんと参加者との間で少し問題が発生し、丁寧に懐柔しようとしたが、病院側と参加者間の基本的な立ち位置が違い、意見の集約とはならなかった。
 これから3週間、長丁場だが乗り掛かった舟、どんな難問立ちはだかろうとも、心身ストレス溜まろうとも、終着駅まで行くっきゃなし。

2018年6月4日月曜日 晴のち曇 PM9時38分投稿 

2連続酒飲明日検診

 朝から暑い。入院中は寒暖の辛さはほとんど感じられなかったが、朝テニス初日には大変こたえた。股くやってなかったので、ボールの速度や方向の制御が思うようにはゆかず、2時間やった後の結果はとっても酷い状況になってしまった。
 お昼は魚米で昼食。いままでの100均寿司シェーン店とは違い「お茶の湯を出すのが圧迫式でなくペダル式で軽い」「寿司は全く廻って無くてオーダー方式 配送は2段レーン」「ネタは新鮮で旨い」「個人別にリアルタイム清算方式なので会計処理が速い」などなど良い点が目立ち、dachs飼主のお気に入りの店となりそうだ。

宮崎のはめったに食べられるものでない

 夕方には平日テニス系の「へそまがり例会仮出所祝い」の名目で駅前で宴会あり、生ビール3杯、焼酎お湯割り3杯を飲み干した。明日午前中には採血検査の予定だがなるようになれ である。参加していただいた方には、昨日新宿京王百貨店で買ってきた格安宮崎マンゴーを差し上げた。もちろん、1個1万円のものでは決してない。
 帰ってから昨日深大寺の朱印、マンホールなど整理しきれないところを各ページにアップしておいた。

2018年6月2日土曜日 晴のち曇 PM5時45分投稿 

囲碁に初挑戦

一人囲碁ゲームで時間つぶしを始めた

 いよいよ今日明日は退院が近づいているので、検査業務は午前だけで、午後は何もない。先日、三段の碁先生と偶然お友達になれたので、これ幸いとその人に初心者として教えてもらっている。ネットで囲碁関連をサーチし、合同会社将碁という会社が運営している無料の囲碁対局サービス「日本ネット囲碁対局」のロボット対局を昨日から始めている。要するにコンピュータとの自習囲碁ゲームである。局盤は7路盤、9路盤、13路盤の3種類があり、7路盤は卒業し、今9路盤で2目、13路盤で9目置かせて貰った状況などで、コンピュータ対戦により必死に練習を重ねている。それでも漸く囲碁のいろは初級が見えてきた。本だけ見ていてもそれ以上には決して先に進めないので半ばあきらめていたが、良いおもちゃゲームに出会えた。ついでに詰将棋の解法や作成ソフトも見つけた

人間関係に悩んだ時に徳不孤、必有鄰、
 『徳は孤(こ)ならず』
 生命の源である水は、すべてを受け入れる優しさがある。寛容で思いやりがあり、正しい道を歩む人は水のようなもの。その人の持つエネルギーが人に力と安らぎを与えるので、自然に人が集まってくる。今は一人ぼっちでも寛容さと思いやりを信じて歩めば、きっと素晴らしい仲間が集まってくる。

2018年5月25日金曜日 晴時々曇 AM10時47分投稿 

ちょうど道なかば

 Ⅱ期入院も昨日で半分を終わった。全体での宿泊数も30泊を通過し、のこり半分となった。死にそうで暇ではあるがあと30泊となった。病院での過ごし方もだいぶ骨を掴んではきた。お風呂は無くて10分間のシャワーだけだが、畳半畳ほどの狭いシャワールームを出るとそれ以上狭い脱衣場があり、例えば着替えの時に苦労する。丁度左肘の的たりそうなところにナースコールの大きなオレンジ色ボタンがあり、これにあたると看護師が跳んでくるシステム。半裸の無防備なdachs飼主はツレアイにだって見られたくないので、なるべく右端によって着替えをする習慣が根付いてきた。今朝、希望者のみ体重を図ってくれるというので、測定すると75.2Kgまで落ちていた。完食はしているがなんせ量が少ないので熱量が足らない。普段の生活では77Kg台後半なのに2.5Kgほど体重減となっている。
 1昨日、あるスタッフに尋ねられた。「5月8日の検査でγGPTが78でした。アルコール類を嗜まれましたか?」と訊かれた。普通の基準では80以下で良いが、製薬会社の治験基準では75以上がHとなるそうだ。4/28と5/2に居酒屋に行きました、と正直に告白。原因が分かればそれで結構ですと以後何も連絡がない。今回治験で36人が入院したが、5日ほどの間に3人が退出した。入院後、食欲が落ちた、気分が悪い、などで辞退を希望したそうだが、何度も病院側に辞退を翻意するよう引き留められ、それでも意思は固く3人は退出したとの参加者からの噂。2期目の今も咳こんでいる参加者がいるが、ナースセンター横の隔離室で一人寝起きしている人がいる。その方はどうかわからないが、病院側としては何としても、一人でも多くの人が卒院迄フォローしようと躍起なのだろう。

生き方に迷った時に攻其惡無攻人之惡、非脩慝與、一朝之忿忘其身以及其親、悲惑與、
 『其の悪を攻めて人の悪を攻むることなし』
 誰でも人のことはよく気がつくもの。つい人の欠点や失敗を攻めてしまいがちとなる。人のことより、まず自分のことをよく反省してみよう。嫌なことがあったとき、家族にやつあたりしてないだろうか。それは大切な人も自分も不幸にしてしまう心の惑い。そんなときもぐっと心を抑えてできるだけ和やかに話をしてみよう。そうすれば、少しづつゆとりが生まれて、嫌なことなどすぐに忘れてしまうことが出来る。

2018年5月20日日曜日 晴のち曇 PM9時14分投稿 

部屋が暑い

Dachs飼主には、読む価値なし

 朝から昨日途中まで読んだ「バカの壁を最初から再読し、午後からは「下流老人~一億総老後崩壊の衝撃~」を読んだ。バカの壁は昨日の読後感とそれほどかわらぬ感想を抱いた。昨日の今日で、読後感は大きく変わらない。一方的な展開の主観的論調は後半にも引き続いていた。自著なのでしかたないとは言え、やはり読者を説得するだけの論拠をもっと多方面から展開してほしかった。
 もう一つの下流老人は私にとってもっとつまらなかった。自分で生活できなくなったら、恐れず生活保護を受けようというのが全1冊の趣旨で、今のところ、全くというか幸いというかこれのお世話になる気配は全く無い。明日は内田樹さんの「日本辺境論」を読んでみる。
 部屋の温湿度コントロールが甘すぎる。今日は暑すぎて、何度も暑いとナースセンターに注進に及んだ。最後にはディルームもテレビをつけると暑いという理由で使用禁止になってしまった。劣悪だ!!!

生き方に迷った時に驥不稱其力、稱其徳也
 『驥(き)は其の力を称せず』
 本物の名馬は、足が速いだけではなく、美しさとにじみ出る品位を併せ持っている。多くの人から愛され信頼される人も同じである。決して自分の能力を自慢したりせず、自分の生き方に自信を持っている人です。品位も思いやりの心も誠実さも自分で磨いて自信をもって行けばよい。

2018年5月7日月曜日 雨 PM6時15分投稿 

控えめの食事

府中市のマンホール

 朝9時から2時間平日テニスを8名でワイワイガヤガヤと楽しんだ。午前中から降るかと思っていたが、何とか昼過ぎまで天気は持ったので助かった。これで平日テニスは来月上旬までできなくなったので、皆に挨拶をして「今度来るときは花園饅頭を持ってこいよ」と催促された。
 午後はツレアイに同行してお米、アクエリアス、など重量級の買い物に行ってきた。午後からは雨が降り出し、荷物の積み込み出しに大変だったが、なんとか済ませた。
 昨日やり残しだった日野市多摩市府中市のマンホールを関東地区マンホールに納めておいた。
 明日は検診があるので、昨日からアルコールは控え、カフェインも良くないので珈琲、日本茶、コーラ類も呑まず、お水と麦茶、そば茶で昨日から我慢している。ここで引っかかると2期の入院3週間は無くなるやもしれない。明日は血糖値上昇を予防するため朝食抜きで行き、帰りはお昼と兼食で秋葉原辺りで脂と肉を喰って帰りたい。明後日からはツレアイと2泊3日蓼科ドライブに行ってくる予定。

21 pages