dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年10月9日火曜日 晴のち曇 PM6時04分投稿 

伊勢海老を少しだけ食らう

ぷりっぷりの海老にちょっと感動。久しぶりのプチ贅沢

 往きは一般道で大原に向かった。82Kmを一般道でいすみ鉄道大原駅に到着したのは11:45でナビの推定到着時刻と殆ど同じだった。駅前の観光案内所も締まっており、海老屋の評判を聞けなかったが、駅前交番で情報だけを得て伺った。ほかのお店や施設は昨日まで3連休だったので今日は休みが多かった。海老屋はやっていたが待ち行列ができるほどの賑わい。伊勢海老だけでは物足りないが、白飯が400円もするので、別途生しらす定食とおかみさん御膳を頼んで、伊勢海老の刺身を注文した。伊勢海老は自分で選び、中ぐらいの海老4100円をセレクトし、刺身にして貰った。100g1000円なので、これぐらい写真でアップに撮っても刺身の部分は多分150gもないかもしれない。代わりに海老の殻で美味しい伊勢海老汁を作ってもらえたのでそれも嬉しかった。刺身や生シラスもそれなりに美味しかったが、伊勢海老さばきたてが初体験でひときわ旨かった。
 その後少し戻って、太東崎灯台近くの眺望の良い展望台に行き、外房を見渡してきた。いすみ市は波の伊八を著名にしたところで、彼の作品が観られる飯縄寺といすみ郷土資料館に伺ったがあいにく留守や休館日にあたっていた。
 4時前になっていたので、鴨川グランドタワーに向かった。鴨川グランドホテルの姉妹館でひときわ高い33階のタワーマンションで、7階から15階までをホテルにしている。サンダンス組は一番低い7階だがそれでも海も山も眺望の良い部屋に泊まれた。サンダンス仕様でキッチン諸設備があるのは当然だが、リビングにも寝室にもテレビを備えているのにはちょっとばかり驚いた。向かいの鴨川グランドホテルの大浴場にも入れるのだが、残念ながら年内は工事中で行けなかった。やむなく、タワーの2階大浴場で疲れをいやし、704号室で自炊し、自宅から持ってきたアサヒのチューハイ「もぎたて24時間」を美味しくいただいている。

2018年10月6日土曜日 晴のち曇 PM7時20分投稿 

新勝寺へ安全祈願

 一昨日は午前11時半に新宿駅西口交番前に集合で準備していたが、経路に京成電車の通過ルートがあり、これの早朝停電事故の余波で40分以上も遅れ他メンバーに少々迷惑をかけてしまった。ところが昨夜も京成電車の塩害による電気事故で娘から半蔵門線で押上まで来たがそこから先は京成路線なので動く見通しが無い、Helpコールがあって、6時半頃に自宅を出発しスカイツリーのある押上駅まで向かったが幹線道路は渋滞の連続。普段なら30キロなので、往きも帰りも1時間で行けるのだが往復とも各1時間45分もかかり、帰ってきたのは午後10時を少し過ぎていた。以前横浜まで通勤していたのだが、京浜急行ー都営浅草線ー京成電鉄ー北総鉄道と1回も乗り換えないが4路線を使うので、どこかでトラブルが起こると途中で降ろされてしまう。昨夜は渋滞以外に台風余波で豪雨もあり、大変な目に遭った。

今年からは竹クラスを受けることにした

 それもあって、今月から新車に乗り始めたので、成田山新勝寺に行って、交通安全のお守りを受けに行った。お守りは以前までは1000円のものを毎年買っていたが、今年は2000円のものにした。さらに3000円のもあったが、松竹梅なら竹が良いと判断して、竹クラスにした。昨年の梅クラスのお守りは納札堂に浄財を含めてお納めしてきた。

2018年9月29日土曜日 雨 PM5時38分投稿 

山梨HP落着

 明日日曜日の夜更けに台風24号が関東地区を慌ただしく通過するようだ。今日は沖縄、明日は九州四国近畿を通過する可能性が高い。今年は大阪の地震や中国関西地方も含めた風水害などで西日本は相当疲弊しているので、これ以上の災難は追加してほしくない。カープの優勝に湧く広島も気が気でないだろう、と心配している。

午前中に行ったのでご朱印を頂戴できた

 今日は午後のジムを除き、終日山梨旅の整理にかかった。3日分の写真やパンフ・入場入園乗車券を整理して3日間の河口湖石和温泉2泊3日アルバムをアップし終えた。その他、この旅で撮ったマンホールやご朱印も関係HPに関連付けた。アルバムは、3日間で159枚、マンホールは2蓋、朱印は8枚が追加された。手間がかかるIT作業だが、いつでも過去の動きを調べられるためには普段から地道にコツコツと整理しておけば、反省事項が少なくて済むはずだ。
 5年前の4月に参拝した時に午後4時を過ぎていたので朱印を貰えなかった富士御室浅間神社には今回めでたくご朱印を頂戴できた。
 台風一過のあとは、テニスや次々回新潟旅企画に精を出す。まt、納車が来週月曜日1日大安なので次回の旅は、新しいDemioに乗って軽く鴨川1泊2日旅を9,10日で試運転してくる予定。

2018年9月26日水曜日 雨 PM8時11分投稿 

身延山を徘徊

 7時前に起床したが、思ったほどは暗くない。朝ぶろに入ったが残念ながら雨粒が少しだがガラス戸から流れているのが若干見える。雨が少し降っていたが、ロビーから見えるガーデンはいつも芝生の緑とテーブルセットの白が映えてとても美しい。河口湖付近も来年度からは観光地色がさらに強くなり、看板や告知板にケバイ色は使えず、基本的に茶色系に統一しなければならないとフロントの方に聞いた。今夜もここサンダンス河口湖に予約していたのだが2日目身延山久遠寺を予定していたので北部の石和温泉に宿を変更しておいた。
 9時にチェックアウトした。車に乗るころには雨はやみ、若干明るくなってきた。今日は身延山がメインになるが、せっかく河口湖にきたので、と大石公園と近くで行ける神社に参詣することにした。
 まずは、大石公園で秋の花々を観ながら少し散策した。この公園は季節の花々が綺麗に手入れされ、充実しているので、いつ来ても美しい。群生しているコキア(ほうき草)も美しかったが、ミューレンベルギアという珍しい草にも目を奪われた。
 その後、前からくる車にドキドキしながら狭い道を通って、午前10時半、河口浅間神社に参拝。この近くは浅間を(センゲン)と読むのが一般的だが、ここだけは(アサマ)と呼ぶとのこと。その次は勝山にある「富士御室浅間神社」に到着したのは午前11時前。本殿と里宮を擁する大きな神域を持つ神社であった。ツレアイとともに身代わり牛の頭をなでたり、腕足を撫でたりして、身代わりになって欲しいと祈った。
 河口湖ではもちろん富士山は曇っていて見えなかった。この後、身延山まで長いハイウェイ(山道)をドライブしながら展望台から景色を観て廻ったのだが、山上は雲がかかり全く見えなかった。しかし、眼下の街なみや河川や湖沼の様子はよく見えた(のが唯一の救い)。ひたすら、単調な山道を慎重に運転を続けた。

苦も多かったが下界の景色は良好

 12時半に身延山三門近くの狭い参拝者向け駐車場に停車できた。お昼を過ぎていたので近くの小さな食堂で身延山名物といわれるシイタケと湯葉、山菜の入ったそばを昼食とした。店の人に聞くと、ここから1キロ上にある本殿近くの駐車場は有料だと聞いた。ここから階段で行くと急峻で危険そうなので男坂を登ることにした。大きな日蓮宗のお寺である。九十九折れの坂道を息を切らしながら上り詰めると本殿他の立派な堂塔が並んでいた。日蓮宗の総本山だけあって半端ではない寺構えである。五重塔、本堂、納骨堂などなど写真を撮るのにDachs飼主はとても忙しい。雨がときどきポチポチと落ちてくる。春には立派な枝垂桜が満開を迎えるのだが、初秋の枝垂れ桜の樹姿も華麗で美しい。一通り参詣を終わったので、ここから奥の院まで身延山ロープウェイに乗った。13時40分発に乗って7分の登場だったが身延山頂上の高さは1,153メーターにもなっていた。展望台からは遠くの山々の山頂部は雲に隠れていたが眼下の富士川や久遠寺五重塔などははっきりと確認できた。奥の院「恩親閣」でお詣りしたあとロープウェイと坂道を降りて駐車場には3時過ぎに到着。今日は良く歩いた。車で来たのに今日だけで13000歩以上も歩いた。ここからは道の駅「とよとみ」でトイレ休憩をとったくらいで石和温泉「石庭」に午後4時半に着いた。
 石庭を選んだのは夕食のメニューだった。松茸尽くしの料理だそうで楽しみだ。部屋は4階、露天風呂付大浴場は屋上、食事は1階。温泉に入り、午後6時5分から楽しみのディナー。松茸すき焼き、松茸天ぷら、松茸茶わん蒸し、松茸土瓶蒸し、松茸釜飯ほかおなかいっぱいの料理で堪能できた。明日は甲府に戻って武田神社、甲斐善光寺にお詣りの予定。本当は甲斐羅漢寺にも行きたかったのだが、昇仙峡なので来年くらいにあらためて訪問したい。

2018年9月25日火曜日 雨 PM6時16分投稿 

雨の山梨初日

 朝から曇天。気になるので朝6時に起床し、朝ドラも観ず、8時にバタバタと車を出した。普段なら自宅から京葉道原木ICまでは1時間弱で到着するのだが、片道1車線にバスが入り込んだせいもあり、1時間半以上かかった。京葉ー首都高ー中央道を経て途中石川PAに到着できたのは10時半。ここまでで、凄い降りもあり要注意運転を余儀なくされた。高速は90Kmで奔るのが安心な運転となる。石川PAでは八王子に近いのか、聞いたこともない八王子ラーメンを販売していた。
 上野原ICを降り、11時過ぎに甲斐の猿橋に到着し、美しい川と珍しい橋の造りを様々な角度から鑑賞させてもらった。橋も立派だが、川の流れと石や岩の美しさに魅せられた。半時間ほど散策し、次に向かったのは都留市のリニア見学センター。行くにはいった。定休日が毎週月曜は認識していたが昨日の月曜日が秋分の日で開業していたので本日は火曜日でも残念ながら休館日だった。Dachs飼主としては本日のメインと考えていたのに・・・とても残念だった。
 200mほどのところで道の駅「つる」でリラックス。雨が激しく降ってきた。お昼を過ぎたので1時半ころに観光ガイドに書いてあった富士吉田市の吉田うどんのお店「桜井うどん」で温かいうどんを食べた。メニューもなくお店のおばさんからは「温か冷や、どちらにしますか」と聞かれ、雨降りで体が冷えているので二人とも暖かいのをお願いした。うどんはすぐきたが、やや厚めに切った揚げとキャベツが入っただけの「吉田の素うどん」的な趣き。それに辛み調味料を付けて食べる。麺のコシがとんでもなく強いので腹いっぱいになったような気持ちになる。曹洞宗のお寺「宝鏡寺」に参拝し、ご朱印を頂戴してきた。雨が強くなってきた。

雨が降りしきっていた

 次の目的地は新倉山浅間公園にある忠霊塔。土砂降りの中を駐車場から片道600段もある階段をズボンの膝までびしょびしょになりながら登り切った。もちろん、富士山は見えない。体が冷え切っていたので午後4時過ぎにはリゾート宿に向かい、温泉に30分以上も浸かった。近くの人もこのお風呂に来ている人もあり、お風呂場で地元の話題が盛り上がっていた。散々な日であった。退屈な宿タイムを有意義に過ごす為に、久々にツレアイと卓球で遊んだ。缶チューハイ2本飲んだあとだったのでよく回った。1時間以上も励んだ。
 明日は身延山・武田神社・甲斐善光寺にお参りする。

2018年8月29日水曜日 曇り PM7時01分投稿 

脳ドックを予約

過去何度も行ったがご朱印は貰わなかった ツレアイにお願いした

 先週土曜日、ツレアイが「たまひで」で親子どんぶりをたべ、その後日本橋のコンサートを聴いてきた帰りに水天宮に寄ってdachs飼主の代わりに参拝し朱印を貰ってきてくれた。dachs飼主自身が行ってきたわけでは無いが、ご朱印帖8冊目に貼り付けておいた。東京京都を中心にご朱印ガールが増えてきた所為か、朱印料を値上げする寺社が多い。先月から日枝神社、鳥越神社、水天宮が500円になっていたと思う。また日蓮宗のお寺ではお心づけとおっしゃって金額は言って貰えないので500円をお納めしている。また大きなお寺や神社なら別だが水天宮さんでは5種類ものご朱印があって、その上朱印帖に書いてもらえず紙を貰ってくるだけというのも少し物足りない。(愚痴?を言うとバチが当たるかもしれない)
 脳ドックの時期が来月9日と決まったので、市役所の健保年金課に「脳ドック受験申請書」と「助成項目チェック表」を提出してきた。承認が10日ほどで降りるので、郵送された 承認書を当日持参して予約した病院に申請する。結果を含めて後日市民部国保年金課高齢者医療年金係に届ければ、半額が交付される予定。

2018年8月9日木曜日 晴のち曇 PM9時49分投稿 

20Km埼玉を歩く

 昨日から台風13号が房総半島沖から上陸を危ぶんでいたが、おかげさまで朝10時過ぎに銚子沖から茨城三陸海岸沖に抜けてくれた。
 今日は4年前の仲間4人と久しぶりの飲み会。武蔵浦和で午後5時開始で行われる予定なのだが、ツレアイに奨められて浦和近辺の寺社巡りをしようと決めた。
 午前中に出かけ、12時に大宮に到着。ここから、一之宮氷川神社、中氷川神社、氷川女体神社を巡って東浦和駅まで歩こうと計画した。
 まずは、駅前大通を少し歩くと大きな交番があり、そこから右手に立派で荘厳な神社に向かう参道が連なっている。露店も何もない広くて緑濃い道だった。旧大宮市と名付けられたのはこの氷川神社に由来するという。
 ここから中氷川神社、氷川女體神社に続く道は田舎道でかなり長かった。大きな公園や桜並木があったが、今はもちろん咲いてない。中山神社には神職の方は不在でご朱印は頂戴出来なかった。本殿前にご朱印箱があったが、残念ながら空で貰えなかった。平成13年に浦和市・大宮市・与野市、またその後岩槻市が合併して大さいたま市130万人の人口になったのだが、旧大宮・旧浦和市のマンホールが沢山あった。
 氷川女體神社では、留守居のお爺さんにご朱印を書いていただけた。近くの見沼氷川公園には「山田の中の一本足のかかし」を作詞した歌詞碑と山田の案山子像があった。
 東浦和の手前で漸く飯屋を発見し、3時半を回っていたが、吉野家で丼で小腹を満たした。
 その後電車で東浦和駅から2駅先の武蔵浦和駅に到着。時刻はまだ午後4時。集合時刻までまだ1時間もあるので、そこから徒歩20分の調神社に参拝。つきじんじゃが正式名称だが地元の人は「つきのみやさん」とよばれているらしい。狛犬ではなく狛兎がいたり、鳥居が無かったりほかにもいろいろと伝説があるらしい。
 武蔵浦和に戻って午後4時45分。駅前の塚田農場で4人で歓談。南九州産の鳥や野菜、焼酎などが旨かった。今日歩いた距離は30139歩、歩いた距離にしてほぼ21Kmを超えた。

2018年7月19日木曜日 晴のち曇 PM8時03分投稿 

八坂神社

美味しい鰻を食べられました

 今週2度目の通院で早朝に行って10時半には検査診療は終了。この度の通院も来週木曜日が最後になる。dachs飼主のベッドでお隣のお二人に先日声をかけて、本日お茶を飲もうということになった。新宿曙橋駅近くでお茶を飲んだが、土曜の丑が明日なので、鰻を食べに行こうということになり、野田岩や宮川は敷居が高いので、神田の銘店「うな正」でうな丼ダブルを食べた。しつこくないたれで、焼きもソフトだったので、柔らかい鰻を味わうことができた。その後、近所のカラオケルームで2時間弱、歌ったり飲んだりしながら談笑した。今後もいろいろとメールなどで情報交換しようと約し、神田で別れた。

八坂神社ゆかりの新選組マーク

 治験友のおひとりが日野市在住の方で、dachs飼主の朱印集めを記憶されており、新選組ゆかりの八坂神社のお札やご朱印に加え、新選組の朱印帖も頂戴した。日野の新選組記念館は第一、三日曜日しか開館しないとのことでなかなか行けないと以前Dachs飼主が不満をこぼしていたことを覚えておいでであった。また武蔵五日市周辺の寺社や都内のお奨め寺社をメモしていただいたものも戴き、嬉しかった。大事にして、次回の寺社詣での参考にしたい。
 炎熱のアスファルトの道をdachs飼主だけは、京成上野駅まで歩いた。帰宅後はひとシャワーを浴びた後、午後3時からテニスにも参加した。先日ネット注文しておいたラケットが昨日到着したので、ガットの強さは弱めだったが、52の張りで2時間プレーしてみた。若干の違和感があったので明日にでも、57の張りを贔屓のスポーツ店で貼りなおしてもらう予定。今日も3万歩弱の運動ができた。

2018年7月18日水曜日 晴のち曇 PM7時42分投稿 

波の伊八

2代目波の伊八作 波と龍

 dachs飼主の部屋番号は11回の1115 角部屋で外房の海も見える。ホテルの部屋は空調もベッドも程よく快適でよく眠れた。昨夜部屋で飲んだブラジャー(ブランデーのジンジャエール割)が眠りを良くしたのかもしれない。
 起床後は1階の温泉大浴場でゆっくりし、モーニングコーヒーを飲んだ後、10時半にチェックアウト。
 本日の予定は大原で刺身御膳を食べて、佐倉のふるさと広場でひまわりを観てくるぐらいだった。朝、ツレアイといろいろと相談し、彫刻師「波の伊八」の話題が出たので少しばかり追加で観光しようということになった。

悪戯に癒された

 御宿駅前でコーヒーを飲んだ後、いすみの天台宗清水寺に参拝。本尊は千手観世音菩薩で、清水観音さまとして親しまれている。大原で昼食を取る前に睦沢町の道の駅「つどいの郷 むつざわ」に寄ったのが経路変更の元凶。波の伊八の彫刻が見られる「成就院」があるとのことで、Naviに安易にセットしたのが間違い。セットされたのは隣のいすみ市の曹洞宗の成就院。これで往復1時間強の損失となって、ほんものの成就院は真言宗のお寺。二代目波の伊八の3額を拝見させて貰った。蓮も綺麗に咲いていた。これから大原まで出ると午後2時を過ぎて、休憩中になる可能性があるので佐倉に向った。途中昼ご飯を食べるタイミングを失いふるさと広場に到着できたのは午後4時前。ここで食べると夕食がまずくなるので、牛乳ソフトクリームでお腹をごまかした。ひまわりへの悪戯に、癒された。午後5時半、全行程300Kmの1泊2日ドライブが終了。
 平成30年度の国民健康保険夫婦の年額が30万と決定  高い

波の伊八
 波の伊八(なみのいはち、宝暦元年(1751年) – 文政7年(1824年))は、安房国長狭郡下打墨村(現・千葉県鴨川市打墨)生まれの宮彫師、武志伊八郎信由。江戸時代中期には、建築様式として欄間を飾る彫刻が流行していた。多くの彫刻師が競うなか、「関東に行ったら波を彫るな」と言わしめた人物がいた。初代伊八である。その作風は、五代目伊八(高石伊八朗信月:明治23年-昭和29年)まで200年に亘って続き、房総南部を中心に神社や寺院の欄間彫刻などに秀れた作品を残した。

2018年7月16日月曜日 曇り PM7時59分投稿 

花園と鳥越に参拝

3歳年上の千葉県在住の先輩ベッド友である

 通院の3日目は海の日祝日、朝8時半に向けて7時前の電車に乗ったが車内はガラガラ。ゆっくりと本を読むことができた。前回通院トモから戴いた「影の系譜」を集中して読んだ。隣のベッドにいた先輩が著した著作だが、dachs飼主には読みにくいシロモノだった。病院でお会いした時に返却申し上げた。
 9時半に病院から解放されたので、東新宿から「花園神社」、蔵前から「鳥越神社」に巡り、浅草橋から電車に乗る前に万歩計を観るとすでに一万歩超。ちなみにその後テニスとジムでのランニングも含めると2万歩を超えていた。
明日明後日は房総ドライブゆえ、手っ取り早く本日参詣した新宿花園と浅草鳥越の神社アルバムをアップしておいた。

5 pages