dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年4月5日木曜日 清明曇り PM9時22分投稿 

鎌倉3寺訪問

 昨日までは良いお天気であったが、今朝は曇りがち。だが、今日は帰り途だけなのでそれ程気にならない。温泉にゆっくりと入った後ホテル近辺を散歩してみると、風がひんやりと冷たい。昨日は20℃を超えていたのに今日は10℃前後だという。帰り何処に寄ろうかとツレアイに相談してみると、「一昨日に訪れた鎌倉お寺巡りに行きたい」とのこと。9時前にチェックアウトし、熱海ビーチラインに来た時点で雨が降り出した。これは大変だなと思いだしたあと、雨は30分ほどでおさまって、目的の地「北鎌倉」に到着したころには雨は上がっていた。途中、病院から連絡の電話を受け、運転中だったので、ツレアイが受けたのだが、先月23日の検査結果は良かったので、4月8日から再度来院してくださいとのこと。来週からのモニター入院に向け、体調を整えねばならぬ。

明月院の窓から庭の木々が美しい

 1昨日の円覚寺・東慶寺に近い建長寺駐車場に車を留め、「建長寺」「円応寺」「名月院」を参詣。円応寺は「閻魔大王」の木彫が少々怖い感じもしたが、建長寺の建築、明月院の花木にはとても感動し、興味深かった。2時間弱の参詣であったが、寄ってとても良かった。
 お昼は小田原「ジャンボおしどり寿司」磯子店で小田原直送の地魚寿司を中心に食べた。
 あとは帰りだけなので、ちょっと距離的には遠回りになるが、川崎からアクアラインで海ほたるに寄って、房総木更津のアウトレットに寄って、自宅に戻った。3日間の走行キロは360キロとなった。写真は来週早々にもまとめてホームページにアップしたい。

2018年4月3日火曜日 晴れ PM5時56分投稿 

鎌倉から熱海へ

 朝は少し花曇りのようだったが、一日善いお天気が続くらしい。朝8時20分に自宅を出発し、愛車にディーゼル燃料を満タンにした。普通の使い方で650Km程度は走るので片道150Kmの熱海近辺までは帰るまで十分に持つ。9時までに出発すれば熱海で昼ごはんを食べることが出来るのも腹立たしいので、鎌倉、目的地は北鎌倉散策に寄ることにした。
 京葉高速原木ICから首都高湾岸経由で大黒埠頭でちょっと休憩(10:30)したあと、本牧埠頭から磯子ICで降りて、鎌倉街道に入った。北鎌倉で著名な臨済宗のお寺は「円覚寺」と「東慶寺」。京都もそうだが、鎌倉も寺社が多く著名な寺社は殆ど拝観料を納めなくてはならないようだ。
 円覚寺に到着(11:10)し、さっそくご朱印を戴く。寺域は相当広く、ここで1時間ほど参拝散策させて貰った。天井絵と季節の花々と庭がとても良かった。東慶寺は縁切り寺と呼ばれ、離縁したい嫁が昔駆け込んだお寺という。ここも花樹が綺麗だったが、苔むしたお墓も多く、西郷さんのお墓もあった。同じ臨済宗のお寺「建長寺」まで行くことも考えたが、熱海箱根伊豆方面は今後も何度も行くはずなので次回に回した。駐車場は20分200円で、二つのお寺で1時間20分滞在散策したのでTimesに1000円納めた。

湘南では当然生しらす丼を食べる

 鶴が岡八幡宮を横目に見ながら湘南の海岸線を爽快気分で走り、平塚の「磯っぺ」で「海鮮どんぶり」と「生シラス丼」を食べてきた(13:40)。やはり海を見ながら魚を食すのは家でビールを飲みながら喰うより格段に旨い。
 2時過ぎに食堂を出て、今夜の宿「サンダンス熱海」には16:00丁度に到着。部屋の窓からは熱海港がよく観える。温泉に30分ほど浸かって、今はCheezaを食べながら缶ビールを飲んでいる。明日は朝から張り切って伊豆大島に乗り込む。

2018年3月27日火曜日 曇のち晴 PM6時31分投稿 

大崎八幡宮ほか

今日も良いお天気だ。朝風呂も冷気を浴びた露天風呂が心地良い。食事は仙台味噌の味噌汁、玉コン、白石温麺(うーめん)なども楽しめた。

大崎八幡宮の塗はDachs飼主は好きです

ホテルは定刻朝08時に出発し、遠刈田温泉街に別れを告げ、一路宮城県仙台市青葉区に在る大崎八幡宮へ向う。本日はバス320キロの行程になるそうだ。観光バスは福島の矢吹交通でドライバーも丁寧な乗客想いやりの安全運転でシートベルト締めなくても問題ない程快適で全く問題ない。
村田ICから東北道で仙台宮城ICまで奔る。大崎八幡宮には9時丁度に到着し30分間の滞在。長床は思いのほか短かったが本殿は色彩も艶やかで立派だった。此処では上手で流麗な書体でご朱印を頂戴できた。
昨夜はツレアイがまたも大災難、BEDの端に置いていた眼鏡をお尻で踏んでフレームから両方のレンズが外れてしまった。八幡様でもこれ以上厄や災難が来ないようお願いしておいた。9時40分仙台宮城ICから東北道に乗ったが、このさき渋滞が激しいそうで泉ICで一旦降りて一般道を北に向かって奔った。10時15分に大和ICから東北自動車道に再度入線して一路平泉前沢ICに向う。1時間経ったので長者原SAで15分トイレ休憩して出発。長者原サービスエリアでは化女沼展望台から沼を一望した。
11時20分にICを抜けて11時30分には中尊寺に到着。本堂や金色堂、宝物殿は既に前回訪問時に見学参拝済なのでそれ以外の薬師堂、阿弥陀堂、白石神社能楽堂などを巡った。昼食を摂って13時45分集合なので、時間を少し持て余した。中尊寺の長い月見坂を降りて直ぐの「平泉レストハウス」で事前予約していますおいた豚しゃぶ御膳を昼食路とした。

13時45分、前沢ICから盛岡南ICまで約1時間走ってお土産物屋「あさ開」に向かう。午後2時30分、バスは岩手県に入ってすぐ南ICで降りて、あさ開到着は14時50分。15時30分まで酒造工場見学と試飲買物をする。2月の焼酎工場見学と比べると、説明員はそれほど上手とは言えなかったが試飲だけではなく、極上の有料試飲もさせて貰った。口に合いそうだったので、大辛口の酒を買ってきた。やっぱり工場見学後の試飲は買う気飲む気にさせてくれます。工場見学で本日の行程スケジュールはすべて終了し今夜の宿秋田県北西部の湯瀬温泉「姫之湯」に向かう。盛岡南ICを16時に入り、そこから20分ほど高速を走ると八幡平、両側には雪の固まりが壁のように屹立している。やはり秋田は雪国だ。明日の乳頭温泉郷もゆき深い
処と聞いている。
鹿角八幡平ICを16時45分に出て、ホテルには17時に着いた。

2018年3月26日月曜日 晴れ PM5時58分投稿 

遠刈田温泉到着

やまびこははやくも郡山に到着した

7時6分発の自宅至近のバス停からバスに乗って、新鎌ヶ谷駅前に7時50分に到着。朝は途中で乗り降りするお客様や渋滞も多くて予定より15分ほど遅れた。新鎌ヶ谷から新京成電鉄07時58分で松戸08時20分に到着。8時24分常磐線快速で上野到着8時45分。9時02分上野からやまびこ129号で郡山到着10時13分。速攻でバスに乗って蔵王酪農センターに向う。朝食事をとらなかったので上野駅でシュウマイを買って車内で食べた。崎陽軒はやはり冷めても焼売は美味い。上野で駅弁二人分を買ってきた。新幹線では1時間で上野から福島県郡山駅に着く。
10時30分にバスは郡山駅を発車。乗ってるバス矢吹交通車番8810の参加者は36名だそうだ。11時、郡山から外れ、本宮ICに入る。国見SAでトイレ休憩。国見へ行く車中で買ってきた駅弁、花見弁当と味噌カツひつまぶし風弁当を食べた。
12月15分、白石ICを出たらもう宮城県蔵王町。12時45分蔵王酪農センターにつき、クリームチーズの試食をした。新鮮な味でなかなか旨かった。時間が30分足らずだったので試食と買い物だけで13時10分にセンターを出て、13時30分に宮城蔵王ロイヤルホテルに到着した。宮城蔵王ロイヤルホテルはActive Resorts 宮城 蔵王に名称変更したとのこと。大きな温泉ホテルで大浴場もかなりの規模であった。時間がはやいので、遠刈田温泉地近くまで遊歩道を2時間ばかり歩いてきた。散歩コースにお寺さんはなく、古峯神社、湯神神社、蔵王刈田嶺神社に参った。蔵王刈田嶺神社は近辺でも一番大きく、社務所もあったが、どなたもいらっしゃらず、残念ながらご朱印は戴けなかった。
 本日ホテルに戻った時点の万歩計は既に15,000歩を超えていた。今から食事を食べながらうまいお酒をちびちび飲む。
 ところが、夕食はやっぱり、ビュッフェスタイル、やはり団体ツアーは朝夕ともバイキングだ。朝はわかるが、夕食くらいは一人一人のお膳で食べたかったが、安いツアー(3泊4日間5万円)では致し方なし。
 普通の刺身寿司天ぷら以外に、牛タンステーキ、笹かまぼこ、しょっつる鍋、芋煮鍋、仙台麩料理、越前蟹、などが美味しかった。おなか一杯になって、食後は温泉に行く気も無い。早めに寝よう。

2018年3月25日日曜日 晴れ PM8時23分投稿 

秋のお寺旅は永平寺

永平寺で深夜坐禅

 朝から8時テニス。日曜日のテニススクールなので、現役バリバリの強打者や試合巧者が参加してくるので、気を抜けない。しっかり打ち返し、ネット際やロブで落とすなどナイスリターンをしないと力負けするので、勉強にもなるし刺激にもなる。
 午後は東祥寺さんで坐禅会。このお寺HPもdachs飼主がメンテナンスさせて貰っている。本日の参禅者は新参加者を含めて14名と大賑わいであった。dachs飼主がこのお寺で参禅を始めたのは2005年11月20日からなので期間的にはもう13年目を迎える。
 坐禅後の茶話会で、10月1日(月)から3日 (水)まで2泊3日で来年度檀参旅行が永平寺、三井寺、石山寺、龍譚寺を急ぎ巡る予定が出来上がった。永平寺でも宿泊して参禅修行などを行う。6年前の秋にも行ってるが、道元禅師のお寺なのでぜひ参加したい。明日は7時前に家を出て9:03発の東北新幹線に乗る 旅行の荷支度をさっさと済ませて、早く寝よう。

2018年3月8日木曜日 雨 AM11時04分投稿 

一昨日の千葉東寺社巡り

 一日中雨のようだ。明日も降るらしい。午前中に1昨日参拝した紀行文と写真を整理してみた。ご朱印やドライブ経路図も整理した。じかんがあったので、だいたいお昼前には片付いた。一昨日の紀行をブログに再掲する。写真・朱印・ドライブルート・ミニガイドなどはホームページ散歩春3月の千葉東部寺社散策2にアップしておいた。

今日も暖かい。地中の虫もぼちぼち這いだす啓蟄である。まぐろ体質(動きを止めると死んでしまうかもと思っている)のdachs飼主は、こんな日は当然ジッとしてられない。1月27日に千葉東部の寺社参拝をしたが、その際ご朱印を貰えなかった八坂神社と大龍寺に行ってみようと朝ドラを見ている時、ふと思った。今日は幸いテニスもない火曜日。朝ドラを終われば、いつでも出かけられると思い、さっそく準備を始めた。持ってゆくものは「カメラ」「朱印帖」「寺社系資料」「財布」だけでよい。
 1月末に千葉東部寺社巡りをしたが、その際、住職ご不在などの理由でご朱印を戴けなかった香取市の八坂神社と大龍寺に加え、芝山町の芝山仁王尊、銚子の圓福寺、香取の側高神社、成田市の大慈恩寺と滑川観音に行ってきた。
 朝9時半に自宅を出発し、1時間ほどかけて、まずはちょっと南の芝山町へ行って観音教寺(通称芝山仁王尊)に参拝。仁王様は見そびれたが、地域で有名なお寺さんであることはその荘厳さから理解できた。ここから、さらに北東方面に向かい1時間、旭市を抜けて銚子の飯沼観音圓福寺へは正午頃に到着した。圓福寺で車を停め、お詣りを済ませてご朱印を貰いに寺務所に行ったところ、某僧が本殿や涅槃堂やその他珍しい嵯峨本(例えば『伊勢物語』『徒然草』『方丈記』など)を所蔵している部屋に案内され、約30分ほど教えて戴いた。寝ている釈迦像や巨大幔幕も見せて貰った。嵯峨本(さがぼん)とは、日本の近世初期に行われた古活字本である。飯沼観音は馬場町交差点の反対側にあるが、100m程しか離れていないので歩いて行けた。5mの大仏、五重塔も荘厳で珍しかったが、ここでもスタッフから本殿のほか四国八十八カ所の天井絵なども気軽に見せて貰った。本堂内の大きな木板に署名もしてきた。ここではびんづる様がおいでになり、認知症除けのため、頭を撫でて発症除けをしてきた。またトイレの神様として「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」が祀られており、下半身の病気にこうかがあるとのことで、お札をいただき、帰宅後すぐトイレの扉に貼りつけた。下半身には水虫も含まれるとのこと(笑)。
 次に香取市方面に向かう。2時前に側高神社にお参りし、某神官にわけを話して、本年1月27日付けで八坂神社のご朱印と本日付けで側高さんのご朱印を戴きたいとお願いして、頂戴してきた。八坂神社には例大祭の特別な時以外は神官はおられず、ご朱印は側高神社で戴けると書いてあった。1月27日にここに来たかったのだがあいにくの大雪で車で坂が渡り切れなかったこともお話した。
 お腹が減ったので、松屋でキムチカルビ丼を食べた。久しぶりの牛丼屋でカウンターに座って注文すると、オーダーをとってくれたが、お先にお代を頂戴しますと丁寧にいわれた。良く考えると、松屋さんは、自販機で食券を購入するシステム。ウカッとしていたのだが、女性スタッフが気持ちよく対応してくれたので嬉しかった。
 その後も八坂神社と同じ日にお詣りしたが寺僧さんが不在で戴けなかったご朱印を再度大龍寺にお詣りに行ってきた。前回は雪で寒々としていたが、今日は寺庭には紅の梅が咲いていた。しかし、この日も住職さんはご不在で、近隣の縁続きの奥様に声をかけられ、本堂内の書画骨董を見せて貰ってきた。特に天井絵は新しく、美しかった。ご朱印を頂戴して、次は成田方面へ。
 真言宗の古刹「大慈恩寺」に着いた。ところが、ここでも住職不在でご朱印はお預け。真言宗なので、空海(弘法大師)像が鎮座していた。
 最後の参拝は天台宗の龍正院だが、通称は滑川観音で親しまれている。6個目のご朱印を頂戴し、本日の参拝は午後4時で終了。自宅に戻ったのは午後4時半過ぎ、走行距離は180キロとなった。いろいろとお寺や神社で詳しく優しい説明をして戴き、良い寺社巡りとなった。

2018年3月6日火曜日 啓蟄晴れ PM8時16分投稿 

千葉県北東部参詣

天井図縁起などを丁寧に説明いただいた

 今日も暖かい。地中の虫もぼちぼち這いだす啓蟄である。まぐろ体質のdachs飼主は、こんな日はジッとしてられない。1月27日に千葉東部の寺社参拝をしたが、その際ご朱印を貰えなかった八坂神社と大龍寺に行ってみようと朝ドラを見ている時、思った。今日は幸いテニスもない。朝ドラを終われば、いつでも出かけられると思い、さっそく準備を始めた。持ってゆくものは「カメラ」「朱印帖」「寺社系資料」「財布」だけでよい。
 1月末に千葉東部寺社巡りをしたが、その際、住職ご不在などの理由でご朱印を戴けなかった香取市の八坂神社と大龍寺に加え、芝山町の芝山仁王尊、銚子の圓福寺、香取の側高神社、成田市の大慈恩寺と滑川観音に行ってきた。近日中にアルバムと紀行録をアップ予定だが、圓福寺・飯沼観音と大龍寺さんでは、ご住職さんやスタッフが各種堂内や寺社の宝物なども詳しい説明とともに見せて戴けた。今日はとても気持ち良い寺社巡りであった。本日の自宅出発9:17、走行距離180Km、帰宅午後4:35であった。

2018年2月27日火曜日 曇のち晴 PM8時48分投稿 

葛飾から鎌ヶ谷まで17キロ踏破

長距離を見学目的もなく歩くと足より心が疲れる

 今日はテニスも予定も無い。デスクトップの整理も一段落したので、腰痛対策の為、久しぶりに歩こうかと思い、京成線高砂駅まで電車で行った。柴又帝釈天は何度もお参りしているが、ご朱印は戴いたことが無いのでこれも頂戴したい。高砂駅から電車に乗らず、帝釈天まで徒歩で詣でたあと、金町の新葛飾橋から江戸川を渡って国道6号線を経由して千葉県に戻り、松戸・市川を経由して鎌ヶ谷市まで約17KMを歩いた。踏破した距離は17Km超、万歩計は久しぶりに3万歩を超えてしまった。観光目的もなく歩くだけのスポーツはいつもより疲れる。
 帰ってから、ジムに行って運動もせずにウェットサウナと7℃の水風呂などで両足をゆっくりとほぐした。明日、午前のテニスで活き活きとはしれるかな?

2018年2月13日火曜日 晴時々曇 PM5時33分投稿 

町田酒造の説明Good

 7時に朝食を1階ビュッフェで郷土食豊かな食事をたくさん食べられた。定刻8時半にホテルを出発し、まずは旅の無事成功、祈願のため高千穂神社に詣でた。ヒカンサクラ、ソメイヨシノともに咲いてはいたが、奄美の桜はもう散り始めていた。それでも神社で桜を15分ばかり楽しんで、「蘇鉄バショウの自生地に向かったが去年行ったときにあったはずの見学場所が見つからず、同じ道を2度往復してやっと観ることができた。
 途中、西郷南洲謫居跡に10:00オープンと同時に行ってみたが残念ながら昨日から15日までの我が旅行期間中がちょうど臨時休館になっていて、観覧し、説明を聴くことができなかった。朝から蘇鉄バショウ・西郷どんともにスカをくらったので、已む無く手広海岸ハートロックの浜に急いで向かった。干潮でないと見ることができないのだが、我らがドライバーが優秀で、11時20分には到着できた。波が荒かったのだが、心臓形のハートロックは見えた。
 昼食に島とうふ屋に入ろうとしたが大勢のお客様が待ち行列に入っていて30分以上待たないとオーダーできないとのお話。午後のメニューをこなそうと本茶峠の桜に向かい、奄美自然観察の森駐車場に向かった。30分ほどかけて行ったにもかかわらず、ヒカンサクラは殆ど散り始めたり、葉桜になろうとしていた奄美の季節ははやい。5分も時間を取らずに、速行で戻って、お土産屋のビッグⅡ、フルフラガーデンで土産物を買ったり、日本最大の蝶「オオゴマダラ」を見に行ったりして時間を過ごした。お店から直ぐ近くの町田酒造に立ち寄り「工場見学できるか」ときいてみると、どうぞと言われたので20分ばかり新鮮な説明をかわいいお姉さんから聞いた。焼酎はまず米麹でお酒を造ったあとの工程であり、お酒造りより手間がかかるそうだ。あまりに説明女性の愛想が良かったので、工場でしか売っていないオリジナル焼酎や43度の焼酎などを各自お土産に買ってきた。(一行の支払合計は1万円以上)
 帰りに仲間の一人(の妻)がネット通販で毎年買っている平井果樹園に寄ってタンカンを貰ってきた。今年は不作で、常連のお客様にもおわたしできない状況だったらしい。
 4時半頃にホテルに戻り、ハーバー寄りの緑地公園周りを散歩してきた。
 午後6時半から名瀬繁華街の居酒屋「むちゃかな」で3時間飲み放題郷土料理の入ったコースを頼んでいる。今から行こう
 
 
 

2018年2月6日火曜日 晴のち曇 AM9時06分投稿 

深川周辺のアップ完了

 先週土曜日に徘徊した江東区で撮った写真を整理し、約60枚の写真と納経帖を整理して深川周辺徘徊と題してアップした。最近寺社巡りが増えている。冬場でいろいろ面で暇になりがちな所為か? 今朝も早々と今日のブログを書いている(09:05)。
 今日はブログの日と制定されているとのこと。ブログ「アメーバ」の認知度アップのため制定申請したらしい。dachs飼主のブログはWordPressという無料ソフト(アプリ)を使用して2003年春に立ち上げた。その前にMovable Typeというソフトを使っていたが、アクセスが遅いことと、何か月かに一度リフレッシュ更新をしないとトラブルが発生する可能性が高かったので、思い切って乗り換えた。WPソフトも本日V4.9.3に自動更新された。
 昨日までの約15年間弱で5423件の登録と3740件のコメントが記録されている。くだらぬ雑文やたわいのないことも含め、よう続けられたものだと我ながら感心する。dachs飼主の記録している和洋映画のDVD録画と同じように、あとで再度観たり読んだり機会は無いと思うが、「忘れん坊」のDachs飼主にとっては、こんなこと、こんな映画があったと思った際に、すぐ索引抽出できるのだけは、やってて良かったと思う。2002年夏にホームページを創り始めたのも、やはり動機が同じだった。

10年ぶりに取りだしてきた

 毎朝起床後とそのあとすぐの朝食時に紙フィルター式の簡易ドリップ珈琲を今まで飲んでいた。しかし、中挽き豆だと1杯のコーヒーができるまで、蒸らしたり、湯を継ぎ足したりと、ずっとポットの前で観ていなくてはならない。僅か1,2分のことだがイライラするので、みずやの奥に眠っていたコーヒーメーカーを取りだしてきて、豆を挽きながらコーヒーを作ってみた。豆水の準備、セット、抽出、その後の掃除を合計すると、1,2杯のために要する時間は今までの紙ドリップ式に比べると5倍くらいの時間がかかるのだが、今日の時点では美味く香り高く感じられる。
 ブログのように行けばよいのだが、いつまで続くか・・・。

ブログの日
 ブログの普及を目的に、株式会社サイバーエージェントが 2007年に日本記念日協会に申請し、制定された。ちなみにこの協会、一般社団法人(民間団体)であり設立運営は長野県の個人で、登録には1件10万円かかるそうだ。

3 pages