dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年5月26日金曜日 曇り PM9時38分投稿 

記者会見に参加

 午後3時から我が町の市長定例記者会見に記者として参加した。読売毎日産経朝日及びその傍系や地元紙誌やケーブルTV局も来ていて賑やかであった。主催者側は市長・副市長・総務部長・広報広聴課長などが参列して始まった。定例議会が始まる前にこの先2か月ほどの予定を中心に施政方針を説明してくれた。もちろん、過去数か月分の実績や問題提起や改善目標なども話していた。会見の趣旨は7項目ほどあったが、dachs飼主はそのうち、3点ほど選んで記事執筆目標にした。
 会見終了後、広報担当の女性にお願いし、取材対象の担当部署を聞いて、月曜日火曜日に伺うことを約束するとともに、私が取材に伺うことを広報より一報いただけるようお願いしておいた。
 来週は前半取材、後半は記事造りに励む予定だ。ケースによって、話の中身も、誰に話を聞くかも、すべて違うが、要はなるべく丹念に関係者の話を聞いたり、必要な資料を遠慮なく要求して、読者の立場からありのままの事実を伝えることを常に意識して、取材、執筆するのがベター、ベストだと思う。とはいっても、あまり肩に力を入れることなく、平常心で臨むのが自然で良いのかも・・・。dachs飼主は新しい経験に、そこそこ悩んでいます

2017年5月25日木曜日 曇り PM6時04分投稿 

記者の心得を聴いた

 先日、我が郷土のミニコミ紙の編集長より「病気になって入院するので紙面作成に応援して欲しい」と依頼を受けた。彼は今週月曜日から入院して各種検査を受け、治療を受けている。病名は「間質性肺炎」であり、ステロイド剤と免疫抑制剤の血中投与をしながら療養されている。今のところ、2週間程度の入院であとは、通院になるとのこと。
 ミニコミ紙の支援の件で、本日午後、病院に入院中の彼に見舞い品片手に、取材記事を書く前に心構えやノウハウを伺いに行った。
 来週から議会開催されるので、明日金曜日午後に、市長の定例記者会見が開催される。ここで、市の目標を割合具体的に市長から示される。それを素材に、来週前半にはさっそく市の担当課に取材をしに行かなければならない。マスコミ業界でいわれる廊下鳶(ろうかとんび)状態で、役所をうろついて、積極的に取材活動をする必要がある。記事の選別については「ニュースバリューのあるものを」「好奇心を持って」「野次馬根性で」書くべきべきものを選択して自分の言葉で書くのが良いとアドバイスを受けた。市としても記事にして欲しいと思っているので、取材は歓迎されている筈と思う。明日は「当たって砕けろ」だ。

廊下鳶(ろうかとんび)
1 遊女屋で、相方の遊女を待ちわびた客が廊下をうろうろと歩き回ること。また、その人。
2 用もないのに廊下をうろつき回ること。また、その人。
 これは、永田町の業界用語で、文字通り国会の長い廊下を行ったり来たり、トンビのように獲物を見つけるとさっと降りて、油揚げならぬ国会情報をかっさらっていく。その一群の人の総称として使っている。

2017年5月19日金曜日 晴のち曇 PM4時38分投稿 

暑く汗ばむ

庭のあやめも開花始める

 春を美しく彩る庭や公園のつつじも8割がたの花が落ちてきた。それに呼応するかのように、昨日までの肌寒さから、今日は一転、戸外に出ているとジッとしていても汗ばむ陽気。菖蒲やあやめも咲き始めた。あと1週間もすれば入梅もまじかになる。今朝は庭に先日植えこんだゴーヤ、胡瓜、トマトなどの苗に如雨露で水をたっぷり与えた。
 先日、地域誌の編集発行人をされている方からお電話を戴いた。懐かしかったが、彼の病気の話。70歳を少し超えた頃から咳が出たり、息切れが気に懸かるようになり、何か所か医院で診て貰ったが呼吸器科に行ったところ、「間質性肺炎」との診断を受けた。しかし、なかなか難しい病気のようで、ステロイド系薬によって帯状疱疹になったり、免疫抑制剤投与によって体調がさらに悪くなっている。
 本日午後、駅前某所で話を詳しくお聴きした。来週月曜日に症状抑制治療のため入院することにしたそう。いままで、地域誌を毎月独りで発行することができたが、入院となると毎月第二土曜日に月刊誌としての自分の地域誌が発行できなくなる。それは辛いので、dachs飼主に取材と記事の作成をしてくれないかと要望を受けた。dachs飼主は広報誌と新聞系ミニコミ紙にコラムや単発的な記事を僅か書いた経験があるが、決して受上手なほうではない。しかし、我が千葉ニュータウンに来て以来、20年以上も前から親しくさせて貰っている大先輩なので「乗りかかった船」で引き受けてしまった。
 取り敢えずの仕事は来週26日金曜日午後、市長の定例記者会見を聴いて、そこから題材を2,3個見つけて、関係部門に取材に行って話を聞いて写真を撮ってくる。ただ、取材を行ったうえで来月1日までに原稿(1本1,000文字程度)2,3稿と写真を出すためには29日と30日には取材を終了しておかねばならない。28日の東祥寺さんの坐禅でゆっくりと心身の清浄整理に努めたい。
 29日午前中は月曜テニス当番があるので、ジムにも行かず、週の前半は多分奔り廻らなければならないだろう。暇していたのが足元に火が付き、急にバタバタしだした。

2017年1月14日土曜日 曇のち晴 PM5時54分投稿 

女性のスポーツ参加は60代後半までか

 寒い。お昼前にちらちらと雪が降りだした。すぐに止んだが、その後も寒さは続き、温度は低温で滞っている。多分明朝のテニス時には、雪か霙が降っているか、夜の雪でコートが使用不能になっているかもしれない。テント型ドームでは、深夜の降雪が予想される際は、天井屋根をオープンにしてドームがぽしゃらぬ用にしている。しかし、その時雪や多量の雨が降ると翌朝のコートはコンディション不良で中止になってしまう。明日は寒く、グリップを握る手指が悴むのでできれば中止になってほしい。
 昨日の飲み会にて、女性の老後スポーツについてが話題になった。テニスは男性は80前後まで元気にやれるが女性はせいぜい60代後半でギブアップ(引退・ご隠居)してしまう。ゲートボールはゴルフほど体力を必要としないのだが、これも女性は早いうちに辞めてしまいがちになるという。これは男性とは違い、女性は多数派女性の仲間からゲートボール村八分に遭う確率が高いらしい。ローカルルールや女性グループの多数派に積極的に従わない人は仲間はずれにして、辞めさせてしまうという。実感できないが、ひどい話だ。

2016年11月5日土曜日 晴れ PM5時02分投稿 

テニスクラブのこと

なかなか丁寧に創りこんでありました

 我が所属する平日テニス会「週4会」は24名ほどのメンバーがいらっしゃるが、月水木金はほぼ7,8名から10,11名くらいの人が参加されている。木曜は参加メンバーが8名を切ることが多いので1面、それ以外の月水金は2面を常時確保している。参加料金は都度100円なので、コート使用料金は1面530円なので1面で6名、2面で11名以上の参加があれば元は取れる。ボール代その他諸費用は年会費を一人3000円もらっているので資金的には問題ない。我がテニス会は会則を作らず、会長の一存ですべてが決まるが、それは原則で、実際には厳しいルールは一つもなく、来たいときに来て、帰りたいときに帰って良しの我が儘気ままの自由なクラブである。週4回の当番があり、ボールを持参、来月のコート予約などあるが、仲良く楽しく運営し、10年を超える歴史がある。「仲間同士で喧嘩をしたり無茶を言う会員は会長の独断で退会を宣告できる」が、そういう方は過去2名しか無く、居辛いときは雰囲気で次年度会費を払わないことで自主退会される人になる。メンバーは男7:女3の割合くらいで年齢層は50代後半から80代ちょっと出までの閉じた倶楽部で、他クラブとトーナメントを行ったり、下手な人や調子の悪い人をあしざまに言うようなことはなく、和気あいあいと健康テニスを行っている。メンバーそれぞれはテニス以外にも趣味を持っており、卓球・ゴルフ・サックス・コーラス・陶芸・そば打ち・園芸・釣り・手芸・木工などなど多彩で面白い話を聞かせて貰ったり、自分の趣味へのお誘いが休憩中にかかる。今日はそのメンバーのA氏からお誘いがあり、陶芸展を観に近くのDIYセンターに行ってきた。

2016年3月25日金曜日 晴のち曇 PM10時40分投稿 

戦争法反対署名

 午後一番からテニス。風が少しあったが、メンバーも9人で5試合10ゲームを皆で楽しんだ。あったかい珈琲やハワイ旅から還った早々、土産のマカデミアンナッツチョコを持って来てくれたりと、2ゲーム終了時に熟年者・高齢者のショートタイム茶話会も楽しんできた。今日は5の付く日なのでジムは休館日なので、帰宅後お風呂場に直行し、シャワーでリフレッシュ。
 先日、日本共産党さんから戦争法反対署名の依頼が来たので、早速署名をしておいた。来週木曜日に上野花見の際にお会いする先輩が別グループ(OLDs)で平和憲法護持のために署名活動を推進されているので、「木曜日に署名させて貰って宜しいですか」と彼にお伺いを立てたところ、「同一案件には一人一筆が原則」らしい。どちらも政府など行政に提出するものなのでその通りだと思った。先輩も地道にご活躍されていると改めて尊敬の念を深くした。

桜始開
 03/25~29は春分節次候で桜始開(さくらはじめてさく)。桜の花が咲き始める頃。

2015年12月31日木曜日 曇り PM4時55分投稿 

延べ4,656投稿

車内専用のサイクロン掃除機

 今日も午前中は大掃除。午後は少し時間が空いたのでカーショップに行ってハンディークリーナーを買ってきた。毎週テニスに数回行くので、トランク内にテニスシューズの置きスペースがある。しかし、テニスシューズはいつも行くオムニコートで2時間も駆け回るといつの間にか靴に多くの砂が入ってしまう。どこからいつ入るのか不思議だがオムニの砂を毎回持ち帰ってトランクに入れるとその一部がトランクに落ちてしまう。買ったクリーナーはセンターピラーにある車内電源でとりコード長も5mあるので、運転席はもちろん、トランク内にも十分に届き、サイクロン式の強力なパワーで綺麗に砂やごみが獲れた。

12月は伊豆と袖ケ浦に電飾を観に行ってきた

 午後の空いた時間をl利用して、愛犬暦12月版を印刷して綺麗にしたトイレに貼っておいた。これで愛犬暦2015年版は本日大晦日にて無事完成。ページ追加は210を超えた。当ブログも2003年4月から13年連続延べ4656投稿となっている。
 午後10時前に東祥寺さんに向かう。恒例の大晦日「歳晩大鐘楼会」、いわゆるかねつきであり、突いていただける参拝来場者にふるまう「豚汁」や「甘酒」のサービスサポートを翌1時過ぎまでお手伝いする。今夜はちょい雨降りの心配あるも、例年より暖かそうなのでジャンパーは薄手のもので良さそうだ。
 年越しそばは帰ってからお風呂に入り、ツレアイは就寝中なので焼酎か発泡酒を飲みながら、ゆっくりと即席カップ麺で戴く。
 今年は愛子婆さんが亡くなる不幸もあったが全体的に実りある1年だった。

『 来年 平成28年もスタートから良い歳にしたい 』ものだ。 1月は足利フラワーパーク・2月は長崎ランタン祭りのイルミネーションを観に行く予定になっている。

2015年9月23日水曜日 秋分晴のち曇 PM10時02分投稿 

薄紅のコスモス

  2,3日前から薄い布団では寒さで眼が醒めるようになってきた。今朝も気持ちが良かったので、ラミウリと散歩に出た。近くの公園で今秋はじめてのコスモスを発見。こんなに近い公園なのに行ってなかったので、コスモスの咲き始めから見ることが出来なかった。コスモスで宇宙や世界を思い出した。
 公園でもどこでも、我が街の自治会では、近所ではない人とでも「気持ち良い挨拶」をするよう、薦めている。「声かけ挨拶運動」というが、防犯対策の一環でもある。しかし、「フレンドリー」という言葉が私たちにはあまり実感が無いし、努力もしていない。
 日本人と外国人の習慣の違いで『日本人は恥ずかしがりで遠慮がち』ということが言われる。例えば「飲み屋の料理で最後に残った焼き鳥1本や刺身一切れは食べ辛い」「バスの降車釦は日本のは1台40個近くあるが、海外のバスは2個程度。降りたいときは釦に近い人に気軽に押してくださいと頼める」「海外では本にカバーをしてくれないが日本でするのは何を読んでるかを知られたくないから」・・・等の例がいろいろ出ていた。私たちもモット気軽に人とフレンドリーにならないと駄目だと感じた。

2015年9月11日金曜日 晴時々曇 PM10時02分投稿 

松虫珈琲

 昨日のゲリラ豪雨から急転、今朝は 秋晴れ と言うよりは残暑ムードで暑い。久しぶりに10日ぶりにテニスができると思っていたが、ツレアイが昨昼ハンドベル講習に行って貰ってきたコンサートビデオの複写を頼まれた。ビデオレコーダーではできないVIDEO-TS(DVDビデオ)形式のビデオなので、単純にフォルダーコピーをしてもダビングは出来ない。ビデオのコピーにはリッピング、ISOファイル、コピープロテクトなど専門知識がしっかり理解できてないと、陥し穴が待っている。 午後には元ビデオを返却しなければならないというので、午前中いっぱい頑張って、なんとか複写してDVDのラベルプリントまでできた。それでテニスには行けなかったと言う訳だ。
 午後は市東側の珈琲店『庭カフェ 松虫珈琲』に行ってきた。昨日は大雨だったので今日が本格的な取材日。情報誌に販売店編集部おすすめの店という不定期コーナーがあるのだが、来月号では印西市の上記店を取り上げることにきまり、dachs飼主が取材担当となった。

由緒ある古刹松虫寺の脇にある

 印旛日本医大駅前から徒歩十数分、印旛の自然に囲まれた隠れ家風カフェが松虫寺の脇にある。松虫寺は松虫姫伝説由来の奈良時代創建の古刹で近くに松虫姫公園もある。松虫寺は、周りを立派な大木が囲み1200年以上もの間、松虫姫を大切に祀って守り続けてきた力強さを感じる。この由緒あるお寺の傍に移り、参拝や散策に訪れたお客様の新たな和みの空間として2012年春に開業。お店自体も木造古民家の昭和レトロ風で一昔前にタイムスリップしたような気持にさせられる。ジャズが流れる店内席の他、お庭にもテラス席もあり、軽食も美味しくいただける。コーヒーの好みは豆の品種や銘柄にもよるが、美味しさは鮮度や焙煎の仕方、お水などにより、お店の実力が試される。ここでは地元ならではの美味しい井戸水を使っている。品種について最近は、苦味を求めるよりさっぱりした味、コクがある味を求めて酸味にこだわるお客様が増えているそうだ。
 森の中にひっそりと佇む一軒家カフェという風情で春は桜、夏は豊かな緑、秋は紅葉、冬は雪景色と移りゆく自然の美しさを珈琲の香りとともに楽しめる。周辺にも四季折々に散歩する楽しさもある。庭の緑を楽しみながら、味わい深いコーヒーを飲んだ後、この機会に、印旛の自然をゆっくり歩んでみてはいかがだろう。

2015年9月4日金曜日 晴のち曇 PM8時11分投稿 

今月の段取り

 朝テニスで逢った友W嬢の愛犬クッキー(キャバリアキングチャールズスパニエル)が今週月曜日に亡くなったと聞いた。ちょっと太めの牡12歳だが、10日ほど前から体調が悪くペットドクターの診たてでは「腎不全」とのこと。三日ばかり透析治療を試みたが改善せず、自宅で過ごさせたほうが良いとの判断で自宅で5日間頑張ったが力尽きたそうだ。我が家のラミウリも老女になっているので心配の種は尽きない。
 来週市内のコーヒーショップへの取材依頼が「ふれあい毎日」編集長よりいただいた。「販売店編集部のおすすめの店」での紹介記事の依頼だった。来週前半に伺って、再来週前半に記事を投稿の段取りで進む。日刊紙で無く月刊紙なので余裕はある。
 今月17,18日の鹿児島の往復便が確定した。17日羽田14:35発で往き、18日鹿児島空港発17:35で羽田に戻る。
 25日は、坐禅写経仲間と久しぶりに成田で食事会をやりましょうとラインで本日決まった。場所は某氏に一任した。
 もう一つ、先日新聞広告に出ていた「いしかわふるさと宿泊券」に応募した。2500円の購入で石川県(能登・金沢・加賀・白山)の指定旅館35か所の宿賃を5000円として使えるというので2泊分2人で8枚購入手続きをした。しかし、2月までに使わねばならない。1泊1万円の旅館を5000円で泊まれるプレミアム地域振興券の発行はありがたい。我が街のプレミアム商品券も1万円で1万3千円の券が6枚も買えるので、これも6万円分家族の数だけ18万円購入している。年金生活の高齢貧乏世帯にはありがたい制度である。
 随分リラックス旅をしていなかったので今月末に貸リゾートの箱根強羅で2泊3日の宿泊予約を行った。

14 pages