dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年10月31日水曜日 曇のち晴 PM9時07分投稿 

榛名神社と達磨寺

 草津リゾート3泊4日の最終日、いよいよ本日は帰ることになる。2日目の国道292号の通行止めショックで、行きたかった新潟県域や地獄谷野猿公苑、戸隠神社に行けなかったのは辛かったが昨日は訪ったことのない野反湖やチャツボミゴケ公園も感動的だった。夕食に飲み屋の2階で湯畑を眺めながら生搾りグレープフルーツハイなどを飲めたのも良かった。

双龍門など素晴らしいお社や建造物の美しさがあった

 今日は初日に行けなかった榛名神社、少林寺達磨寺、蒟蒻パークに寄りながら、午後5時過ぎには自宅に帰れた。高崎市の榛名神社に行ったことはなかったが今日のベスト訪問地であった。岩と紅葉と荘厳なお社と自然が大感動であった。榛名山には何度も来ているがこの神社詣ではなぜもっとはやく参拝できなかったのか?と吃驚であった。写真も沢山撮ってきた。

納めた達磨が社の裏まで

 次の安中市の少林寺達磨寺は名前だけに達磨のお寺さんであった。禅宗でも珍しい黄檗宗のお寺で、ご朱印も戴く前に「写経を強制された」。演説も長く、しかし相手はお寺さんなので反抗やイサカイはしなかったが、少し気持ち的には嫌な気持ちになった。
 最後の蒟蒻パークでは工場見学と蒟蒻料理を振舞われた。蒟蒻芋は5年に一度しか花が咲かないということも初めて学んだ。
 今朝の距離計は470㎞、帰宅時のそれは720㎞だったので、今回踏破距離は720㎞、本日走行は250㎞となった。富岡ICに入る前に念のため軽油20ℓを補給したが、だいたいこの車で満タンにすると、燃費19㎞/liter、700㎞は走れることが分かった。

2018年10月30日火曜日 晴のち曇 PM5時01分投稿 

野反湖と芳ケ平湿地軍群

美しく荘厳な天空の湖であった

 8時40分に宿を出発。車の走行距離は384㎞を指していた。まずは野反湖に向かい、片道でなく両側1車線が多い細い山道をひたすら北に向かい登って行った。9時30分に天空の湖「野反湖」に到着した。大きな綺麗な湖である。さすがに標高1500ⅿを超えているので寒かった。北面はダムで、排出された水は日本海側に注いでいる。釣りをしている人は多いが、寒いので観光客は数えるほどしかいない。厚着をしているだろうがバイクで走っている人は寒いだろうなぁと思った。

チャツボミゴケと温泉群が見事であった

 野反湖観光を終え、今度は上信越高原のラムサール条約登録湿地「芳ケ平湿地軍群」のチャツボミゴケ公園に入園。川や滝も美しかったが、抗酸性の緑色のコケが温泉や水が湧き出す岩肌に沿って美しく根付いていた。滝とコケと紅葉の織りなす名園であった。一番に尋ねた野反湖もそうだが、ここも来て良かった。
 12時過ぎになったので、道の駅「八ッ場ふるさと館」まで走り、ソースひれかつ丼や珍しいおつみ団子を食べた。おつみ団子汁は、食べたことはないが戦時中のすいとんのちょい豪華版のようだった。道の駅そばの不動大橋の袂からは不動の滝が見える。水量は少なくちょろちょろペースの水流であったが、滝の長さ(深さ)は100mを優に超えているだろう(実際には落差40ⅿ程度らしい)。水量が豊かであればとても見ごたえのある滝であろう。
 その後は八ッ場見放題に登って、ダムの完成状況を見てきた。昨年6月にも友人とここに登ったが、上から見る完成状況は素人のdachs飼主にはそれほど変わっているようには思えなかった。
 今日は坂道走行で緊張の連続だったので、4時前には帰ってきた。昨日最後の距離計は361Km、今日は470Kmなので、今日だけで110Kmを奔ったことになる。ほとんど坂道の上り下りに終始した。これから、温泉繁華街に出て湯畑のライトアップを観たあと、どこかで夕食を食べることにする。

夜景も良いものです

 先ほど帰ってきた。湯畑のライトアップはピンクと紫が基調で彩られていたがやはり一番印象に残ったのは湯気の白と硫黄の臭気であった。足湯にも多くの人々が浸かっていた。6時になったので、モンテローザグループの「魚民」で飲みながら夕食代わりにつまんだ。山の中なので刺身系はご遠慮して焼き鳥やアヒージョなどで愉しんだ。前回行った7-11の2階はクローズしていたが、魚民の2階の窓からも湯畑のライトアップがよく見えた。

2018年10月26日金曜日 曇時々晴 PM3時39分投稿 

画像右クリック問題解決

 Windows10にアップデートしてから画像ファイルの右クリックに時間がかかりすぎているのが何故かと長い間、悩んでいた。CPUはCore-i7でディスクもSSDで早いのに、かかりすぎるので、レジスターの更新やフリーソフトのインストールや運用など手間のかかることを何度も試行錯誤していた。しかし、一向に改善しない。一番よく使うjpgファイルを操作するときに右クリックを使わねばならないのだが、ひどい時には30秒近くかかり、その間は応答なしになる。
 web検索で「右クリック 遅い Windows10」で再度最後まで全件読み直すと、下記の表示があった。 http://www.bugbugnow.net/2018/03/windows10.html
 大量にファイル・フォルダを格納する画像フォルダに対し、[エクスプローラでフォルダを右クリック]->[プロパティ]->[カスタマイズ]->[フォルダーの種類]->[このフォルダーを次の目的に最適化(T)]を[全般]とする。普通はピクチャーになっているのだが、このままだと、すべてのファイルを並び替えるのに相当時間をかけているようだ。
 この対策でたぶん間違いないと思う。当件解決により、現在抱えているパソコンの運よぅ上の難題はすべて解決できた。

2018年10月10日水曜日 曇り PM5時38分投稿 

鴨川の美しい海

 心配していたが、今朝も気持ち良く晴れていた。泊まっている鴨川グランドタワー33階の7階4号室からでも朝の景色が美しい。

魚見塚展望台からはグランドタワーも見えた

 9時30分にチェックアウトし、魚見塚展望台に向った。もともと漁師が魚の群れをここから発見することから名前がついているらしいが、頂上の乙女像「暁風」までは約10分ほど歩いて登ることになる。木更津の赤い「中の島大橋」と同じ恋人の鍵の整地もあった。この展望台からは外房の海が美しく見え、昨夜泊まった33階鴨川グランドタワーも下のほうに見えた。近くの浅間神社まで脚を伸ばしたが、宮司さんも巫女さんも居られる気配なく朱印は次回までお預け。11時前に名勝仁右衛門島に到着したが、なにか胡散臭そうな感じで入口まで行って退散してきた。正午には大多喜城に到着し、城の周りを散策してきた。13時には道の駅「たけゆらの里 おおたき」に着いた。大多喜町は「れんげの里」で有名だが、その他に「筍」「猪」も名物。筍を肉巻きにしたソースカツ丼と猪肉を卵で綴じたどんぶりをふたりで食べてきた。どちらも割合美味しかった。夕方に地元で所用があるので、そのまま帰宅。今回の1泊旅の房総ドライブ距離は277Km、今回の平均燃費は17.3㎞/Lなので、使用ディーゼルは16リットル。高速も使わなかったので、ディーゼルが121円/Lなので往復費用は1936円で済んだ。

2018年10月4日木曜日 曇り PM5時18分投稿 

新宿会議に参加

 先週大過を残して去っていった台風24号のすぐ後に台風24号が沖縄に迫ってきている。午前中から台風の余波だろうと思うがぽつぽつと降り出してきた。今日は再来週一緒に行くメンバーと新宿エルタワーの食堂で11時半予定での待ち合わせ。dachs飼主の電車が京成電車の停電影響で地元の北総電鉄も影響を受け、新宿西口交番前にはやめに到着の予定が10分超も遅れ、メンバーには待たせ迷惑をかけてしまった。このミーティングの議題は新潟行きのドライブルートを東北道経由で昼ごはんを喜多方、もう一つは関越道経由で昼食は越後川口SAの2案があったが、初日に村上の観光・夕焼けを最優先にするため、所沢ICから長岡経由で直接村上瀬波温泉ICに行くことに決めた。ドライブ旅なので暫定分担金を初日に財布調整して、帰宅後に微調整することも決めた。大きな金額以外の昼食代・入館入場料などは各自が支払い、共通のお金を扱う会計担当役も決めた。

バラ10枚を久々に買ってみた

 その後、飲み屋に行こうと思ったが、雨も降ってきたし、映画を見に行きたい方もおられたので、1時間そこそこで1ビア&昼食で新宿から戻ってきた。何か物足りないので、JR浅草橋を降りたところで、数年ぶりに宝くじを買ってきた。今はハロウィンジャンボというらしい。dachs飼主は小心者なので、連番は買わず、バラ10枚のミニジャンボを買ってきた。年に数回も発行している宝くじだが、10年間で1,2度、10枚しか買ったことがない。当たりまえだが、過去1000円以上当たった経験もない。3000円失う失望と1万円当たって欲しい期待が月末まで続く・・・。

2018年10月3日水曜日 曇り PM6時47分投稿 

木下大サーカス

 朝テニスは秋の好天の中、2面に久々15名ものメンバーが集まり、気持ち良いプレーができた。風も涼しく、まさにスポーツの秋である。終了後はジムでお風呂だけ入って汗を流し、午後はその足でツレアイと柏ARIOで開催中の「木下大サーカス」を観に行った。町内会で確保している招待券の抽選で2枚貰ったので行くことにした。時間がはやかったので、3階フードコートで江戸前天丼濱乃屋で上天丼を食べた。ここはいつも混んでいる。キンメダイの天婦羅が入っていたのが珍しい。

久々のサーカスにふたりとも感動できた

 1時40分からの開演なので、30分前に行くとすでに長蛇の列。招待券は自由席なので、指定席券を追加購入したかったのだが、当日の指定席購入はできないようで、已む無く後列に随いて並んだ。自由席は500名くらい並んでいたようだ。なんとか座れたが、柱金具が邪魔して一部見えない。それでも、ピエロがお客も面白い演芸ギャグもどき、やホワイトライオン、象の倒立、前脚で歩く姿、バイクの円球内爆走、イル―ジョンなどがあったが、やはり、最高の芸はひとのアクロバチックな秀でた芸で空中ブランコや肉体を酷使する人間美に感動した。
 明日は新宿で16日からの村上佐渡妙高ドライブ旅の打ち合わせをするので、久々に新宿に向かう。

2018年9月27日木曜日 曇り PM9時38分投稿 

リニアに大感動

 6時過ぎに起きだして、さっそく屋上の温泉に浸かりにいった。露天風呂は雨が激しく入れる状態ではない。今日も午前中には上がると言っていたがどうなることやら・・・。テレビでは昨日富士山に初冠雪があったと報じていた。見たかったのに雲がかかって終日見えなかった。御殿場側の望遠鏡(?)では見えたそうだ。
 朝食はバイキング。だんご汁、牛蒡の各種料理などバラエティある面白い料理が並んだ。昨日の松茸尽くし御膳に比べると軽かったが、ゆっくりとモーニングを愉しめた。
 9時過ぎにホテルをチェックアウトし、昨日参拝でできなかった武田神社と甲斐善光寺に雨激しき中、奔った。
 まずは武田神社。躑躅崎で有名な武田氏邸があった場所近くにできた由緒ある神社でだ。水琴窟、能舞台などを観て廻ったが、鬱蒼とした林が印象的だった。モミジも綺麗だった。
 次に向かったのは甲斐善光寺。本堂の啼き龍で指定された位置で柏手を強く打つと天井の龍が啼いたような声で反響する。まるで龍が啼いているような共鳴であった。
 また本家の長野善光寺で著名なお戒壇巡りもあり、徘徊してきた。本日2寺社への参拝で今回2泊3日旅でご朱印8枚を戴くことができた。
 11時過ぎになったので著名な「桔梗信玄餅工場テーマパーク」に出かけた。ここの工場見学をするのがメインだが、昨日泊まったホテル「石庭」のスタッフから「220円詰め放題」の話を聞いてがぜん行く気になった。1個150円もする桔梗信玄餅が20個近く詰めて僅か220円と吃驚仰天の大サービス。残念ながらdachs飼主の10人前で桔梗信玄餅は終了となり1個200円の饅頭を各13個詰めて440円で我慢せざるを得なかった。残念。

125分の1のシャッターでも間にあわない

 ここから一宮御坂ICを経て自宅に帰る手もあったが、どうせ雨なら、雨でも行けるところをということで、1昨日休館だったリニア見学センターを再訪した。ここは大感激だった。東京大阪間開業は2045年でdachs飼主は絶対行きていないので体験不可能だが東京大阪間1時間のリニア新幹線を垣間見ることができた。時速600㎞と気の遠くなるような速度の怪物の現物が15分おきに奔ってくるのを実際に観られ、凄く感動できた。F2.8 125分の1秒のシャッタースピードでもとらえられなかった。名古屋まで開業は2027年なので80歳まで生きていればぜひ1回だけでも乗ってみたいと思う。今日のメインイベントはリニア新幹線を観れたことである。その後は上野原ICから予定通り帰宅できた。これで高速道路を使った2200CCのCX-5ドライブは終わりになり、今度の日曜日午後には1500CCのコンパクトカーDemioに乗り換えることになる。今日2回目の残念。

2018年9月19日水曜日 晴のち曇 PM7時47分投稿 

脳ドック受診

結果が二人とも心配することもなく終わって安心の美味しいランチでした

 朝10時に間に合うように市内の総合病院に出かけた。二人揃っての脳ドックである。10時から12時半頃までの14項目の健診を受け最後の30分はドック後の昼食を戴いた。最後の頸動脈エコー検査の詳細結果は後日郵送されるが、それ以外はドック担当医師より15分ほど説明を受けた。「脳は委縮して無くあなたの歳にしては若い脳なので認知症の疑いなどは全くない 血管の固さも若いので大丈夫だ・・・」などと予想通りの結果なのでとにかく安心した。2週間後に詳細なレポートが届くという。頭部MRIとMRAのチェックを受けたのだが、いずれも所見は良好とのこと。MRIが、脳の断面を詳細に写し出し、脳梗塞や動脈瘤、脳腫瘍等を検出するのに対し、MRAは血管の状態を詳しく見るために用いられ、脳動脈瘤や脳動脈閉塞等を検出できる。いずれも一安心。
 医師よりこんな話が聞けた。「頸動脈エコーは初めてだったのですが、Dachs飼主は5年前に前立腺エコーをやって貰った。その時は正常だったが、最近は夜間頻尿の我慢を朝方している」と話すと「そんなの簡単ですよ 泌尿器科に行って(男性ホルモン増殖を減らす)薬を処方してもらえば、治ります 前立腺がんはPSA検査を受ければよいが、受けなくても前立腺がんで亡くなることは無い」とも言われた。

2018年9月12日水曜日 曇り PM4時25分投稿 

秋冷の候

 昨夜から秋冷の候となった。一昨夜まではガラスを開けて網戸だけで寝ていたが、徐々にガラス戸の開いている間隔が狭くなり、昨夜はガラス戸を全部閉めて寝た。熟睡できた。
 朝9時テニスも眩しかったが程よい風でゲーム休みの間、汗が冷たく感じるほどになった。2面予約で、最高レベルの14人も来て、メンバー組み合わせ用のトランプも1~Kでは足りず、Jokerまで参加する大賑わいとなった。
 ジムに行ってた留守中にポストにメモが入っていた。「交通安全協会」保管場所現地調査員からで「●●警察署に申請のありました自動車保管場所照明について本日現地調査に伺いました」旨の日時が書いてある。たぶん、車庫のサイズを計測に来たと思う。巻き尺をもって車庫をうろうろしていると「私は正しい者」と「個人情報秘密は守ります」の一環であろう。
 今夜は5時からdachs飼主が幹事で平日テニスメンバーの「残暑払いの宴」がある。高齢者が中心なのでコース料理2800円飲み放題含め一人4000円だが、量を飲まない・飲めない人もいるので、料理だけコースを予約をして会費は4000円貰っている。飲み放題が得か料理だけが良いかは一種の賭けである。準備もあるので、もうすぐ出かける。

2018年9月8日土曜日 白露曇り PM8時22分投稿 

男鹿半島周遊

 7時現在、窓を開けるとまたも小雨、温度は16℃と表示されていた。千葉では26℃なので温度が10℃も違う。昨夜の夕食では郷土料理が多く出て感動したと書いたが、朝食も甘い嶽きび(玉蜀黍)、新鮮なジャージー牛乳プリン、珍しい林檎入茶碗蒸がでて、美味しかった。昨日食べすぎたので、朝の量は抑えたかった。しかし、さらに紫蘇包林檎、帆立ご飯、リンゴカレーもでたので少しだけだが食べぬわけにはいかない。地元特産の品々は珍しいだけでなく味わい深い。ユックリとモーニングコーヒーを愉しむ。
 バスが出る9時には雨も止み、少しは明るくなってきた 秋田空港につくまでこの状態で空よ 頑張ってほしい。
 バスは一路鰺ヶ沢から深浦に国道101号線で約1時間、向う。バスでも海の景色が素晴らしかったが、JRでゆっくりと車窓を眺めるのもいい。ここ深浦駅からJR五能線で10時58分出発、鰺ヶ沢駅にスーパーリゾートしらかみ号に乗った。五能線は秋田能代から青森五所川原を結ぶ線でなかでも深浦ー鰺ヶ沢間の海岸側の風景は美しい絶景で飽きさせなかった。景色の良い所では列車も速度を落としてくれた。車内3号車では、イッパイ飲めるワンショットバーがあり、気合いで日本酒「神の座」を飲んだ。
 11時40分には鰺ヶ沢に戻り、青森の秋田犬「わさお」と再会できた。此処から再度深浦駅を通過して十三湖、一番高地にある青池に向う。バスは一度送迎で往復することになる無駄に思える旅程だが、五能線はソレを補って余りある快適さであった。
 ここからは、いよいよ白神山地に入ることになる。十二湖、大崩山から見ると12の湖群にみえることからそう名付けられたが、本当は33個も湖があるという。今回見学では青池メインでブナ自然林も観てきた。十三湖への道が細く観光バスやトラックが反対方向からくるとすれ違われないほど細いので大変だった。青池は思いの外小さな湖というより小さな池というか水溜りレベルだった。上には季節がら落ち葉がタクサン落ちてはいたが、葉の間の水の透明度は高く、青くも見えないわけでもない。湖面の色は5,6月頃とと雨の日が美しいと言われている。ブナの自然林では100m弱入って深呼吸スポットで綺麗な空気を吸い森林浴気分になれた。
 バスは14時半過ぎに青森県深浦町から秋田県八芳町に入り男鹿半島入道崎に向った。秋田県に入ると八郎潟を始め干拓の街がつ続くので、道路がまっ直ぐで北海道のような雄大さがある。車内で秋田大館の名物駅弁「鶏メシ」を食べた。名古屋の駅弁より格段に美味い、と思った。
 15時半頃八郎潟の道の駅「おおがた」で休憩をとったあと寒風山やなまはげ像の橋を越え、入道崎に16時45分に到着。北緯40度に的たるらしい。空港以外ではここが最期の土産物店なので関係者への土産モンを調達してきた。
 高速道路利用で秋田空港に到着できたのは18時30分に到着。20:50のJAL168便なので羽田空港到着は22時になってしまう。2時過ぎにバスん中で鶏メシを食べたが、今7時半だが、空港レストラン「杉のや」でぎばさ稲庭うどんを食べておいた。自宅につくのは多分12時前後になるだろう。明日は8時から厳しいテニスレッスン。
 楽しかったけれどかなりハードなスケジュールの旅だった。添乗員さんは70過ぎの頑固そうな爺さんだったが、運転手、バスガイドさんとも愛想の良い人で気持ちが和んだ。今回の旅で一番印象に残ったのは恐山だったが、もう一つ言うとすれば鰺ヶ沢から深浦まで今日乗ったスーパーリゾートしらかみ五能線の旅。海岸線の風景が、とてもビューテフルで心が和んだ。
 青森県下北津軽と秋田県男鹿半島延べ700キロを超えるバス旅でガイドさんに詳しく解説してもらったので再度マイカーや電車飛行機も含め個人旅夫婦旅を気ままに楽しんできたい。

12 pages