dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年7月17日火曜日 晴のち曇 PM7時05分投稿 

はかりめ丼を食す

 9時半に出発し、ガソリンスタンドで燃料満タンにして16号経由で富津に向かう。
今日と明日にかけて房総半島の南部ドライブ。何度も行ってるので、計画しているのは本日昼は富津市の「はかりめフェアー」にかけて、「はかりめ丼」を食べること、今夜の宿は勝浦ヒルトップホテル&レジデンスに泊まることである。

はかりめfair協賛

 富津はかりめfairで2年前に行った『味の勘七』が今一つ馴染めなかったので、今日は割烹「一定」を目指した。ところが月曜祝日の際は火曜が休みだそうで、再度Web検索をして、すぐ裏の海岸通りにある『さざなみ』に入った。
 家族がやっていると思われるちいさな食堂でファミリームードが漂っていた。ツレアイと二人で、「焼きアナゴ重」と「ダブルはかりめ丼」をオーダーした。いうまでもなく、魚の側面に点々が多くついているので天秤棒の秤の目に似ていたので穴子の別名・俗称となっている。焼きアナゴは関西でdachs飼主の好みのものと違い、穴子をバーナーで白焼きにしてたれをつけたもので、アナゴのかば焼きに近い。鰻ほどエネルギッシュではないが、そこそこいけた。また「ダブルはかりめ丼」に載せてあった穴子の天婦羅はビッグで暖かくて、おいしかった。価格もリーズナブルで、お土産に「ノリ」までいただき、今日のはかりめ店はアタリであった。
 富津から鋸南IC近くの『道の駅保田小学校』を覗いてみた。1,2年ほど前に廃校となった小学校をリフレッシュしたもので宿泊もできるそうだ。かなり巨大なマンモス小学校であったような学舎であった。地場野菜なども豊富で平日にもかかわらず、多くのお客さんがレジに並んでた。しじみ汁や鯨すじ肉缶詰などを土産に買ってきた。
 保田からは長狭街道を経て、サンダンスリゾート「勝浦ヒルトップホテル&レジデンス」に午後5時に到着。サンダンスの部屋は11階シ―サイドビューでレンジ調理器具水回りなど完備でリゾートとして十分楽しめる広い部屋であった。海の見える温泉も快適だが競争率が高いのでなかなか抽選に的たらない。本日、走行距離は162Km、万歩計は4000歩に留まった。

2018年7月11日水曜日 曇り PM8時02分投稿 

文京寺社巡り

スマホより歩く際のガイドとしては安心ができる

 長期入院後の初回健診日は朝8時半に新宿の病院で1時間ほどの検査があり特段の問題もなかったので、その後は解放された。そのまま自宅に帰るのも、勿体ないので、文京区の寺社巡りを少ししてみようと思い立ち、朝10時から実行に移した。幸い背中のバッグには寺社巡り必携の「朱印帖」「カメラ」は入っている。最近、東京の寺社を巡る際、GoogleマップやYahooマップをOnにして目的地まで歩いているが、GPSを使ったスマホアプリは電池の消耗が著しい。コンビニで東京詳細地図を買って都営大江戸線から春日に向かい。文京区の寺社巡りを始めた。
 都営大江戸線春日駅を降り、ダイエーの横を上がると善光寺坂。慈眼院沢蔵司稲荷にお詣りしてきた。「沢蔵司 天ぷらそばがお気に入り」
 善光寺坂を上り切ったところにある浄土宗「傳通院」で朱印を戴く。山門も立派で荘厳な感じのするお寺だ。文豪永井荷風も、パリにノートルダムがあるように、小石川にも伝通院があると賞賛したと言われているそうな。朱印を待っている間、「朱印はスタンプラリーではありません」なる告知を観たときには寺社巡りの心構えを再確認した感じがした。
 傳通院から30分弱ほど歩くと、布袋尊で著名なさくら霊園もそばにある「浄心寺」が見えてくる。歩数も既に一万歩を超えて、お腹もすいてきたが、頑張って歩く。少し手前に日蓮宗のお寺「浩妙寺」があり、手を合わせてきた。
 布袋尊のここも、浄土宗の古刹で湯嶹山浄心寺と号し、江戸33観音の10番札所という。本堂のメインの仏さんは素晴らしい観音様だった。 「たのめただ 枯れたる気にも 自ずから 実りの花や さくら観音」
 文京区も台東区に近くなってきた。根津神社の手前にdachs飼主の地元にもある総合付属日医大病院の雄姿があった。根津神社はやっぱり綺麗でした。メトロの千代田線根津駅の傍にとんかつ「ひのき」が空腹を刺激したので入ってしまった。カツも美味かったが、豚汁も良かった。dachs飼主にとって隠れた名店のひとつにあげたい。ここから自宅中継点の町屋に3駅ほど進んだ。先ほどはランチタイムでビールを飲むのに気がひけて頼めなかったが、町屋の安売りラーメン屋「日高屋」で餃子と生を頼んで今日の寺社巡りは午後1時すぎで無事に終了できた。
 さっそく、手早くアルバム24枚にまとめ上げ、文京寺社散策巡りをアップしておいた。

2018年7月9日月曜日 曇り PM9時36分投稿 

ゆっくりとリラックス

 退院の朝晴れ間が見えていたが、9時前から雨が降り出し大きなスーツケースをもって傘を差しながら都営地下鉄の駅前まで進むのは相当難儀だと心配していた。が、着替えて退院する11時前には雨も上がり、蒸し暑くなっていた。新宿で禁じられている旨い珈琲と気持ち良い焼鳥ビールを食し、上機嫌で帰宅。
 お風呂あがってツレアイと会話をしながら2時間ほど、入院中や自宅近所の話で弾んだ。お互いに知らない話が多かったので、面白かった。ジムに行かなかったのは、背中に入院時のマークが色濃く書かれていたので、格好悪くて行けないし、タツーと間違われ訴えられるかも・・・。

久しぶりのお酒が進んだ

 夕食の時刻になったが、あまりお腹が空いてなかったので、ビールや大吟醸酒を飲みながらつまみを少し戴いたが、つまみだけでも病院の食事の数倍の量と爽やかさ。お酒にあう。お酒と言えば、今年2月に試飲した奄美大島龍郷の町田酒造さんからお中元のお酒に関するセールスレターが来ていた。九州地区なら送料600円だが、それ以外は700円になるので、(単純な理由だが)注文をしなかった。

2018年7月8日日曜日 晴のち曇 PM8時25分投稿 

明日退院

 明日で検査入院も終わりを迎える。4月2日の事前通院から7月26日の最終検査通院まで延べ60泊63日、日帰り通院14日に及ぶ約4か月弱、合計77日間もの長きに亘った。採血検査も40回ほどあり、その他の検査や病院と入院者とのごたごた、それ以上に外に出られないこと、検査以外は暇なことが、辛かった。その代わり、看護師さんたちがみなさん良い人が多く、優しくされたので幾分癒されることもあり。しかし、もうこんな長い入院生活は懲り懲りだ というのが本音である。しかし、西日本で豪雨被害に遭われた方々のことを思うとそんな勝手なことは言っては居られない。退院後5日間ほど日帰り検査通院があるが、明日の退院も含め「立つ鳥跡を濁さぬよう」気を付けたい。おかげさまで、頻繁に生科学系血液検査される数値結果はすべて標準範囲内に収まっており、体そのものはいたって元気に退院が出来そうである。明日も昼から美味しいものをたらふく食べられそう。
 長期間に溜まった資料や明日の退院に向けやらねばならぬことが多く残っているので、今から準備にかかる。

2018年7月4日水曜日 曇り PM9時40分投稿 

焼肉へのおもい

よだれがでそうだ

 来週帰ったら、食べたいものと言えば、まずすき焼き・鰻・刺身・酢豚・焼肉がベスト5に入るだろう。焼肉は家庭で食べると脂と臭いが充満して後片づけや掃除に一苦労するからツレアイは嫌がる。当然冷麺焼肉のお店で鉄板や網を囲んで食べる。ただ、メニュー表には特上・上・並み、種類も最近は数限りなくあって、何をどの順番で食べてよいのか迷ってしまう。老夫婦なので、食べ放題ビュッフェ形式の店でガキどもの奔り廻ったり泣いたりカレーやアイスが飛び散っている雰囲気では食べたくはない。
 以前はまず焼いた牛タンを塩またはレモンで食べるのが主流であったので、だいたいこれからスタートして、カルビ・内臓系・ロース・・・と続く。ボリュームのあるハラミをサンチュで包み喰うのもうまい。野菜は焼野菜より生野菜が断然爽やかで美味い。スープはカルビスープ。飲み物は断然生ビール。これはトントロのギトギトにもあうし、オイキムチを噛むと食も飲も進む。帰ってきたらお風呂に入るのも大儀なほど動くのがおっくうになってしまう。こんなことを書きながら妄想していたら頭の中に赤や黄色が浮かんできて 焼肉、無性に食べたくなってきた。

2018年6月26日火曜日 曇り PM7時54分投稿 

昼夜完食

 3日間の塗炭の苦しみからは本日完全復活できたと思う。23日の朝食から25日まで2日間は入院者に与えられる普通食は食べず朝昼晩にお粥と栄養ゼリーばかりを食べていた。今日の昼夕食はお粥に加え、普通食も大半を平らげた。朝のパンは苦手なので翌朝の朝食はお粥とアイスクリームにして貰い、明日昼食からは普通食にして貰う予定。苦しかったひどい目に遭った4日間だが乗り切れた、と思う。お昼の散歩も1時間だけだが5000歩強を達成できた。朝方に若干のムカツキと夜中の寝苦しさは若干残ってはいるが過去3日間と比べると、たいしたつらさでは無い。でもこの病院の長期入院検査は二度と受けないつもりだ。関係者に聞いてみると、昨年もこれからの予定の検査入院でも88㎠の貼付薬薬剤の添付は無いそうで、病院側の判断は正しい方向に向かっている。

人間関係に悩んだ時に放於利而行、多怨、
 『利に放(よ)りて行えば、怨み多し』
 おかねのことだけを考え、お金のために生きている人はたくさんのお金が手に入る。でもその人は他の人より多く奪い取っただけ、奪い取られた人は奪い取った人を恨むものです。一方で、人々に貢献する仕事をしてお金持ちになる人もいます。お金よりも良いものを人々に与えているので恨まれない。

2018年6月18日月曜日 曇り PM8時49分投稿 

入院一日前

回転しない回転寿司屋 味は良い

 明日から3週間、贅沢で自由気ままな飲食ができないので、今日は回転しない回転寿司屋「魚べい」で好みの寿司をたくさん食べてきた。本当は焼肉屋に行こうとしたが、昨年の4月下旬牛タン屋でたらふく食べて翌日に実施した採血でALT値が高いと怒られた経験があったので、お昼は魚介類にした。酵素ALTの血液中半減期は40~50時間もかかるので、無理に食べる必要はない。
 午後から雨との予報が出ていたがなんとか持ったようで、最後の平日月曜テニスに参加した。今月から時間帯が今までの午後1時スタートから、朝9時、15時の涼しい時間帯に変更となった。今日は午後3時からで、日差しもなくて気持ち良かった。梅雨が明けると陽射しが強くなるので、日除けパラソルを後任の方に引き継いだ。

2018年6月17日日曜日 曇り PM6時08分投稿 

暇の有効活用

 今朝はいつもの通り、テニスレッスン。1昨日2教程と今日で3日間で3つこなしたことになる。

難しい本もあるが暇を潰す時間が長くなると考えれば全く問題は無い。

 午後は明後日からの荷物を準備。パソコンはいつもの17.3吋のACER製Aspire/V3 V3-772G-N76G/LKに加え、先日中古で購入した11.6インチの富士通製STYLISTIC Q702/G FMVNQ8P7を持ってゆく。このブログもQ702Gで書いている。ただ、HDDはなく64GBSSDなので、ディスクのエリアを余裕を持たせるためにストレージセンサーでぎりぎりまで不要なものを削り落とした。今朝まで15GB弱しか空きエリアが穫れなかったが、旧バージョン関連のOS領域削除が一番効果があったようで、64?中36.8?まで空きエリアを増やすことができた。SDスロットが開いていたので、念のため4GBSDカードを常時設置しておくことにした。
 書籍はブックオフで108円の小冊子「学問のすすめ」「世界の大問題」「老いる覚悟」「どうして時間は流れるのか」「腸を鍛える習慣」などなど7冊を持ってゆくことにした。囲碁の巧い先輩が一緒なので、囲碁本も持参してゆっくり教えてもらう。そのほか、地元ミニコミ紙のHPデザインも未完なので分厚いHTML5&CSS3関連の本も2冊持ってゆく。荷物が多くなるが、使う使わないは2の次で、暇つぶしの材料は多いに越したことはない。

2018年6月15日金曜日 雨 PM8時35分投稿 

雨のテニス地獄

ヤギは高いところが好き dachs飼主は高所恐怖症

 昨日ツレアイと行ってきた成田ゆめ牧場観覧を写真とともにアップしておいた。たいした思い出もない観覧であったが、せっかく写真を撮ったので記念に残しておく。
 入院生活が長引いており、日曜朝8時定刻から始まるテニスレッスンが10回余残っている。今日は平日テニスの日だがあいにくの雨、これ幸いとばかり、金曜日の午前中9:20から12:30までの2レッスンをこなしてきた。途中10分間の休みはあったが3時間のレッスンは高齢者にはキツカッタ。午前中だけで、万歩計は1万を超していた。
 10月初旬にはお寺の坐禅会で、檀家さんとともに永平寺1泊研修があるが、その前9月に北海道への4泊か5泊の友達ドライブ旅を計画している。4,5名の高齢者でツアーではいけないオリジナル工程を予算や観光地などを加味しながら検討している。

2018年6月12日火曜日  PM10時35分投稿 

旧スマホの復活

 次回入院用に第二スマホを活きかえらせた。今のスマホHuaweiP10Plusの購入前に浸かっていたHuaweiHonor6をGoogleアカウント、MSアカウント、Yahooアカウントを引継ぎ、SIMカードが無いのでLINEや電話などはできないが、ほかの業務は殆どできるようになった。ついでに、ツレアイのスマホも水没事故で死んでいたが、HuaweiP10Liteを使える状態にした。これから先どうなるか予想はで出来ないが、水没しても、乾燥させれば何とかなるものだ。

10 pages