dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年11月7日水曜日 立冬晴のち曇 PM9時35分投稿 

墓参りや友人との再会

今日も良いお天気だ

 昨日も今日も関西は良いお天気が続く。窓から三宮の海方向を臨むと大快晴である。9時前にホテルを出て送迎バスで三宮から阪急電鉄で川西能勢口方面に向かう。10時半頃に平野駅に近いニコニコレンタカーで6時間契約でホンダのFitで猪名川町の霊園にツレアイの先祖の墓にお参りした。随分永らくのご無沙汰だったので長々とツレアイの父母にお話してきた。
 帰りに、義母愛子さんの実家に立ち寄る。10年近く不在の義母宅は今夏、蜂の巣ができたとのことで近所の方にお世話になったので手土産を持参してお礼を兼ねて伺ったのだが生憎お留守。
 お昼はギンザンというdachs飼主の好みの手打ちうどん屋で生醤油ブッカケ饂飩を食べた。近くに讃岐うどんの○○製麺もあったが、やはり浪速のうどんはギンザンが旨い。
 午後3時に明石に到着。夫婦揃って人丸山月照寺に父母の墓参。お盆に来れなかったので、父の好きなビールと母の好きだったお茶を墓石に掛けてもてなした。
 ツレアイと別れ、明石駅構内の狸像の前で旧友二人と再会。駅前のハタゴヤで寿司と厚焼き玉子などでミニ宴会を2時間ばかり愉しんだ。中学時代からの旧友と懐かしい四方山徒然噺ができるのは60年の歴史が産んだ成果だと思っている。友人の一人の作った詩がとても素敵だったが、もう忘れてしまった。あとで送ってほしいとお願いしたのは正解だったようだ。死ぬまでdachs飼主を忘れられないよう、大事にしたい。
9時に三宮に着いて今からホテルに帰る。

2018年11月4日日曜日 曇のち雨 PM4時23分投稿 

洗車翌日小雨

 昨日1か月ぶりに洗車をして随分綺麗になった。5年塗装をしているので水と洗剤だけで車はリフレッシュする。前に乗っていたSUVだと背丈が高いので屋根の中心部が洗えないのでGSの洗車機にかけるしかなかった。今度の車はコンパクトなので、バケツとブラシと水と液体洗剤だけで手間はかかるが1時間弱でふき取りまで終わって見違えるようになった。洗車機についてはディーラーから「ワックスはかけないように」とアドバイスされたのでよほどのことがない限り手洗いにしたい。
 朝一でテニスレッスンとジム。ハードなテニスだったので、今日のトレッドミルランニングは2Kmの走りだけにした。外に出ると悲劇。昼過ぎ、ジムを終了して帰る際、小雨が降り出して車が濡れてしまった。 ガッカリだった。
 明後日から関西。まずは神戸にいる親戚宅を訪問する。東京ー大阪を新幹線で行くと金券ショップで買っても13,500円前後になるので、羽田ー神戸空港¥10,000前後で買えるので、スカイマークで即予約した。

2018年10月31日水曜日 曇のち晴 PM9時07分投稿 

榛名神社と達磨寺

 草津リゾート3泊4日の最終日、いよいよ本日は帰ることになる。2日目の国道292号の通行止めショックで、行きたかった新潟県域や地獄谷野猿公苑、戸隠神社に行けなかったのは辛かったが昨日は訪ったことのない野反湖やチャツボミゴケ公園も感動的だった。夕食に飲み屋の2階で湯畑を眺めながら生搾りグレープフルーツハイなどを飲めたのも良かった。

双龍門など素晴らしいお社や建造物の美しさがあった

 今日は初日に行けなかった榛名神社、少林寺達磨寺、蒟蒻パークに寄りながら、午後5時過ぎには自宅に帰れた。高崎市の榛名神社に行ったことはなかったが今日のベスト訪問地であった。岩と紅葉と荘厳なお社と自然が大感動であった。榛名山には何度も来ているがこの神社詣ではなぜもっとはやく参拝できなかったのか?と吃驚であった。写真も沢山撮ってきた。

納めた達磨が社の裏まで

 次の安中市の少林寺達磨寺は名前だけに達磨のお寺さんであった。禅宗でも珍しい黄檗宗のお寺で、ご朱印も戴く前に「写経を強制された」。演説も長く、しかし相手はお寺さんなので反抗やイサカイはしなかったが、少し気持ち的には嫌な気持ちになった。
 最後の蒟蒻パークでは工場見学と蒟蒻料理を振舞われた。蒟蒻芋は5年に一度しか花が咲かないということも初めて学んだ。
 今朝の距離計は470㎞、帰宅時のそれは720㎞だったので、今回踏破距離は720㎞、本日走行は250㎞となった。富岡ICに入る前に念のため軽油20ℓを補給したが、だいたいこの車で満タンにすると、燃費19㎞/liter、700㎞は走れることが分かった。

2018年10月30日火曜日 晴のち曇 PM5時01分投稿 

野反湖と芳ケ平湿地軍群

美しく荘厳な天空の湖であった

 8時40分に宿を出発。車の走行距離は384㎞を指していた。まずは野反湖に向かい、片道でなく両側1車線が多い細い山道をひたすら北に向かい登って行った。9時30分に天空の湖「野反湖」に到着した。大きな綺麗な湖である。さすがに標高1500ⅿを超えているので寒かった。北面はダムで、排出された水は日本海側に注いでいる。釣りをしている人は多いが、寒いので観光客は数えるほどしかいない。厚着をしているだろうがバイクで走っている人は寒いだろうなぁと思った。

チャツボミゴケと温泉群が見事であった

 野反湖観光を終え、今度は上信越高原のラムサール条約登録湿地「芳ケ平湿地軍群」のチャツボミゴケ公園に入園。川や滝も美しかったが、抗酸性の緑色のコケが温泉や水が湧き出す岩肌に沿って美しく根付いていた。滝とコケと紅葉の織りなす名園であった。一番に尋ねた野反湖もそうだが、ここも来て良かった。
 12時過ぎになったので、道の駅「八ッ場ふるさと館」まで走り、ソースひれかつ丼や珍しいおつみ団子を食べた。おつみ団子汁は、食べたことはないが戦時中のすいとんのちょい豪華版のようだった。道の駅そばの不動大橋の袂からは不動の滝が見える。水量は少なくちょろちょろペースの水流であったが、滝の長さ(深さ)は100mを優に超えているだろう(実際には落差40ⅿ程度らしい)。水量が豊かであればとても見ごたえのある滝であろう。
 その後は八ッ場見放題に登って、ダムの完成状況を見てきた。昨年6月にも友人とここに登ったが、上から見る完成状況は素人のdachs飼主にはそれほど変わっているようには思えなかった。
 今日は坂道走行で緊張の連続だったので、4時前には帰ってきた。昨日最後の距離計は361Km、今日は470Kmなので、今日だけで110Kmを奔ったことになる。ほとんど坂道の上り下りに終始した。これから、温泉繁華街に出て湯畑のライトアップを観たあと、どこかで夕食を食べることにする。

夜景も良いものです

 先ほど帰ってきた。湯畑のライトアップはピンクと紫が基調で彩られていたがやはり一番印象に残ったのは湯気の白と硫黄の臭気であった。足湯にも多くの人々が浸かっていた。6時になったので、モンテローザグループの「魚民」で飲みながら夕食代わりにつまんだ。山の中なので刺身系はご遠慮して焼き鳥やアヒージョなどで愉しんだ。前回行った7-11の2階はクローズしていたが、魚民の2階の窓からも湯畑のライトアップがよく見えた。

2018年10月29日月曜日 晴のち曇 PM5時09分投稿 

国道292通行止め

 6時に起床し、カーテンを開けると素晴らしい天気。窓から見える山や街路も紅葉で美しく彩られている。しかし、温度は低い。スマホで自宅との温度比を比べてみると昨夜11時の時点では14℃と4℃、今朝8時の時点では各々13℃と2℃と10℃以上の気温差がある。マンション部屋の中は軽くエアコンがかかっているだけだが、床暖房が足から温めてくれるので軽装で快適に動ける。昨日はあかぼり小菊の里と赤城神社の2地点しか観にゆけなかったが、今日は何か所行けるだろう。可能な限り景色の美しい場所を訪れたい。
 ところが、計画は大幅に崩れた。国道292号線でまず白根山の湯釜に行った後、地獄谷野猿公苑、新潟県の苗名滝、いもり池のあと、戸隠神社に詣でて、時間があれば小布施で栗スイーツを食べて帰ろうと企画していた。
 ところが、9時半に出発して草津白根レストハウスに行って西展望台から湯釜を臨もうと国道292号の坂道をひたすら登った。ところが、その直前の青葉山レストランのある殺生河原で通行止め。9月28日に白根山の噴火警戒レベルが引き上げられた為今月1日から通行止めになったとのこと。とっても残念である。湯釜の断念だけでなくその先にある地獄谷野猿公苑、苗名滝、戸隠神社も断念しなければならない。下の国道406号線などを使うと戸隠までだけでも3時間半かかるので今回の旅では断念せざるを得ない。

紅葉・黄葉でまたも大感動で気持ちも高揚した

 已む無く、本日は南に向かい、まずは紅葉の軽井沢雲場池を訪れた。12時前に到着したが、中国人をはじめ大勢の人が素晴らしい紅葉・黄葉を観に来ていた。6年前にも観光して大感激であったが、今回も素晴らしい紅葉で気持ちも高揚した。50枚近く一眼レフで撮影してきた。徒歩で軽井沢駅までモミジロードを散策し、武田手打ちそば「風林茶家」でなめこそばなどを食べてきた。
 軽井沢は長野県だが、北軽井沢は群馬県に位置する。帰りにその北軽井沢にある浅間大滝と魚止めの滝を見てきた。
 今日は5時前に帰ってドライブに疲れた体を温泉で癒した。それでも今日だけで110㎞、昨日から延360㎞を奔った。昨日からの平均燃費18.9㎞、まだ燃料は半分も減っていない。帰るまでGSに寄らないで済むかもしれない。

2018年10月28日日曜日 晴時々曇 PM7時46分投稿 

高速使わず草津まで 

 いつもと同じ時刻に起床して適当に用意し、朝8時半にまずガソリンスタンドで給油。3分の2以上燃料は残っていたが千葉から出るとリッター122円ではまず入れられないので少しだが、無職のDachs飼主夫婦としてはぜひ給油しておかねばと思った。

小菊が爛漫だった

 貧乏性で、時間はたっぷりあるので、今回草津拠点の3泊4日ドライブでは高速道路を使わない旅を選択した。まずは国道16号から埼玉県庄和で右折し紆余曲折しながら国道50号線から一路最初の目的地に向かう。「あかぼり小菊の里」である。初めて訪れたが菊がとても広い畑に何千本も植えて咲いているのは壮観だった。
 途中、行きたいお店もなかったので、某スーパーで弁当を購入し、お店の駐車場で食べた。次は赤城神社だ。上毛三山パノラマ街道をえっちらおっちら登り切り、大沼傍に鎮座する黒檜山1828mの山麓にある赤城神社に詣でた。日曜なので、駐車場も満杯で、ご朱印も頂戴するまでに30分もかかった。
 その後は、今夜の宿まで100キロ近くを3時間かけて午後5時半にリゾートマンション「草津バーデンファミリエ」に到着。本日のドライブ距離は250キロであり、高速を使わないと疲れるということもよく分かった。

2018年10月23日火曜日 霜降曇のち雨 PM6時59分投稿 

5キロラン

 朝から曇りがちでお昼頃には小雨が降り、肌寒かった。ストーブを物置から出すのもボチボチだなぁと思った。午前中は重量物(お米や飲料)購入でスーパーマーケットや酒屋に同行。午後はジムで5キロ弱走ってきた。久しぶりに長い距離を走ると脚が疲れる。
 ジムでパーキングしたとき、バックやエンジンスタート時のフロント・サイド・リアカメラがモニターされない症状が起こった。広い屋上パーキングまで車を持って行って、エンジンを切ったり、いろいろ検査したが症状は同じ。ジム終了後にディーラーのメンテ部門でチェックをして貰おうと思ったが、ジム終了後にエンジンをかけると復帰しており、いつもの正しい状況になっていた。不思議だ。再発するようなら次回はメンテ部門で調整してもらう。
 土曜日のブログで、誤嚥性肺炎にかからぬようにしないといけないと綴ったが、サンデー毎日に関連記事が出ていた。30秒間に唾液を何度飲み込めるかでのど年齢が判るという。70代では最低5回、60代では6回、50代では7回以上できないと弱った喉と言われるらしい。高齢化してくると喉ぼとけがだんだん下がってくるので、誤嚥する可能性が高くなるので、注意しておかねばならない。
 明後日は市の癌検診があるので、大腸がんの採便をした。今日明日明後日で2回採って明後日持ってゆく。一般検診は脳ドックで主要な検査はやり終えたので、今年は受けない。

2018年10月21日日曜日 晴れ PM7時25分投稿 

新潟旅の整理

 昨日の夜からほぼ1日かけて、先週の新潟村上佐渡妙高の3人ドライブツアーの写真894枚から初日53枚、2日目67枚、3日目101枚、最終日73枚の合計294枚に整理して、観光ミニ知識や実際に旅した記録もろもろをホームページに村上佐渡妙高旅としてHPにアップしておいた。まだ、費用の整理やマンホール台帳へのアップなどしなくてはならぬこと多いが、とりあえず、おおまかな記録を整理できた。1週間後の28日からまた3泊4日の群馬長野ドライブ旅があるので、チト忙しい。

2018年10月14日日曜日 曇り PM8時03分投稿 

DemioとCX-5

旧車と新車が並ぶこんな偶然は珍しい

 だいぶ涼しくなってきた。一雨ごとに寒さを感じる。午前中は日曜テニスレッスンで1時間半、ジムとお風呂で2時間、体調を整えた。ジムが入る駐車場でたまたま、愛車Demioの隣に同じ色の前車CX-5が偶然停まっていたので、撮影しておいた。やはり大きさが違う。
 明後日から新潟旅が始まる。午後はその新潟旅企画担当のdachs飼主が企画案の最終調整をして、同道のお二人に最終案を送出しておいた。16日~19日までの3泊4日で新潟県の村上市・瀬波温泉・佐渡島・妙高高原を800㎞を超えるドライブする。3名は某病院でお近づきになり、数年前からお酒や旅で親交を深めているおともだちだ(と思っている)。村上では鮭と酒、日本海の夕焼け、佐渡ではトキと金山、妙高では高原の紅葉風景をともに楽しんできたい。

2018年10月13日土曜日 曇り PM7時36分投稿 

運転に馴れてきた

 納車されてほぼ2週間。走行距離も500キロを超えてだいぶ運転も慣れてきた。3年前に納車されたCX-5を3か月で前車比較をしたことがあったが、今回は同じメーカーで車種がダウンしただけなので、殆ど操作性は変わらず、違和感もなく走れている。

前車CX-5Xと現車Demioとの比較
◎前車とほとんど変わらぬ点(順不同)
  1.ルームミラー 後続車からのヘッドランプの光を自動軽減
  2.オイルキャップを架ける場所(フック)がある
  3.アイドリングストップになっている
  4.雨に反応するとワイパーが自動運転
  5.防眩ハイビーム機能 対抗車の部分だけ減光する
  6.ワイド配光ロービーム 40Km/時以下では照射範囲を拡大
  7.ハイウェイモードビーム 高速での照射角度を上方向に移動して照射
  8.クルーズコントロール1 前方車との車間距離を一定に追従走行
  9.クルーズコントロール2 セットした時速で低速走行
 10.接近警報 前方車が急ブレーキをかけたときアラーム音とメッセージ
 11.レーンキープアシスト 車線から逸脱するときは警告とハンドル制御
 12.スマートブレーキサポート 前後方の車や障害物を検知しブレーキ制御
 13.AT誤発進抑制制御 前後障害物がある時必要以上にアクセルを踏むと制御
 14.タイヤ空気圧警報 規定値以下になった時表示
 15.オートロック キーが車外に離れ3秒後にドアーとゲートにロックがかかる
 16.運転席と助手席に三段階のシートヒーターがある
 17.キーとセットでパワーシートの着座位置を記憶してくれる
 18.キーオフ後作動 電源オフ後40秒間はドアー開閉が可能
 19.キーレスエントリー 鍵を差し込まずにドアーが開き、エンジンがかかる
 20.発進補助装置 坂道発進時などブレーキを解除した時に車両が動くのを制御
 21.インテリジェントドライブマスター 運転操作の状況をモニターする
 22.パーキングブレーキは電動
 23.リアワイパーがある
 24.エマージェンシーシグナル ブレーキなどで非常灯が点灯し後続車に知らせる
 25.ブラインドモニター1 後方から接近する隣車線50mの情報を表示
 26.ブラインドモニター2 前進駐車から出る際に後方左右に接近する車を感知
 27.サイドモニター 車両の左側を表示する走行駐車支援システム
 28.MP3のCDが聴ける
 29.地デジTVが見れる
 30.USB機器で音楽映像が見れる
 31.ブルーツース接続で音楽が聴ける ハンズフリーで電話送受が可能
 32.タイヤパンク応急修理キットが付属

◎前車マークーXより良くなった点(順不同)
  1.FMワイドラジオが受信可能になった
  2.360度ワイドビューが装備
  3.車庫入れの際、車のタイヤの向きがモニターされる
  4.フロント部レンズで170度視界がモニターされる
  5.車のサイズが小さくなって取り回しが良くなった

◎前車CX-5より悪くなった点(順不同)
  1.ディーゼルタンク容量が56リットルから44リットルに減少
  2.エアコンが運転席助手席で暖冷房度数変更ができない

19 pages