dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2019年7月3日水曜日 雨  PM8時35分投稿 

昇仙峡界隈

 今朝もいつもの6時10分に起床し、近くを散策。さいわい、雨は降っていない。朝食をとって、9時半にサンダンス河口湖をチェックアウト。一時間半かけてこれから昇仙峡に向かう。山梨には過去何度も行ってるが、不思議なことに昇仙峡は二人とも外しており、若いときも行った経験がない。
 10時50分頃に入口の昇仙峡口バス停に到着した。岩肌の露出している崖岩壁が男性的で美しい。村営駐車場にはフォードの名車「アストンマーチン」が野ざらしになっていた。ここから5キロ先の県営駐車場で一服していると、おじさんが親しげに話しかけて、「今日は天気が悪いのでこの上のロープウェイに乗っても何にも見えないし、ひょっとして今日は運転されないかもしれない」続けて「ここから森の駅・影絵博物館前まで一人300円でバスを出します。そこからほぼ1時間かけて川沿いを散策すれば滝や奇岩怪石が眺めながら歩け、この駐車場に戻ってこられます。いかがですか?」と上手に薦められ、即誘いに乗ってしまった。来たことのない国内の観光地ではアドバイスに従うのが一番と考えている。

仙娥滝は昇仙峡のシンボルであると思う

 5,6分くらいの乗車だったが、そこからまずは仙娥滝、石門、閣円峰、夢の松島などを観ながらゆっくりと1時間かけて昇仙峡の瀧、川、崖、奇岩怪石を観て廻れた。印象的であった。愛車を停めている駐車場に戻ると12時を回っていたが、先ほどのおじさんに「よかったよ。連絡バスを教えてくれてありがとう」とお礼を言って「ほかにこの近くでお奨めはありますか」と訊くと、「金桜・夫婦木神社」「荒川ダム」が比較的人気が高いとのこと。言われた通り、縁結びの金櫻(かなざくら)神社と夫婦和合の夫婦木(めおとぎ)神社に参拝し、ご朱印を戴く。その後も荒川ダムに行って見学。
 13時を廻ったのでダム近くの鄙びた休憩食事処「だいこくや」に入った。この食事処は明治元年の古い創業で、天狗のお面や郷土色豊かなものがあちこちに飾ってあった。食事は夏の冷やしほうとう「こざら」とみそ味南京たっぷりのほうとう鍋、それに馬のもつ煮と珍しいものを食べてきた。どれもおいしかった。店のおばさんにこの辺で見学にいいところを教えて貰ったら、「板敷渓谷の大滝」を教えて貰いさっそく行ってみた。奥深い渓谷で鬱蒼としていたのでちと怖かった。入り口には「昨年クマが出たそうなので注意してください」、「アスレチックスタイルなので落ちないように」、「橋は同時に乗らないように」などおどろおどろしい警告が多かったので、ツレアイは途中で引き返してもらい、500mほど川沿いを鎖を伝いながら進んだ。目的の大滝は勇壮怒涛の三段滝で圧倒された。先日行ってきた河津七滝以上のスリル冒険の谷歩きだった。2時半に大滝を出て午後3時半に今夜の宿石和温泉「大江戸温泉物語新光」のチェックインできた。メーターは315Km を指していたので、本日述べ走行距離は90Kmとなった。
 曇り続きであったが雨が降らないだけでも良かったのではないだろうか。ホテルでは中国人観光客の予約が大量に入っており、夕食はいつもよりかなり早い午後5時20分からの1時間半バイキングにした。お腹はそれほどすいてはいなかったが、鳥もつ煮や釜飯などいろいろ少量づつ食べさせてもらった。お風呂は単純アルカリ泉で湯船に浸かると肌がすべすべするのを実感できる。温度も高めなのも嬉しい。今日は昇仙峡近辺しか行けなかったが、曇天ではあったがそれなりに愉しめた。明日はいよいよ帰宅の日である。

2019年7月2日火曜日 曇り  PM6時09分投稿 

富士急に乗車

 起床し、窓を開けると昨日より少しばかり明るく感じた。サラダ・ヨーグルト・ブレッド&ドリンクで朝食をとった後、朝の湖畔散歩。湖畔の道は通称「マリモ通り」と呼ばれており、調査すると阿寒湖と同じではないが「ふじまりも」という植物が生息しているという。昨日は宿の西側(左側)を歩いてきたが、今朝は東側(右側)を1時間ほど散策した。山中湖は標高980mと富士五湖中1番高い(多分富士山に一番近い湖だからだろう)。
 10時にはチェックアウトし、KABAバス乗り場「森の駅」に向かう、以前に来た時は時間差で乗れなかったので今回は半時間も前に到着した。20分強の湖上遊覧で、富士山も観えない曇天と悪条件が重なったが、富士急のとっても若い女性ガイドが懸命に体をいっぱい使って説明してくれるのが嬉しく、時を忘れた。しかし、運賃2200円は高すぎるので今回でおしまいとなりそうだ。
 その後は山中浅間神社と山中諏訪神社にお参りし、今年残り半年の家族の健康加護をお願いして、ご朱印を戴いて来た。諏訪神社は安産の神様ということをはじめて知った。12時半になったので、ツレアイの希望で山梨名物麺ほうとうを食べに行った。ツレアイは塩ほうとう、dachs飼主は穴子一本天婦羅定食をオーダーした。冬はみそ味のほうとうが温まって美味いが、夏場はあっさりと塩味も良いのではないだろうか。でもほうとうの極太麺はちと苦手である。

富士山駅で発見 金鳥居もじっくり観覧してきた

 その後、富士急登山電車の富士山駅のタイム駐車場に止め、登山電車を初体験。河口湖駅は始発駅で大月駅まで各停で1時間ほどかかるのだが、2つ先の富士山駅まで体験乗車してきた。間の一駅は富士急ハイランド駅でこの沿線、特に富士山の北側の施設は殆ど富士急が支配しているようだ。富士山駅では金鳥居や富士吉田駅のカラーマンホールを観ることができた。天気は相変わらず曇天が続く。
 その後は夕食朝食の買い出しをマックスバリューで買い揃えてきた。山中湖と富士山駅でも見ることのできなかった富士山の遠景がすーぱ駐車場でわずかに見えたのが嬉しかった。
 午後4時半には今夜の宿サンダンスリゾート河口湖に無事に到着。車のメーターパネルは昨日距離186Kmから約40Km延びて225Kmとなっていた。明日明後日の天気が心配だ。

2019年6月27日木曜日 曇のち雨  PM11時09分投稿 

炒飯とデミオ

 ツレアイはハンドベルの午前練習と午後演奏会本番で終日留守。dachs飼主は、午前中ホームページの刷新企画、午後はテニスとジムで運動のスケジュールとした。お昼はツレアイは焼きおにぎりを作って出たので、dachs飼主は久しぶりに自前で料理をすることにした。ものぐさな私は簡単な炒飯ぐらいしか作れない。冷やご飯1膳分、生卵1個、沖縄スパム少量、レタスだけで調味料はキムチチャーハンの素。なんとか食べられる料理となった。ツレアイが留守だと、外食に走ったり、カップ麺・袋麺で済ますが、たまにはフライパンを上下左右に振るのもまた楽しからずや・・・。
 先日、CarViewというクルマ情報サイトで愛車Demioと同じ型式を乗った専門家の記事をみたので、メモとして全掲しておく。

続きを読む »

2019年6月17日月曜日 晴のち曇  PM6時53分投稿 

にんにく酒漬け込み

 今日も北西の風は強かったが、朝テニスは問題なく行えた。空もスジ雲が少しなびいている殆ど快晴で秋のようだった。
 午後は新HPのテストを続ける。文字コードをShift-JISからUTF-8に全面変換したことで、いろいろなCGIモジュールの改善を行った。UTF-8文字コードはここ10年くらいに出てきた共通コードであり、昔のPerlのconvertコマンドにUTF-8のパラメーターは無い。2000ステップ程追いかけて、なんとか曲りなりにShift-JISからUTF-8に変更できた。くんちゃんと南風さんのブログが今年末にサービス終了に伴い、YahooからAMEBA、ライブドアーにそれぞれ無事移行された。当ブログの右端下「ブログロール」のwebリンクの項も本日変更させて貰った。
 午後3時過ぎにツレアイからの要請を受け、にんにく酒を造ることにした。いつもは35度ホワイトリカーで漬けるのだが、今回は日本酒で漬けることにした。ニンニクホワイト6片の外皮と薄皮を丁寧に剥くのに相当時間をかけたが、どうにかこうにか夕食までにはニンニクの用意はできた。少し砂糖を加え、漬け込みは完了。お正月には美味しく飲めると思う。そういえば、平成31年・令和元年もはや半分過ぎて、折り返し地点が近い。「歳をとっても、光陰矢の如し」ですなぁ。

2019年6月16日日曜日 晴れ  PM10時18分投稿 

暑い日の夕方は酒が進む

 雨が降るかと心配していたが、風は強かったが快晴。おまけに31℃を超える気温となる模様だ。朝からテニスとジムで頑張ってきたので、午後からは町内会の役員会出席くらいで何もやることはない。昨日の雨風でミニ菜園のトマトやキュウリ、ズッキーニが倒れかけていたのでプラ製の棒で補強しておいた。

お酒のつまみにはてんぷらやフライ物が進みますね!

 今、役員会から帰ってきて、パソコンを観ながらビールと焼酎とウィスキーを次々飲んでいる。おつまみは夕食の一部と写真にあるイカの姿揚げ。パッケージに書いてあった「ちょっとだけ割れてます」と「いか入り」には笑ってしまった。

2019年6月12日水曜日 曇り  PM8時44分投稿 

奄美沖縄展

 Googlemapのタイムラインは、HPに記録したり、思い出の追っかけとして大変重宝している。そのタイムラインから5月の記録が送られてきた。月間の徒歩距離は10Km、車の中で45時間過ごしたそうだ。先月は伊豆半島と恵比寿にしか外出しなかった。先月は市内のジムやテニスの往復で、ほかへは殆ど外出はしなかった。

今日で最終日だったので思い切って出かけた

 今日は朝から晴れ間もありテニスにも行きたかったのだが、ツレアイの声もあり、船橋の東武百貨店へでかけた。半時間強かかるが、途中軽自動車と5ナンバー乗用車との衝突事故があり、2時間はかかってしまった。救急車やパトカーや交通整理のスタッフなどで動かぬ状況が続いた。
 イベント会場で「奄美・沖縄物産展」をやっていた 。奄美では鶏飯は無かったが黒糖を買ってきた。お昼は沖縄本部町のきしもと食堂の木灰そばとジューシー(炊き込みご飯)を食べて来た。欲しかった波照間島の泡盛「泡波」は売っていなかった。

2019年6月10日月曜日 雨  PM12時12分投稿 

已む無くFireFoxとIEを使う

 昨日は、船橋の友人宅で焼肉を中心に大宴会。そのおかげで、すぐ寝てしまったので、昨夜は久しぶりにブログを書くこともできず寝込んで、今朝がた慌てて書いておいた。肉も60,70歳台の男女各4人だったので、100g1200円のランプ肉1.6Kgのほか、カルビ、牛タン、しま腸などを一杯食べ、インドのビール、高級ワインを飲みながら楽しく歓談した。ただ、夕方から雨模様になったので庭でのバーべキューは断念し、午後8時頃まで室内で歓談飲食した。

古くからある伝統的なブラウザーで信頼性がある

 寒い。今日はさすがに雨で肌寒くて、半袖を脱いで、ランニングシャツと長袖ポロシャツに着替えた。6月に入ってから長袖に戻ったのはそう記憶にはない。無論、朝テニスは降雨による中止とした。
 今朝はIT関連で印西市公共施設予約システムがスローモーなので、徹底的に検証してみた。MicroSoftEdgeとGoogleChromeではwebの特定フレームが表示されず、右クリックで画像を再表示(Chrome)するか、再接続する(Edge)しか多分方法はない。予約システムの性格上セキュリティシステムかOSのバージョンに起因すると思うのだが、解決ができなかった。やむなく、他のブラウザーをダウンロードしてみた。KinzaはChromeと同様の動きでダメだったが、InternetExplorerとFireFoxだけはスムーズに表示できたので、今後は当該予約システムの時だけIEかFFを使うことにする。(不可解である)

2019年6月9日日曜日   PM10時43分投稿 

飲山満

 朝一でテニスレッスン。終了後、事務担当にクラス変更届を受理して貰った。リタイア後もリーマン時代と同じ土日スクールとして日曜朝8時からのクラスでレッスンを受けていたが、10年以上毎日が日曜日になっている。土日クラスと平日クラスでは1800円程月額授業料が違うので金曜日の第1限 9:20からの90分に変更することにした。7月からは金曜日がテニスレッスン日となり、平日テニスと時間帯がダブるので平日テニスは欠席となる。
 午後は正午に東葉高速鉄道「飲山満」駅に集合して近くのテニス友達のお家に行った。8人で焼肉バーベキューパーティとなり、午後7時過ぎまで8名の男女で騒いだ。なお、飲山満は「はさま」と読む船橋市の地名である。

2019年6月8日土曜日 曇り  PM5時28分投稿 

寒いのにビールしかない

 発泡酒350ml缶120本のシールを応募はがきに貼って投函しておいた。これでサントリーからお皿を送ってくるはずだ。もう一つ、誕生月なので国民年金機構から「活きてますか」手紙がきたので、「しっかり生きてます」と現況届を返信しておいた。
 1昨日まで缶ビール(とは言っても発泡酒だが)やロックの焼酎を飲んでいたが、昨日今日と若干肌寒いので、日本酒熱燗が恋しくなってきた。我が家の在庫はもう発泡酒だけなので、明日にでも温めても呑める酒類を入手してくるつもりだ。明日は船橋の友人夫婦宅にお邪魔してバーベキューパーティを開いてもらう予定だが、雨が降ったりすると焼肉は中止となり、家の中で焼き餃子とアルコールに替わるとのこと。BBQでもあまり寒いとビールよりはホット焼酎のほうが有難い。

2019年5月5日日曜日 曇り  PM9時51分投稿 

恵比寿で美術とビール

 本格的な皐月の空になった。1,2日前に植えた夏野菜も元気に成長している。ツレアイは午前9時半からの総合病院での胃カメラ検診に出た。胃カメラは麻酔(安定剤)を使うので、検診診察終了時には運転は危険なのでdachs飼主が送迎をする。結果は小さな良性ポリープらしきものはあったが全く問題ないとの診断。彼女の父親が胃がんでなくなっているのに神経質になっているのだが、毎年カメラで診て貰えば少しは安心度も増すと思う。
 午後は駅前の自転車店に行って、保証書免許証と自転車を持参して防犯登録を行ってきた。消費税不要の600円で即刻発行してくれた。

美術と酒で日曜日の夕べは盛り上がりました

 午後3時から恵比寿で友人男性と久しぶりのデート。dachs飼主は美術に殆ど無関心に近いが美術好きの旧友から招待券をいただき、山種美術館に行って、「~四季を彩る~花・Flower・華」展を鑑賞してきた。ここは日本画専門の美術館であるので、額絵・巻絵・襖絵が多く、素人目にも良いもの・懐かしいものと感じた。50点ばかりの布や紙に描いた日本画をみてきたが、無名の作家(dachs飼主にとっては)による紫陽花と冬の梅木に停まるホトトギスが素晴らしいと思った。上村松園の絵もあったが、dachs飼主にはそれほどのものかと疑問符が付いた。
 その後ガーデンプレースの銀座LIONと西口側の焼鳥屋『あぶりどりバリ鳥』でビールと奄美黒糖焼酎、ホッピーで旧交を温めた。このお店はお奨めの居酒屋です。

山種美術館
 山種美術館(やまたねびじゅつかん)は、東京都渋谷区広尾にある日本画専門の美術館。1966年(昭和41年)7月、証券会社・山種証券(現:SMBC日興証券)と同社創業者の山崎種二が蒐集した数百点に及ぶ美術コレクションを展観する国内初の日本画専門常設展示施設として、東京都中央区日本橋兜町に開館した。その後、2009年(平成21年)10月、現在地である渋谷区広尾に新築されたビル(ワイマッツ広尾)に移転した。速水御舟、川合玉堂、奥村土牛のコレクションをメインとして、近代・現代の日本画を中心に約1,800余点を所蔵している。

45 pages