dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年10月14日土曜日 雨のち曇 PM8時48分投稿 

団参旅の整理

 昨夜は横川サービスエリアで入手してきた「峠の釜めし」を夕食にしてお風呂に入った後は、旅行疲れで寝てしまった。旅に出ている間はパソコンを持って行かなかったので、今朝からHP作成にとりかかった。文章もそうだが、写真の編集に一番時間がかかる。お昼過ぎにジムに2時間ほどで書けただけで、ほぼ一日かけて初日228枚、昨日149枚の写真合計377枚を整理して信州団参旅2017を先ほどアップできた。坐禅仲間や檀家さんには別途顔写真の入ったアルバムを別途作成する予定。
 旅行が終わったとたん、関東近辺の病院仲間さんから11月下旬に早めの忘年会を両国のモンゴルレストランでやることに決まったとお知らせを戴いた。遊ぶ楽しみは尽きない。

2017年8月15日火曜日 雨 PM8時41分投稿 

沖の島写真集

もちろん行ったことは無いが、絵から出てくる荘厳な雰囲気が十分感じられた。

 今日は、朝9時頃からジャンジャン雨が降り出し、夕方まで良く降った。ジムも今日まで休み。雨だと庭では何もできない。先日敷設した敷石の傾斜が気に懸かってはやく直してしまいたいのだが、今日はお預け。敷石設置で一番大事なことは水平にするということ。水平にした後、踏み固める(転圧)も大事なので、次回、再度点検し、修正する。敷石の敷設は結構、手がかかるものだ。
 図書館で「沖の島」の藤原新也・安部龍太郎の写真集を借りてきて、大型判の写真をゆっくりと鑑賞し、記事を精読した。

2017年5月2日火曜日 晴れ PM6時05分投稿 

大多喜のれんげ畑

下大多喜の蓮華です

 千葉房総半島の南、木更津の東側に大多喜町がある。水と緑に囲まれた豊かな自然が織りなす四季折々の景観と歴史ある城下町であり、養老渓谷や本田忠勝が治めた大多喜城が有名である。しかし、dachs飼主はここの筍と蓮華が好きだ。筍の季節は終わりかけだが、蓮華はまだ咲いている筈だ。朝飯を済ませて自宅から2時間強もかかる大多喜町に出かけた。以前といっても13年も前に大多喜町のれんげ畑は散策したことがある。子供の頃、田んぼや畑のあぜ道にたくさんの蓮華の花が咲いており、蓮華の花だけは印象に強く残っている。しかしながら、最近は田舎に行っても群生しているれんげ畑はまず見なくなった。前に行ったときはこの町で「世界れんげ祭り」が2010年まで約25年間開催されていたが、2013年から「れんげ祭り」として再開されている。開催場所も何回か変わっており、今年は養老渓谷と下大多喜の2か所で先月29日に開催された。既に終了しているが蓮華を無性に観たくなったので行ってみた。

なるほど、ハスの花に似ている


50mm単焦点の一眼で撮影した


もうすぐこどもの日だ ピンクは蓮華が咲いている

れんげ
 レンゲの本名は「紫雲英」と書き、読み方は「げんげ」。遠くから見ると確かに、紫色の雲の雰囲気を持つ花(英)である。しかしながら花自体、蓮に似ているので「蓮華草」と呼ばれ、昔から親しまれている

2017年2月4日土曜日 立春晴れ PM8時39分投稿 

立春朝散歩

 今日から立春節。二十四節気七十二候は本日から始まる。(旧暦では正月7日にあたる)

スカイツリーも写っていた

 昨日までビュービューと吹いていた強風もほとんど穏やかに変わった。青空で気持ち良い。愛犬2匹とツレアイ一人と一緒に、午前中4Kmほど近郊をゆっくりと散歩してきた。万歩計は6000歩ほどになって、脚が軽い疲労で心地よい。散歩の途中、100Km以上離れている富士山が遠くに見えた。肉眼では気づかなかったが、スカイツリーらしきものも、写っていた。近所の写真を取ってみると、如何に電柱と電線が多くゴチャゴチャしてるかが良くわかる。
 ご近所の庭には紅い椿と梅が春を告げている。ラミエルは来月16歳、ウリエルも13.5歳の飼い主を超える高齢者になってしまった。いろいろ高齢者特有の症状も出てきており、歩くのも走るのも彼女たちも最近は億劫になり、散歩の9割がたはバギーに乗ったまま周りを眺めているだけになっている。

冬が終わり、春が近づいてきた

 午後は3時間ほどジムで軽いトレーニング。先日、市民マラソンを10Kmを完走した男性がその後体育館で死亡していたというニュースが流れていた。昨年暮れから入院や今年になってからもバタバタといろいろなことがらが重なり、ジムでのランニングマシンから遠ざかっていたが、今週から、2,3キロ走り始めた。今までは時速8キロペースだったが、7キロ台ペースに落とすと、より軽く長く走れるようになった。高齢者は無理をしないほうが良い。

東風解凍
 2月4日~2月8日は立春節初候で東風解凍(こちこおりをとく)。季節は初春。 暖かい 春風が吹いて、川や湖の氷が解けだす季節になりました。東の風と書いて「こち」と読み、春先に吹く東 よりの柔らかな風のことをいいます。節分の翌日は立春 なので、どこか明るい気分が漂います。

2016年12月25日日曜日 晴れ PM5時39分投稿 

レンズ購入 リンゴ到着

 朝8時から、10月30日以来約2か月ぶりに、テニスレッスンに参戦。前後左右に走った・奔った・またまた走らされた。朝寒かったので掌が冷たいので、腕と掌に力が入らず、打ち返すのにやや加減ができず、ネット近くやコートオーバーにしばしばなった。サーブはまずまずだったが、バックボレーの時、両手で握らなかったので、打球の勢いに負け、コート外側に数回飛び跳ねた。まだまだ本調子ではない。

これで、撮影のイロハを再度勉強する

 午後になって、家電量販店で我が愛機「ミラーレス一眼ソニーα7Ⅱ」の50mm単焦点フルサイズF18レンズ「SEL50F18F」を買ってきた。いま持っている「24mm-240mmズームレンズ」がレンズ単体で780gもあるのだが、今回の単焦点は僅か186gで本体556gなので、全体でも望遠一本より軽い700g強。

知人から10Kgも貰った

 午後、Oさんから、信州名産の3Lの大きなリンゴを18個10Kgが送られてきた。Oさんは、先週までdachs飼主の斜め前のベッドに居られた小平市の方。心当たりがないので、さっそく携帯してみると、「いま、実家の信州に来ている。病院でパソコンのこと、いろいろ教えて貰ったのでお礼のつもりなので気にしないでほしい」とのこと。素晴らしいクリスマスプレゼントだった。夕食前に家族で食べたが、とっても美味しくて感動した。大きいので、ご近所さんにも差し上げないと生ものなので到底食べきれない。買ってきたものより貰ったもののほうが食べる喜びが違うので、おいしさは格段に違う。Oさんは退職後カメラのコンテストに10回以上入賞しているベテランカメラマン。dachs飼主も彼からカメラ撮影術のテクニックを勉強させて貰った。Oさんから教えて貰ったので、今日のレンズも購入を決めた。まず単焦点レンズで同じ対象を500枚いろいろ工夫しながら撮ってみる(PhotoDump)と技術力が格段に上がるそうだ。 dachs飼主からは、彼に有用と思われるパソコンアプリのガイドブックを宅配させて貰った。

 年賀状の印刷は昨日までに終了していたが、コメントを筆ペンでひとことづつ書いた。印刷だけより、下手な字でも書いておいたほうがありがたみがあると思う。

2016年12月22日木曜日 曇のち雨 PM11時10分投稿 

今日からテニス

 昨夜は、ゆず湯のせいか、発泡酒寝る前2缶のせいかわからぬが、12時過ぎからぐっすり寝て、午前6時に気持ちよく起床できた。

年賀状の一部に貼り付けしたい

 午前中は暖かくて愛犬散歩の途中、近隣公園で年賀状用の写真を撮影した。病院から帰ってすぐ、欲しかった50mmF1.4サイズの単焦点レンズを量販店に買いに行ったが品切れのようで、望遠ズームレンズで愛犬2匹を撮影してきた。年賀状元旦配達期限まであまり日も無いので致し方なし。右側のラミエルの両眼が白内障で濁っているので、画像ソフトで若干手直ししておいた。
 お昼前になって、空が曇ってきた。午後1時から平日テニス予定なので軽く参加したいのだが、雨は大丈夫かな。その後はジムで汗を流した後、午後5時からは平日テニスメンバーで、忘年会。dachs飼主の長期入所のために年末のクソ忙しい時期に忘年会を設定いただいた幹事様のためにも、万難を排してゆかねばならぬ。昨日浅草で買ってきた「雷門おこし」を持参して。
お酒を堪能して雨の中、帰ってきました

老人仲間の宴会などで、まるで寄合酒

2016年10月24日月曜日 晴れ PM7時13分投稿 

もみじのテンプラ大好評

箕面の珍名物でグルメも賞賛

 昨夜遅く帰ってきたが、今朝は9時からdachs飼主が当番の平日テニス。10分ほど前にコートに入って練習の準備でネットを既定の高さに貼る、ボールを用意するなどの雑務をこなしておく必要がある。今日は11人参加だった。昨日午前中にあわただしく行ってきた箕面大滝で買ってきた当地名物『もみじの天婦羅』をお土産として参加者皆で食べて貰った。関西出身の方は「懐かしい」、それ以外の方も「カリッとして香ばしい、美味い、お酒が欲しい、もう一個」などなど大好評であった。
 昨日までの2泊3日の旅の写真は先月買ったミラーレスフルサイズデジタル一眼を持ってゆきたかったのだが、車で行かないので、レンズが大きく、重すぎることで断念。コンパクトデジカメRX-10も考えたが、この春買い替えたスマホを持って行った。拡大するとやはり画質はもう一つだが、ホームページ程度だとそれほどの違和感は感じない。午後は「今回の帰郷」をアップしておいた。内容はブログを写せばよいので簡単だが、写真を並べてそれぞれにコメントを書いてアップしてゆくのは結構時間がかかる。ブログもほとんど見直しをしていないので、修正が意外に多いことに気づく。経費をまとめたり、今までの旅と比較をしたりできるので、記録をHPに残しておくのは手間はかかるが、良いことだと思う。人に見ていただくほどの配慮は少ないと思うが・・・・。

2016年10月2日日曜日 晴のち曇 PM3時26分投稿 

焼きあなご ご到着

 10月になったので恒例の愛犬暦9月を作成し、トイレに貼りだした。先月前半はツレアイのマイコプラズマ、後半は私の咳痰で外出や運動もままならず半ばに予定していた関西墓参は10月21日からに日延べとした。先月の購入はマイ眼鏡と一眼ミラーレスカメラとレンズである。先月は日々愛用のノートPCの電源障害とWPのプラグイン携帯スマホモジュールのバグで大慌てした。パソコンの修理は10日ほどかかるというので今週半ばには戻ってくると思われる。
 2週間ぶりに日曜朝のハードなテニスレッスンに参加した。コーチとの10分強のラリーの際は汗を相当かきながら、少々咳こんだが、たいしたことはないので、明日からの平日テニスには全面参加することにする。ジムでのランニングはあと10日ほど様子を見てから奔ることにしよう。はやく体調が全面的に良くなってほしい。心身とも良くないと余計にストレスが溜まる。

箱寿司やチラシでも旨い

 フルサイズミラーレス一眼を購入したので先日、以前愛用していたAPS-C一眼レフカメラα700とレンズ一式を関西の知り合いに送付した。愛犬をパシャパシャと撮っているなど大変喜んでいただいている。愛用していただくと送付したdachs飼主もたいへん嬉しい。
 その上、本日午後には私の大好きな焼きアナゴをたくさん送っていただいた。早速半分は冷凍し、残りはちらし寿司の具とお酒のつまみとして今夜飲むのが楽しみだ。関西の食べ物は何を食べても美味いが、明石海峡で獲れる鯛蛸穴子いかなごなどの魚系は特に食欲をそそる。

2016年9月26日月曜日 曇り PM8時44分投稿 

ノートPC電源故障

 今朝になっても、時々咳がでてくる。今日月曜日はテニス当番の日なので練習ボールを含む当番セットを持って市営コートに出向いた。dachs飼主以外に9名の参加もあり、30分の練習タイムを見届けて、当番セットとともにお先に失礼をした。

庭の片隅で咲きだした

 コートで撮ってきたのと庭で撮った写真をWiFi経由でノートパソコンに取り込んで加工をしたり、Web検索をしている途中でパソコンの電源が落ちた。バッテリー・停電など疑いを持ったが電源ボタンを押してもランプも点かず、ファンも廻ってないようだ。配線断か電源部不良と考えられる。デスクトップなら自身で修繕できるが、ノートは後日修理保証はしてくれないので、メーカーに出さないと後々困る。やむなくカスタマーサービスセンターに電話をかけ、故障品の送付をした。修理の条件では、HDDの初期化も含み、データは改ざんしない、電源が入ったら修理完了としてほしいと依頼状に書いておいた。配送料は無料だが、部品代以外に技術料15,000円、修理代金の代引き手数料500円は余分だが、高機能なノートPCなので、背に腹は替えられない。CPUがi7-4702MQ、メモリ16GB,HDD1TB,ブルーレイディスク搭載で2013年暮れ購入も機種変更はしたくない。ノートパソコンのメーカーはACERである。幸い、Renovoのタブレットパソコンが眠っていたので、修理完了までは、これを使うことにする。多分1週間もかからないうちに修理されてくると思う。

2016年9月23日金曜日 雨のち曇 PM6時16分投稿 

小雨でもテニス

鹿児島で1昨年秋に購入した

 今日も鬱陶しい日だったが、午前中小雨がパラパラ程度で、「これなら行ける!!」と出かけた。2面獲っていたが4名しか来なかったので、1面のみしか使わなかった。6ゲーム先取を3回やったが、休憩がなかったので、涼しかったがとても疲れた。「ホットイテクダサイ」Tシャツは鹿児島城山公園の売店のおばちゃんにしつこく言われ根負けして、1昨年衝動買いしたもの。
 午後は、古いカメラSONYα700、APS-Cサイズの交換レンズ、各種付属物などを整理して、一番に欲しいと応募された方に宅配処理手続きをした。思い入れの強いレンズとカメラなので大切に使ってほしいと思う。

 
雷乃収声
 09/23~9/27は秋分節初候で雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)。夏に積乱雲の発達と共によく鳴っ ていた雷が、発生しなくなる頃という意。 春分の末候に「雷乃発声」があり、秋分の初候に「雷乃収声」となります。モクモクとした雷雲の発生も少なくなり、高い空には、イワシ雲やウロコ雲の姿を良く見るようになりました。

13 pages