dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年10月8日日曜日 寒露曇時々晴 PM10時00分投稿 

またまた飲んでしまった

 今日も飲みに誘われて、夕方5時からヒョイヒョイと付き合い、2軒梯子して今帰ってきた(21:30)。
 始まりは3日前に戴いたメール。テニスでご一緒していつも可愛がってもらっているxx大先輩からのメールだった。
『dachs飼主 大明神 殿
急な話ではありますが,来る8日の日曜日の夕方,駅前の居(食)酒屋での晩酌に付き合っていただけないでしょうか?愚妻に逃げられ,子供にも愛想をつかされ,一人ぼっちなのであります。
週末のdachs飼主家のラブラブタイムをぶち壊すつもりは毛頭ありませんが,もしももしもよろしければであります。』
Dachs飼主としては『反対するわけないじゃないですか(怒)』と返信させて貰うと
『アホな男のわがままを,快く(快くなくかも?)受け入れていただき多謝・感謝です。PM5時に「とりの権助」に行きます。焼き鳥食べ放題を奢ります。  孤独で哀れな××からでした。』
 ということで、 飲み食い喋って楽しいひと時が過ごせた。先月から今月にかけては飲み代大赤字。

2017年10月7日土曜日 曇り PM5時50分投稿 

あるべき古希の生き方

正しい老人の在り方を再確認する機会となった

 本日朝一で、漫画家弘兼憲史の「古希に乾杯! ヨレヨレ人生も、また楽し」2017年7月発行を読んでみた。軽い読み物だったが、古希で心に響く文言もあったので、内容を箇条書きしてみる。

「人生七十古来稀なり」が変化
「四十五十は洟垂れ小僧、六十七十働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ」 渋沢栄一
PPK自宅で突然死(在宅死)が理想
現在日本人の80%が病院死。=>2030年にはいずれ死ぬ老人で満杯で、ベッドは高齢者の棺
高齢者イメージの変貌
「汚い」「お金がかかる」「役に立たない」=>小綺麗でお金に困ってない役に立つ老人となる
核家族もいい
互いに離れて(自立し)、時々思いあうのが家族の理想形か
禅の神髄は「本来無一物」
自己責任で生きて、自己責任で死んでいく
人生を楽しく生きるには「好かれる(老)人になること」
不平不満を言わない 現状を受け入れて動じない 
他人のせいにしない
社会のお荷物にならぬよう自立すること
好かれる条件
空気を読める老人(謙虚に生きる)
逆らわず、いつもニコニコ、従わず
稼いだお金は使いきる 子孫のために美田は買わず(子孫の骨肉の争いの元)
(元も現も)肩書への執着を棄てる
人と接することで適度なストレスを感じる 社会との接点を持つ
永遠の愛や変わらぬ友情は錯覚 適度な距離を保って一緒に行動交流する仲間を持つ
ファッション(身だしなみ)で人目を気にする
異性の友達を作る
夫婦は同じ方向を見ていない  お互いに人生を愉しもう
家族が犠牲にならぬよう、介護用の蓄えを用意しておく
尊厳死(リビング・ウィル)宣言を書き残す 延命治療を望まない

2017年10月6日金曜日 雨 PM6時07分投稿 

歯石の除去

一晩で70人以上からの予約あり

 昨夜のノーベル文学賞は村上春樹氏ではなく「カズオ・イシグロ」氏であった。さっそく図書館で予約しようと思ったがdachs飼主の予約が10件フルに詰まっていたので、今朝、ツレアイの図書カードを借りて、あらためて予約してみると、4冊予約したうち、3冊が20人以上から既に予約が入っていた。我が街では2週間まで借りることができるので、最高1年間待つかもしれない。実際には複数冊所蔵している筈なので4,5か月後には間違いなく読めるだろう。
 朝から寒い。毎朝ポットでお湯を沸かすのはDachs飼主の役目なのだが、電源を入れたときの温度は今まで25℃だったのだが、今月に入ってからは20℃からのスタートになっている。部屋の温度もまだエアコンなしなので20℃を指している。朝テニスはまだ半ズボン半袖でプレーできるが、家に入ると、長袖長ズボンでないと寒い。
 夕方、1年半ぶりに歯医者に出かけた。昨年2月に部分入れ歯装着して以来、歯間ブラッシング・歯石除去をやって貰ってなかったので気になっていた。30分強のクリーニングで綺麗になった。ドクターより過去歯周病があったので、クリーニング時に血が出ていたが、今回は全く血が出なかったので歯周病もなくなり、歯茎もシッカリしてきているとお褒めを戴いた。

カズオ・イシグロ
 カズオ・イシグロ(石黒 一雄 )は、長崎県出身の日系イギリス人作家である。2017年にノーベル文学賞受賞。ノーベル財団では国籍・国境等の変遷を鑑み、出身国に関しては出生国としており、イシグロを日本出身のノーベル賞受賞者と位置づけている。
 1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を受賞した。1995年に大英帝国勲章(オフィサー)、1998年にフランス芸術文化勲章を受章している。2008年には『タイムズ』紙上で、「1945年以降の英文学で最も重要な50人の作家」の一人に選ばれた。ロンドン在住。

2017年10月5日木曜日 曇り PM7時33分投稿 

社交不安障害

 先日の新聞で「社交不安障害」という記事をみた。対人関係に不安と緊張を持っているので、周囲にいる人が、どんな人で、自分と関わりがあるかないか、自分に近づいてくるかどうか、何を考え、何を言いそうか、自分のことをどう思っているか、怒ったり嫌ったりしていないか、など、常に警戒をしているような状態にありがちな症状をいうとのこと。dachs飼主も子供の頃、そうだった。
 二人の友達と小学校からの帰り道、公園でヤクザのように怖い中学生2人が向こうから歩いてきた。友達二人も意識はしているのだが、普段の感じで歩き続けたが、dachs飼主だけ怖くおどおどしていたので上目遣いで、ずっと気にしていた。すると相手がそれに気づき、案の定、「まんなかのガキ、なんか文句あんのか」と絡まれた。それ以上は大事にならなかったが、たいへんコワカッタ記憶が今でもある。
 社交不安障害の方は周囲に人がいると緊張状態になるので警戒範囲を周辺視野まで拡げているそうだ。不安がどんどん悪循環して緊張だけではなく、あらぬ警戒感を持ってしまい、それが相手に伝わってしまう。社交会不安障害の人から距離を置かれる傾向がある。本人からしたら見ている意識はないのだが、見られた人は視線を強く感じ(じろじろ)みた人を警戒してしまうようだ。
 リタイアしてからは何も怖い”ものやこと”はないので、人に対する緊張や警戒をしない筈だが、どうだろうか。

2017年10月4日水曜日 晴時々曇 PM6時50分投稿 

睡眠は6時間

兎の餅つきが懐かしい

 今夜は中秋の名月。明後日が満月だそうだ。来月下旬は、反対の新月の日に利根川っぺりに行ってアンドロメダ大星雲を観に行く予定になっている。
 夕方になると肌寒い。長い時間(寝る時間近くまで)晩酌を続けていると、座椅子に座って本を読んでいても知らぬ間に寝たりしている。2階の部屋で布団に入っても、電灯をつけたまま、本読みが中断して寝てしまっていることが秋になると増えてくる。テニスやジムで体をたくさん動かした夕べに、晩酌を多めに取るとイチコロである。読書の内容に拠るのだが、最近の心地よく眠る時間帯はだいたい午後11時半就寝で朝6時半起床がベストだと思う。12時半に寝ても朝5時からはTBSラジオ生島宏が流れ、6時20分頃の壇れいの今日の1ページを聞き終えて6時半には床を離れる。ラジコで今月からNHKも聞くことができるようになった。千葉のローカル市町村だとTBSの954や90.5の電波が悪いので、ラジオではなく、スマホのラジコでラジオを聴いている。だいたい睡眠時間は6時間くらいがベストで、5時間ないが3日も続くと、理解力、判断力、集中力が落ちてくるようだ。

中秋の名月
 中秋の名月を十五夜と呼ぶのは、太陰太陽暦と関係があり中秋の名月は太陰太陽暦(旧暦)の8月15日。旧暦では、月の満ち欠けを基に暦をつくり、そのサイクルが約29.5日であることから、旧暦の1カ月は29日か30日と決められている。そして、その半分である15日の夜の月は、満月=十五夜と、呼ばれるようになった。ただし、月のサイクルは30日ぴったりで地球を一周するわけでないことや、月の軌道が楕円であることなどにより、実際の満月は1日か2日ずれることが多い。今年の場合、実際の満月は10月6日。中秋の名月は満月一歩手前の月なのだ。

2017年10月3日火曜日 曇時々雨 PM7時47分投稿 

朝は鼻がグシュ

あと3月で今年も終わるのだ

 昼はそこそこ秋らしくあたたかいが、朝夕はもう肌寒い。昨夜から降り始めた雨が朝まで降り続いた。誰かから聞いたが、春はゆっくりと暖かくなるが、秋は駆け足で寒くなるという。長袖シャツでも下着を着けたいほど、朝晩は寒い。dachs飼主は花粉症を中年の頃罹っていたが、今は殆ど症状は出ない。しかし、アレルギー性鼻炎なのかどうかわからないが、こんな肌寒い秋の朝は起きて窓を開けると鼻がムズムズしたり、ひどい時はくしゃみが出ることもある。これから秋は駆け足で初冬に向かうことになるだろう。朝一でいつものようにトイレに先月の愛犬暦を貼った。3月に娘犬ウリエルが亡くなって以来愛犬暦と名はつけているが、愛犬写真は載せていない。

2017年10月2日月曜日 曇のち雨 PM3時04分投稿 

日本酒はお猪口一杯だけ

青森の田酒はなかなかお目にかかれない 深酒しそうなおさけ

 昨日のバーベキューでの酒は安納芋の黄金焼酎以外にシャンパンやワイン、日本酒の青森「田酒」などを飲ませて貰ったが、やはり、dachs飼主には焼酎が飲みやすいし、体にも優しくて良い。日本酒は調子に乗ると、必ず翌朝から夕方頃まで頭が重く、頬も熱っぽくなって一日調子が乗りにくい。
 昨日は深酒をせずに帰ってきたので、帰宅後に撮影してきた100枚ほどの写真整理、来月のテニスコート抽選参加、先月の愛犬暦作成、・・・パソコン作業で夜更けまでかかったが、お酒での疲れもなく、気持ちよく眠れた。今朝も9時からテニス~ジムに元気よく迎うことができた。

2017年10月1日日曜日 曇り PM9時44分投稿 

秋のバーベキュー

 お酒と焼肉とおしゃべりなどで楽しいバーべキューパーティでした。

 朝からいいお天気。8時から昨日に続き朝のテニスレッスンを受けてジム通い。すっきりした後で、隣町のBBQ会場かふぇ「あんぶらーて」に行った。dachs飼主は参加しなかったが7名のお友達が隣町白井市で午前中に行われた梨マラソンで完走してきた(そのうち1名が10Kmマラソンで優勝)。それを祝って11人でバーベキューパーティを開催。午後1時から5時までたっぷり食べ飲んだ。珍しい安納芋の焼酎も飲ませて貰い、おまけに帰るとき一瓶戴いてきた。

2017年9月30日土曜日 曇のち晴 PM7時39分投稿 

明るい農村

赤芋仕立てで芋の香りが冷やでも味わえた

 昨夜は名月鑑賞会と銘打って駅前の居酒屋で数人と飲んだ。ビールと日本酒以外に、鹿児島芋焼酎で飲みたいと思っていた「明るい農村」。赤芋仕立ての本格焼酎ということで、期待していた。芋の味はもちろんしたが、なんでも派のdachs飼主にはほかの芋焼酎と違いが解らなかった。シューマンの「楽しき農夫」の曲をなぜか思い出した。
 名月鑑賞会ではあったが、昨夜は上弦の月で上部がかけていたので、来月、新月星鑑賞会を催そうということになった。日にちは変わるかもしれないが、10月21日(土)午後7時から利根川沖に出向き、月のない夜空にアンドロメダ大星雲を鑑賞する計画。子供の頃に歌った「冬の星座」を思い出した。
1.木枯しとだえて さゆる空より
  地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
  ものみないこえる しじまの中に
  きらめき揺れつつ 星座はめぐる

2.ほのぼの明かりて 流るる銀河
  オリオン舞い立ち スバルはさざめく
  無窮をゆびさす 北斗の針と
  きらめき揺れつつ 星座はめぐる

2017年9月29日金曜日 晴れ PM4時02分投稿 

今夜も地元で飲み会

 昨日は夕方5時から埼玉県で飲み会。午後は早めに出かけた。独りで知らない土地に行くときは早めに出発し、その付近を散策するのがいつものことである。4時前に待ち合わせのJR武蔵浦和駅に到着した。片道1100円もかかったが、そのうち650円は我が街を唯一の私鉄「北総公団鉄道」が高すぎるせいである。駅前にさいたま市の南区役所があり、道路にマンホールがあったので撮ってきた。普通役所や駅の近くにはカラーマンホールがあるものだが、残念ながら見つからず。4時半頃に豪雨となったので、駅の喫茶店でコーヒーを飲みながら読書して時間を潰した。

ホッピーと黒糖焼酎で宴会

 5時きっかりに参加者5人全員が集まり、雨なので、傘の要らない武蔵野線高架下の居酒屋「力(リキ)」で生ビール乾杯。その後は奄美旅で盛り上がっていたので黒糖焼酎「れんと」を1本入れて、ロックやお湯割りで飲んだ。黒糖焼酎の蒸留方式には常圧蒸留と減圧蒸留の2方式があり、れんとは後者で癖がなく飲みやすい。
 なくなったので、東京下町(特に上野浅草界隈)に多い「ホッピー」を頼んだ。ホッピーは麦酒様清涼飲料水であり、焼酎を入れて飲むとビールと焼酎の両方戴いているような気になる。ビールと違い、プリン体ゼロらしいので体に良いのかもしれないが度を超すとなんでもよくない。
 今朝は二日酔いで朝テニスに行ってジムで汗を流し酒が抜けたとは思うが、今日も午後5時から「へそまがり老人会」の月一定例寄合で居酒屋「礼仁」で深酒となる模様だ。

532 pages