dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

菜園も春の準備中

明石の鯛が桜鯛と称される

 今日も暖かい。弱い花粉症であるdachs飼主も朝起きぬけには少々鼻がむずがゆくなって、ティッシュを使うようになった。それでも例年より少ないようなので問題ない。午前中も良い日和だったので、ミニ菜園に被せてある黒い防寒ビニールシートを外した。ほうれん草と玉葱・大蒜にしてあったものである。霜柱はもちろんのこと、もう霜も降りないだろうから大丈夫の筈。ついでにコンポスターの位置も変えた・もとあった場所の上に菜園用培養土を5センチほど被せた上に春撒きミックス花を植えつけておいた。5月頃には花が咲いてくれることを期待している。
 愛子婆さんの本日のお題は『桜鯛』。桜鯛は真鯛の別名であり、わが郷土兵庫県明石市の名物のひとつ。

桜鯛
 桜の花が咲き始める3~6月頃産卵の為に浅瀬に来るのでこの時期のマダイの ことを桜鯛と呼ぶ。この時期のマダイは脂がのって最もおいしいとされ、他の季節のもの と区別され珍重されている。旨味がギュッと凝縮されたしゃぶしゃぶや、ほんのり桜色が美しい桜鯛のお造りをはじめ、鯛の押し寿司・鯛の浜蒸し・鯛の荒煮・鯛の鯛茶漬けなど、明石鯛でほんものの桜鯛を満喫できる。

Similar Posts:

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。