dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

猛残暑

 とも言える1日でした。エアコンをかけるほどではないが、じわじわと汗が出るのがわかる日。中途半端な日でしたが、6000Kmをオーバーしたので、廃油箱を買いに行って、(ついでにスイカが旨そうなので衝動買いもして)車の下に潜り込みエンジンオイルの交換を実施。(夏はエンジンを切って3時間置いてもまだ、エンジンオイルはホッカホカ)
 足も毎日食後に塗り薬・ガーゼ処置があり、いつもどおり活発に動くのが億劫なため、自然とパソコンの前に座る時間が長くなる。10月から知人の歯医者さんのHP作成を依頼されているので、事前にお医者さんのホームページを見ているが、暑いので、なかなかはかどらず、根気が続かない。会社に居たときはエアコンが良く効いて快適だったので、ぼんやりした時もコーヒーさえ飲めば、頭がスッキリして、別の仕事にすぐ切り替えられたが、今はエアコン我慢の気持ちもあり、あたまがすっきりもしない悪循環の繰り返し。
 昨日、伸縮包帯の話を書いてなかったようだが、最近はガーゼの上にネット状で伸縮する包帯があり、昔の包帯を巻く手間が一掃された。前は傷口の上を脱脂綿で覆い、4cmくらいの幅の包帯でグルグル播きして最後に包帯の端っこを2つに裂いてそれで、包帯を止めたものです。次にやったのが、端っこを裂かずに、小さな楔状のもので、包帯を良く止めていた。いずれにしても伸縮包帯になるまでは腕や足に包帯を巻くと屈伸時に包帯がずれたり、傷口が傷んで膿を持ったりしたものだが、今は通気性の良いガーゼとネット包帯で快適な病気生活を送ることができる。

Similar Posts:

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。