dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年7月17日火曜日 晴のち曇  PM7時05分投稿 

はかりめ丼を食す

 9時半に出発し、ガソリンスタンドで燃料満タンにして16号経由で富津に向かう。
今日と明日にかけて房総半島の南部ドライブ。何度も行ってるので、計画しているのは本日昼は富津市の「はかりめフェアー」にかけて、「はかりめ丼」を食べること、今夜の宿は勝浦ヒルトップホテル&レジデンスに泊まることである。

はかりめfair協賛

 富津はかりめfairで2年前に行った『味の勘七』が今一つ馴染めなかったので、今日は割烹「一定」を目指した。ところが月曜祝日の際は火曜が休みだそうで、再度Web検索をして、すぐ裏の海岸通りにある『さざなみ』に入った。
 家族がやっていると思われるちいさな食堂でファミリームードが漂っていた。ツレアイと二人で、「焼きアナゴ重」と「ダブルはかりめ丼」をオーダーした。いうまでもなく、魚の側面に点々が多くついているので天秤棒の秤の目に似ていたので穴子の別名・俗称となっている。焼きアナゴは関西でdachs飼主の好みのものと違い、穴子をバーナーで白焼きにしてたれをつけたもので、アナゴのかば焼きに近い。鰻ほどエネルギッシュではないが、そこそこいけた。また「ダブルはかりめ丼」に載せてあった穴子の天婦羅はビッグで暖かくて、おいしかった。価格もリーズナブルで、お土産に「ノリ」までいただき、今日のはかりめ店はアタリであった。
 富津から鋸南IC近くの『道の駅保田小学校』を覗いてみた。1,2年ほど前に廃校となった小学校をリフレッシュしたもので宿泊もできるそうだ。かなり巨大なマンモス小学校であったような学舎であった。地場野菜なども豊富で平日にもかかわらず、多くのお客さんがレジに並んでた。しじみ汁や鯨すじ肉缶詰などを土産に買ってきた。
 保田からは長狭街道を経て、サンダンスリゾート「勝浦ヒルトップホテル&レジデンス」に午後5時に到着。サンダンスの部屋は11階シ―サイドビューでレンジ調理器具水回りなど完備でリゾートとして十分楽しめる広い部屋であった。海の見える温泉も快適だが競争率が高いのでなかなか抽選に的たらない。本日、走行距離は162Km、万歩計は4000歩に留まった。

1 pages