dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2009年10月30日金曜日   PM9時53分投稿 

セルビア大聖堂

091030_195237.JPG

10月29日(木曜日)午後1時に白い村と呼ばれるミハスに到着し、昼食をとって15:00迄自由散策をする。昨日のコンスエグラ風車の街もそうだったが、スペインの強烈な日差しに耐えるよう、外装を白基調にしている地域はミハスに限らずあちこちに有るらしい。
旅が始まって今日は4日目、アルハンブラ宮殿が美しすぎたのか、8GBのCFが早くも満杯になった。1000枚をミハスに向かう車中にて何とか50枚を削除してミハス用に確保した。後メインはセビリア、コルドバ、マドリードなので、残りカードの4GB、2GBで700枚強撮れるので何とか納まる筈だ。
昼のメインはカジキマグロだったが、油分が強く、閉口した。町並散策は、流石に壁色白が基調であり、小さな店の多い坂道もそれほど苦にはならなかった。外気は25℃を越え、長袖シャツではコタえた。
此処から3時間半程バスに揺られて今夜の宿地セルビアに向かう。セルビアはスペインの釜と呼ばれるほど暑い地域であり、現在セルビア迄の車中、日没近く午後6時15分で外気音は29℃と夏に戻っている。
夕食タイム20:00には未だ間があるので近所のスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。明日朝食用のヨーグルトとミネラル水の他に、dachs飼主の勤務先仲間にチョコレートを132個買ってきた。
夕食はたっぷりの野菜サラダと牛肉煮込みで旅仲間とビールを傾けながらゆっくりと歓談できた。
10月30日(金曜日)朝食もサマになった内容でパンフルーツハムチーズヨーグルトを食べることができた。
08:45ホテルを出立、朝の気温は19℃、これから暑くなってくる筈だ。
ガダルキブィル川を渡って、程なく09:30にセビリアのスペイン広場に到着。
此処でARMY風のミリタリーキャップを購入し、本日メインの大聖堂(カテドラル)とヒラルダの塔を見学。大聖堂内はステンドグラスと調度や壁面に施された彫り物が感動的に美しい。ヒラルダの塔は、スロープに沿って1階から33階まで上がると鐘撞き堂に達する。高さは約100米あり、四方の窓からセビリア市街地が見渡せる。帰りのほうが高齢のdachs飼主にはコタえる。
近所のレストランまで歩き、ムール貝、海老、鶏肉等がどっさり入った本場モンのパェリアをシッカリとお腹に納めた。 13:30現在気温は30℃、これから2時間掛けコルドバに向かう。そこから新幹線でマトリード迄走ると、明日のマドリード観光で今回のツアーは終了する。

1 pages