dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2008年7月1日火曜日  PM8時08分投稿 

開き

 いよいよ7月だ。新しい月のカレンダーをめくると、今日は半夏生、とある。調べてみると田植えに適した時期とのことで、6/21夏至から11日目辺りに田植えをすると豊作になる言い伝えからきているようだ。それ以外に全国安全の日、富士山山開き、その他海開きやプール開きで季節はそれなりに進んでいる。しかし、6月初旬から始まった梅雨も一向に梅雨らしくなく、あと2週間程度続くのではないかと思う。昨日の長期予報では7月は暑い日が続くらしいが、よくわからない。
 今日もはやく仕事を終えて、ジムで一人だけプール開きをしてきた。プールで運動すると手や足が意外に疲れる。お風呂もサウナも気持ちよかった。帰ってきたら、ホッケの開きを食べた。
 明日は久しぶりに夕方、飲みに行く予定があるので、今夜はお酒は控えた。

2008年7月2日水曜日  PM9時13分投稿 

両国

仕事で関連会社に半日研修の講師に任命され、両国に出掛けた。
仕事はお陰様で何事もなく無事終了し、夜はいつものように宴会に繰り出す。場所がらか、舞台正面中央には本番と同サイズの大土俵があり、桝席に行ったことのないダックス飼主はトテモ感動した。土俵の上にはヤハリと言うか女性は上げず、集合写真は女性は土俵下で撮らざるを得なかった。
トイレも廊下も壁には歴代の有名な力士が飾ってあり、懐かしかった。

2008年7月3日木曜日  PM7時33分投稿 

桝席

 梅雨が明ける感じはまだまだ無いようだが、昼間はだいぶ暑くなってきた。今日も西日本では30度を越している地域があるようだ。
 昨日、両国駅前の飲み屋で撮った写真が出来上がってきた。こんなに大きな土俵を作ると売り上げがその分減るのだろうと短絡的に考えられるのだが、やはり、この相撲場の風景を見ながら枡席気分でお酒を飲みたい方々が大勢いるのだろう。昨夜も私たちが行って半時間ほどもすると賑わいを見せてきた。国技館の枡席は1枡50000円を超えるようだが、身体の大きな外人だと2人入れば枡が一杯になるらしい。その店では、此処の飲み屋は駅前一等地にしては、一人4000円前後のリーズナブルな値段で飲ませてくれた。

2008年7月4日金曜日  PM8時01分投稿 

ちゃんこ鍋

1昨日に続き、今日も午後両国に出向いて、女性社員20数名対象に研修を半日行なってきた。
4時間の仕事を無事終えて会社の仲間に『暑いけど、ちゃんこ鍋、食べにいこか?』と声を掛けると賛成の意志あり、近くの鍋屋に潜入。注文は刺身ほかのつまみをとった後、メインは塩味風にした。有名なソップ鍋(醤油味)も薦められたが夏は塩だ、と決めた。あっさり味で具そのものの味を変えずに美味しく戴けた。冬にも来てみたい感じの良いお店『巴潟』だった。

2008年7月5日土曜日  PM3時21分投稿 

芝刈り

猛烈に暑い 昨夜からグングン温度が上がって着ているようだ。関西だけでなく、関東も真夏日が到来。1週間ぶりの土曜日でゆっくりしたかったが、庭を見ると、芝が伸び放題・・・。今のうちに刈っておかないと 、決意して10時前から始めたのだが、まさに炎天下。帽子をかぶっていても2分もせぬうちに、眼に汗がボタボタというカンジで沁みてくる。凍ったスポーツドリンクをすこしづつ飲みながら1時間強の重労働・・・。シャワーを浴びて冷やした缶ビールで涼をとったが、まだ暑い。仕方が無いので、今年初めて、リビングにエアコンを27度にして運転。さすがに涼しい。
 エアコンの修理依頼も今日から日を追って電話が増えてくるだろう。

2008年7月6日日曜日  PM11時22分投稿 

椎間板ヘルニア

 昨夜からラミエルの動きがおかしかったのだが、今朝散歩に出そうと抱き上げると痛がる。ダッコしていつもの公園まで連れ出したが、動きがぎこちなく、立てなくなってしまった。
 10時過ぎから観察していたが、ダッコの仕方によってはとても痛がり、それが少しづつひどくなるのがわかる。行きつけのペットクリニック、今日は休み。それでも電話をかけてみたら、今からDRが研究会に出るところだった。無理を言って相談したら、直ぐきてくださいと言われ、10時半に来院。応急処置だけをしてもらい、今夜研究会から帰ってきてから、ゆっくり検査と治療をしてもらえることになった。その間はナースが点滴や経過を観察してくれることになっている。
 ダックス系の犬は若い時から椎間板ヘルニアになりやすいと言われており、原因としては、先天的に軟骨の形成異常になりやすいことや、若いころから椎間板が固いという。 軽度の場合は、ステロイド剤や抗炎症薬などを点滴で1日半程度与えると症状がやわらぐらしい。重度の場合は手術をして問題の部分(神経を圧迫している部分の椎間板)を取り除く必要があります。その場合、たとえ手術が成功しても、普通に運動ができるようになるまでにはかなりの時間を必要とします。椎間板の手術の成功率は低いとのことで、なんとか、手術でなく、薬で治して貰いたい。今夜遅くにならないと経過や検査結果ははっきりしないので、とても気にかかる。

続きを読む »

2008年7月7日月曜日 小暑 PM11時05分投稿 

手術を前提に駆ける

GWに帰郷したときのラミエル  朝9時過ぎにカカリツケの病院から電話あり、『蘇我の検査施設』は今日都合が悪いそうで、錦糸町の検査施設に午後4時に行くことに決定した。ラミエルの様子を聞いて見ると、容態は良くなっているようには見えず、手術は必須のようだ。
これから、午後1時過ぎに病院に行き、レントゲン写真や資料と一緒にケージでラミを錦糸町に連れてゆく予定、だが何をしても落ち着かない。
 13:30に病院に行って、ケージにラミエルを入れて、錦糸町に向かう。点滴と昨日朝から食べ物や飲み物を与えられて無い所為か、私たちが迎えに行ってもワンという元気も無いようだ。哀れに思う。
 16:00に予約を入れているのだが、午後3時に検査施設に到着。予定より早く15:30過ぎからMRI検査して貰うことになった。これから全身麻酔をかけ、1時間弱で造影剤をいれて、撮影が始まる。麻酔が切れるまでそれからさらに2時間がかかるので、錦糸町のコーヒーショップで時間を使った。
 18:30過ぎに検査技師から説明があった。L-2骨が椎間板を圧迫し、髄液の通りを悪くしているとのこと。特に左側圧迫がひどいので左脚は全く立てない状況、右も持ち上げようとする意思はあるのだが困難な状況とのこと。
 20:30にカカリツケのドクターにMRI写真を持参し、今から(21:00)手術をしてもらうことに決めた。手術はいずれにしてもしたほうが好いとの話。しないですむ状態なら良いのだが、立てない状態なら48時間以内に行わないと、手術もできなくなるらしい。
今、うちに帰ってきた。午後1時に出てから午後9時まで8時間も医院や検査施設を駆け巡った。ウリもヨソに預けようと考えたが、ラミと一緒ならOKだが一人で8時間も預けるのはうちで留守番をさせるより酷だろうという判断になり、家でひとりで留守番をさせた。
 いま家で手術が終わるのを家族全員で待機している。成功を100%信じて・・・・

続きを読む »

2008年7月8日火曜日  PM10時33分投稿 

順調ホット

 昨夜の手術の結果は『特に問題も無く終わった』と電話で聞いていたが、とても気に懸けながら、昨日休んだため出来なかった資料を1時間でもはやく完成させたいので、いつもより1時間もはやく出勤した。
 夕方ツレアイより携帯に嬉しいメール。午後3時過ぎにドクターより電話あり。『日曜日朝よりドッグフード含め食べ物も水も与えなかったが、先程餌を与えたら元気に食べてくれた。いつも食べている餌といつも使い慣れているタオルをついでの時に持ってきておいて欲しい。』と言われたので、飛んで行った。『ラミとも対面できた。背中には10センチほどの手術痕のラインがあるが、神経や脊髄・髄液など中枢部には現在のところ、何も問題なく順調』とのこと。日・月曜日には後ろ脚の痛覚も麻痺していたが、痛みの感覚も戻ってきている。
 術後の様子も良かったのでホッとした。週末にでも様子をm見に行きたいがそれまでは我慢して、しっかり仕事をする。昨日のMRI検査とヘルニアの手術だけで40万円を超えるとドクターにも言われている。MRI検査+造影剤の総額
その後も水槽での後脚のリハビリやいろいろやってあげないといけないことが今後もでてくる。いろいろなことにチャレンジしつつ、1日も早い快復と元通りの身体能力を取り戻して欲しい。

2008年7月9日水曜日  PM9時45分投稿 

今回わかったこと

 医学のこともdachs飼主は得意でないので、ペットの椎間板ヘルニアについていろいろ調べてみた。基本が解っているわけでないので、曲解もあると思うが、以下のような病気だそうだ。

椎間板
 背骨の各骨は椎骨という骨であり、その骨と骨をつなぐのが椎間板と呼ばれるものだ。昔キリンの首の骨が7個だと教わったことがある。
椎間板ヘルニア
 背骨の中心には脊髄や神経細胞が入っている。椎間板が固くなったり、曲がったり突出して髄液の流れを閉ざしたり、神経細胞を刺激したりすると、神経が麻痺したり、過剰反応したりする。症状的には背骨に触れると痛がったり、麻痺すると立てなくなったり、痛覚を感じなくなる。
ラミエルの場合
 背骨の下(尻尾部分)から2個目の左椎骨と3個目の左椎骨を接なぐ椎間板(L23)が脊髄に入り込んで(突出して)いた。ダックス系は胴が長く、背骨に異常が起こりやすいそうだ。
MRI
 脊髄周りに椎間板が突出している状況はレントゲンでは詳しく解らず、脊髄に造影剤を注入し、全身麻酔で周りから輪切り状態で撮影する高度な技術である。また、このMRI写真がないと、手術も手探り状態で難しくなる。MRI機器は動物病院にはなく、大学病院か、検査撮影専門ペットセンターに連れて行かないと受けられない。検査料はおおむね、8万円前後。
ヘルニア手術
 これも全身麻酔をして、背中から切開し、L2椎骨とL3椎骨を取り外し、その間の椎間板の突出部分を削り、脊髄神経に影響を与えなくする。ラミエルは7/7の七夕の日に全身麻酔を2回も行なったことになる。背中に10センチ程度の手術痕が残っていたそうだ。手術料はおおむね、30万円程度。
手術後
 水槽など負荷の少ない環境で後脚を動かす練習や飼い主の地道な愛情や訓練でリハビリが必要。だいたい1ヶ月位で歩けるようになるが、長いときは1年くらいを覚悟しなければならない。ラミエルは7歳なので丁度「犬生途半ば」である。1週間で退院、2週間で抜糸が標準。
予防法
 だいたい突然に発症するが普段の予防法も大事である。散歩などで嫌がっている時にリードを強くひいたりしてはいけない。また、無理な姿勢を強いたり、階段の上り下りは低くても犬にはきついので、させないほうが良い。
発見法
 基本的に立てなくなるなど目に見える症状の前に椎間板ヘルニアの予兆として「背中を撫でると、急に痛がる、怒る」などの反応があった時には疑って見るほうが良い。ドクターに見てもらうほうが安心です。

2008年7月10日木曜日  PM8時21分投稿 

苦しい時のかみだのみ

 dachs飼主はラミエルの病気やその後の経過について、特に心と体の異常は無かったが、ツレアイは発症日の日曜日は終日頭痛で頭が重いと繰り返し、検査と手術の日は頭痛は回復したそうだが、半ば下痢気味でストレスや心労が深かったようだ。dachs飼主も日曜の夕食前に仏壇にお茶とご飯を備える時、蝋燭と線香だけでなく、リンを鳴らした後、いつもよりながく手を合わせ「ラミエルが大きなトラブルになりませんように」と拝礼した。まさに「苦しい時の仏頼み」である。検査の日は七夕だったので、錦糸町にある伊勢丹の1階で「ラミが元気になりますように」と赤い短冊に黒字で願いをかけて、笹の枝に吊るし、星に願いをかけた。誰かが我が家のラミエルを助けていただいたと心から感謝している。

2008年7月11日金曜日  PM11時59分投稿 

苦情

 はっきりしない。暑くなりそうだし、この状態が続くかもしれない。dachs飼主には指令が飛ばないが、会社スタッフの仲間の皆様は大半がこの土日が暑くなったら、出社要請があるようだ。夏に真価を発揮する会社なので社員全員が夏の出動体制になっている。
 エアコンが故障して不信感や戸惑いをもってかけてこられたお客様から強い苦情を戴いた。新人コミュニケーターの応対で「笑った(笑われた)」と感じたお客様からのものだ。早速通話録音を聞いてみるとそれほど「笑っている感触」は無かったが、理由を聞かれ「笑顔で応対を心がけていたので笑ったように感じられたことについてお詫びいたします」旨の返事がまたもお客様を激高させたようだ。苦情応対にも心得るべきことを優しくアドバイスし、激励した。まずは「しっかりお詫びの気持ちを心からの言葉として出し」「今後このような振る舞いをしないように誓う」ことでお許しを請うこと。また(無視する・避ける・今度やる・人のせいにする)など幼稚園児のような振る舞いをするとますますこじらせる、などを話し合った。

2008年7月12日土曜日  PM1時43分投稿 

Dachs飼主再会

ラミエル元気  月曜日の手術前にあったキリで気にかかっていた。今日は土曜日、ペットクリニックの開院時刻9時前にウリエルを連れて会いに行く。背中は見事に剃りこまれ、手術の痕が痛々しい。顔には笑顔こそないが、意外に元気だった。後ろ足も支えてあげるとなんとか立てるが普段は座ってじっとしているそうだ。餌はいつもと同じように食べている。家のにおいの付いたタオルとあと1週間分の餌を預けてラミの里心が付かないうちに早々と退散した。尻尾もふれるし、リハビリをきちんと続ければ元通りになる可能性が高いとDrの言。リハビリも無理をすると危険だということもあり、抜歯できる7/21頃までクリニックに預けることにした。

2008年7月13日日曜日  PM4時17分投稿 

暑い

 Dachs飼主のブログももうすぐ1900日、5年くらいになるのだが、タイトルの「暑い」は何度使ったろう。右の徒然日記文言検査で調べるとタイトルでは4つくらいだが、文面内ではなんと84回も「暑い」という言葉を使っていた。
 午前中テニスを避け、彼岸会合同法要に船橋まで行った。その帰りに久しぶりに回転寿司が食べたくて鎌ヶ谷「銚子丸」へ寄って、珍しいネタをいろいろ食べた。食事を終わって外に出るとスゴク暑い。出るときにツレアイがレシートを掴んだので、彼女の椅子に掛かっていた日傘をDachs飼主が持って外に出た。レジで待っていたようなので、何も考えず駐車場に行き、車のエンジンをかけ、エアコンをかけ車を冷やしていた。しばらくしてツレアイが車に戻って言われたひとこと『日傘なんで持って行ったのよ!』。
 Dachs飼主は日傘など差さないので、気にしなかったのだが、1,2分でも女性には傘が必要らしい。せっかく車を冷やしていたのに・・・・
 テニスに行けなかったが、ジムに行って今日は少し長い目にトレーニングしてきた。今週は3回しかジムに行けなかった。
 

2008年7月14日月曜日  PM8時07分投稿 

工事日決定

 先月から検討していた1階水洗トイレのリプレースの日程が来週の22日火曜日に決定した。また、その日についでに車庫の屋根が2,3年前の積雪で一部ひびが割れたり、穴が開いたりしていたのも取替え工事をお願いした。車庫でも奥側の屋根下で見え難い箇所であるが、この間DIY店に行ってカーポートを見ると最近の屋根材はポリカーボネートという素材で出来ており、金槌で叩いても割れない強化プラスチックが使われている。今までの標準プラスチック屋根材では、積雪20センチを超えると割れるので雪降ろしはコマメに行なうように注意書きが書いてあった。我が家でも2階の屋根に積もっていた雪が融けドサッとカーポートに落ちると必ずブロックの2,3枚が割れてしまう。また10年に一度くらいはヒョウが落ちてくることがあるので、その被害防止のためもある。全部替える必要も無いので全体の1/3である6ブロックだけポリカーボネートに替えることにした。車庫の雨どいもホースに穴がところどころ開いているのでこれも交換する。新築入居後23年も経つといろいろ根本的に交換や保守が必要となる。塗装や屋根の吹き替え、お風呂の改修などは10年に一度くらいは実施する必要があるので、一戸建てでも月々修繕費(管理費)として3万円程度は積み立てておかなければイザと言う時にアタフタとしてしまう。

2008年7月15日火曜日  PM9時15分投稿 

娘とふたり

 今日から21日まで1週間、ウリエルとツレアイは関西へ義母の面倒を見に帰郷。近くに兄嫁もいるのだが、この期間、北海道へ実父の見舞いに行くので関西に居ない。その1週間ばかり様子を見に行くそうだ。
 義母は84歳になっても口は達者だが、やはり独り住まいの所為で遠出も出来ず実の娘が来てくれることはとても嬉しい筈。このGWに義母を連れ四国旅行を2泊3日で楽しんできたが、ことのほか喜んでくれた。義母は元気に良く喋る。しかし内容は10分から1時間単位で同じ話の繰り返しが多く、閉口することが多い。また、人の話をしっかり聞こうとせず、聞いて間もなく同じことを聞くなど健忘的なこと多いが腰も軽く、元気で明るく過ごしてくれるのでそれだけでもありがたい。
 今朝はいつもよりはやく、6時に出発しウリエルと一緒に公園でトイレを済ませ、駅には30分がかりで到着。いつものリュックに入れ、車輌連結部に近い所に座れた。ドアの近くは外の空気が大きく変わるせいなのか、首を上げ鼻先をクンクンと鳴らすのでなるべく奥に座らせることにしている。
 ラミエルは術後の療養で21日頃までペットクリニックでリハビリ中なので1週間は娘とフタリ暮らし。夜の食事と洗濯はしてくれるようだが、生活のリズムが違うため、顔を合わすことも少なく、あわしてもあらためて話すことも殆ど無い。今仕事も忙しいし、残業と帰宅後はジムトレーニングに励むしかない。

2008年7月16日水曜日  PM11時27分投稿 

ビール

 つれあいが不在ということもあり、今夜は昔の会社仲間を呼び出して、都心で四方山噺を肴にしながら、ビヤホールに行ってきた。がやがやと煩い中で、バンドの音楽の良く聞こえる場所でたらふく飲んで、懐かしい友とその周りの人たちの興味深い話を聴けて、ご機嫌な2時間でありました。
 帰りはバスの時間が30分以上空いてたので、20分ほどかけて、自宅への散歩を楽しんだ。温度は多分25度を超えているはずだが、池の傍を歩くと食用(うし)がえるも啼いており、それほど暑くは感じなかった。

2008年7月17日木曜日  PM8時46分投稿 

国民投票

 昨日近畿地方の梅雨明け宣言があった。関東地方は来週あたまも傘マークがあり、温度は最高が30℃を超える日々が続いているにもかかわらず、来週半ば以降になりそうだ。今日も昼間暑かったので朝の予報どおり、34℃くらいまで行ったかもしれない。
 北京オリンピックが近づいてきた。飛行機で3時間余りの距離で開催されるオリンピックと言うのに、国情と近隣関係に妙な意識差があるなどの理由で、選手自体への報道熱はソコソコ頑張っているが、実施される会場や雰囲気等については、残念ながらあまり伝えられていないようだ。翻って考えても日本は、韓国の竹島問題による駐日大使の韓国引き上げ、北朝鮮拉致問題、中国との諸問題(教科書歴史・海底油田・餃子・・・)で周辺諸国から緊密な友好関係を保っているとは決して言えない。先週の洞爺湖サミットでも印象薄かったし、国内でも問題ばかりが次々とまたは深く侵攻拡大しており、わが国はこれからどうなってゆくのだと言う気がする。石油高騰・年金問題・老人医療等についても政界トップの行く方向が殆ど見えず、済し崩しにその場の風を見ながら迷走している。
 政治に参加すると言っても、自分が選挙に出たり、党員にならない限りは地方国政選挙で「万分の一票」の重みで、自分の主張に近い人を選ぶしかない。難しい話だが、dachs飼主はこれから国の重大事は「人で選ぶ投票ではなく、その時々の重大問題の成否を判断する投票」が年に1度くらいできるようにして欲しいと思っている。議員や内閣で決める現状の決定事項は、国民の信を問う憲法改正以外にもあると常々思っているがいかがなものであろうか。

2008年7月18日金曜日  PM11時26分投稿 

老後をどう生きるか

 先日「老後をどう生きるか」的な軽い本を図書館で借りて、通勤電車の往復で読んだ。2時間前後で読みきれる本だったが60歳を超えたDachs飼主にはいろいろおもいあたることがあり、興味をもって読めた。
 サラリーマン生活を終えるときに夫が妻に「来春には会社をリタイアしよう、と思っている」と決意を述べると「長い間、ご苦労様」ではなく、「私が働きに出ようかしら」と言われたとの話から始まる。妻は今まで自分なりのスタイルで日中意識せずとも自由に生活してきたのが、夫が24時間家に居座り続けられると、勝手気ままなマイフリースタイルが崩れてしまう。「お昼は梅干とお茶漬けで済ませておこう」「好きな音楽を聴きながら掃除をしよう」「これはマァいいので、明日にしよ」と決めてきたことが、夫がいるせいでやり辛くなるようだ。夫にすれば気にしないでも良いと思われることでも、妻にすればやはりそれなりに気を遣う。妻はやはり「夫は日中外に出ていて欲しいもの」らしい。熟年離婚・定年後離婚はそういう気持ちの行き違いから起こるものが多いらしい。
 Dachs飼主は幸いもう少し働けそうなので今は深刻に悩んでいないが、悩みだすのはそう遠くないかもしれない。2002年から約2年半ほどそれに近いシチュエーションが発生していたが、なんとか乗り越えられた。やはり自分の好きなPC生活でも家に居ると「妻は余計に気を遣うらしい」ので、外に散歩にでたり、していたほうがありがたいらしい。 

2008年7月19日土曜日  PM2時36分投稿 

お留守番

 先月初めからと、長かった大梅雨も今日午前中にあっけなくあけてしまった。長かった割にはあmり恵みらしい雨量をもたらしてくれなかったが、この期間、通勤者には週の半分は傘の心配をさせる季節だったように思う。
 今日から3連休だが、ツレアイが明後日関西から帰ってくるまでお留守番。パソコンでいろいろ時間を使うプライベートな作業をしているが、お茶もお菓子もお酒もおつまみもすべて自分で調達しなければ自動的に傍まで持ってきてくれる人はいない。昨日書いた「妻の気持ち」がなるほど、と少しわかったような気がする。
墓地のセールス電話もぼちぼちきてます
 朝から画面に向かっていると、マンションや霊園のセールス電話が掛かってくる、玄関には「宗教の勧誘」的な長話を求めるおばさんがブザーを押してくる。マンションもサブプライムショック、不況のせいかにゅーすによると、デベロッパーの倒産や部屋の叩き売りが目だっているようだ。霊園も過去墓地墓石が1基200万円台で推移していたが、最近は100万円台前半でも売れ行きが鈍っているらしい。
 セールスの電話勧誘や玄関先で門前払いをする好い方法は「セールスの人に嫌われる」以外に方法は無いものだろうか。笑顔で相手の気持ちになって話をしているとなかなか話を終えるきっかけを掴めない。「断固して断る」文句は「足りています・必要ありません」「商品の短所・不向きな点を主張」「もう既にそれに変わるものがあります(嘘も含む)」「時間がなく忙しい」「私ではわかりません、かみさん今居ない」などの言い訳を言うのは結構つらいものがあります。
 セールスで売る人も暑い中大変と思うが、家で留守番をするのもゆっくりとはできないものだと思った。

2008年7月20日日曜日  AM8時06分投稿 

海産物届く

先週12日土曜日の写真 昨夜、ペットクリニックにラミエルの様子を訊くために電話してみた。直接行ってしまうと里ごころが付くと思ったので、電話にした。Drに拠ると左足の麻痺はまだ快復していないが2,3歩なら歩ける状態。今後のリハビリで快復してゆくと思われる、とのこと。少し気になったが、明日夕方、ツレアイとウリエルが関西から夕方戻ってくるので、帰って来次第、ラミエルを迎えに行って、一時退院手続をする予定。
 そのツレアイから午前中にクール宅配便がきた。Dachs飼主の大好きな焼穴子を始めとした海の幸がいろいろと入っていた。これからテニスに行かなければならないので、夕食とビールの肴にたっぷりと賞味したい。今年の5月に四国に同伴した親戚夫婦からのプレゼントということなので、ありがたく頂戴する。写真や記録、絵葉書など盛りだくさんの四国旅行記も前に製作編集して送付しておいたので、そのお礼と思う。インターネットを見られないような親戚や知人と旅行に行ったときは、100均ショップで20、30、40ページのクリアファイルフォルダーにA4版写真用紙でコメントをつけて6枚程度を印刷した写真集や旅の記録をまとめてあげるとたいへん喜ばれる。PCがあるので、写真の中や下に適切なコメントやイラストを負荷すると思った以上に感謝される。いろいろ探しているのだが、両面印刷のできるA4版写真モード用紙が量販店に売ってないので1ページに裏表2枚重ねてファイリングしている。何と言っても紙代が馬鹿にならないが、穴子や鯛、ビール券に変わってくれると別の意味でも嬉しい。

2008年7月21日月曜日  AM8時03分投稿 

全英オープン

 今日は風があるので暑さは感じない。昨夜は全英オープンで懐かしの『ホワイトシャーク』グレッグノーマンと地元英国ハリントンの死闘を10時過ぎから見はじめた。2時間半くらいしか寝ていないが、エアコンを使わず網戸だけで寝ているので6時には朝の明るさで眠気が継続しない。それでも30分ばかり左側ばかり向いて横になっていたが、我慢が出来ず、起きてしまった。雨戸があいていると寝られないものだ。
 テレビ朝日で中継していたので、再度見ようと5チャンネルを見ながら朝ご飯を食べていたが、ニューススポーツ芸能をこれでもかというほど流しているのに、全英オープンの画像やニュースは全く流れてこない。契約の関係があるのだろうか?
グレッグノーマン健在 53歳のノーマンを久しぶりに見たのでいつになく興奮した。特にハーフを終えてトップに帰り咲いた時には「ひょっとしたら・・・」という甘い期待があったが、13番ホールでもう駄目だと観念した。15,6年前のあの勝利への執着心が感じられなかった。例のリンクスの風も強く、最終日7オーバーして、3位タイで終えたのは奇跡と呼べる。昨年覇者のハリントンもあの風の中でイーグルを含むプレイでアンダーパーで廻ったのには大感動。テレビでのゴルフ観戦は日本では女子、海外では男子がおもしろい。

2008年7月22日火曜日 大暑 PM8時34分投稿 

ラミエル退院

 昨日、夕方ペットクリニックに家族で伺い、無事ラミエルを貰い受けた。7/6(日)検査、7/7(月)の夜手術以来約半月間の入院生活となる。
若干元気が無い 背中の痕が大変な手術を連想させ痛々しいが、その背中にもうっすらと産毛が生えてきている。先週17日には2,3歩自立歩行できるようになったという話を聞いてたが、家に戻ってみていると、嬉しいことにゆっくりなら20歩程度は歩けるようになっている。ただ、中腰の姿勢でいることは難しく、用便の際少し不自由をしているようだ。既に抜糸は手術10日後の先週無事に終了済。入院中は無理を言わず大人しく、餌もきちんと食べ、他の犬とも馴れてよく遊び、猫にも少なからず興味を示していたそうだ。2週間の入院生活は彼女ラミエルの見識を広めたようだ。15日間の入院生活含め、総額40万円弱の費用がかかったが、彼女にとっても家族にとっても良い経験だった。入院の疲れからか、餌を食べる時にも少し元気が無い。多分もう少しすれば慣れると思うが・・・・
 Drの話しに依ると、

  • 〇今日から1週間朝夕2回の薬、その後1週間の朝1回の薬を飲むだけの生活で特に問題なければ通院は必要無い。
  • 〇後ろ脚のヘルニアについては手術で根本的に改善したので今後再発の可能性はない。ただ、それ以外の前部首近辺にはヘルニア可能性は無いとは言えないが「急な階段を上り下りさせる」「飛び上がる・飛び降りる」など背骨に過激なショックを与えないように気をつけていれば防げるそうだ。
  • 〇今回は痛みの前兆や訴えもなく神経麻痺に進み、手術しか方策が無かった。
  • 〇痛みの段階では飲み薬などで内科的治療が効果的な場合も多いので、痛みなどの訴えの前兆あれば直ぐに病院に相談して欲しい。

2008年7月23日水曜日  PM9時03分投稿 

車庫便所工事

新調したトイレ
 今日はもちろん出勤だがラミの入院パニックで遅ればせになっていた『1階トイレの買い替え工事』と『カーポートの屋根強化工事』をDIYショップの方に併せて作業して貰った。
 カーポートは専門業者に行なって貰う必要があるが、トイレ更新は「解り易い設置ビデオ」も付録として着いてくるので、これからは家でもできそう、とツレアイが言ってた。朝9時過ぎに来て11時頃までに全て完了したとのこと。流石、プロの仕事は手際が良い。
 トイレはとても快適になった。用便の都度、便座や便座カバーの開閉が「オート」になるのはトテモ嬉しい。しかし、それでも女性の優位性は崩れず、一番多い男子小用の際は手元釦を押して便座を揚げる時間と手間が必要だ。今までと比べるとそんな不満は言えない。女子小用の際も洗浄水の流れが以前より急流となった所為で、今までティッシュが残り気味だったのが少ない水量で完全に流れるようになったらしい。
 また、これから自宅で小用の際は手洗いが省けることになるが、上水道が流れるので手洗いは継続になるだろう。洗浄水量が半減しても清潔度は保たれているとのことで、エコにも貢献してくれる。
 カーポートも積雪陥没被害が無くなるだけでなく、雹や紫外線にも強い材質とカラーリングが施されているらしいので、安心だ。

2008年7月24日木曜日  PM8時55分投稿 

今年は悪い年?

 本格的な夏である。社業もピークの状態が2週間以上続いている。雨も降らず連日暑い日が続いているので、8月初旬まではこの状態が続くと思う。
 猛暑だが天災も人災も増える傾向だ。北京・東北地震に続き、深夜にまたも一月足らずのうちに、岩手青森地区で震度6強の災難が発生。近畿地方の一部まで揺れたという。我が家でも深夜0時半頃に凄い揺れを感じて目が覚めた。寝初めてすぐに眼を覚まされるのは天災に限らず、不快であったが、テレビをつけて暫く様子を見ていたが、地震のニュースはいつも同じ調子で話しがあまり拾えなかったので2時前に寝てしまった。朝起きると深夜にも拘わらずけが人が100人を超えたということを聞きまたもビックリ。
 人災も中学生の娘が仲のよかった父親を刺殺したり、街の書店で身も知らぬアルバイト店員が刺殺されたり、と殺伐とした事件が今年は多い。ナイフや包丁の無差別殺人がとても今年は目立っている。政治も経済も含め、今年はあまり良い年にはなりそうもない。
 

2008年7月25日金曜日  PM7時30分投稿 

足元をすくわれる

 今夜は涼しい。埼玉ではいま、雨が降ってるそうだ。
お昼は暑かったが、土用に入っている所為か「最後にあがいている暑さ」とも感じた。これから台風が過ぎ去る毎に涼しくなることと思う。
 お昼に友人と「足元をすくわれる」話をした。「足元をすくわれる」というのは間違いでほんとうは「足を掬われる」と言うのだそうだ。「足元を掬われる」のは知らなかったが友人は君が代で「いわおとなりて」を
「巌となりて」ではなく、「岩音鳴りて」と勘違いしていたらしい。最近は「ら抜き言葉」や略称言葉が氾濫している。「KY」が空気を読めないのは知ったいたが「DSI」には笑った。『どげんかせんといかん』らしい。

 

2008年7月26日土曜日  PM11時35分投稿 

犬遊び

 ゆっくりした休日だった。退院以来何度も少しの触れあいはあったが、長い時間一緒に過ごせなかった。今日はラミウリと朝から散歩や屋内で終日お付き合いし、遊んだ。途中ジムへ2時間ほど行ってきたが、それ以外はラミの様子をゆっくり見られた。
 だいぶ我が家に慣れてきたとは言え、まだまだ今までのラミエルの元気さは取り戻せていない。イジケテル訳では無いのだが、後足がまだ自在にならないのでだいぶ行動をコントロールしているように思える。食欲の方もウリよりはあるのだが、いままでのガツガツした食い気は見られない。身体の調子は悪い傾向は見えないので、徐々にいままでの彼女に戻ってくれることを信じている。
 昨夜ラミエルの夢を見た。はっきり覚えていないが隣のうちが大工さんを入れて改装工事をしている。ラミの歩きが不自由そうなのでその大工さんが何かにつけ、ラミを苛めている。大工さんに文句が言えず、Dachs飼主は我が家から「ラミ、はやくモドっておいで」としか言えていない。そこからは覚えていないのだが、とにかく今日は1日中たっぷり遊ばせて貰った。

2008年7月27日日曜日  PM6時24分投稿 

あめ

 朝から日差しはそれほど無かったのだが、とっても 蒸し~暑~い!!!
11:20からいつものようにテニスレッスンに行ったが、準備体操のあと、2面分の周囲を走りこむだけで、大汗。縦面は普通走だが、横面のときはスキップしたり、両手をあげて横飛びをしたり結構動きが激しいのでそのとれーにんぐだけでタンクトップがびちょびちょ。おまけに休んでいる人が多いためトレーニング密度が一段と濃く、半時間ほどで500mlペットボトルの冷水が無くなる。もう一本半分凍らせたミネラル水もレッスンが終了する頃にはカラッポになっていた。
 夕方からははじめてまともに雷がなり、雨も降り始めた。地上デジタルは映るが、BS放送は軒並み映らず毎週6時から楽しみにしている篤姫が見られない。とにかく、暑い1日だった。外はゴロゴロと雷鳴しているが、雨音はしていないので、大した雨量は期待できないと思う。
 

2008年7月28日月曜日  PM8時28分投稿 

今秋の海外旅行

 ツレアイと今秋の旅行計画について最終検討し、予定を再確認し旅行会社に昨夜遅くネットで申込みした。
 昨年9月末にイタリア旅行以来、dachs飼主勤務会社の勤務形態の変更がいろいろあり、まだ海外へは1回も行ってない。このHPを作り出した2002年、永年勤めた会社の退職記念として行ったヨーロッパスイスフランスの旅、中国江南の旅以来、2004年は韓国ソウル、2005年サイパン、オーストラリアのエアーズロック、2006年ペルーのマチュピチュ、そして昨2007年は中国桂林と北京、それにイタリア旅行と年3回も海外を楽しんできた。
 2002年以来9回も海外旅行を楽しんだが、まだアフリカ大陸には行ってないことに気がついた。退職以来10回目の海外旅行の行き先としてまずアフリカの北部エジプトを決めた。せっかく行くので若干政情は不安だがトルコも一緒に観光したい。勿論エジプトはピラミッド、そしてトルコはカッパドキアほかの世界遺産群である。
 時期は昨年と同じ9月末から13日間の過去最長の旅程を選んだ。厳冬や盛夏は会社が忙しくて休暇の申請が出来ないので日程はそれ以外の期間にならざるを得ない。

2008年7月29日火曜日  PM8時29分投稿 

プリンタのインク

 インキを買わなければならない、と思い毎回買っているネットオークション情報をチェックしてみた。ネットオークションで買うのはカメラレンズ、フラッシュメモリ、とプリンター用インクくらいなものである。年に2度くらいしか利用しないのに毎月290円、年間にすれば3500円弱を利用費用として天引きされている。ほかに安いもの、珍しい食べ物などもあるのだが、会社通勤だと何かと時間が勿体無いので閲覧するのが億劫になってしまい、殆どWindow Shoppingは行なってはいない。
 dachs飼主が使っているプリンター用インクは6色セットで市販価格は6000円程度する。これがオークションで購入すると3パック買えば11000円前後で手に入る。早速送料無料で10500円の商談があり即決した。6色セットで購入後6パックくらい使ったが黒を除いては代替均等に交換しており、いつも6色パックを買って補充の必要は感じない。
 しかし、このオークションでは6色パックで2000円のものも多数発見した。これはリサイクル品または互換品とうたっており、純正品ではない。純正ではない、とは言え1/3の価格で買えればHappyである。dachs飼主は昔人間なのでインチキ品は買わないので今回もパスした。
 プリンタメーカーはシェア拡大をも目論見、本体は格安にしている。6色インク付きの本体で、スキャナー、コピー機能も付いて1万円前後で販売しているが、その後メーカーは消耗品であるインクを買って貰うことで儲けようと思っている。
 しかし、消耗品であるインク互換品が半額以下で販売され、売れてくるとメーカーは儲けるものがなくなってくる。どうするのだろうか。多分純正品インクとプリンターに仕掛けをつくり、純正インクでないと綺麗にプリントできなくするように考えるかもしれない。

2008年7月30日水曜日  PM11時57分投稿 

飲む

 毎週水曜日は残業なし日。8人ばかり連れ立っていつもの飲み屋で騒ぐ。飲み物は一杯目は中生、2杯目以降は焼酎氷割と決まっている。1杯目は生大が飲みたいのだが、残念ながらこの店には中しか置いてない。食べ物は女性が3名も混在していたのでウィンナー、焼豚、塩焼きそば・・・など普段は注文しない料理も出てきた。出てくればでてきたで、つまむと結構おいしくて、あとをひくうまさ。普段より箸のでかたが頻繁だった。終了して帰宅は結局23:30。あさって8月1日も会社で飲み会が設定されている。

網戸だけにしていると、今夜は涼しい、、、と言うより肌寒い

2008年7月31日木曜日  PM9時14分投稿 

ペット保険

 会社の仲間と昼間の話題でペット保険の話しがでた。今月初旬から30万円を超える出費をしたdachs飼主としては興味が湧く。保険の対象は会社によって9歳まで~13歳までと差がある。予防接種の補助を受けるためには特約をつけなければならない。保険加入後の免責期間も15日~45日と幅広い。掛け金は4歳中型犬の場合、2300円から3600円、8歳の大型犬になると2960円から5250円になる。メジャーな保険会社は3社あるが、月額4000円ほどの支払になる。保険金はanicomの場合、治療費の半額が支給される。保険は小さい内に安い額から入っておけば、そのペットの健康状態によって入り続けるか、止めたほうが良いかの判断ができるが、5歳7歳と大人になってから入るのは保険料も高額になるし、入るのにはそれなりの覚悟と勇気がいる。我が家の2匹はいまのところ、保険には入らないつもりだ。

1 pages