dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2007年3月18日日曜日  PM6時00分投稿 

新しい車で1週間

前車の走行距離は10年間で12万キロ 新しい車が来てから今日で1週間。殆ど乗れて居ないので、今日は馴れるためにと思い、少し遠出してみた。前の車は1997年3月21日に購入し、その間、新しい車到着日(2007年3月11日)に廃車手続を依頼した。写真の通り、12万キロを越えて走ってきたので、月平均1000キロを奔ったことになる。関西など遠距離を奔ったのは数回なので、買い物や駅などの送り迎えでたくさん走ったことになる。以前にも書いたと思うが、老後はプリウスのような燃費の良い小型車を買おうと思って準備していたのだが、プリウスの3代目発売時期が来年後半になるらしいので、それまで現役サラリーマンとしてもう一度普通セダンに乗りたくて、思い切って買ってしまった。退職すると持て余すかもしれないので、燃費のよいコンパクトセダンをターゲットにしたいと思っている。
内装色が気にいった 新しい車にはなるほどと思える装備や便利よさ・見栄えの良さなど感心すること仕切りだが、下記の点では前の車のほうが良かったと思う。

  • ハンドルが革製になって、少し滑りやすい感触がする またカーブ後のハンドルが戻りにくい
  • ハンドブレーキがなくなり、サイドブレーキを押すと効き、再度押すとリリースされるのでエンジン切った後に踏んだかどうか不安になる
  • 着座位置が低くなり、車幅の間隔にだいぶ時間がかかりそうだ。
  • バックモニターが付いてるのだが、字光式ナンバーだとスタンダードより大型になるので、バックモニター用カメラの1/3が被ってしまい、視認性悪い。
  • ナビのVICSが前のパイオニア製だと問題なかったのだが、純正だとオーディオ一体型なので、NHKFM(音声多重)を聴いて無いと情報が反映されない。 また乗った軌跡が出ないので、帰る際に再度目的地設定をしたり、あそこに帰りに寄りたいときなど面倒だ。
  • その他

 いろいろ気に掛かる点、探せばキリが無いが、総合ではやはり新しい車のほうが格段に乗り心地と存在感を感じる。速くなれたいものだ。 
 

1 pages