dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2007年2月1日木曜日  PM8時05分投稿 

爪を切る時と場所

我が家の爪きりセットです それぞれを使い分けています 足の爪の伸びているのが気がつく時は、靴下を脱いだり履いたりする際なので自宅が殆どである。より気が付きやすいのは脱ぐ際より履くときが多いので、伸びがちになるのだが家人しか見ないので自分が怪我をしたり不自由にならなければ時間がある時に切れば問題無い。写真中央の大きい爪きりが足専用の爪きりで、指肉に隣接した爪の切断に重宝しています。
 ところが、手の爪は違う。意外に伸びているのに気が付くのが殆ど会社の勤務時間。手の爪や髪の毛・ふけは意外に、回りの人の眼が気に懸かるものなので、伸びているととっても気になるものだ。女性は化粧の際に爪のチェックまでしていると思うので我々のようなボンヤリではないのだろう。オフイス内で爪を切るのは常識を疑われるのでやってはいけないのだが、「今夜帰宅してから切ろう」という発想にはどうしてもなれない。「夜爪を切ってはいけない(迷信)」、「爪は燃やしてはいけない(迷信)」「畳や絨毯に爪が飛んだらウリやラミがトラブルの元になる可能性あり(心配)」などの気懸かりがあるからだ。
 Dachs飼主は昼食の際、ポケットに爪切りを入れて食堂への道すがら、歩きながら爪切りをしている。くわえ煙草でもないし、道に爪が少しばかり飛び散っても文句を言う人もいないだろうとタカをくくっている。どうだろうか。

2007年2月2日金曜日  PM11時05分投稿 

寒い

 今日は朝からとっても冷えた。1日中陽射しはあったが、北風も強く、おひるごはんを食べに出るとき、はじめてスーツの上に防寒着を羽織って食事に行った。それほどまでしなくても良かったのだが、明日からの旅行直前に風邪などひくと大変なことになると思い、念には念を入れた。昼食の帰りに、図書館に寄って、中国・北京関係の本を4冊借りてきた。今回の旅行はスーパーのキャンペーンで行く気になったオマケのようなものだったので、殆ど事前の知識や用意もしていない。今からカメラ・ぱそこん・充電・コンセントなどDachs飼主関連の旅行用品を準備し始める。気温が昼間でもマイナスになり寒いそうなので昨日になって、「明日会社から帰りに馴染みの靴屋に寄って、滑り止めの付いた靴を買おう」と言っていたが、今日たまたま仕事が混んで、最寄の駅に付けたのは10時前。閉店の9時は過ぎていたので、明朝オープンに行って購入し、それを履いて、旅行に向う ような大慌ての泥縄旅行になりそうだ。寒いだけでなく、完走しているので黄砂も舞うだろうし、いろいろ面白い経験が出来そうなので楽しみだ。
 明日から水曜まで日記ともお別れだ。 横着だが、帰って纏めてブログする。今まで連続して書いてるので、理由はどうあれ、省略するのはDachs飼主の気持ちとして許せない。

2007年2月3日土曜日  AM12時24分投稿 

東祥寺さんのHP

 今日午後からいよいよDachs飼主は北京に向け、成田を出発します。

 Dachs飼主が1昨年暮から坐禅に行き始めて1年が過ぎた。
先週28日の日曜日、坐禅に伺ったときに、住職さんより、HPを立ち上げたことを聞かされた。
早速拝見して少し気の付いたことをメールさせてもらいましたが、なかなか立派なHPでした。近所の方で坐禅やお寺・仏教・ご先祖様に興味のある方は是非ご覧になって、足をお運び下さい。気持ちよく御住職さまが歓迎し、説明いただけます。Dachs飼主にもたいへん優しく手ほどきいただけました。お勧めです。遠方の方も興味のある方は方丈さんの日記をご覧下さい。仏様やお寺に関することをこれからいろいろと教えていただけそうです。期待しましょう。
HPは東祥寺さんです。

(北京旅行1日目)
ホテルの部屋もベッドもビッグサイズでした  北京行きの飛行機の出発時間は午後5:30と遅い。遅い朝食を摂り、朝ドラ『芋たこなんきん』を見ながら朝刊をゆっくりと眺める。日本テレビの鈴木きみえアナがマンションから飛び降り自殺したらしい。お気の毒なことだ。
 昨日帰宅が遅くなって買いそびれた防寒靴を駅前のショッピングモールへ買いに行く。靴裏溝の深いだけでなく、金具が反転式に付いており、かつ内部が起毛のような温かみのある靴をセレクトし、購入。北京の2月は相当冷え込むようだ。
 普段は1時間弱で成田空港に着くのだが、テレビニュースを見ていると、今日は節分、成田山新勝寺では相撲取りが出て豆まきがあり4万人の人出だと言っている。やむなく、さらに1時間早く我が家を出立したがいつもどおりの時間に到着してしまった。5日間3000円パーキングで車を泊め、旅行会社カウンターに行ってチケットを貰い、随分退屈な時間を過ごし、定刻に全日空NH0595成田ー北京便に搭乗。乗った飛行機の型式はB767-300。横列2-3-2(A-F)ではあるが、2列ある通路は人一人が通るくらいの狭さ。食事用のワゴンも通常より随分小さく感じた。全日空で素晴らしいと思ったのは「新聞週刊誌」の類が豊富なこと、「ビールワイン」が飲み放題FREEなこと、映画のメニューが多いことで感心もした。ANAはマイレージカードを持ってないので無駄になったがなかなか快適な3時間半であった。予定通り現地時間8時半に到着できた。ホテルまで30分ほどバスに乗って現地ガイドさん(男性)の説明を聞きながら過ごした。立派なホテルである。北京では5つ星のホテルでなかなか大きく内装も上品で良い。ベッドは縦横それぞれ2mのクィーンサイズ、部屋も相当広く豪華な感じを受ける。ここで5日間を過ごすことになる。
 明日は6:00起床、食事を摂って、8時に出発し、万里の長城、明の13稜、に3日目予定のイワエンまで見学する予定変更があった。月曜日は車が渋滞するので明日日曜日のうちに、行っておけるだけ行っときたいとのこと。今から風呂へ入って寝る。このホテルの部屋には全て温泉が引き込んであり、各室で温泉の湯を楽しめるらしい。今日から4日間ずっと泊まるホテルであり、名前は京端温泉酒店という。

2007年2月4日日曜日 立春 PM7時09分投稿 

万里の長城

 昨日は殆ど疲れてなかったので、いつものようにホテルでも朝6時前にぱっちり目覚めた。今朝の出発は8:00なので、ホテルバイキングにも早い目に6:30過ぎに出かけた。自宅で6:30は今の時期相当明るくなっているのだが、こちらの日の出はとっても遅く、まだまだ夜明けは遠いようだ。食事はトースト・コーヒーも用意されていたが素材や料理への力の入れ込みようは今ひとつであり、中国粥や中華食材を選んで食べた。種類が多いのでとても一度には全種類食べられない。
 バスは最終日まで38人乗りに15人の乗客が思い思いの位置に座れる。最初の目的地は世界遺産のひとつでもある頣和園。北京には世界遺産が6つあり、今回ツアーではそれを全部廻る。特に今日は頣和園以外に万里の長城、明13陵も行くので北京世界遺産の半分を今日巡る。頣和園は先年訪れた杭州節政園に似て、西大后がわがまま三昧に暮らした贅沢なつくりで、近代中国の彫刻絵画芸術や建築の粋が寄せ集められた広大な別荘風。ここで充実した1時間を過ごせた。
延々と続く長城を歩く その後、メインのひとつである万里の長城に向う。万里の長城は「月から見える唯一の地球の建造物」と言われる如く、規模が馬鹿デカイ。一部壊れたり見学不可能なところもあるが、一番まともといわれる「発達例」を1時間ほど歩いた。温度は相当低く、耳や手が若干冷たく感じたが、かなりの急勾配を歩くので、体は汗ばむ。長城の頂上から周りを見渡すと、さすがに広大であり、万里が繋がっていることが想像できる。旅行の実質1日目の午前中で、ツアー料金の元手が回収できた感動があった。中国人14億人のうち半分の人は万里の長城を見たことが無いというのに、千葉の田舎モノが運良く、見学と歩行が出来たことに感謝しなくてはいけない。
 お昼は広東料理だったが食べ盛りでない飼主でも若干 分量的に少なく、ビールとピーナツで小腹をむりやり満たした。中国のビールは10元(日本円で160円)だが、容量は600mlと一昔前の瓶ビール大瓶に相当する。食べ物は何でも安い。おみやげのお菓子でも日本で買うと2000円くらいするものでも50元くらいで平気に売られている。お米も安いものなら10Kg袋で20元くらいからあるらしい。家賃含め生活費は安いが、車や電化製品など贅沢品は日本よりも高いと言う。
 その後、3つ目の世界遺産「明13陵」を見学。ここは明の13代国王(相当愚帝でこの後すぐに明は滅んだらしい)の墓地であり、最近になって数々の遺跡などがみつかり、見学者も北京から離れているにも拘わらず、多い。違和園、万里の長城、明13稜と本日は1万5千歩以上歩いたと思う。北京は近代史中心なのでその観光は「足の観光」といわれる。対して、長安(西安)は古い歴史なのでその旅行は「耳の観光」、上海は近代の町なのでその旅行は高層ビル見学のため「首の観光」と呼ばれているとガイドさんが言っていた。
 夕食は「宮廷料理」。ビール1本を付けて食べたが今度は料理が多すぎて食べられなかった。甘口の料理だったが、満足できた。

2007年2月5日月曜日  PM7時14分投稿 

盧溝橋と北京原人

 日中戦争のきっかけとなった盧溝橋 今日の天気は薄曇。窓を開けると薄暗くて雨が降ってるのかと思ったが年間降水量600mmの北京では特に2月は殆ど雨が降らないそうだ。ホテルを出て、最初は日中戦争の口火となった盧溝橋。ここは、月の名所でも有名と言うが、黄砂が年中舞っているので、月は見えてもなかなか星は見えないとのこと。日中の歴史上不幸な出来事があった場所ではあるが、碑や欄干の獅子像が美しい名橋である。
 そのあと、北京原人の発掘された周口店に行った。ここも世界遺産というが、飼主にとってはそれほど印象深い場所ではなかった。中学校の教科書で習った「シナントロプスペキネンシス」を思い出した。飼主の誕生地のすぐ近くで発見された明石原人「ニポナントロプスアカシエンシス」のほうが思い出深い。
 昼食は四川料理をいただいたが、さすがにマーボ豆腐は辛かった。おかげで、スープやおこげの味がとても薄く感じて少々残念でした。先にスープや薄味の青梗菜(チンゲンサイ)などを食べておけば良かっただけなのに。辛い料理にはビールが良くあう。
 昼食後は北京動物園を見学。残念ながら午後からだったので、パンダさんはお昼寝中。背中だけを見ることになったが白黒がくっきりしていないそのままの大熊猫で毛色は薄いグレィの汚れた感じを受けた。
 40分ほどで動物園を出発し、胡同散策。胡同とは道幅が8歩以内の狭い道の町を指すらしく、北京の古い町並みが保存してある場所で観光地になっている。外国人が人力車に乗って街を遊覧しており、道端では売り子が北京ガイドブックや五輪記念バッジ、玩具などを売り歩いている。
 そのあと、北京の有名な繁華街「王府井」(ワンフ-チン)で1時間ほど自由散策。会社の100名強の先輩に買う土産を選びに百貨店の地階をブラブラしていると大袋のお菓子土産があったので即決。ビックリするほど安かった。おいしいとは夢にも思わないが一人1,2個しかあたらないので気持ちだけ(?)受け取って欲しい。
 楽しみにしていた夕食は「羊のしゃぶしゃぶ」。羊(マートンというので大人羊の肉だろう)だけでなく、牛肉、白菜、豆腐、豆苗(とうみょう)、最後には乾麺のそばも出てきて具沢山。たれは濃い目のごまだれでラー油をいれると美味くなると聞いてこれと香草、ねぎもたれに入れた。マートンはきにしていた臭みも殆ど感じることなく最後まで食べ終えた。ただ肉の量が若干物足りなく感じたので追加の要請をしたのだが、そういうシステムは無いらしく、無料の白菜だけ追加してくれた。鍋についてくる中国チャーハンはとても薄味で食べ辛いので、旅仲間の奥様が持参してきてた「鮭フレーク瓶詰め」と「わさび茶漬けの素」をチャーハンに振りかけて食べたら、これが以外に旨く、家に帰ってからも食べ物レパートリーに加えるかもしれない。
 ちょっと物足りない感じがしたので、ホテルに帰ってから、下のコンビニでアイスクリームバーを買ってきて、食べた。ついでにキリン一番絞り缶も買ってきてナビスコチップスターをつまみながらこの旅日記を書いている。

2007年2月6日火曜日  PM7時16分投稿 

天安門と紫禁城

天安門と毛沢東 今日も薄曇。普通ならホテルから天安門まで20分位で到着するが朝は通勤で混むので念のため7:30に出発。案の定、渋滞に巻き込まれ、倍の40分かかってやっと天安門に着いた。流石、天安門広場は大きかった。文化大革命の際には40万人がこの広場に集まったというが、収容人数はナント100万人が入っても演説ができるらしい。北京市内で一番有名な観光地なので朝から大勢の観光客が着ており、兵隊も問題の発生しないように立しょう警邏していた。広場だけでなく、天安門も掲げられている毛沢東の「顔」も聞きしに勝る大きさ。あの有名な顔は写真ではなく、なんと油絵。しかも毎年専門の画家が寸分違わず、描きなおしているという。天安門の次の端門をくぐればすぐ先は故宮。いわゆる紫禁止城であり、南北に何Km、東西に何Kmの膨大な広さ。昼食後に行った天壇公園は1その凄い広さの故宮の4倍もあり、中国、北京のスケールのでかさをあらためて感じた。故宮は1万室弱の部屋があり、とても回れないので中心の道だけをとおり見学していったが、それでも3時間は優にかかった。故宮は大きいだけでなく、建築の華麗さ荘厳さは何の説明も無くても肌で感じる。故宮のメインには木が一本もなく、レンガ敷きの広場になっている。ガイドさんの説明によると「四角の枠内に木があると困るという字になるので木は植えていない」とのこと。いろいろ宮廷のしきたりや環境、時代の英雄たちを取り巻く話を聞いていると興味がつきない。昔テレビで見た「ラストエンペラー」が故宮舞台であるとのことなので、近日中に再度良くみてみたい。
 昼食は上海料理で代表的な中華料理がでてきた。
 昼食後は故宮の4倍もある天壇公園を全部廻るわけに行かないので、メインの場所だけ約1時間ほど見学した。その後、中国建築の歴史と技術を見るために、中国建築博物館、技術工芸品を見るために、百工博物館を各々見学。いずれもいろいろと教えてくれたが、最後には安いから買わないかのセールが付属。いずれも余分なものの購入は旅の始めから考えていなかったので、衝動買いはまったくせずに済んだ。
 夕食は連れ合いが楽しみにしていた北京ダック。数々の中華一品が出た後に、アヒルのエキスのみのスープから北京ダックのセット(肉・皮・ねぎ・たれ)がでてきた。ダックは包丁でスライスしている実演を見ながら食したので味もまた格別だった。日本のように川だけでなく、厚い身もつけてくれてとってもジューシーで美味かった。
 今日で実質3日間のツアーは終了。明朝は6時にホテルを出発し、7:50の成田行きに搭乗する。今からさっさと、明日の出発の用意をしなくては。

2007年2月7日水曜日  PM9時18分投稿 

北京ー成田ー自宅

高速道路出口の状況です 朝5時に起床し、帰りの荷物の最終チェックを行って、6時前にはフロントで4日分の清算し、バスに乗り込む。ホテルの朝食は6時30分からなので間にあわない。お弁当を作って貰っていたが、パン、ハム、お水、ゆで卵と西洋梨の粗末なメニュー。しかたなく車内で揺れに任せて食す。中国北京と日本は1時間の誤差だが、日の出の時期を見ると2時間近くの誤差を感じる。写真は午前6時半丁度の空港高速出口だが、まだ真っ暗闇。空港に着く7時前になってもまだまだ暗い。北京空港で土産物を見たが、どこも変わり栄えのしないものばかり。金額表示は全部ドル表示。4ドルのオリンピック記念キーホルダーを買う際に「元では32元」と言われたので、40元出すとお釣りはない、35元出してもお釣りがない。売り場の女店員が私の財布を覗き込んで日本円なら500円なので1000円札出せばお釣りがあると結果的に日本円で支払った。何処の国の空港だと言いたいくらい、面白かった。
 飛行時間は成田→北京間3時間30分、北京→成田間は偏西風の影響で3時間10分と若干速くなる。全日空NH956便は無事定刻13:50に成田第一ターミナル南ウィングに到着し、空港パーキング経由で無事午後3時には自宅に着いた。ラミエルとウリエルからべろべろ攻撃でヒーヒー口撃で熱くしつこく攻められた。
 土日にかけて、アルバムを整理してアップさせてもらいたい。短かったが北京だけを丸3日間十分堪能することができた良いたびだった。明日から会社!!! 気持ちを入れ替えて仕事をしなきゃ。
 先程、126回目のジムに行って1時間半ほど汗を流してきた。体重も約1Kg減っており、体だけは快調だ。

2007年2月8日木曜日  PM11時21分投稿 

旅行中に飲んだお酒

 3日間休みを戴いて、5日ぶりの出勤をした。今年は暖かい。このぶんだと、東京千葉はこの冬雪降り無しの珍記録を達成するかもしれない。明日会社に出るとまた、3連休。時期的に来年度4月からの仕事の段取りを決めたりする大事な時期なので、出社早々、今日から結構忙しい。昨日無理してジムに行って良かった。今日は久しぶりに遅くまで会社にいて、帰宅したのは午後10時過ぎ。昨日までの600枚超のアルバム整理は3連休に纏めてやることになる。
 <<今回旅行で飲んだお酒の話。>>
ビールはずっとこの銘柄を飲み続けた 往復の飛行機は全日空だったので、ドリンクタイム/食事タイムともにお酒ビールが注文さえすれば飲めるので、往きは一番絞り・白ワイン、還りはサントリープレミアム・赤ワインを飲んだ。北京では朝はホテルバイキングで飲めなかったが、昼夕は外食設定で広東・上海・北京・宮廷・四川・広東料理を戴いたときに現地のビールを飲んだ。北京は昔、燕京と呼ばれていたらしく、どこのお店でも20元の燕京ビールのみしか飲まなかった。600ml入りの大きい瓶で美味しく飲めた。Dachs飼主が株主の青島ビールは北京庶民は飲まないらしく、外国人用やホテルで飲めるだけ。値段も40元近くするという。ビール以外では、濃度59%の酒(名前は忘れた容量は130cc程度のポケット瓶)が10元で飲めたが、これもプファーと火の出る勢いで旨かった。機内では燃える畏れがあるので、手荷物としては持ち込めないという。いずれにしても、ビール含め、中国の酒は安くてうまい。

2007年2月9日金曜日  PM10時56分投稿 

WindowsVista

 今日は会社帰りに、逆方向だが川崎のヨド○○カメラに向かった。最寄駅から自宅まで40駅ほどあるが1時間強の間に電気屋パソコンショップは殆ど無いと思う。自宅最寄駅前には○ーズ○ンキがあるが、駅についたら面倒くさくなって帰ってしまいがち。目的はWindowsVistaの体験である。ネットやPC雑誌では「インストール」「裏技」含め情報や体験談が氾濫しているが、自分自身、見たことが無い。本体コーナーの隅にあるデスクトップを3,4分触ってみた。未来的なデザインとダイナミックな躍動感があるように感じたが、XPと比べてそれほど買いたい気分にはならなかった。Vistaの特徴を生かす環境や設定を与えればいいのだろうが、パラメータ変更をするには管理者権限が必要なことと、再起動は店側からとても白い眼で見られる。excel2007とword2007も少し触ってみたが、アイコン釦が多くて直ぐには理解できぬ。
 自宅のパソコンもCPU、グラフィックボードをチェンジしてまだ4年くらいしか経ってないので、まだまだ現役として期待通りの働きをしてくれる。ちなみに、我が自作機は現在Pentium4の2GBマシン。
 明日から3連休。旅行の思いで写真を整理することで終わるかも。最低でも毎日ジムに行って体を鍛えなくっちゃならない。

2007年2月10日土曜日  PM7時27分投稿 

アルバム整理

本場モノの北京ダックは美味だ  今日は朝から旅行アルバムの整理。早いもので、1昨年秋購入したデジタル一眼の撮影枚数が1万枚を越えてしまった。PICT0000がPICT9999まで到達し、またPICT0000に戻ってしまった。カメラやパソコンでは問題ないが、サーバー側では一意な名前をつけておかないと前の同一ファイル名が上書きされてしまう。フリーソフトウェアでまるたけをネットで見つけたので今回からPICTをPICAに一括変換した。なかなか面白いソフトです。
 今回も実質3日で800枚くらいの写真を撮ってきた。そのうち、200枚程度を日付別にわけて、720*479ピクセルに縮小し、HPアップ用に加工する。朝から今までやってやっと4日目まできた。4日目の北京ダックを食べた時の写真まで完了。途中、2時間ばかりジムで汗を流してきたが、アルバムの整理に忙殺された。お陰で、明日午前中にはHPにアップできるはずだ。

2007年2月11日日曜日  PM11時05分投稿 

今月のカレンダー

2月のトイレカレンダー 昨日1日かけて旅行のアルバム整理したものを、本日案内1ページ、本文5ページのHPを作成し、たっぷり北京5日間と題して、サイトアップした。1枚でも多く見て欲しいので、200枚もの写真をアップしてしまった。
 また、先月末から旅行準備で気が急いていたので、今月のカレンダー製作をしてないことに気付き、本日作成。ラミウリの写真は最近撮りそびれているので、2年前の写真をプリントしてしまった。早速明朝にでもトイレの壁に貼る。

2007年2月12日月曜日  PM6時40分投稿 

焼あなごとチョコレート

下村の焼あなごはとても美味しい 先月きてくれた伯母夫婦から宅配便が届いた。「先月はいろいろお世話になりました・・・」で宅配便の中身は兵庫県明石市名産の焼アナゴ。明石市はわがふるさとであり、このあなごのお店にもよく買いに行った。今夜は焼きアナゴと白醤油焼のウナギ蒲焼で飲んだ。またアナゴは切り身にして、夕膳のおかずにまた茶碗蒸しの具として、美味しく頂けた。関西には焼あなごやごぼうをアナゴで巻いた八幡巻はポピュラーですが、関東ではまず見かけない。
 もう一つ、バレンタインデーが近いことで、85の婆さんからバレンタインチョコも送ってもらった。これがホワイトチョコレートに黒胡麻の入ったもので、美味しかった。ネットで調査すると、神戸本町の一番館の胡麻入りチョコだそうで、三越、高島屋、京王、小田急の地下菓子売店などでも販売しているらしい。無くなったら会社帰りにでも銀座に寄って買って来よう。

2007年2月13日火曜日  PM11時25分投稿 

馥郁とした珈琲とバレンタインマフィン

空港のコーヒーショップ 平日、会社では安い珈琲を6~8杯くらいは飲んでいる。休日は挽いた豆を1Kg程度購入して、濾紙でドリップして飲んでいる。しかし、昨日はなぜか豆からミルして飲みたかったので近所のコーヒーショップを覗いてみると、いつも200g800円の炭焼きコーヒーが半額セールをやっていた。だいたい50gで5杯分のコーヒーが飲めるが我が家ではマグカップなので3杯がよいところ。コーヒーカップは120ccで1杯なのだが、マグカップだと200ccくらいは入る。豆代にすると会社で飲む安いコーヒーは1杯19円だが、10gだと20円見当なので手間さえ惜しまねば炭焼きコーヒーを飲んだほうが薫り高くコクがあり、断然うまい。会社では粉末コーヒーミルクは混ぜる為に匙が必要なのでフレッシュミルクを使っているが、我が家では牛乳か生クリームか、クリープを入れている。ブラックではちょっとキツイので、クリープを入れる場合が多い。コーヒーフレッシュは植物油に乳化剤をいれてミルク風にしてるだけなので、フレッシュでもなく、乳製品はかけらも入ってないので、使うのが嫌だ。
 北京空港のカウンターで飲んだ薫り高いコーヒーには生牛乳が入って、まろやかな味がした。

手作りマフィン 今日はテニスレッスンに行ったら、若い女の子から『今日手作りで焼きました』とチョコではなく、マフィンを戴いた。 ちょっと嬉しかった。コンビニにチョコレートも売ってるがほとんどが安直な義理チョコが多いらしい。やはり手作りのそれのほうが、おとこの心をトキメカスだろうなぁ・・・?

2007年2月14日水曜日  PM10時47分投稿 

がんばらないけどあきらめない

 早いものでスポーツジムに行き始めて9ヶ月、トレーニングも130回を数えるほどになった。ジムの場所は自宅最寄り駅に程近いショッピングモール内にあり、2階はゲームセンター、3階にはかなり巨大な本屋、シネマコンプレックスなどがあり、テナントも多く、ジムの行きかえりの時間つぶしには「もってこい」の立地条件にある。
昨年5月にオープンしたショッピングモール  ジムの名前は『☆朝日スポーツクラブBIG-S千葉ニュータウン☆』と言うだけあって、館内でスポーツ機器の合間に読む本には朝日新聞社系の「AERA」などの本も並んでいる。「週刊朝日」もあるが、そのなかに「頑張らないけど諦めない」というエッセーが連載されている。中身は気になりながら1度として読んだことが無いがこの言葉はDachs飼主の心の琴線に響く。リタイア後の私のモットーは「浮浪雲はぐれぐも」であり、「あまり肩肘張らず、気のむくままに、周りの眼を気にせず、じっくり落ち着いてわが道を進もう」という精神に似ているような言葉であり、好ましい。中身を読むとわが気持ちに変化がありそうな相棒の予感があるので、強いて読むことを抑えている。
 話は一転するが、今日は素敵なハッピーバレンタインであった。

2007年2月15日木曜日  PM10時00分投稿 

こわいおばさんから電話

 Dachs飼主の携帯に夜中の4時にかかってきた。
 「○木です。着信拒否しても無駄ですよ。親御さんのところに話し合いに行きます。もし居なかったらや会社に話し合いにゆきます。わかりましたね。逃げても駄目です。これが最後です。
云々の留守録である。50代前後の女性のとてもきつい声で録音されていたのでちょっと怯えてしまった。Dachs飼主にとってはじめての経験。
 娘に訊いても、都心に在住の我が息子に電話連絡しても「全く心当たり」がない。発信元番号をネットで検索すると、宮城県のちゃんとした居酒屋で、多分ツケが溜まって払ってないロクデモナイ客相手の携帯にかけたのを間違い電話したのだろうと推察している。振り込め詐欺などいろいろ「はた迷惑な事件」が続いているので十分注意しないといけないが、かけられたDachs飼主はいらぬことで、手間と電話代とストレスがかかった。明朝にも、掛かって来てたら、今度は電話して注意シテヤル プンプン

2007年2月16日金曜日  PM11時37分投稿 

統一地方選スタート

 今週ははやかった。月曜日が建国記念の日(今までは建国記念日と言ってたがそうではないようだ)で休みだったので、実質4日間の勤務。仕事もいろいろとパソコンに向かったり、会議をしたりして、いつになく慌ただしかったので、あっと言う間もなく、金曜日が終わってしまった。来週も関西での打ち合わせが1件入っており、それまでに、あるいはその後にやるべき仕事が多いと予想されるので、2月は逃げる月ではDachs飼主個人としては少々困る。
 年末あたりから毎朝乗車駅頭で交代で「おはようございます、お疲れ様です。」などの挨拶を入れ替わり立ち代わりしている人たちがいる。1月頃までは殆どが県議選候補の人だけだったが、今月からは市議選の候補も混じって単調な挨拶をスピーチを繰り返している。聴いてあげたいのだが、朝はみなさん通勤に忙しく、全く聞く人が居ない状況。夕方なら少しは立ち止まって聞いてもらえるのではないかと思うのだが、夕方も肌寒いのでバスターミナルや自転車置き場に急ぐ人ばかり。あまり効果が無いと思うのだが、それでも諦めず、毎日誰かしら立って挨拶している。
 先週中国に行った時、ガイドさんに聞いたのだが、特定のエリート・高収入の人以外、99%以上の国民は選挙権もないので、政治には全く興味がないと聞いた。日本でも参政権の代表的な物として選挙権はあるが、1票の力を最大(集団の力)にするためには、署名や演説に要するかなりリソース(ひとものかね)がいる献身的ボランティア活動をしないと無理なようだ。市議選挙の際にもやはり候補者の3バン(地盤・看板・鞄)、つまり後援組織、知名度、選挙資金の3つが豊富にある人が当選しているのが現実。市議選挙で通るためには最低でも2000票が必要だが、年賀葉書で1000枚以上出せる人でないと、当選はおぼつかない。4月1ヶ月は選挙で町が揺れると思うが、思いつきやムードで人を選ばず、良識ある投票をしたい。

2007年2月17日土曜日  PM6時03分投稿 

合唱を聴きにいく

 向かいの奥様が参加しているコーラスグループが千葉県流山市女声合唱団と合同で、柏市柏の葉公園内にあるさわやか県民プラザで歌うとのこと。招待券を2人分いただいたので、ラミウリを留守番に頼んで聞きに行った。女声合唱なので、迫力はそう感じなかったが、細やかな優しさや親子恋人に対する愛情が感じられる歌を聞けた。童謡、民謡、わらべうた、組曲などを取り混ぜた2時間弱の歌声は時を忘れさせた。
ララポート柏の葉 2時からなので、お昼は柏駅前の中華料理店「知味斎」でランチと数品を食べる。渡りガ二と餃子が美味だった。そのあと、昨年筑波エクスプレスと一緒にオープンした「ららぽーと柏の葉」へも寄ってみた。今までド田舎だった街もこれから客を呼び込んで大きくなっていきそうだ。ここに住むと秋葉原まで直通なので便利そうだ。

2007年2月18日日曜日  PM5時02分投稿 

娘への接し方

 昨夜から夕方まで今日は雨。折角楽しみにしていた第1回東京マラソンも雨の降りしきる中行われた。午前中はマラソン中継のテレビを見ながらラミウリと遊んだ。昨日は午前中良いお天気だったので一緒に散歩に行ったが、今日は土砂降りで散歩は無理なので、家の中でチョロチョロと相手になったりなられたりして遊んだ。
 午後は恒例の坐禅会。座禅中に住職からこんな話をお聞きした。「子供や孫が不行跡を働いても、強く叱らず、逆に元気を与えようとする努力をするほうが大事なこと。前住職から自分は怒られず、逆に優しくされたことが、前住職逝去後に有難く思うようになった」
 実は、昨夜娘が母親に対し無礼を働き、妻がここ数年ぶりの勢いで、相当怒っていた。娘には済んだことを強く叱って反省を促そうとするより、これからこうしたほうが良いよと「慈母のこころ」で前向きに、本人に元気や意欲を与えるほうが大切。今日は妻も一緒に坐禅をして、住職の話を聞いて欲しいと思った。お寺から変える頃には夕日が綺麗だった。

2007年2月19日月曜日 雨水 PM9時15分投稿 

愛車の買替検討

 今乗っている愛車マークⅡは97/03/02付けで契約したので、もうすぐ11年目に突入することになる。故障もなく、ハンドリングも加速も静粛性もまったく気になることなく月1万キロ以上走っている。しかしながら、燃費7Km/l、内外装の古めかしさ、各種便利装備の不足を考慮すると、来年暮れにはトヨタプリウスの新モデル(3代目)が出るので、その時まで我慢してようと思ってた。現在の走行距離は13万キロメートル弱で中古車の値段がつかないほどくたびれてしまった。それでも来年も車検があり、悩みの種になっている。
 ついこの間会社幹部の方とお話する機会があり、Dachs飼主に対して単年度契約マックス5年まではわが社で働いて欲しいと漏らされたので、もう一度ちょっとしたセダンタイプで乗り回したいと思っている。燃費については5倍以上の効率を持つプリウスだが、トランクの大きさや内部のゆったりとした感じは今の愛車から乗り換えると相当狭さを感じそうだ。昨日、我が家の資金や今後の見通しを妻と話し合い、プリウスの前にもう一台、セダンを購入する方向で検討することにした。いま、ブレードにするかマークxにするか考慮中だが、マークxに気持は傾いている。本当はブレードにしたほうが、プリウスに乗り換えるとき違和感が少ないのだが・・・。現行車からの乗換えはやはりマークXのほうが嬉しい。また、DVDナビも10年以上前の初期タイプなので、HDDナビに替えたい。替えるとまた30万ぐらいアップするので、CARCENSERかGooの中から良質の中古車を選ぶのも手か?と考えている。

2007年2月20日火曜日  PM11時23分投稿 

ハードな練習

 今日もあさから小雨模様。夕方にも小雨があり、肌寒かった。
今日はテニスレッスン。準備体操のときはとても寒かったのだが、コーチとの個人レッスンの時間に
コートの左右上下、スミからスミまで走り回らされ、野球の千本ノックを受けているような辛さだった。
息が上がり、最後の10球が終わったときにはホントウに死にそうだった。
 元気なようでもやはり、歳には勝てない。1昨日も雨の中東京マラソンで42キロ強を70歳の人が5時間かけて走りぬけたのをはじめ、90パーセント以上の参加者が規定時間内に走り抜けたという。過酷にならない程度まで「がんばらないけど諦めない」精神で、着実にいけるところまで行ってみたいと、ハードなテニスレッスンを受けながら思った。

2007年2月21日水曜日  PM8時56分投稿 

大阪出張

1ケ月強にて社用出張。最寄駅を0605に出発し東京0713発で新大阪に着いたのは0949。出張先での仕事開始は1100なので、大阪駅で一旦下車し、阪神百貨店地下を見て廻る。会社で話題の堂島ロールや3月14のホワイトディの茶菓に自然に眼がいく。
仕事がなんとか終了し午後0630から0730まで近場で慰労会(もちろん割かん)。前回調子にのって浅草橋からタクシーで25千円かかったので今回は電車で帰れる新大阪2030発を選択。多分無事生還可能と信じてる。煙草には耐久性在ると信じていたが3号車の煙幕は尋常で無いように思う。

2007年2月22日木曜日  AM8時10分投稿 

マックグリドル

昨朝は0605、帰って来たのは1230。今朝はいつもの0638に戻るも昨夜の深酒の疲れもあり、朝食はやめた。しかし、会社最寄駅前に到着した時、今日も元気で働くためにはエネルギー補給が欠かせないと思い直し、マックに潜入。最近電車広告でよくみる「マックグリドル」が狙い。3種類あったが一番安いソーセージをオーダー。今までのモーニングセットと比べ、幾分小さい感じを受けた。味の特徴はバンズ(パン)の中に蜂蜜タイプの甘味を閉じ込めているだけと思い、広告するほどには『旨くない』。MACにはいつもがっかりさせられる。

2007年2月23日金曜日  PM9時45分投稿 

春風威風堂々

 昨夜遅くから降り始めた雨が午後3時頃まで降り続いた。一雨毎に暖かくなってくる。昨日などは毛布をかけて寝ていると暑苦しくなり、剥してしまってた。来週土曜日に伊豆のほうに河津桜を見に行こうと思っていたが、今朝の新聞によると満開になったらしい。明日は予定があるので行けないが、3/3には葉桜に変わってしまってるかもしれない。
素晴らしい声は千の風になってだけではない 今日も仕事がはやく終わり、気になっていたことで、品川のミュージックショップへ。年末紅白歌合戦を横浜八景島沖で見ていた時、テノールの秋川雅史のテノールに魅せられたままになっていたが、今日やっと買う気になり、アルバムCDを購入。帰宅して食後すぐに聴いたが、素晴らしい。もっとはやく買っとけば良かった。このCD,2005年9月の発売だという。
 寝る前にもう一回聴こう。

2007年2月24日土曜日  PM4時36分投稿 

梅と竪琴

花の丘公園の梅も満開だぁ 朝から少し北風が強かったが、空は青空。ラミウリを連れて我が家から3キロほど離れた県立公園にお散歩。近所の梅はもう満開で白梅ははらはらと風に乗って強く散らかる季節。娘ウリエルは元気にチョコマカと奔りまわるが、母ラミエルはお疲れ気味でなんとか楽できないかと一歩おきに考えているような歩き方。それでも公園に着いて川の中に入ったり、少し休むと元気が出てきたようで、なんとか我が家まで辿りついた。案の定、家にあがると、陽射しの強いリビングで2時間ほどピクとも動かず、バタンキュー状態。
 午後は、竹山道雄作市川昆監督石坂浩二中井貴一出演の「ビルマの竪琴」をBSフジテレビで2時間半鑑賞。20年以上も前の映画だったが感動的に描いた良い作品に出逢えた。 

2007年2月25日日曜日  PM7時00分投稿 

マークX契約

 先週から考えていた車の件だが、今日近所のディーラを訪問すると、偶然20年前からお世話になってきたトヨタのセールスマンと出逢い、午前中昔話も含めゆっくり歓談し、気にいったのでマークX2500CCの購入契約をしてきた。結構高い買い物だったが、ゆったりした運転感とゆとりある安全感にそこそこ満足し、決定。現在乗っている車と比べても上質感や便利なユーティリティ操作装備で大事に乗りこなしたいと思う。朝11時前に出発し、話に華が咲いたこともあるが、家に着いたのは午後7時前。購入したいと思ってからわずか4日で300万円弱の買い物をするとは思ってなかった。やはり買い物は商品でなく、人柄信用やサービスを買うものと改めて思った。

2007年2月26日月曜日  PM9時30分投稿 

花粉症に悩む

 昨日は寒い中、お昼に美味しい回転寿司「銚子丸」(八千代市296号線沿い)で憩っただけで、車購入で1日中いろいろと動き回り、打合せを続けた。この沿線は片道1車線で始終渋滞しているが、美味しい食べ物屋が多い。少し西側にある「ヨシベー」も以前春先市民ウォークの際食べたときには、レトロで旨かった。昨日も良いお天気だったので、住宅街を少し走ると梅がきれいに咲いているのがあちこちで見られ、美しい。今朝も寒かったが、お昼に食事に外に出ると良いお天気。明日頃から本格的に暖かくなる予感がする。
 この頃にとても気になるものに、『花粉症』がある。ここ2年ほどは殆ど意識しなかったが、今年は特に週末、会社に行かない時に晴れて風が強い日に鼻や目がうるむ。1昨日昨日はちょうどその陽気。鼻汁が1時間おきにかむ、目薬は1日3回程度注さないとチトつらい。Dachs飼主はほかの症状酷い人に比べるとまだまだ贅沢を言えた身でないが、不快な日が続く。土日はDachs飼主が9時頃に2わん連れ散歩に出ている。風の強い日はマスクをしたくなるほどで、外に出るとラミウリのウン○袋にティッシュが結構溜まってしまう。多分あと2ヶ月間は花粉飛翔を覚悟しなければならないだろう。

2007年2月27日火曜日  AM9時31分投稿 

光陰如矢

 2月も残すところあと1日限り。旧い人(Dachs飼主も含め?)は『1月はいく(いぬ)、2月はにげる、3月はさる』といいます。1月が済むと1/12、2月が済むと1/6、3月が済むと1/4、同じように4月が済むと1年の1/3が次々と終わってゆきます。6月のバースディ21日が来ると正式に満60歳でDachs飼主もいよいよご老人の仲間入り。よぼよぼにならないうちにいろいろとマイペースで動き回りたい。2月一杯でDachs飼主が入社以来、親しくして戴いていた先輩の女性コミュニケーター「ワカエチン」さんが新しい世界を求めて旅立ってゆかれる。Dachs飼主の半分の年なのでいろいろとチャレンジして欲しい。彼女はジムでトレーニングして、昨年ホノルルマラソンを立派に走ったので、Dachs飼主もいつか、きっと、走ってみたい。
 お昼休み、社用もあったので、川崎駅まで食事に出向く。よいお天気で日差しの中では全く寒さを感じない。ヨド○シカメラでネット販売と店頭販売でのポイント合算をしてもらうために立ち寄る。ヨドのアウトレット店でミニノートPCを探したがキムタクの出ている富士通ばかりで面白くなかった。しかし昨年秋冬モデルで14万前後で買えるのは魅力的な価格設定だ。旅行に出た時に使いたいのだが、街中に価格の安い無線LANや、ネットの可能なホテルがもっと普及すればミニPCを購入したい。PDAでは画面サイズが物足りないし、普段の平日は、外出少なく使う機会の無いのがDachs飼主が買い控えの理由。

2007年2月28日水曜日  PM10時18分投稿 

弱腰ニッポン

 今日も朝から快晴。ドンドン気温が上がっている。気象庁によると東京では明治9年の観測以来、雪の無かった冬は初めてだそうだ。(130年以上雪が降っている)但し気象庁の冬の定義は12~2月なので、3月に初雪があるかもしれない。
弱腰ニッポン
 昨今の世界情勢が国際関係不安を背景に経済情勢も予断を許さない状況になっている。外貨預金をしている人にとっては円安は歓迎だが、国内外の株式市場がかなり下げている。もう少しで下げ止まるとは思うが、Dachs飼主の持っている中国株もここ半月ほどの間に5%ほど下がった。1年半で今では2倍を超える時価を経験しているので、多少の下げでは売る気持にならないで、来年秋の北京オリンピック状況を見るまでは株を買っても決して売り急がないようにしている。
 最近アメリカの元気が激しく落ちている。中国、北朝鮮、ロシアの言いたい放題に対し米国や欧州諸国の主張に強い決意が見られない。北朝鮮はそれほど脅威には感じないが、北朝鮮を支援する韓国や中国の勢いや考え方に何か恐ろしげなものを感じる。日本の政治家も米国トップから「ここは涙をのんで、負けておけ」と説得されているのか国際的には金ばかりばらまいて、得るものがドンドン少なくなっている体たらく。どこかの党の幹事長が「日本は20年くらいの間に中国の一部になってるかもしれない」という発言は笑って無視できないこと。マスメディアも記者の眼にはもっとはっきりと写っていることが映像や紙上ではボヤケタ表現しかできていないように思う。
 昨日、テニスが終わってから仲間数人と30分ばかり、上のような話をして、盛り上がってきた。

1 pages