dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2018年5月11日金曜日 晴れ PM9時57分投稿 

帰路200キロを一般道で

 あっという間もなく、今日は帰路に就く。良いお天気になった。温泉にゆっくり浸かった後、ツレアイが「ビリヤードをやったことが無い」というので、朝食を終わった後1時間ほど球を撞いて遊んだ。9時半にホテルを出発、延べキロ数は393キロを指していた。蓼科最後の思い出としてホテルからそう遠くない北八ヶ岳ロープウェイに乗車してみた。北八ヶ岳ロープウェイは、100人乗りの大型ロープウェイで、標高1,771mの山麓(さんろく)駅から標高2,237mの坪庭(つぼにわ)駅まで約7分間で行く。これに乗れば、北アルプス、中央アルプス、真奈美アルプスと八ヶ岳連峰の名峰を見渡すことが出来る。頂上駅に連なる坪庭には残雪が残っており、散策しながらたくさん写真を撮った。

念願のルバーブを買ってきた

 11時には帰路に就いたが、お昼前に富士見町まで走り、美しい富士山を撮ったついでに、道の駅「信州蔦の宿」に寄って、好きなジャム用野菜採りたてルバーブを買ってきた。次に、初日に寄ろうとしたが水曜定休なので行けなかった白州町の「シャトレーゼ」に寄って工場見学をしアイスキャンデー数本を試食できた。
 1時前に工場を出て、一般道で甲府まで走り「天下一品」で昼食ラーメンを食べた。その後まだまだ一般道を奔り、山梨の最東部「上野原IC」から中央高速に乗って「高井戸IC」で降りた。理由は首都高料金が高いことと、1昨日のような渋滞がひどいのではないかと心配だったからだ。案の定、高井戸を降りて初台から新宿にむかうあたりでラジオの交通情報で首都高麻痺と報じていた。しかし、馴れない都心を国道20号から国道6号まで走り切るのは緊張の連続で二度と乗りたいとは思わなかった。結局、自宅に到着したのは午後7時を廻っていた。今回走った車のメーターは640Km。今朝393キロだったので、帰りは250キロを走ったことになるがそのうち200キロは一般道を走ったことになる。お疲れさまでした。
 今回のアルバム作成は来週暇になるので、火曜日くらいまでに作成予定ときめた。

2018年5月10日木曜日 晴れ PM6時04分投稿 

霰が降る寒い1日

 ツレアイが起床時少し眩暈がするというので、大事をとって10時半過ぎまでホテルに滞在し様子を見た。おさまったようなので、準備をして11時過ぎに宿を出てビーナスライン片道50キロの美ヶ原までの予定でマイカーでドライブ。まず女の神展望台に向った。30分ほどで到着したが凄い寒い。道路傍のデジタル寒暖計は5℃を示していた。かと思ったら霰が降り出してきた。寒いので、白樺湖に向った。お昼前に湖畔に到着したが寒い。少し散策してみたが寒いので車に戻り、白樺湖の見える展望台から周囲4キロの白樺湖を上から見下ろした。車山高原のリフトが稼働中だということだが、寒すぎてリフトに乗るのは諦めた。

実は自動ではない

 1時過ぎに八島が原湿原に寄って、八島が池と釜が池の木道を30分ほど散策し、2時前に漸く山菜そばを食した。日光キスゲに似た珍しい山菜「金針菜」が入っていた。そこの食堂の硝子戸が「自動」と書いているように見えたが「ご自分かしてください」と書いてあったのには笑った。
 3時前に美ヶ原高原までエッチラオッチラ車で上がってきたが、人影も無く淋しく、寒かった。ツレアイの眩暈の再発も気がかりだったので、早めにホテルに戻ってきた。昨日も思ったが、長時間ドライブのあとの温泉はとても気持ち良い。本日の歩数計は7500歩を指していた。

2018年5月9日水曜日 曇り PM6時58分投稿 

蓼科まで終日雨

 今日も昨日に引き続いて結構な雨降り。朝9時丁度に自宅を出発し、京葉原木ICに入ったのが10時半、そこから小松川線で首都高速に入ったが錦糸町の手前から江戸橋まで7キロほど大渋滞。雨もあってドライバーはとってもシンドイ。原因は日中韓首脳会談が迎賓館で朝から行われている所為で、パトカー、パとバスなどが中央高速新宿あたりまで道路の一部を占拠していた。結局談合坂SAで休憩できたのが12時半を過ぎてから。已む無くここで、固焼きそばやスタミナ丼で昼食とした。このあと、甲府の武田八幡宮や無量寺に参拝したかったのだが、渋滞のため、そのまま長坂まで行って白州町の台ケ原宿を散歩した。生信玄餅の金精軒、日本酒の七賢、曹洞宗の龍福寺などを街歩きしてきた。

神代桜はやはり名さくらであった

 その後少し戻り、午後3時半ころに神代桜で著名な日蓮宗の実相寺に参詣し、朱印を戴いて来た。桜の時期はとうに過ぎて緑濃い樹木になっていたが、それ以外の桜も立派な桜や国内で著名な桜の子もすくすくとのびていた。とりわけ、桜の咲くころは素晴らしい景色になると思うが、緑濃い実相寺の散策も捨てがたいものがある。
 その後は茅野のスーパー「ザ・ビッグ」に寄り、夕食と翌日の朝食素材を調達して、「サンダンスリゾート蓼科」には午後5時半に到着。本日の走行距離は270Km。歩数は7500歩となっていた。

2018年5月5日土曜日 立夏晴れ PM7時14分投稿 

京王寺社巡り

 朝8時半に新宿の病院について9時半には所定の検査を終え、新宿で14インチ以下のノートブックPCを探した。Celeronより速く、ディスプレイがタッチタイプでOffice付きで10万円前後を探したがヨドバシには気に入ったものが無かった。已む無く諦めて新宿から京王線に乗車した。新宿から準特急に乗ったが、多分高尾山にハイキングにゆかれる家族や老若男女で満員の盛況。降車駅まで座れなかった。最近の優先座席の記述や混んでるときの携帯禁止は有名無実となっていまるようだ。(でも、譲られたくないし譲ってもらったこともない)
 先ずは高幡不動駅で降車し、高幡不動尊に詣でた。著名な大きな神社で人出も多かった。ご朱印を頂戴するのに20分ほどかかるとのことで有料のお堂2箇所で『丈六不動』も『鳴龍』も鑑賞したが記憶にのこるお姿であった。
 次は聖跡桜が丘駅から徒歩数分の武蔵一ノ宮小野神社に向かう。疎水に泳ぐ鯉を見ながら、5分程で赤い鳥居を見て目的地と判断した。ここの御朱印はとても丁寧な墨痕艶やかな書体で普通より高い500円だったが、満足できた。判子だけで日付のみ手書きの某寺社が多い中、良きことである。
 次の参詣は大國魂神社。ここでリタイヤ後の良き先輩Tさんと待ちあわせして、大國魂神社に
まつわることを同行解説して貰った。

府中の今夜はくらやみ祭り一色になりそうです

 ちょうど本日は年に一度の『くらやみまつり』メインイベント開催当日。お昼すぎなのに、大勢の参拝客でごった返していた。残念ながら本番は午後6時前後からの夜祭で諦めざるを得なかったが、大きな太鼓や颯爽とはっぴを着た男女をみることもできた。そういえば、ちょっと前に訪れた小野神社門前でハッピの男女がいたので聞いて見たときもイ今からくらやみ祭に行くと言っていた。Tさんに『府中の語源や三多摩、都下』などに解説をされ、いろいろ教えてもらった上、屋台の飲み屋や駅前店舗で飲み相手としてお付き合いいただけた(大感謝である)。
 駅前の店で鯛の煮付け、もつ煮、天麩羅、中落ち、ホッピー、ビール2杯、芋焼酎お湯割1杯で一人2千円弱は安かった。Tさんと盛り上がったので、本日の予定のひとつ(調布から深大寺を参詣)はキャンセルとなり、別途後日に再設定とした。
続きを読む »

2018年4月19日木曜日 晴のち曇 PM8時32分投稿 

散歩コースを検索

 1期が終わると2期まで隔日ペースで新宿に通うことになる。2期から3期にかけても同じだ。我が家から東京往復で2500円弱かかるので、午後はどう過ごそうかと考えている。先月までは午後コンサートを聴きに行ったりするときにはお寺巡りをしていたが、7月下旬までは東京散歩にチャレンジしてみたいと考えている。Googleマップで調べたり、病院内でいろいろ東京話を聞かせて貰っている。候補1は田園都市線宮崎台寮に暫くいたので、自由が丘を歩いてみたい。候補2は渋谷や代官山に行ってみたい。候補3は横浜にも脚を伸ばしてみたい。

自分を磨く弟子入則孝、出則弟、謹而信、汎愛衆而親仁、行有餘力、則以學文、
 『仁に親しみ、行いて余力あれば、即ち以って文を学ぶ』
 学ぶことは、自分を成長させるだけでなく、社会に役立てることが本当の目的である。家庭の中で、協力し合い、人への敬意を失わず、誠実に、分け隔てなく、思いやりをもって接する。こうした人間の基本をができていれば、学ばなくとも、自然に社会の役にたてる。それでも余力のある時は、必要なことを学べば、さらに社会の役に立てる。

2018年4月5日木曜日 清明曇り PM9時22分投稿 

鎌倉3寺訪問

 昨日までは良いお天気であったが、今朝は曇りがち。だが、今日は帰り途だけなのでそれ程気にならない。温泉にゆっくりと入った後ホテル近辺を散歩してみると、風がひんやりと冷たい。昨日は20℃を超えていたのに今日は10℃前後だという。帰り何処に寄ろうかとツレアイに相談してみると、「一昨日に訪れた鎌倉お寺巡りに行きたい」とのこと。9時前にチェックアウトし、熱海ビーチラインに来た時点で雨が降り出した。これは大変だなと思いだしたあと、雨は30分ほどでおさまって、目的の地「北鎌倉」に到着したころには雨は上がっていた。途中、病院から連絡の電話を受け、運転中だったので、ツレアイが受けたのだが、先月23日の検査結果は良かったので、4月8日から再度来院してくださいとのこと。来週からのモニター入院に向け、体調を整えねばならぬ。

明月院の窓から庭の木々が美しい

 1昨日の円覚寺・東慶寺に近い建長寺駐車場に車を留め、「建長寺」「円応寺」「名月院」を参詣。円応寺は「閻魔大王」の木彫が少々怖い感じもしたが、建長寺の建築、明月院の花木にはとても感動し、興味深かった。2時間弱の参詣であったが、寄ってとても良かった。
 お昼は小田原「ジャンボおしどり寿司」磯子店で小田原直送の地魚寿司を中心に食べた。
 あとは帰りだけなので、ちょっと距離的には遠回りになるが、川崎からアクアラインで海ほたるに寄って、房総木更津のアウトレットに寄って、自宅に戻った。3日間の走行キロは360キロとなった。写真は来週早々にもまとめてホームページにアップしたい。

2018年4月4日水曜日 晴のち曇 PM7時44分投稿 

伊豆大島周遊

今年2度めのBigIsland訪問となる。BigIslandと言えど、2月に行ったのは奄美大島、今日行くのは伊豆大島だ。少し曇りがちではあるが雨の心配は無いようだ。
ホテルを8時に出て熱海港に向かう。熱海港へは去年4月に初島に行ったので15分ほどで過たず目的地に着いた。
9時10分に熱海港を出発し、東伊豆海岸をジェット船で約30分弱かけ稲取港で途中乗下船があり、10時40分に大島岡田港に着岸した。
港からは観光バスが2番乗り場で待っており、
10時50分に出発した。運転手は地元の方で大島の概要や裏話を運転中に興味深く話してもらえ、ドライビングテクニックも上手で良いばすに乗れて安心した。
人口8千人の街(島)でパチンコ屋が4軒もあり、 高校も2高校あるとのこと。高校のグラウンドも東京ドーム4個分の広さと言われ想像出来ない。離島振興法のおかげか、道路は狭いが良く整備されている。車は都管轄なので品川ナンバーだった。伊豆七島へは警視庁から赴任希望が高い。事件が少ないので昇進試験勉強がよく出来るそうだ。島には180万本の大島さくらと300万本ヤブツバキがある。大島桜は染井吉野や河津桜の原種、椿の木は硬いのでリスが良く歯研ぎにつかう、リスやキョンがアシタバや椿を根こそぎ食い荒らすなどなど興味深い内容を聞かせて貰えた。
11時15分地層断面図見学5分。11時30分に波浮港見晴台に到着し20分波浮の港を見学。
日本で唯一の砂漠、裏砂漠をバスから見た。
12時半から1時間昼食を兼ねて、三原山展望台からの景色を楽しみたかったが残念ながら濃い霧と風の寒さで全く観られず。体感温度は10℃以下に思えた。

大島公園椿園のバラ 美しい

13時半に三原山頂上口を出発し、大島公園14時到着して椿園、椿資料館、動物園などを見て廻った。
15時出発し、岡田港には15時15分に到着。16時15分のジェットフォイルで稲取港経由で熱海に戻る。
困ったことになった。5分ほど延着したJET船が突如とぢて船体点検作業になるとのことで待合室にまた戻された。16時半現在、点検に20〜30分程度かかるとのアナウンスがあったがちょっと心配だ。幸い大したことなく、20分ほどで点検は終了し、16:45に30分遅れで出港できた。午後6時前後には熱海港に到着できそうだ。午後6時半にはホテルに到着できた。山頂の霧には少々ガッカリはしたが、それでも印象に残るツアーでした。大満足

2018年4月3日火曜日 晴れ PM5時56分投稿 

鎌倉から熱海へ

 朝は少し花曇りのようだったが、一日善いお天気が続くらしい。朝8時20分に自宅を出発し、愛車にディーゼル燃料を満タンにした。普通の使い方で650Km程度は走るので片道150Kmの熱海近辺までは帰るまで十分に持つ。9時までに出発すれば熱海で昼ごはんを食べることが出来るのも腹立たしいので、鎌倉、目的地は北鎌倉散策に寄ることにした。
 京葉高速原木ICから首都高湾岸経由で大黒埠頭でちょっと休憩(10:30)したあと、本牧埠頭から磯子ICで降りて、鎌倉街道に入った。北鎌倉で著名な臨済宗のお寺は「円覚寺」と「東慶寺」。京都もそうだが、鎌倉も寺社が多く著名な寺社は殆ど拝観料を納めなくてはならないようだ。
 円覚寺に到着(11:10)し、さっそくご朱印を戴く。寺域は相当広く、ここで1時間ほど参拝散策させて貰った。天井絵と季節の花々と庭がとても良かった。東慶寺は縁切り寺と呼ばれ、離縁したい嫁が昔駆け込んだお寺という。ここも花樹が綺麗だったが、苔むしたお墓も多く、西郷さんのお墓もあった。同じ臨済宗のお寺「建長寺」まで行くことも考えたが、熱海箱根伊豆方面は今後も何度も行くはずなので次回に回した。駐車場は20分200円で、二つのお寺で1時間20分滞在散策したのでTimesに1000円納めた。

湘南では当然生しらす丼を食べる

 鶴が岡八幡宮を横目に見ながら湘南の海岸線を爽快気分で走り、平塚の「磯っぺ」で「海鮮どんぶり」と「生シラス丼」を食べてきた(13:40)。やはり海を見ながら魚を食すのは家でビールを飲みながら喰うより格段に旨い。
 2時過ぎに食堂を出て、今夜の宿「サンダンス熱海」には16:00丁度に到着。部屋の窓からは熱海港がよく観える。温泉に30分ほど浸かって、今はCheezaを食べながら缶ビールを飲んでいる。明日は朝から張り切って伊豆大島に乗り込む。

2018年3月31日土曜日 晴のち曇 PM6時56分投稿 

来週は伊豆大島へ

 今日は月末、あっと言う間もない年度末が来てしまった。政治も経済も空回りしている世の中だが、明日から新年度が始まる。dachs飼主はあいも変わらず、テニスやスポーツジムとITと旅に明け暮れている。まったく進歩がない・・・。

チェーンソーでも上手に作れる

 先週の3泊4日の宮城蔵王の乳頭温泉と秋田湯瀬温泉と乳頭温泉、岩手盛岡のつなぎ温泉の温泉三昧旅を写真入りでやっとHPにアップできた。来週火曜日からは2泊3日で熱海を拠点に伊豆大島に日帰り観光に行く予定にしている。大島は温泉があるのかどうか知らないが、椿と三原山火口を観るくらいしかないのかもしれない。東海汽船で日帰り船旅を楽しみにしている。
 散策や旅行時には、下手ではあるが写真を思い出にしているのだが、温泉だけは撮影できないのが残念だ。別に男の裸を撮りたい訳でもないし、まして女風呂に潜入などは到底考えていない。
 写真は蔵王遠刈田温泉を散策時に撮った「チェーンソーで作った鷲の像」だ。

2018年3月29日木曜日  PM10時20分投稿 

東北温泉最終日

 昨日は宣言通り、1日で6ヶ所の温泉に入った。朝は湯瀬温泉「姫の湯」に続き、お昼前には乳頭温泉卿「大釜温泉」、つなぎ温泉では「愛真館」で縄文露天風呂、古代檜風呂、南部鉄器風呂など2箇所、「紫苑」では檜の湯と南部曲り家の湯で赤松の湯と計4ヶ所6種類の源泉かけ流しの温泉を楽しめた。
 昨日の夕食は上等な会席料理に加えて、地元産の天ぷら、ずわい蟹、デザートなどビュッフェStyleも取り入れた素晴らしい夕食であった。
今朝は若干曇り気味で、夕方からは当地盛岡は雨模様との予報が出ていたが、正午過ぎの新幹線で盛岡をたつので、問題ない。今日はホテル出発が11時と遅いので6時過ぎに起きて、昨日女性が入っていた3階大岩風呂と2階絹風呂に入ってきた。絹風呂は乳白色の温泉で美容に良いらしい。

盛岡からのお願いです

10時50分、ホテルを出て、30分掛け盛岡駅に向かう。盛岡駅始発12時7分新幹線やまびこ46号で上野駅15時19分着に向った。
 顧みると、添乗員はいまいちであり、観光地鑑賞時間などタイムリーな判断をして貰えず若干のマイナスポイントはあったが、一人5万円で東北の地を実質3日間廻れたのは良しとしなければならない。
 先日ツレアイが水没させた12月に購入のスマホの修理見積もり結果が来たが、3万円超と新品を購入するより高かったので、帰りに上野駅から秋葉原に廻って、イオシスという店でUQMobile用のスマホを格安で売っていたので買ってきた。今夜ツレアイ用に設定しているが、結構時間がかかりそうだ。12時を回るかもしれない。

59 pages