dachsy[Wwgbvx dachsy[Wwx dachsy[Wwx dachsy[WwUx dachsy[Wwgbvx dachsy[WwvtB[x dachsy[Wwx dachsy[WwڋqΉx dachsy[WwdbΉx dachsy[Ww낢x

2017年10月13日金曜日 雨 PM8時40分投稿 

団参研修最終日

緑の木々も眼にやさしい

 6時30分過ぎに朝風呂に入った。昨夜10時半までは女風呂で入れなかった若草風呂だ。湯の色は若草色で美人の湯と謂われて居るそうだが、高齢者にはほぼ関係ない。8時から朝食タイム。和食オンリーであったが、米は上田市産のこしひかり「ホタル」。焼き海苔も山本の上級レベルなど海老もサラダも鍋も付いた豪華版。スマホは充電中でカメラは持参し忘れたので豪華な朝ごはんは残念ながら撮れなかった。
 定刻9時半に雨降る中を出発。10時に上田城に行ったが強雨のためボランティアガイドさんによる城址散策を中止にして真田丸特別展を見てきた。昨年テレビを観た補足資料として参考になった。
 10時50分にバスは出発。坂城町の「新田醸造」というお味噌屋さん(信州味噌蔵)で1年超醸造の味噌汁を飲ませてもらったが美味しかったので味噌調味のお土産数点を買って帰った。
 雨なので、次の目的地も道の駅「上田道と川の駅」。ここでも欲しい松茸や林檎、地元野菜、信州味噌など色々と買う気をそそる品々が有った。

鯉や鮎を食べ冷や酒を飲んだ

 12時に道の駅を出て、昼食は鯉のアライ。お店は「鯉西」。鯉のアライをはじめ、鯉こく、唐揚げ、稚鮎天麩羅などなど川魚料理と地酒オリジナル冷の「鯉西」が雨で鬱陶しかった心地を一新させた。旨かった。ほかの仲間は今夜お寺到着後帰りの運転がありあまりお酒を飲まれなかったが最後にdachs飼主だけが気持ちよく酔えた。

 13時半にお店を出ると雨は小康状態になった。次は最終見学地小諸懐古園。前にも行ったことがある園だが1時間ほど散策してきた。紅葉しかけと石垣と青葉の緑がとても感動的だった。御朱印は昨日の3寺に加えて懐古神社と鹿嶋神社の2神社を戴いた。ただ、鹿島神社は日付も入ってなく、御朱印料も並の300円ではなく500円を賽銭箱に喜捨するシステムだった。

夕食に食べた

 午後3時、懐古園を出発して小諸ICから上信越道に入る。また雨が沢山降り出してきた。横川SAで家族用に軽井沢チーズケーキ名物と今夕用の峠の釜めしを調達してきた。ケーキの保冷剤は4時間が限度なので、今からは一路帰宅へバスは奔る(筈)。藤岡JCTで上信越道に入り17時10分三芳PAでトイレ休憩。17時30分大泉JCTで外環道に入り常磐道柏ICから千葉ニュータウン中央駅前で19:50降ろして貰い、ツレアイの車で無事帰宅。昨日初日の写真は228枚、今日の写真は149枚、別所温泉写真は合計377枚となったが、そのうち何枚がアップできるか?

2017年10月12日木曜日  PM8時36分投稿 

檀参研修初日

 5時10分に駅南口ロータリーに到着。幹事より電話あり、先程お寺を10分遅れで出発したとのこと。5時25分にバスに乗り込み、西白井駅でご婦人二人を乗せて5時50分にバスは出発。運転手・添乗員・バスガイドのほか、坐禅仲間10名、檀家さんとお寺から参加者含め6名の合計19名。

宴会にもカラオケにも使える

 持参してきたものは着替え、スマホ・カメラ・各充電器と納経帳と財布くらいの軽装で参上。ビールやコーヒー、お茶などはバスがサロン化しているので常備されている。
 三郷南6時45分通過。外環道で多少渋滞があったものの7時20分に大泉JCT関越道に合流出来た。三好SA7時30分着。ここで体の水分を全て排出しておき、SA発車後まず缶ビールを飲んだ。これからはバスガイドさんがビールサーバーより注いでくれるビールジョッキから始まる。おつまみは仲間持ち寄りで皆でいただく。
 関越道を鶴ケ島JCTで圏央道に乗り換え、さらに八王子JCTで8時30分に中央道に入った。この周辺にdachs飼主が以前から行ってみたいと思っている高尾山があるそうだ。その後、10時30分に岡谷JCTで長野道に入り、塩尻辺りで小雨がぽつぽつと落ちてきた。松本ICには10時45分に到着。松本城を11時から1時間半散策。過去何度もこの城には来ているが、天守には一度も登ってはいない。幹事より今は割合空いているとのことで、思い切って登ってみた。そうはいっても階段が狭く急角度のため想像以上の渋滞であった。城内の松本市博物館を観てもまだまだ時間に余裕があったので、ナワテ通り商店街まで脚を伸ばした。帰りに韃靼蕎麦茶を自分用に買ってきた。

松本の蕎麦名店 50年前にもここに来た

 13時前に信州手打ち蕎麦の銘店「こばやし」でそば会席で昼食になった。この店はdachs飼主が学生時代に信州旅をした際に寄ったお店でやはり美味かった。会席で虹鱒、おやき、そばの実、アミタケ、そば水羊羹等とビールが出され、最後に名物のざる蕎麦が出た。昔感動したのと多分同じ味だった。来て良かった。

しっかりとしたつくりであった

 1時間ほどで食事を終わって上田市に向かう。全体的に盆地の街で、塩田平と呼ばれている。今夜の宿は別所温泉『旅館花屋』。旅館花屋でトイレだけ貸して貰い、目的の「北向観音」、曹洞宗「安楽寺」、天台宗「常楽寺」を回遊参拝しながら散策した。あいにく小雨のけぶる中、傘を差しながらであったが1時間ほど歩いた。

18名の皆さんと夕食を兼ねた宴会は盛り上がった

 温泉で体の汚れをとって、午後6時半から宴会。期待していた松茸が出ずに至極残念無念だったが、宴会料理自体は遜色の無いレベルの高い料理であった。ビールと燗酒で2時間強盛り上がり、今部屋に帰還してきた。これから露天風呂に入って寝る。露天風呂にはいってきた。大浴場(大理石風呂)の温泉は無味無臭で温泉らしさがほとんど無くガッカリしたが露天のほうは硫黄の匂いが仄かにして温泉の雰囲気が感じられた。明朝は男女の温泉が入れ替わるのでもう一つの大浴場(若草風呂)に浸かろう、と思っている。

2017年10月1日日曜日 曇り PM9時44分投稿 

秋のバーベキュー

 お酒と焼肉とおしゃべりなどで楽しいバーべキューパーティでした。

 朝からいいお天気。8時から昨日に続き朝のテニスレッスンを受けてジム通い。すっきりした後で、隣町のBBQ会場かふぇ「あんぶらーて」に行った。dachs飼主は参加しなかったが7名のお友達が隣町白井市で午前中に行われた梨マラソンで完走してきた(そのうち1名が10Kmマラソンで優勝)。それを祝って11人でバーベキューパーティを開催。午後1時から5時までたっぷり食べ飲んだ。珍しい安納芋の焼酎も飲ませて貰い、おまけに帰るとき一瓶戴いてきた。

2017年9月11日月曜日 曇り PM9時58分投稿 

奄美ガイド作成開始

 昨日予約した奄美大島に行こうと決めたのは8日午後に話題になり、5人の可能な日程が決まったので翌々日の昨日午前中だったので即ネットで予約完了できた。5人はクローズの談話室の中でネット論議していたので、鹿児島埼玉東京千葉の4都県メンバーの意思統一が速やかに行われた。3泊4日の宿代と往復交通費は一人35000円で抑えられた。あとは、観光地の入場料、朝はホテルでとれるが昼夜の飲食代、レンタカー代、などが積み増される。全員のんべぇなので夕食時に飲むアルコールが結構かかりそうだ。
 今日は、本年1月に同じ3泊4日で観光した経験者として、他メンバーに経験から得た観光ガイド(案)を作ろうとWORD製作を始めた。本番旅までまだ2か月半あるので、これを素材にネット論議が盛り上がるかもしれない。

2017年9月10日日曜日 晴のち曇 PM3時40分投稿 

奄美に再旅

 本年1月に夫婦で奄美大島ドライブに行ったが、鹿児島病院仲間のうち、東京組4名と鹿児島在住の方1名の計5名で11月末に3泊4日で行こうと話が盛り上がって、「奄美に懇親旅」をしようと決定した。LCCを使ってレンタカーで4日間の旅をdachs飼主が本日予約した。鹿児島の方は夜行フェリーで来られるので、名瀬で合流することにした。今年2月に甑島2泊3日ドライブをこの仲間と愉しんだが、今回はさらに今年6月に草津蓼科ドライブメンバー2名含めての5人旅となる。来月初旬はお寺さんの檀参旅で信州別所温泉近辺を旅するが、今回企画の旅は11月下旬となる。

2017年7月19日水曜日 晴のち曇 PM8時28分投稿 

裏磐梯からの帰路

ここは毘沙門沼です

 昨日の終日雨模様で結局いけなかった五色沼に朝6時に起床し、朝温泉に浸かった後7時前にホテルを出発し、五色沼探訪を開始。昨年夏、最終日だったので毘沙門沼から竜沼まで散策した後断念したが、今回は逆方向の檜原湖側の青沼、るり沼、弁天沼、深泥沼、毘沙門沼の順に散策し、それでも1時間かかった。帰りは同じ道を通りたくないので、国道459号線沿いに1時間以上かけてホテルに着いたのは8時半を廻っていた。山道は苦ではないが、4キロ弱の国道沿いの歩道をてくてく歩くのは車に抜かされたりするのが原立つし、とことん疲れた。2時間で既に万歩計は1万歩をはるかに超えていた。
 もう一度汗で濡れた 体を朝温泉でもう一度さっぱりさせた。遅い朝食をCafeで取ったあと、10時半に宿を出発。もう一度ぜひ来たい良いお宿であった。
 そのまま帰ると午後3時前に自宅に到着してしまうので、ツレアイと相談して、茨木県笠間市にある笠間稲荷に行くことにした。鳥居は東日本大震災の影響で昨年春建て直されたばかりで綺麗であった。ここでもご朱印を戴き、遅い昼食を蕎麦屋「つたや」で食べた。神社がらみで「そばいなり」が美味いというので入ったが9月から5月までの非夏期間だけだというので、森蕎麦とかやくご飯を食べた。蕎麦はうまかった。

立派な御宮でした

 お店の女将に「この近辺で有名な神社仏閣はありますか?」と訊くと、やはり「常陸の国出雲大社」と教えて貰ったのでそちらに向かう。出雲大社というだけあって大きなしめ縄があり、参拝の仕方も4礼2拍手1礼と普通の神社とちょっと違ってた。左側に大きな大黒様が鎮座していた。朱印頂戴してきた。
 ここからは一般道でも3時間で自宅に着くというので高速を使わず、笠間から自宅まで走り、総累計距離720キロで老犬ラミエルに午後5時半に会うことができた。ラミエルも思いのほか元気にしていた。

2017年7月18日火曜日 曇り PM6時09分投稿 

ラーメン、拝観と雨ドライブ

終日ふったりやんだり

 5時過ぎの雷鳴で一時眼が醒めた。6時半に起床してカーテンを開けてみると凄い雨。朝食前に往復1時間弱で散策できる五色沼トレッキングに行こうと思っていたが、中止。
 昨夜は虹の森温泉で優雅な入浴を楽しんだが、今朝は別棟の五色の森大浴場に行ってきた。虹の森は落ち着いた雰囲気の木の匂いを感じる静寂の湯であるが、大浴場のほうは100人入っても大丈夫なほどの賑やかな温泉で、気持ち良い。
 11時になっても一向に雨は止まない。むしろ早朝より強くなっているかもしれない。

焼き豚大盛りで1050円

 じっとしていても仕方がないのでお昼前に喜多方に向かう。当然のこと昼食はラーメン。元祖源来軒へ行きたかったが火曜日は定休日なので関東に数件出している超チャーシュウ肉そばで有名な坂内食堂。駐車場が混んでいたので3回ほど見知らぬ一通や狭い道を回遊して1時前に着店。椅子に座る前にレジ前でオーダーを聞かれ前金で支払うのだが7組ほど待ち行列が出来ていた。せっかく来たので「ネギチャーシュウ」を食べた。メンマもスープもチャーシュウもやや絡めの塩味パンチが強すぎたが食ってしまった。2時前に食堂を出て、新宮熊野神社に参拝。御朱印も貰ってきた。この神社の拝殿が長床として有名で地名にまでなっているとのこと。宝物殿には木造の鎌倉当時の阿弥陀様はじめ多数の仏像が展示されていた。次に向
かったのは会津大仏の拝観。管理は昨日拝観した白水阿弥陀堂と同じ願成寺。ここは管理の方が不在のようで御朱印はいただけなかった。雨が降ったりやんだりの悪天候だったがナントカ5時迄にはホテルに戻れた。

2017年7月17日月曜日 晴のち曇 PM9時18分投稿 

平から裏磐梯へ

爽やかで美味かったが 千葉県産

 7時半に愛老犬ラミエルをペットホテルに預け夫婦二人だけで、国道6号線を170キロ弱ひたすら走った。宿泊地の磐梯猪苗代に常盤磐越高速で直行するとお昼前についてしまう。早く着いても詰まらんので、磐城市たいら小名浜漁港にある「いわき・ら・ミュウ」でネタバレ10種の入った海鮮丼を食べたり、岩牡蠣をつまんだりした。イワガキは夏の牡蠣で有名だが大ぶりで美味しかった。何処で採れたのと聞いてみると千葉県産と言われ、二人で笑った。

裏磐梯の山の中に居ると涼しい

 食べただけで磐城を退散するのはもったいないので、国宝白水阿弥陀堂に立ち寄って、蓮が綺麗に咲いている池を見回り、ご朱印を貰ったりして静かなときを過ごした。
 いわき湯本から磐越道に乗って磐梯猪苗代迄約120キロは高速道路を使い、午後5時半に予定通り裏磐梯レイクリゾートに到着。凄くゴージャスなホテルでフロントの方にお聴きしてみると2年前星野リゾートから引き継いだホテル物件だそうだ。温度差は午後6じすぎの時点で10℃も違う。避暑に来ているようなもんだ。

2017年7月12日水曜日 晴のち曇 PM7時24分投稿 

2014年秋九州

 昨春の熊本地震では2014年秋に訪れた阿蘇神社がひどい目に遭い、昨日の鹿児島地震の思い出は九州自由JR旅の拠点となった鹿児島市では随分思い出が深い。先週からの北九州豪雨被害で連日報道されている朝倉市も、ネットで調べると、同じころ福岡の原鶴温泉に泊まったことが思い出される。ここで思い出したのは泊まったホテルは「原鶴グランドスカイホテル」で名前の割には当時1泊2食付きで7000円ほどで、しかも2時間飲み放題だった。旅館で飲み放題があったのは珍しい。今回の豪雨被害者に対しては、ありがたいことに、入浴施設を無料開放しているとウェブで観た。古い町で駅に到着するまでいろいろ珍しい風景や風情ある街並みを楽しんだ。もう一度機会があれば行きたい。

2017年6月18日日曜日 雨 PM7時32分投稿 

信州ドライブを整理

 朝テニスレッスンとジムで汗をかき、午後は昨日のHP作成の継続で先ほど終了した。群馬長野山梨ドライブとしてアップできた。
 旅行中に紛失したSUICAカード、木曜日金曜日と探したがどうしても見つからない。同行者や2泊泊った宿に相談したが駄目だった。諦めていたところ、Kさんのコメントでスイカカードの番号が分かっていれば何とかなるのでは というヒントを貰い、午後みどりの窓口に訊きにいった。クレジット機能を持つビューカードやSUICA定期など記名SUICA、モバイルSUICAはカードと持ち主が証明できるのだが、東京駅創業100周年記念SUICAなど無記名のものは、持ち主とカードを結ぶものは何もなく、いくらSUICA番号を記録していても、お札の番号を記録しているから自分のものと言えないのと同じ、と説明された。予想されたが、再発行などして貰わなくてもいいから、不法に使われないよう、無効にしてほしいとの願いも駄目ですと断られた。1万円チャージしたばかりなので大変残念なのだがやっぱりそうか、お札などのお金といっしょなんだなぁと再度納得し、諦めた。

56 pages